にっき

 

(^ー^)V

c0114797_20122778.jpg
c0114797_20141754.jpg
c0114797_20143216.jpg
そんな豪華なお風呂場でもないくせに・・・昨日のブログでは文句も出たのに、昨日の夜、自分の物をお風呂場に置き戻したら(私から見て!)とっても落ち着いた良い感じのお風呂場になって嬉しくなりました053.gif不思議な事に古いシャワーもOK(笑)色がクリーム色でタイルとマッチしていて微妙にブレンドされている。へたに新しい物にならなくて良かったと思っています(^^)

仕上がりはいかがなものかな?という部分の写真(インベントリー:全て欠格品/部分をリストに上げて「私が壊したんじゃない」という証拠)と、何と言っても!お礼のメール040.gifを不動産屋のメンテナンス・マネージャーに送りたいと思います。

メンテナンス・マネージャーが私達のフラットに来てお風呂場をチェックした時についでに「何か他にもありますか?」って聞くから~~~ 実はあります。ってことに。聞いてくれただけありがたい。これは、お風呂場がキレイになる前の話しで、良い気になったわけじゃなく、改善が必要なんじゃないか?という程度の話し。

次の問題は、10年前に買っただろう思われるアイキア(日本語だとイケア)のソファーベッド。。。ベッド下の支える棒がポキポキ壊れ折れる(前住人の時からで前住人はテープで張り合わせただけ)、これも不動産屋に言ってみたら補強作業で終わり。大家が買い換えないんだぁこれが。
それでも!もう座る所はぺちゃんこになってるけど確かにまだ座れる状態。何でも捨てて新しいのを買わなくても良いわけだ!と私達も再度、修理再利用の考えに感心を持ったところ。

でも、この間・・でぶっちょさんが座る時があって、その時にソファーベッドがミシミシと・・・。座るほうも居心地悪そう・・。いつ壊れても良い状態??私達は、そんなに大きな体でもないから「ドスン!」と座らないのでOKなんだけど人が来て座るときが怖い。私達が壊したわけでもない、でも実際には私達のせいになる!(焦)

こんなことをマネージャーに伝えたわけで、何かしら考えてくれるんだろうか???
ソファーベッドは無視、ということになったら私達で新しいのを買うか(お金を後日請求)、またはぺちゃんこになった座る部分の下に新しいパットを入れて座る部分を上げることを考えてます。

誰も、、プラズマTV買え!って言ってるわけでないんだから・・・と本気で思います。ここの賃貸フラットはソファーベッド、家具付きだったのだから大家側にメンテナンスの義務がある。嫌だったら家具なしで貸し出せば良かったんだからね。

私は近所のここらへんの家賃の相場も知ってるので今払ってる家賃以上(£475)では人は寄り付かないことも知っていて、他の似たようなフラットのインテリアもモダンに段々変わって来ている時代に来ているので、もしかしたら私達も交渉できる立場にいるかもしれない。と、楽観的に見ています。4年、5年も住んでいて、フラット自体もう10年以上は手を付けていないだろう状態なのでフラットも改善が必要でしょう。(もちろん、理解できる常識範囲での頼みごとですよ!)

何を言おうとも、、私達が住み始めたとき2006年の家賃が月£430 - これはこのフラットにしてはリーズナブル(建物がまず古くて可愛らしい、何より家具も何もかも古い)。 

2008年の夏頃には、月£460に家賃が値上がり - これもスムーズに了解、確かに値上がりに賛成して合意。(この後、お風呂場の水洩れを報告した時期。)

2010年の去年のやっぱり夏頃、「家賃の値上げレターが来るころだろう」と思っていたら来た。
月£490!と家賃が値上がるとの手紙をもらい - ちょっと待て。何もかも古い、不景気、何をどうしたらそんなべらぼーな額に?£475でこっちは手を打つ。と不動産屋に言ってみたら即返事でOKが来ました。いつもは大家と連絡しづらいのに家賃のことでは返事が早くてカナリ驚きました。そんな事で、実は「ロンドンに居る大家」とは架空の存在なんじゃないか?と私は疑って居ます。または、もしかしたら大家は完全に不動産屋任せで、家賃は£430で止まっている状態で、不動産屋がマージンを取ってるのか?とか、色々不思議に思う大家と不動産屋です。ま、小さなメンテナンスはすぐに直してくれるので文句はない(オーブンが温度上がらないだとか洗濯機が回らないとかの細かな故障など)。
被害妄想を膨らませるよりも、実情を伝え、別に何もしたくないっていうならその理由を教えてくれれば私達はOK。大家が『お金がないから無理』でも良いんだけどね・・・。
とにかく、家賃交渉の時はドキドキしたけど理由を並べて何とか今の月£475を保っている状態。

パターンから言って、ここのフラットは2年置きに家賃値上がる様子。確かに悪くはない。でも、家賃の値上げと住んでる側のバランスがなってない。大家の保険が高くなったんだろうけど、それにしても大家は空き家を貸して月丸丸475ポンドも収入がある状態。毎月入ってきて、数年以上定期的に収入あれば問題ないでしょーが!私達の大家の素性が全く分からないので何ともいえませんが。
早く、大家側に「ライセンス」認可制度が浸透し、悪い大家は家を貸せないようになって欲しいと願うばかりです。

と、言うことで。
2012年の夏が私達の決断の時になるでしょう。来年になり、家賃を£490にするって言うなら、強気に出てみようと思っています。住み始めた当初のインベントリーの欠格部分を全て直したら家賃の値上げにも合意すると言い、それに合意しなかったら£490出すくらいなら他へ移ります。£500も家賃出せば良い所に住めるし・・・。

さて、ソファーベットどうなるか?・・
それよりも、お風呂場は直ったものの、水で隣のベッドルームの壁にヒビが入っている修理とかどうなってるんだろう?(^^;) 色々含め、不動産屋のメンテナンス・マネージャーに相談だ。
[PR]



by eilene | 2011-06-11 13:23 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧