にっき

 

カルメン

昨日はなんと、オペラ「カルメン」を鑑賞してきました。
ビゼーの『カルメン』とは・・・許婚がいる衛兵が、ジプシーの美女カルメンに出会い、惑わされながらも彼女に惹かれていき~結末はいかに?という恋愛ロマン派のお話です。
7時半から始まり終わったのが夜の11時。
 (オペラはイギリスに来て初めて・・。)
 

ちょうどですね、13日の日記「クラッシック」のブログを書き終えた頃、主人から「オペラに興味ある?」とメールが来ました。もちろん「興味あるから行きたい」と返事を送り行くこと決定しました。どうやら主人の働くホテル(隣がオペラ座・・)にそのオペラ演出の方が泊まっていたようでチケットをくれたようなのです。本物のろばと、スタリオン(黒いきれ~な馬)も登場するということで、地元の新聞でも取り上げられていました(運良く観に行く当日に地元の新聞で読んだ!)。そんなこんだで少し話題もあり、また昨日は初日ということもあって席も一杯のようでした。11月頃までエディンバラの「『The Edinburgh Playhouse 』」で上演予定だそうです。

舞台が始まる時間と、あらすじは調べて知っていましたが終わる時間には正直驚きました(笑)でも内容が面白いのか?テンポが良いのか?時間があっという間に過ぎてしまい、「え?もう終わり?」という感じでした!楽しかったです♪音楽もすごかったですが、歌の迫力がすごかったです。私たちは、下の席真ん中、舞台正面に座ったので比較的に見やすい位置プラス前隣が通路に面していたので圧迫感もなかったです。

さぁ舞台が始まって驚きました、全編フランス語・・・(英語でやると思ってた・・私)全くわかりません。でも舞台の上部分に英語の字幕が出てきます。上を見上げる形になるのでちょっと苦労しました。これに見入っていると踊りなり周りの雰囲気が良く見えなくてちょっと残念な気になりました。フランス語が少しでも知っていたら楽だったろうに^^;舞台の人の細かな動作も見るの楽しいんだからね~。字幕はそんなに難しい英語にはなっていませんでしたよ。私はとりあえずストーリーのあらすじを日本語でチェックしてあったのでチンプンカンプンという状態にはいたりませんでした。よかったーーーーー!!タダで観れたとしてもストーリー分からなかったら残念ですもん。

実はオペラ観に行くと決まってからネットで調べました。
服装からマナー、そんな中に一応あらすじくらいは知っておくと便利という文字も見たのです。こんなときはウィキペディアが(最近改ざんされているようですが私は好き。)一番!と思って観てみたらやはり詳しく書かれていました♪ん~結末までも~~^^;
結末を知りたくない方はご注意ください!カルメン (オペラ)と、ジョルジュ・ビゼーについて。ウィキペディアより。

オペラ鑑賞の服装について。
必死にネットで調査してみると、やはり「お洒落はしていったほうが無難&女性はファッションを楽しむチャンス!」なんて書いてあったり、きちんと席に似合った服装で~とか、気張らず楽な服装で(ラフ過ぎる服装はNG)~とかであんまりコレ!と決まったルールはなさそうでした。やはり場所にもよるそうですが高い値段の席以外だったら派手になりすぎずラフすぎずが良いとのアドバイスでした。「ちょっと高めのレストランへ行く感じ」の服装で~と分かりやすいアドバイスもありました。きらびやかな服装もこれまた浮くそうです(プラス舞台の人のきらびやかさを奪ってはいけないとか)。女性だったらスーツかワンピースで十分ですって。また女性の方で気をつけることは「香水は少量にするか付けない(周りに香水アレルギーの人いるかもしれないから)」というエチケットも学びました。

そんなことで、とりあえず上記通りに楽しむ(=小物を買う)ことにしました(笑)。観にいく日当日数時間前に^^;なんせそんなしゃれた場所へ行くことないので、持ち合わせがない。笑

男性は、スーツだったら全く問題なしのようですね。
主人はシャツ&ネクタイ(念のため)、仕事面接に行く用のスーツ着用。
私はグレーのワンピーススーツ(日本から持参してた)を着ていくことにしました。
今回新しく、ショールと靴を購入してもらいました。
c0114797_110424.jpg
c0114797_111340.jpg


上記のアイテムはこれからいつでもどんなときでも使えるのでね、ためらいはなかったです。ローハーを実家から持ってきてたけどそれじゃ~いかんだろうと思って今回買ってもらいました。少しヒールのある黒の靴は前々から買ってくれると言われていたのですがね~履く機会ないから要らないと断ってたアイテムでした。
 (チャンス到来。^^)

ショールもそんなに派手&豪華ではないものを選びました(花柄、なんちゃって金糸入り)。が、しかしこんなに服装を気にしてたのに会場へ行ってみるとものすごくラフな格好の人々が多い。。;;中には少しお洒落した服装の方も発見できました。
 (お仲間発見!ホっとする) 
私全く着飾ってはなかったけどショールを使うか使わないかで違うこと気がつきました。ショールを使ってる人は見なかったような・・。そんな意味で浮いてた?(爆)

実際、オペラはもうお洒落をする場所ではなく楽しむ場所になっていました。
女性の方も男性の方も普段着で十分のようです(^^;)
少し残念な気もしますけどね。
それでも大衆娯楽として受け入れられているんだなと実感しました。そんなことが分かり、次もし行くことがあったら少しラフめな格好で行こうと思いました。笑 でもジーンズは避けたい・・な~^^;

洋服でメリハリをつけることって以外と大切かな~なんて思います。
私は一応家にずっと居るとは言え着替えています。TPOで服装も変えるくらいのたしなみは持ち備えていたいなと思います。ポッシュに気取ることなんてしなくてもいいけど、きちんと時相応のマナーとかは知っておきたいな~なんても思うようになりました。

オペラ鑑賞、これからちょっと楽しみになりました。


P.S 私が子供の頃、母と姉妹と一緒に宝塚の「ベルバラ」を観にいったことがあります。↑「ベルバラ」もオペラでしょうか??
 (確か、生演奏付きだと思った気がする・・)
[PR]



by eilene | 2007-09-15 18:48 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧