にっき

 

店内ディスプレイの大切さ・・・

チャリティーショップのボランティアを続けること、、早2年過ぎ。
(週2日計8時間だから続くわけ)

最初は、ソーティングという商品となる物を探して売れる物を選別売る準備の仕事から、店内に陳列ディスプレイを独学とセンス?でやることになり、会計をやり、店内徘徊するようになるに今至っています。

*全般にはやっているのですが、私が少し力を入れたところ・・・子供服の売り上げが伸びたことを私は褒められました。

楽しいですよ、コレは間違いない。
売れれば売れただけ利益はチャリティへ!だからやりがいは大きい。

(アシスタントマネージャーになるべき!とマネージャーからも他のボランティアも「ならないの?」と言われるようになり、、『(私)興味ありません。ボランティアが生活にあっているからやっているので』。趣味みたいなものです。)

嬉しいと言えば嬉しいですけどね・・・この期待。
でも、やるなら無給料でなんてやってられません・・・このショップ、結構忙しくなるし、人手不足にもなるから!もとい、お金を出すからと言われても私はやりたくないですけどね。プレッシャーはすごいし、チャリティショップとは言えビジネスで競争はあるし。

ここで、今日の話題。

店内ディスプレイの大切さです。
一昔のチャリティショップというと、「臭い、暗い、古汚い」でしたが、今では「レトロ、宝物が眠っている、可愛い、レアな物が見つかる」という志向に変わってきています。なので、オシャレな人達も買いに来たりします。

チャリティショップの強みは、長年のサポート客も大勢いること!「ここだから、買い物をする」というリピーター。今は、若い人達も「かっこいい一点物」を探しに来たり、昔からですがディーラーも密かに買い付けに来たり(このタイプが私は1番大嫌い!安く値切って自分達では高く売る、その精神!値切り交渉はしません*ただし、フェアな値段であれば誰とでも交渉可)。

お店に人を呼びこむには何を?
良い物を店に出す、ディスプレイと目に付くものを陳列、キレイに見せること、接客態度。

私には、サービス業をやった経験があるので基本的なことは頭に入っているので難しいことではない。

だ け ど

本格的になると、やっぱりディスプレイも奥が深い!
ついていけないときもある・・・。

店内ディスプレイは、ラッキーなことに店のマネージャーから(何を期待されたのか知りませんが!)、ディスプレイやってと私に頼んでくることが多いです。ダメ出しも食らったり、はなまるをもらったり色々ですが(^^;)

普通の店とは違い、チャリティーショップは一点物が多かったり、柄物も少なかったり、色コーディネートするにも足りなかったりするので頭脳をたくさん使います。

まだまだまだまだ未熟なディスプレイだけど、店内ディスプレイが私の得意になれれば良いな!って思っています。

ビジネスとまではいきませんが、ビジネスに潜むその背景の人間の心理には大変興味を持ちます。
[PR]



by eilene | 2012-03-30 16:32 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧