にっき

 

コツンと車と車がぶつかったとき 3

10月14日、主人と保険会社の親会社の人と話しをしました。
親会社の詐欺対応調査チームが動き出したもよう。
主人と近々面会して本格的に書類を作るということです。

なぜ、私達が最初っから「あやしい」って言ってたのを保険会社は無視し続け、私達の車をチェックもして報告だってあるのに保険金を払ってしまったのよ。今になって『ん~払うはずでないのに払ってしまったかも』と詐欺対応調査チーム出動ってアホらしいこの保険会社。最初っから、詐欺と疑っていれば問題なかったでしょうよ。

何よりも1番知りたかった事。相手側の運転手が怪我をしたと訴え金額(£1200くらい)をあっちは得ているのですが、これ、保険会社は、医者の証明書を何も提出させないまま支給しちゃったそうです、、、。医者の証明書なし。そんなことが許されるって本当に愕然とします。

保険会社はこういう詐欺を未然に防ぐものかと思ったけど違うようです。
これは長期戦かな。



10月13日午後15時前保険会社から電話あり。 

主人は丁度仕事に出かけたところだったから保険会社の人と電話で話せなかったけど、私が伝言を受けた。説明してもらおうじゃないか。

近々決着つくはず。


コツンと車と車がぶつかったとき 2 の続き

結論から言うと、私達の保険会社、このケースはお金を払い決着付けたとのこと。私達に無断で。

私達には一切説明もなく、連絡がまた途絶えたから主人が保険会社に問い合わせて(それでも1週間は待った)そこで、うちらの保険会社が相手側に何を払ったか内訳を知りました。



驚!

£1820.35 for third party repair
£1795.31 for a like for like hire vehicle for 16 days
£1250.00 in respect of third party personal injury
£819.00 in respect of third party legal costs.

£5684.66 Grand Total


5684.66ポンド?!
200とか300ポンドとかの世界じゃないのね!
5600ポンド!これじゃ、豪華なホリデー行けるよ!!

お互いの車、凹んでもかすり傷もついてないのに直した?!(これは最初から文句言ってたけど)
16日間も?!修理してて、仮の車使ってそんなになんの?!
ケガって何よ?!
法手段に使ったお金って何よ?!
合計額がおかしすぎだし、保険会社はうちらに「怪しい」とも言ってたのに手の裏返したように保険金払ってケース〆たってどういうことよ?


こんな茶番劇が通用している、イギリス。

この返答に、最初はもらえなかったんですが、今回は第三者が何のクレームしてるのか?の、あちら側の法的な証拠の書類もゲットしました。
これまた驚!

書類には、修理済みで私達の保険会社が第三者の車をチェックできないと聞いていたのに(だからうちらの車をチェックしに来た)、第三者と思われる(修理前の?)車の写真もありました。

私は車には疎いので、こっちも相手の車の情報を控えてないかったため記憶はBMWしかなかったのですが、コツっとやった時の車と書類の車が違う!と、うちの人は車が好きで良く知っているので、ここで彼は怒り爆発。コツっとやった時、うちの人はBMWと言っても古い型だから大丈夫だと言っていたのです。しかも、うちの車は深い緑色で、相手の車は白だったということで、ぶつかったり傷が付けば白黒はっきりする、ということはコツっとやった時に私と主人は話していたわけです。

車は、私ははっきりしてないのですが・・。もっとも致命的なのが書類の中の車の写真。第三者のBMWは新しい型の車で、写真の車の一部にボっこりと凹んだ部分が!車の後ろバンパーじゃなくて、車後ろコーナー寄り左側にボっこり凹んだのを発見、それ以外の写真には何にもなし。すり傷もない。

私がそこに気が付いたのですが、うちの人は『車が違う!違う!』ばっかりで。

良く見てみようよ!何でそこにボっこり凹んで、他に直すところないのよ?!第三者の相手はどこ直したのYo?!
プラス、その凹み、うちらの車の前のバンパーの高さより高い部分にあるからそこにぶつかるわけ絶対にあり得ないんだよ?!何よりね!その凹みは、BMWの後ろバンパーよりも中側にあって、うちの古メガンに故障なく、そこにぶつかるわけがないんだよ・・・普通に考えても。

と指摘したところ、うちの人は大喜び。
致命的な間違え。
車がはっきりしていなくても、明らかに相手の車の状況が全く違う。

私と主人が 書類をネホリハホリ読んでいるとおかしな部分が出てくる出てくる。

*コツっとやった日付けがどの書類もバラバラ・・・一定していない。

*車が違う

*修理したと思われる箇所と、凹みの位置が合致してない。

*16日間もレンタカーを使ったのだろうけど、書類を見ていくと、修理に掛かる日にち5日以内とあって、第三者が車を取りに来た日にち(インボイスかレシートにここにはサインと日付けあり)を指で計算しても、どうやって計算しても1日多くプラスしても15日になること。16って数字はどこから来た?

*おかしいな?と思ったのが、修理した場所では第三者は保険会社を使わずに個人で直したみたい。(書類には、保険会社名:なし。ケースナンバー:なし)普通は保険会社の名前を出すはず。

*怪我っていうけど、うちの古メガンに傷もついてないのに、どうやって怪我をするっていうんだろうか?今回の書類の中に、病院からの証明書もなかった。あったら見せろ!ということ。あっちが怪我してたらこっちだって怪我してるっつうの!

*書類の1つに、、手書きで日付けを書きなおした跡がはっきりあること。

*別の書類のサインの場所に、名前のみで、日付けが書いてない書類もあること。

*奥さんとコツんしたのに、旦那さんの経営する職場の名前で修理なりしていること。
(これは、おかしいと、法を勉強してる人は言うのですが。奥さんが運転してた車は旦那の会社で登録してたからじゃないか?と言う人もいる。旦那の会社の名前だったら全て会社の名前で処理するとか。それでも説明が欲しいので記入)

もう、こんな感じで変なところをたくさん見つけたわけです。
腹が立つので、保険会社へ4ページも書いた疑問箇所がたくさんあるから全て説明が要ることと、保険会社にはガッカリさせられたことをぎっちり書いて保険会社へ郵便(相手がサインをして受取る形の)で
1週間前に送り付けました。
今、うちらの保険会社の返答を待ってるところです。
速達で早くても次の日に届くはずなのにいまだに届いてないらしい・・・どこかで止まってる。特別な郵便方法で送ったので番号があり私達も今どこに郵便物があるのか分かる仕組み。
ここでも、15日間後郵便物が届かない場合、今度は郵便局に「どうなってんだ?」と、私達が問い合わせないといけません。

郵便も届いてないということだったから、もう一度、その疑問抗議手紙を丸々コピー(PDFファイル)してメールで送信。必ず私達の保険会社には何を言いたいか届くはず。自動の「受け付けました」よメールももらったからしつこい私達からは逃れられない。

何が腹が立つか?って?
うちらの保険会社の怠慢度。相手側のクレームとこっちの車の状況が違うのに金を払ったとか、おかしすぎる、ホウ レン ソウ(報告、連絡、相談)が全くない。エンジニアが私達の車チェックした時には「今、保留中で調査中だからまた連絡する」と言われてたのに連絡なし。こっちから連絡したら、すでに保険金払っただと。

第三者のやりたい放題、クレーム付けたい放題を無視している保険会社も大問題だと思う。
もとい、この第三者のやってることは詐欺なので、もちろん私達もこの相手の夫婦は詐欺だとしてそれなりの所へ報告しました。

詐欺と報告したところがどこまでこの夫婦を追い詰めるか?は知りませんが・・・出来る事ならこの詐欺者2人(夫婦)には車の免許を取り上げ、保険会社から取った金額を返す、または罰金くらいのことはしてもらいたい。

私達。加害者が被害者になりました。

もし、私達の保険会社から相当の説明がない場合、、、相談できるところに相談しようと思っています。実は、最後の最後の手段では訴訟(家庭裁判くらいの小さなレベル)まで一応考えています。
もう1つ待っているのが、保険会社が寄越した、私達の車をチェックしに来たエンジニアの証言と書類です。念のために。

こんな馬鹿げた茶番劇が通用するわけない。
詐欺を見逃すわけにはいかない。。
訴訟、、そこまでしたくないですけど、最終的にはうちの人も覚悟をしています。
私は観覧側で、必要ならばアドバイスを。
うちの人 VS あの女(目撃者・証人なし、CCTVなし)
勝ち目は私達側にあるはず。
勝つ自信はあるけど、それでも法は怖いから侮ることはできませんが、こんな詐欺夫婦は社会のゴミ。頭を冷やす必要がある。反省する必要がある。
訴訟の目的は、「詐欺」に絞ること。
私達は被害者なこと。
こんなことまで考えてます(涙)

これを、、実は保険会社はしてくれるはずなのですが、私達の保険会社は(ケースが小さすぎるから無駄だと思ったか?)時間と費やす費用を避けるために簡単に保険金払ったと私達は思っています。
ニュースでも言われているように、こうやって、車の保険が高くなっていくわけです。
保険金で払った額は保険会社で訴訟を起こすよりも断然に安い。この保険金は他の保険を払っている人の保険を上げればすぐにもとが取れる。

訴訟まで、、大袈裟だと思うからやりたくないけど。
こっちだってやりたくないけど納得説明がないとしたらしょうがない・・。
だから、保険会社から納得いく説明が本当に欲しい。

保険会社も頭が良いのか?ずるいのか?
おかしいと思ったら自分達でネホリハホリしろ?と?
今回は私も、被害妄想で【保険会社と第三者はグルなんじゃないか?!】と思ったくらいですからね・・。
第三者の提示した書類を読んで、おかしいと思わなかったら私達も下がったのだけど、どう考えてもおかしい。

もう、今回のコツン事件は最初からおかしかったから結果どうなるか?と思ってましたが、まさか、こんな深いことになりそうなことになるとは思ってもみてなかった・・・(;;)

人生勉強もした気分です。
・・・
[PR]



by eilene | 2011-10-12 19:08 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧