にっき

 

どうなんでしょうかね??

景気が回復傾向にあるとはいえ、就職に関しては、依然、厳しい状況が続いています。希望の仕事に就けなかったなどの理由から、フリーターになるケースは少なくありません。フリーターと正社員を比べた場合、決...
スタートは早いほどよく、2、3歳の幼児期なら子供用のお財布を用意して、


2,3歳って早くないですかね???
そんな頃から物欲が?そういう幼児期はまだ砂場で遊びたいとかじゃないんですね??
実際に、本当に欲しいから「買って買って」と言うのではなく、ただ甘えたい?感情から?と思っていた、幼児期。私の2,3歳の頃もあったのかな?とふと思ってみました。

現代の2,3歳の精神的年齢が上がってきているのかもしれません。
スマホを幼児期で持つくらいですからね・・。
精神年齢の変化、文化の変化があるとしたら、こういう躾の方法を取り入れないといけないのかもしれませんね。
ってね、一見、良い案にも思ったんですよ、私も。

でもね、これはちょっと行き過ぎなんじゃないか?と思う部分を見つけました。。

それだけでなく、NEEDS=ノートや鉛筆など学校で使う必需品もお小遣いから買わせるのです。


そこまでする必要あるんだろうか・・・・?

親の、「この子にはダメな人間になって欲しくない!」という恐怖心から、なのか、それとも、あくまで躾の範囲なのか、、。下手すると、幼児虐待に結びつく可能性もないですか? ←書いた後思いました、この部分は私言い過ぎましたね!申し訳ない。

もっと驚くのが。。
1カ月の目安は小学校低学年なら200~500円、高学年になったら1000円前後まで増やし、靴下など衣類の一部も子供に任せます。


ん~・・・・・。
お小遣い制度はどの家でもあるのが普通だと思うのですが、小学生とか言ったらお菓子でしょ!「自分で買いたいお菓子!」
靴下など衣類の一部も子供に任せるの?!
中学高学年、高校生になれば、もちろんファッションや買いたい嗜好があるから分かるけど。。

靴下など衣類はお母さんが、「何を買いたいの?」と言って買ってあげて欲しいな。

しまいには、お年玉にまでも口出してくる(><)
お年玉くらい、日ごろからお金の管理してるんなら、ボーナスとして頑張ったと認めろ!何でも良いようにさせてあげろー!可哀想。
(^^;)

もちろん、金銭感覚は大切。
収入と支出に対する感覚を重要と考えるのは良いことだと思います。収入と支出、人生の中で考えなければならない非常に大切なスキルですから。

でも、親の脛をかじるフリーターにさせたくないなら、っていうけど、親も子供が頼ってくれるから嬉しいということも考えられますよね?もちろん、親だから助けたいっていう気持ちも大きくあるし。


結論、
これは子供のためではなく、親/自分のため、だと私は感じました。
コントロールフリークです。


金銭教育、大切だと思います。度を過ぎず上手にやっていってください。
何も、子供だけでなく大人もですから。大人、会社、のほうが異常に危険・・・なぜなら、法律がかばってくれるから。

大切なのは、子供は繊細。特に、「お金がなければ」と、間違った感覚を与えないこと。
もっと大切なのは、買うだけではなく、自分で作ることも教えること、じゃないかな?と思います。
私はね。
[PR]



by eilene | 2013-09-11 15:44 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧