にっき

 

お引越し

遅くて、今年の7月14日引越し予定。
早くて(良い物件があれば!)、数ヶ月内で引越し予定。


三日前、大家さんから手紙届く。

「今年後半、(私達が住んでいる)フラットを、大家の私が使用したいので賃貸を終えたいと思います」という内容の手紙。

退去命令とは違い、賃貸なので結局大家さんがフラットを使いたいと言えば自由に使える、というだけ。
ま、丁寧に退去のお願いです。

普通、大家さんが退去して欲しい場合は2ヶ月の猶予がつくのですが、うちの大家さんは2ヶ月よりももっとあげたいということで3ヵ月間の猶予をくれました。そして、3ヵ月でも無理なら期間を延ばせるようなことも言ってくれました。とりあえず、3ヵ月を目途に出来れば~という提案が出ています。私達がそれに合意すれば、正式に賃貸終了の書類が送られてくるとのこと。

2011年、去年の夏の終わり頃に大家さんが不動産屋との契約を終了。そして今年夏あたりに私達と契約終了、たぶん何か計画はしていたのかな。フラットを改装して売るのかもしれないし、自分で住むのかもしれないし。

私達の5年分の家賃を貯めていた~と考えてみて、やっぱり私達の懐にはなにも残らないってのが賃貸のネガティブポイントですな・・・。大家さんの気分次第ってのもあるし。

引越しはカナリ面倒だけど、こうなったら引越しに向けて今は色々と情報ゲット作業中です。





2つ考えていること。
  ↓↓↓

 ソーシャル・ハウジングの家を買うことを本格的に視野にいれるか?ということ → 政府とデベロッパー達が持っているシステムを使用できるかどうか?政府とデベロッパーの共同の助けを借りて家を買う作戦です。頭金が不要になるけど、もし家を売った場合利益も%分配になるというもの。(条件を注意深くチェックする必要あり・・・障害者、やもめ、シングルペアレント、元兵役者、現兵役者の家族は優先みたいだけど、それ以外にも一定所得者〔低すぎず高すぎず〕も対象でもあるなどなど)

*イギリスで家を購入となると、今ではデポジット(頭金)が必要になってきます。家の価格最低でも10%を銀行に提出できないと住宅ローンが下りない。

例えば) 1千万円の家を買いたい。 頭金は100万円?くらい?ないとローンが組めない。

イギリスでは、(頭金を払って)一般的に借りれるローン額の目安は年収×4の額です。この頭金がネックになり、初めて家を買う人達の重荷にもなっています。そこで、政府が乗り出した、この共同購入方法、初めて家を買う人への助けにするというもの。
頭金。サブプライムで銀行が破たん!の前に家を買った人は、頭金なしに100%住宅ローンが下りたそうですが、それ以降は頭金を出しても最高95%の住宅ローンが下りるくらいだそうです。

 家なんて買わずに10年20年続けて賃貸。家に掛かる維持費フリーの生活でその分のお金を貯金へ充てるか。


家は一生で大きな買い物。
情が入る物だと習った。


  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

ソーシャル・ハウジング。
私達の似合う立地条件と、援助が受けられるのなら本気で考えています。
初めて家を買えるのなら、今がチャンスと言えばチャンスでもある。
不景気で、家の価値がガックンと下がっているからです。

このソーシャル・ハウジングのほとんどが郊外に建てられている(新しい家でキレイはキレイです)。私達は郊外はあまり好きではない。

今、頭金ポン!と払えれば(この頭金がないわけだけど、汗)どうにかうちの主人だけの年収で街中の小さな小さなフラットを買おうと思えば買えるのですが・・・。やっぱり、家を買うとなると10年、20年は住む事を考えたいので重大なことになってきます。家にそこまで長期間責任持てるのかどうか・・・隣人が嫌だった場合は・・・。ソーシャル・ハウジングでも、家の責任は全て持主になってきます。住宅保険や家の管理全てにおいて。賃貸のように、嫌なら引越しもすぐに出来るけど、家持ったら簡単なことではない。
うちの主人の年収からして、もしかしたらソーシャル・ハウジングの家を買える条件を微妙にでも超えていたら政府からの援助は受けられないしね。

私達の大体の目標は、とりあえず2年はまだ賃貸で行く方向。ただ、家を買うことを頭に入れて2年の準備期間を設けていくという方向でもあります。

と、言うことで。私の陶芸仲間に、エディンバラ在住の「大家さん認可」の免許を持っている大家さんがいるのでその人に賃貸住宅情報を相談してみることにもなっています。

今回の引っ越しを考えることになり、
重い腰を上げて、本格的に家のことを考える時期に来ていることなんだろうなと感じます。
大人の階段のぼることになるのっ?・・・(><)
今まで、目をつぶってきたこと→家のこと、家のことは二の次にしてきた。家を持つ=住宅ローン。で、普通の人と一緒になってしまう! うちは他とは違う!がちょっと楽しかったから。

新婚生活気分は終わり!と宣告されているようです。人生の時の流れをヒシヒシと感じています。

どうなることやら。
とりあえず、お引越し準備。
[PR]



by eilene | 2012-04-10 23:33 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧