にっき

 

Ladies in Lavenderで流れるバイオリン



さっき、「わび・さび」書いていたらラジオでちょうどこの曲が流れた。そうだ、私の大好きな曲だ。あんまりバイオリンは高い音だから好きではないけど、これは違う。
「ラヴェンダーの咲く庭で」をイギリスで見たことがあるのですが、この映画に使われていた曲です。

「ラヴェンダーの咲く庭で」は、老姉妹2人が波うちぎわで倒れている若い1人の外国人を助け介抱していく話。
第一次世界大戦後の話(また第二次世界大戦か?という噂がある時代)、結婚してすぐにご主人を戦争で亡くしてしまった妹、姉のほうは妹よりも長く結婚生活ができた。でも妹は外国人の若い彼を介護していくうちに、自分が老いてるにも関わらず亡くなったご主人とかぶってしまいその子に「恋心」に似たような感覚が生まれてきてしまう。「気持ち悪い!」と思われ言われながらも。。。

とても切ない映画でした。
戦争で愛する人のため闘うのに、愛する人たちは離れ離れになるのは良いことなのか。
映画を見終わったあと、そんなシコリが残る映画でした。

このバイオリンの音が寂しさを引き立てて、、とても感動してしまった。
それから、この曲は好きです。
[PR]



by eilene | 2009-03-18 11:35 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧