にっき

 

イギリスの財政難

パニック中か、あるいわ「お手上げ」状態か?

労働党から、保守党&自民党が政権を取ったあと、財務相あてに残っていたメモには『すっから空だ』という一言だったとか。

「財政建て直し、やらなくてはならない」

"Your Country Needs You" 『(国が)君を必要としている』とでも言うのでしょうか?
デービッド・キャメロン首相がWW2時代の言葉を使い国民に訴えに出てきました。

でも「強制的」にですよね?
自発的に「お金を出してください」って言ってないですよね? 

福祉手当て、公務員の見直し、など徐々に削減することを決めた現政府。来年からVAT(食料品以外にかかる税金)も現在17.5%から20%(だったか?)に変わる事になっています。これがどれだけ家庭に影響するのか?恐ろしい決断をしたもんです、、保守党のオズボーン財務相・・・。経済回復もまだまだの時点でのVATアップは危険だと予想されています。
リスクを大きくしょっているけれど、、景気が悪くても商売が回り良いビジネスをしている部門も確実にある。公務員も今では「安定した職」ではないので、それを感じた人が「公務員はやっていても損だ辞めよう」となれば公的金削減成功にもつながるでしょう。


保守/自民党だからとか、労働党だからとか関係なく、どの党も財政建て直しについては同じことをしたのでしょう。労働党の場合だったら・・・「ここ(労働組合)を刺激しすぎないように~」くらいの勢いで緩々と財政建て直していたのかな? 現政権のように「ズバッ!」とメスを入れなかっただろうから、今の政権で良かったのかもしれない・・。今のところ、低所得者、高所得者とも公的削減について「痛手」は公平なんじゃないか?と思います。


どうなんだろう?先進国と言う単語。あまり当てにならないな、と。
豊な国と、見せかけておいてもお国の財布は空っぽってどういうことなのだろうか?
景気は歴史的に上がったり、下がったりするもの、それを知っていても対応できないってどういうことなんでしょう?
国が景気が良い時は「積み上げる」、景気が悪い時は「その積み上げたのを配る」という形を取らない限りまた何十年か後には同じことの繰り返しなんだろうな・・。

私は、旧約聖書のエジプトの飢饉の話しを思い出します。
確か、7年豊作後7年の飢饉が続いた話し。
7年間蓄えていた食料を、7年間続く飢饉の時に活躍させる。
国というのはこういうことをするべきじゃないだろうか?
良い教訓がたくさんある聖書を無視してしまったからこれも罰なのだろうか?
罰、失敗から学ばないことが罰なのかもしれない。


何よりも。
いつまでこの財政建て直しが続くのか、そっちが気になる今日この頃です。
我が家は、VATのアップで大打撃を食らうことは間違いない。
大打撃でも、撃沈されないようにしなくてはなりません066.gif


安定支持率も課題山積 10/4UP 連立後初の党大会 (英保守党)
首相、緊縮策は「公正」 10/7UP 児童手当廃止で非難噴出 (英保守党大会)
 イギリス生活情報週刊誌 ニュースダイジェストのニュース

P.S 私は、キャメロン首相は確かに「痛さ」を公平にした対策を出していると思います。公務員をターゲットにしているところも賛成です。公務員増やしすぎ、効果なし、効率悪い部門は存在しているわけでしょうがない・・・。あとは、銀行役員達をどうするか????。。。経済の中枢部だから儲けることはしょうがない、その儲けた分をどうするのか?
[PR]



by eilene | 2010-10-09 18:40 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧