にっき

 

ミステリー・ショッパー

ここで書きましたが。

昨日、このために説明会に行ってきました。
「やっぱり私には無理です」って言ってリタイヤできるのですが、、50ポンド欲しいしなぁ。
私、リタイヤはせずにやってみることにしました。

・・・本格的にやるのね!!!!

各自、シナリオが用意され、質問等も用意されていて(自分の言葉に直せる)、どれだけ相手の職員さんが質問に対して返答したか、等をチェック。
ルールは、私側が名前や詳細を言ってはいけない(言う必要がない)=職員も詳細は聞いてはいけない、というルールを聞きました。

これだから、ある程度は濁しで職員さんと話ができるようです。
このミステリー・ショッパーをするにあたって、アドバイスをもらったのですが私側もある程度は予習をしておいたほうが良いとのこと、普通にナチュラルに。

って!

職員さんから突っ込まれて聞かれたらどうしよう!!
さーもう大変・・・。

今回は、一人5つのシナリオが用意されていました。

私のシナリオはこちら↓
(私の質問に対して、こういう回答が来ますよっていうリストもあり。いくつ回答が来たかもチェック)
①-電話で聞く。私はボランティア、教会でceilidh(ケイリィ)のイベントをやる、アルコール売る、そのために必要なライセンスは?

②-電話で聞く。私は低所得者用の賃貸住宅を探している、体が不自由、どうやって申請するのか何もわからない。体が不自由だと優先順位がつくのか?

③-電話で聞く。私は家を買おうと思っている、(住所が与えられ)この家のカウンシル・タックス(家に掛かる税金の事です)を聞く。支払いの方法は?水道代は?も聞く。

④-施設に赴く。図書館へ行き、地元の議員が誰なのか聞く、どうやって連絡とるかを聞く。(その場へ行ったら、騒音や危ない物が通路においてないか等も調べる)

⑤-施設に赴く。市がやっている民族博物館へ行って、何が今やっているのか、入場料などはあるか、博物館の情報を聞く。ここでも、博物館の雰囲気をチェック。


なんだこれ!!
ドキドキドキドキ。
かなり本気の調査です・・・汗。
もうちょっと軽いものだと思っていたのでびっくり025.gif

外国人でも誰でも良いって登録のときには言っていたけれども・・・・英語のレベルからして外国人でも英語が話せない/聞き取れない人には厳しいでしょっ!これ!
電話を使うなんて思ってもみませんでした(汗)


2週間で5つのシナリオを終わらせてくださいとのこと。
今朝、①のシナリオを終えました。
電話上でのやりとり。一応私も質問も出来たし、回答も全てではないけれどももらえた。
私が記入しないといけないアンケート(調査シート:ウェブ上で記入)も終了。
(具体的にどうだったのか書かないといけない。良かった、悪かっただけではダメと言われました。)

カスタマーサービス向上のためにエディンバラ市も随分本気なことが伺えました。


ふーっ。

それにしても、初めてのミステリー・ショッパー。
私の感想は、スムーズに知りたいことを聞けば良いんだ。
これだけで良いんだから。
「こっちは分かりません、教えてください」という立場で、それに対しての職員の態度を調べる、そのことを頭に入れておけばオッケイなんだと痛感。

良いことは、私もいつかは生活していたら実際に聞くことになるかもしれないシナリオも含まれていること。または、私とは違った生活をしてる人の状況に立たされる場合や、エディンバラ市には色んなサービスがあるということを知ることです。

あと残り4つ、どんどん終わらせちゃいましょう。

んー、でも、すごく面倒(><)
[PR]



by eilene | 2014-06-19 12:03 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧