にっき

 

バナナが絶滅するかもしれない、という話

絶滅っていうと大袈裟かもしれませんが。

バナナは、日ごろから影ながらにお世話になっています。
朝ごはんがてらに。
小腹がすいたな。
と、いうような時にバナナの存在はとても大きい。
必ずなければならない!というアイテムではなく、あると便利なアイテム。

数ヶ月前にチラリと「バナナが食べられなくなる日が来るかもしれない」というニュースを目にしました。
私は、「また、大袈裟な事を言ってるんだから~新聞は。」くらいにしか思ってなかったのですが、、どうやら、バナナの病気、詳しい名前の菌は知りませんが、その菌のせいでバナナが食べれなくなるとか。
バナナ大打撃。

バナナのニュースと調べたら、ここに載ってました(笑)

バナナがお店から消える日が来るのか、どうか。

私や、バナナは健康に良いからくらいに食べてる人々はバナナを無理に食べなくても良い。もしアフリカやバナナを食料の糧としている国々で「バナナがないとやばい」という国があるのなら、そこへ優先的にバナナを与えれば良い。
(バナナが主食、またバナナの輸出がビジネスで、バナナが国を支えている所もある所は、自分の国の国民の腹を満たすのを優先にしなくてはならないし、その為に輸出先の国ではバナナの値段が高くのなるのならそれは「資本主義」の性質です。)


本当に、私達の心というのは悪いなと思うこと。

*お店には、色々な国からのエキゾチックな食べ物が棚にびっしりと並んでないと嫌なの。そういうのが揃うってとても裕福なことなの*

という感覚。
もちろん、そうでしょう。
が、その反面では捨てられる食べ物が多いこと。
この感覚さえ直していけば食料危機などは回避される。
食べ物に対しての感覚を第一にして考えていかないと駄目だと思います。

「食料危機だ!大変だ!人間が増えすぎているからだ!(しょうがないから戦争だ!)」その思考が間違っている。

最終的に、政府が食料の配給制にしないといけない時期を迎える前に、人間が自分の家で出来ることをしなければならない。(食べれるだけの食料を買い、食料の無駄を無くす)

バナナの話から、環境問題を考えてみました。
大きく話が広がりましたが、バナナだけではないだろうと思います。
この先を考えてみると。
(これから、「だからGMフードが必須なんだ!」という話に行くのでしょうかね?・・・)
[PR]



by eilene | 2015-12-06 10:46 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧