にっき

 

気になりすぎるニュース、集団的自衛権

この話題はちょこちょこと追いかけています。

どこで、誰が、どうやって、「審判」をするのか?
ケンカを仕掛ける、仕掛けられる、ケンカ売った、買った。
どこで、誰が、どうやって、それを「審判」するのか?
国連は、アフガン・イラク戦争ですら、「審判」が出来なかったのに・・・。
化学兵器を隠れて使っていても国連は鈍い。
マーシナリー(国が直接に雇わない軍人)がうようよ動いていても国連は無視。

今から10年、20年後の世界は今とは違っているかもしれない。

結論から言うと私は集団的自衛権には反対です。
いやらしい権利ですよ、これ。

もし権利が通ってしまったら、明るい未来が待っているでしょうか?
平和へのために武器を取る、こういう感覚なのでしょうね?

今のままでは来る物にしか対応が出来ない。
そんな事をやっていたら日本はなくなってしまう=『これでやっと自分の国を守れる!』、『集団的自衛権も「お守り」だから!!!』という考え方がどうしても私には出来ません。


自衛隊だけで日本を守る。
本来ならばこれで可能なはずなんです。
集団的自衛権への加入を早急に急ぐ事が異様に見えます。


集団的自衛権

なお、第三国が集団的自衛権を行使するには、宣戦布告を行い中立国の地位を捨てる必要があり、宣戦布告を行わないまま集団的自衛権を行使することは、戦時国際法上の中立義務違反となる。


ウィキペディアのこれだけを読むだけで、、どれほどの事を日本が行おうとしていることか・・・。
宣戦布告しないといけないんですよ、日本はするんですか?第三国を防衛するという理由で?

集団的自衛権が攻撃を受けていない第三国の権利である以上、実際に集団的自衛権を行使するかどうかは各国の自由であり、通常第三国は武力攻撃を受けた国に対して援助をする義務を負うわけではない


あり得ないでしょ!!!
第三国から、「うちの所ヤバイ!始まった!おい!日本も攻撃食らうぞ」って言われたら日本は見てみぬふりしないでしょ!その場合は、日本は宣戦布告しなければならないんですよ。
日本に選択の余地が、、あ、あるわけないでしょう(汗)
宣戦布告してしまったら、その国の責任にもなるはずですし。
なぜにその道を選ぶのか。

集団的自衛権を得た日本は、第三次世界大戦へ突入ですからね?これ。

本当に、日本のための集団的自衛権なのか?どうか。

日本に援助の要請がかかったこととは逆に、中国や北朝鮮が日本を攻撃してきたとする、日本が第三国に援助の要請をする時。
集団的自衛権を取り入れた場合、日本はアメリカの援助を得ることができるのだろうか?すでに日本国内にはアメリカ基地があり、思いやり予算も払っているのだから当然に要請は受け入れてくれるはずですが、拒否することもあるってことですよね?
もし、拒否するようなら、一体何のためにアメリカの基地を日本が維持費を払い維持しているのだろう?という問題も非常に大きくなってきますし、こここそ日本人が注目するところでもある。

ここの複雑なことは解決済みなんですか?!

集団的自衛権を取り入れた場合。
日本内にあるアメリカの基地の維持費(思いやり予算というもの)を日本が払う必要がなくなるのか?どうか。

「いや、いや、それはそれで、これは別物」となった場合。
集団的自衛権導入のために増える予算に加え、さらに思いやり予算も?!
国の予算が・・・ほとんどが軍事関係へ行くんではないでしょうか????
暮らしも安全になるよりも、これで一層不安が増えることでしょう・・。


不明確、不確実なものに署名はしてはいけない・・。
集団的自衛権、お守りとなるか、不吉なものとなるか。


私は、今まで集団的自衛権に加入していなかったからこそ、うんぬん。と、思う気持ちのほうが大きいです。




戦闘機異常接近、中国政府のとんでもない言いがかり それに乗って日中危機をあおる中国メディアJ-CASTニュース

<集団的自衛権>米本土核攻撃も政府想定 手続きの緩和も毎日新聞

15事例を正式提示…集団自衛権、与党協議読売新聞

自公「グレーゾーン」結論至らず=政府、安保15事例を提示時事通信

集団的自衛権自公協議 「グレーゾーン」事態から具体的な議論
フジテレビ系(FNN)

安倍首相、米海軍作戦部長と会談時事通信

京都に米軍“基地”いらない! 5月中に着工週刊金曜日
[PR]



by eilene | 2014-05-27 13:15 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧