にっき

 

イギリスの国家予算案が出ましたね

【英国】予算案、支出削減で財政黒字化へ:EU離脱の経済リスクを警告
NNA 3月17日(木)9時0分配信


昨日はラジオで聞いていました。

我が家的には現状維持状態です。
低所得でもなく、高所得でもないので。

その中で、「お?」と思ったのが、この新しいISA。
これは「ライフタイムISA」という名前ですね。来年の4月からスタート予定のもの。
今までのISAに加え、新しくこの非課税の口座も開くことが出来るものです。
これは良いと思う。
貯金を少しでも出来る&貯金額が増えるのなら。

けれども、この目的はその貯金は住宅を買うための貯金であること、定年後のための貯金であること、と「詳しくはこちらへ」に書いてあった。(今の提案では、40歳を超えていたらライフタイムISAで貯金をすることは出来ない、はずです)
貯金している最中に自由に引き出しは可能だけれども、重大な病気で無い限り途中で引き出すときには政府からのトップアップは停止&手数料が何パーセントか掛かる。
ここが普通のISAと違います。
普通のISAは引き出し手数料など掛からない(ただし今の金利は非常にゼロに近いから貯金の楽しみが減る)
ライフタイムISAは、フレキシブルではないけれども魅力的なのは誰でも分かる。
ライフタイムISAを設定するなら「これは絶対に手を付けない。50歳か60歳に達した時に手に出来るもの。」と頑固となる意思が必要になります。
ライフタイムISAを設定するかどうか我が家でも考えるべきかも。


砂糖への課税なのですが・・・98%大賛成です。(なぜにソフトドリンクだけなのか?は不思議)
イギリスの肥満、大人だけでなく子供もすごい事になってますから。
2%の不満は、この砂糖の課税がジン&トニックのトニックにも掛かること(^^;)
水で十分で、普段は全くソフトドリンクを飲まないので我が家にとってダメージはないですが。
ジン&トニックは、私も大好きでレギュラーに飲むしトニックは常に棚にある。
トニックだけ飲むときもある。
胃が重いなって思う時にはトニック飲むとゲップが出て良いんです。
お風呂上りにちょっとサッパリも良いし。
トニックを今のうちに買いだめしておかなくべきだろうか?

イギリスの超ソフトドリンク文化。水が飲めないっていう人達が本当にいるらしいですから(驚)
課税って言っても大して気にならない額でしょうが、これは多くの家庭に動揺が広がるんではないかな?

一つ不に落ちないのは、ソフトドリンクに掛かる税金集まったのが小学校でのスポーツ振興へ?
国営のNHSの病院に与えるべきではないのだろうか?・・・
そっちのほうが一番助かるだろうし。

やっぱり、出来る政府は、ロジック的な金銭の振り分け方じゃないとなぁ・・・思います。
[PR]



by eilene | 2016-03-17 15:56 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧