にっき

 

MARY KING'S CLOSE

MARY KING'S CLOSEに行ってきた!やっと行けて大満足。

16世紀17世紀のエディンバラの町を歩きます。
お化け屋敷ではないと聞いていたけど、私にはお化け屋敷化してると思う・・・。
本当の街の一部で本当にあった当時の場所を20人くらいのグループで一人のガイドさんと約一時間ほど歩きます。真っ暗なので足元注意!真っ暗だからまわりもあまり良く見れないけど・・・。それが不気味さを増しているのか。。
外国の方用に通訳のガイドフォンがありますが日本語はなし。。。誰か訳してもらえる人や、説明できる人と行ったほうが良いです。もちろん英語が分かる人は問題ありません。
(英語が分からないと辛いものがある・・・私も半分以上分からなかった!あとで主人に教えてもらった。)

もう一つ、ここへ来る前に少しエディンバラの歴史というか町の暮らしなどを知っておくともっと楽しくツアーできます!私は少しだけエディンバラの古い町の様子を勉強したこともあったので、『あーそういう感じなのね!』とか関心することが出来ました。

ペスト(疫病)の時代も少し予習しておくと、なぜペストが広まったか?なぜ感染が広がったか?などの疑問が一気に解決するでしょう!大体、予想はつくと思いますが実際に自分の目で見ると『なるほどね』よりももっと強い気持ちが出てきますよ。

エディンバラ、現在の駅がある場所あたりは昔は川になっていてそこに汚物類、生活排泄など全てが流されていたようです。

エディンバラの町は想像以上におもしろい。今ある現在のような建物の下に何千もの住居が連なる街だったそうです。下に位置する人たちは貧しい人たちで、上に行けばいくほどお金持ちの人たちが住んでいたそう。見晴らしが良いのはお金持ちの証拠。しかも当時は窓をつけるとその窓にも税金がかかっていたんだそうです!!お金持ちのステータスは窓か。。

現在の暮らしとは全く想像つきません。当たり前でしょうが^^;

ただ本当に残念なのが、このアトラクションがお化け屋敷化されていることだった。
多くの人がその場で働き生活をし、また死に、殺人事件などが実際にあったからお化け屋敷にすれば最高の場所だと思うし、人も集まるしお金も取れるでしょうね。
ただ、その人たちが『怖いもの』お化けの対象となってしまうことに少々残念な気持ちが・・。

もちろんガイドさんは随所で生活の様子をちょろっと紹介してくれますが少なかったような。
もう少し暮らしの生活が知りたかった気もします。。自分で聞かなくてはいけないのですが、恥ずかしいことが聞けない雰囲気。主人も隣にいるから恥をかけない状態だしね(笑)
怖い話を聞かされ、とにかく怖いという感覚を植えつけられた気分だった^^;
当時の人たちは怖いことだけじゃなかっただろうに。
何度か、ガイドさんが驚かす場面もありました。
(えー実は。。そのトリックに私のみ大きく反応してしまいまして・・・懐中電灯を照らされました^^;怖がり屋な私はガイドさんにとっては嬉しい反応だっただろうな。笑)
当時の人たちの生活の様子は頭の中で想像するしかないですね。
(もっと中明るくしてくれ!)

1990年代に、日本人のサイキック、ギボ・アイコさんがここにも訪れていました!ツアーの中でその場所へ行き、ギボ・アイコさんの説明・・・。正直言うと聞いていて恥ずかしい気分でした(^^;)
(ここの場所だったのか!?)
『小さな女の子がいて、ぬいぐるみを失くしたから欲しい』と言ったそうです。それで彼女がぬいぐるみを置いたということから、話が広まり今ではたくさんのぬいぐるみが置かれています!
(ペストで親から隔離され死んでしまった子だそうです・・・。そんなこと言い出したら、そこで亡くなった人はたくさんいるのでぬいぐるみだけでは足りないと思うよ・・・。)

とにかく、当時の生活の一部分を実際に目で見れる場所は、このMARY KING'S CLOSEのみだそうです。その意味でこのアトラクションには
訪れる価値がありますよ!
エディンバラに来たら、ぜひ予約して(取らないといけない)見て欲しい場所です!
一人大人約8ポンドです。
(MARY KING'S CLOSEという名は、この場所で一番お金持ちだったMARY KINGという女性の名前から取ったそうです。)

この場所がアトラクションと化する前は博物館風だったそうです。
私は、それに行きたかったなぁ・・・。^^;

ツアー終わってアンケート用紙があって記入したい人はどうぞって言われたのに、書かなかった><書いてくれば良かった。。

書きたかったのは、
① お化け屋敷化だったのが残念。
② 日本語のガイドフォンがほしい。
③ ガイドさんが、当時の服装で当時の態度というか雰囲気が出ていて良かった!

エディンバラに来たら、観光『すること』リストの中に MARY KING'S CLOSE もお忘れなく~♪
[PR]



by eilene | 2007-05-31 16:09 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧