にっき

 

2人の日本人の拘束と、安部首相と、日本の国民の安全は?

今日のイギリスでも最大のニュースです。
2人の日本人の拘束の殺害予告。
「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か-72時間以内、2億ドル要求

身代金を払って、2人の命を助けたらどうなるのか、という事が頭をよぎります。
中には、こんな人たちに税金を掛ける必要はない!と言うのが多いですけど。

個人的には、2億ドルを払って、二人の命を助けるという行動はありだと思います。
そして、身代金と交換に確実に2人が生きて帰ってこなければならない。
最低でも、一人分の1億ドルでも良いから払う価値はあると思います。

拘束時、何を覚えているのか、どんな情報でも良いから教えるとか、何か見たことはあるのか、等聞くことがたくさんあるはずです。
処刑担当者の"ジョン"という人物と実際に話をしたのか、これからカナリの事で大きな鍵を握っていることになる。

私は、そういう観点で2億ドル、または1億ドルを払う方向へ行くべきだと思います。
その後は、日本の政府の厳しい監視の下に置くべき。

とりあえず、アメリカ人の拘束者と一緒に居ないことは幸いだと思います。
南アフリカ人の拘束者の事を考えると・・・。

まさか、日本人がこういう事で、殺害予告に出てくるとは思ってもいませんでした。(本当に)
安部首相が、「中東」に約束したお金を提供した時点で、私も「何かあるだろう」と思ったけれども。
それにしても、過激派達の『待ってましたっ!!!』というくらいの早い段階での、日本人拘束者達の殺害予告。
これを待っていた、この機会を待っていたように。


それとは別に、日本国内でも起こるかもしれない日本国民に対してのテロについて。
首相官邸警備を強化=動画声明名指しで―日本標的テロ警戒・警視庁

つい最近のフランスの襲撃事件も、フランス国の情報部は犯人達のことを知っていた、
という点。(フランスは核弾頭の戦闘機を動かしたかったとか言うことも言われてますが・・。もちろん、これも西欧の独自の作戦だったとかも言われますが・・。必ずと言って言いほど、こういう事件の後には、『おーーーー!やってやるぞ!』という勢いに行く)

日本では、危険人物とか把握しているのだろうか?という点が気になります。

集団的自衛権を使わなければならない非常事態なのだとか、日本製の戦闘機をお披露目するだとか、そういう事になるのだろうか、次の進み方としては・・、日本も?



ビン・ラディンが(国際法的に違法な手段で)殺害されてから、世界は安全になると思っていたけどその時以上に危険さが増すっていうのが、、。



* 安倍総理大臣の中東政策スピーチ 外務省から。
[PR]



by eilene | 2015-01-21 18:10 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧