にっき

 

直訴に至る・・?

天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡した山本太郎参院議員は31日夕、参院議員会館で記者団の取材に応じ、手紙は東京電力福島第1原発事故の被災状況を記したものだったことを明らかに...
会社の中にも、何か問題があればプロシージャー(procedure)があり段階を踏まなければなりません。直訴はあるまじき行為のうちに入っています。なるべく下で解決するように、という意味で。それでも、自分の直上司、その上の上司が何も行動を起こさない時の最後の手段で段階を通らずに上の上のトップの経営者側に直訴する方法ありますね。実際、、ここまで行く人は少ないと思いますが・・。
面倒にもなり、職がなくなる可能性が大きいからそんな事をするなら会社を辞めるわけです。


とにかく、山本さんの場合、日本を(日本人を)辞めるということはいかない。
切羽詰まって直訴の形を決定したのでしょう、覚悟もあったと思います。
(山本太郎は、時代劇に出ることもあって私はそのイメージが強い。袴を着て「直訴」するようなイメージが出来てしまう。)

頻繁にあってはならないことだとは思います。
もちろん個人的問題などは、皇室が反応することもないですし。

ただし。

「子どもたちの被ばく(状況)や原発作業員の劣悪な労働環境、放射線管理がずさんなままの実情を陛下に知っていただくため、手紙をしたためた」と説明。


と本人の説明。
内容が内容。
とくに、放射線管理がずさんなままの実情については皇室も日本が一体どうなっているのか気にならないのだろうか?と思います。もしかしたら、皇室には一切権限がないからどうにもならないのかもしれませんが・・・。

この山本議員のした「直訴」は政治利用になるのか?
私は政治利用になっていないと思います。
政治利用というのならば、原発の現状を訴えたあと、これからは自然を使ったエネルギーですよ!と自分と仲の良い企業の名を上げたりすることなんじゃないでしょうかね??

私は、山本議員をヒーロー扱いはしません。
誰でも「良い事だ」と思って大間違いで真似をする可能性が高い。
でも、今の時代、こういう国民の為の行為をするという度胸の議員はいない。
国会で大声を上げることが出来なかった。
国会で多くの議員が大声を上げることがなかった、何も変わらない。(のですよね?)
問題は、国会議員が一体何をしてるのか?!
どっちが政治利用してるのか?!と思います。

今回の「直訴」は皇室に届くべきことだった。

山本議員の処分は厳しいものになるとは思いますが、本人も承知のことでしょう。
ただし、自殺、ということは絶対にして欲しくない。
[PR]



by eilene | 2013-10-31 13:59 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧