にっき

 

スペインと銀行

スペイン EUに金融支援を要請へ  NHKニュース

この中でデギンドス経済相は、「今回の支援はギリシャなどへの財政支援とは違って銀行への支援に限るものだ」としてEUに対し金融支援を要請することを明らかにしました。
スペインを巡っては、国内の銀行が多額の不良債権を抱え、公的資金による資本の増強が必要になっています。


イギリスとは全く関係ないと思う人もいるかもしれないけど、意外に深い関係がある。
スペインは、イギリス人のホリデー先No1の場所(安い酒、太陽の国だから)。
そして、イギリス人中間の位置にいる収入のある人達がセカンドハウスといって別荘を建てるのに最適な場所でもあります。スペインでの不動産バブルが弾けてしまったか。。

イギリスの不況の影響で、スペインでの別荘を持ち続けられなくなった人達(この人達だけのせいではないけど)→目安だった固まった物が銀行に流れてこなくなった。

と、簡単な図がすぐに思いつきます。

スペインでの商売に関してもイギリス人オーナーはたくさんいる。
観光用のバーやクラブがたくさんある、そのほとんどが移民イギリス人オーナーなんじゃないか?と思います。

見方を変えれば・・・スペイン人がビジネスをするチャンスでもある。(イギリスでちゃっかり稼いでいるスペイン人は多いからポジティブになれると思う)

私も、ギリシャと違うかな?と思うのは公務員大天国ではないところ。
そこそこに、スペインものんきなところがあるかもしれないけどこの支援は本当に銀行へ行くものだと思う。
銀行に資金投入すれば、すぐに浮上してくる傾向があるのはイギリスの銀行のを見てれば分かる。

ただし。銀行への罰のないところがイギリスでも文句言われているところ。
条件をつけないで、銀行にお金を渡して銀行はまたやりたい放題になるところ。
ここさえキツクしておけば良いんじゃないか?と思います。


フィッチ スペイン国債3段階下げ  NHK ニュース 

このニュースも観ていて、うちの人とも言うのですが、アメリカのある企業が国を格下げだとか格上げだとか言うけど、お ま え の国が言えるのか?と。何でアメリカは言えるのか?アメリカの格下げってないもんね?どんなに財政赤字を作っても、国が絶対にお財布の紐を締めない不思議な国、本当に自由な国だと思う。他の国で財政対策してるのを笑ってしまうくらいだから・・おそろしい。


もう1つ私が不思議だと思うのは、イギリスでも厳しい財政対策を取っていて「よくやっているほうだ」と思うんですが、次から次へと、「え?財政対策してたのに、え?ここに使うために?」と、いまだに考えられないところに大量の税金を無駄にまわすところがある。それには本当に不思議です。

本当に、政府の言う「財政赤字」ってのは、誰かが言う今は不景気だっていう言葉は存在するものなんだろうか?と思ってきてしまいます。ただの飾り言葉なんじゃないか???良いようにタイミングを見て言ってるだけなんじゃないか?と・・思ってしまう。


最近急に気が付いた 私のボランティア先のチャリティーショップの変化。
3分の1くらいになったブランド品の洋服がバカバカ売れるようになりました。ショップのマネージャーは「売り上げやばいやばい」というけど、ホントに?って感じです。私はレジにたつことあるんですが、安いTシャツよりも、値のあるワンピースやドレスを「安い!」と言って何点も買う人増えました。以前(1年前ほど)は、値の張るものは全く見向きもされずにいたのに。良い物なら売れる、これは確実に感じます。


それでも どこでも 生き残り作戦。
踏ん張りましょう。
[PR]



by eilene | 2012-06-09 20:13 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧