にっき

 

アメリカ、イギリス、中国……恐怖の保険事情(プレジデントオンライン) - エキサイトニュース

所が変われば、公的医療保険の事情も大きく変わる。先進国だからといって、決して万全の制度を整備しているわけではない。そんな各国の事情について探る。■米国の盲腸の手術は200万円以上「夫婦に子ども2...
お金に余裕がない人から見たら(私達)、いっくら待ってもどんなに時間がかかれどもNHSの無料サービスはありがたいと思います。
もちろんお金に余裕が出ればプライベートへ行くほうが良いでしょう。(プライベートの病院で設定されている価格を払えるほどの生活になることは今後ないと思われます)

イギリスの例えばで書いてある件について・・

NHSは毎回混雑する!待ち時間が長い!というクレームについて言いたいことがあります。

(私も最近、病院にイギリスに来て初めてお世話になったので、あ、こういうことだなってわかりました)
私がしたことは、GPの正しい使い方。と、あえて大きく言わせてもらいます。
GPの受付の人に相談(病院に直接行くべきか、GPにまず診てもらうべきか!GPで正解)→GPの先生に相談→専門家に通して&予約を入れる→病院に行く→私を待っている体制が出来ていてスムーズでした。

混雑しているには理由があるんですよ、予約を入れている人が優先されている。その予約した人たちだって、予約の日まで待っているわけ。
ただーし!GPの時点で、予約を入れたのに来れなくなってもキャンセルをしないバカ者もたくさんいる。これが大きな問題でしょう。
(予約をキャンセルした人の枠が空き、緊急に先生に診てもらいたいという人が診てもらえる)
私のGPは厳しくて、予約取り消ししない人、これを3回した人はGPを出ていってもらうルールがあります。当たり前ですよ、これくらいしないと!罰金も導入するGPあった気がします。

こういう事情が重なり、病院やGPへ直接行って「おい!今必要だから診てくれ!!!」って病院などで叫んで言っても診てもらえないんですよ。予約入れた人がいるんだから!
病院側も、「あなたは一体誰ですか?」=待合室で無視状態となる。。

順番を守りなさい・・・と思います。
これぞ、ザ・イギリス根性! 列に並ぶのです!


うちの義理母が、子宮筋腫になったときにやはり手術までに半年以上待つ経験あり。私も可哀想に!と文句を言ったのです。痛かったと思いますよ、グレープフルーツ級の大きさの物が出来ていたのですから・・。義理母は「他にももっと長く待ってる人がいるから、これくらいの痛みは待っていられるわ」とすごいことを言ったのです。

これでしょう?この精神でしょう?と私は思いました。

何を言おうと、無料なんだから。

もしかしたら、そんなケチらなくても!と思う人がいるかもしれまんが、この無料に掛ける希望があるわけです。中級所得よりもちょっと下の家庭には。笑い事ではなくて。もちろん生死にも関わるかもしれませんね。。でも。


また違う話を私が聞いたことは。
私の義理の父の弟さんは(他界)、3、4年ほど前に早期定年退職をしてフランスに移住をしたイギリス人で、移住してやっと家が完成したという矢先に病に倒れ入院、そのまま数週間の入院後他界。フランスでもEUの恩恵を受けてイギリス人の医療も無料になるという条件があります。フランス語も少し理解していた人で、義理父の弟さんは彼のベッドのそばでドクター達が「なんでイギリス人なんて面倒みなくちゃいけないんだ」という愚痴を言っていたのを聞いてしまったと・・。
フランスでの病院での対応がものすごく悪かったそうです。
死に面するときに、「なんでイギリス人なんて面倒みなくちゃいけないんだ」こんな言葉を聞くなんて、と思うと、もーなんとも言えませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はNHS、色々問題はあるけれども結果的に好きです。
先生はやる気のない人もいますね、はい、います。
GPの先生は、『お金があるならプライベートの保険に加入すれば』という見方をする人が多いのも事実です。嫌なことはあるけれども、ありがたいサービスだと思います。
負けてはいけない。


イギリス政府がNHSを民間に変える方向で行くことにとても嫌な気がします。国営病院→民間へ、良い面もあるかもしれませんが、医療は医療、良いドクター=親身になってくれるドクター/必要な治療をしてくれるドクターに出会えるか出会えないか、それはどっちに転んでも全くわからない。それならばNHSで良い。

でも、これから(VATなど税金はバカ高いのに)NHSも保険制度が入るかもしれません。すでに海外からの学生には年間200ポンドを払ってもらおうか?という提案も出ています。
ブーイングはありますが、私は学生ではないけど、年間200ポンド(月額17ポンドくらい)ならありがたくも払える額なので高くはないと思います。ウィスキー良いのが1本35ポンドくらい、それを1本我慢すれば良いと考えます。でも、こういう考えを一旦持ち始めると、年度、年度で値段が上がる可能性が出てくる危険があり、学生で金儲けが出来るのなら国民全員に広げるという道が出来てしまう。

(ちなみに。イギリスの歯医者はNHSもあります。NHSの登録を募集している歯医者で、登録すると低所得者でない限り最低限の金額を払います。なので、私は虫歯などにはなりたくない!!!!)


ただ。
NHSの怖いところ、、待ち時間とかそういう問題の前に・・衛生面も含み、「NHSに行ったら死を覚悟」と言われているくらいの事実。
ドクターのミスだって、人間だからあるし、看護が行き足らず高齢者に多いようですが水分不足などで死んでしまうというニュースも出てきました。大きなスキャンダルになりました。入院中に寒いのにブランケットすらもらえなかったとニュースで怒りをぶつけてた人もいましたし(←知ってたなら何で自宅から持ってこなかったんだ!!!って私は思いますけどね!!)
A&E(緊急医療サービス)も人手不足のようですし。
もちろん、病院のターゲットなんてのもあり、患者の情報を変えるという行為も行われているとか・・もうドキュメンタリー番組で放映されるくらい・・。

私は極力病院は避けたいと思うようになりました!!!(少々、潔癖症もあるので、汗)

それでも。
やはり、言いたかったことは、イギリスのNHSは良いサービスで誇るべきサービスだと思います。


親身になってくれる人間身のあるドクターに出会うことを願いましょう。
[PR]



by eilene | 2013-12-09 17:50 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧