にっき

 

保険について

『保険はかけておくべきです。いつ何が起きるかわからないから!』

このたび私の主人の生命保険を見直すことにしました。

1996年頃から、主人のおカアさんが息子を心配して加入した

「事故死、瀕死状態のみ」にお金が支給される保険。

毎年、金額が増えていってる(インフレでらしい)・・・。

今まで主人のおカアさんに払っていてもらったけど、これからは私たちで払うと彼女に伝え、加入した当時の資料なり全て渡してもらうようにしたわけです。
(私たちが払うって言ったら大喜びだったな~そりゃぁ自分のじゃないもん払いたくないよね・・。)

これから払うのだから!知らないではダメだと思い、数日前に一応私はネットで保険会社の仕組みを少し勉強。ど素人なので勉強したと言ってもたかが知れていますが・・・。私が大量ネット情報からピックアップした点は以下です。  

その前に、保険会社には「good company, evil company」も存在するようです。

「自分の保険のコンディションを見直すこと:どんなタイプでどこまで保険カバーしてるか?怪我や病院入院費などもカバーしてるか?とか」
「毎月のかけ金払いすぎていないか?:目安は、自分達が一年過ごす分の金額×10~15年または20年分」
(一年過ごす分の金額は、毎月家計簿つけてれば目安として簡単に割り出せる。)

こんなことを主人に報告したら、面倒だ!!と言いながらも重い腰を上げさせることに成功。

保険会社に説明して、主人の保険のコンディションを全て用紙にまとめて送ってもらうことにしました。

分かりやすく、表にまとめてくれてあり見やすいんでちょっと助かった^^。
でも事故死または瀕死の状態になってはじめて支給される主人の保険額にハテナマーク出てきた。例えるなら(主人が教えてくれた)→10年前なら一戸建ての家を軽く買えるほどの値段でも今の時代では無理な値段、とのこと。インフレで掛けてる値段も上がってるのに、保険のコンディションは加入した当時の価値?と言うこと???混乱。。当たり前のように、解約しても掛けてきた金額の全額は戻ってこない・・。

またまた主人が深くコンディション(小冊子)を読んでみてもっと驚いた!主人の保険では、死亡も車での事故死のみ保険が支給されるらしい。飛行機での事故死はお金支給されないらしい→また混乱&ショック。突然死も入ってないだろうし・・。これには主人も驚き混じりで少し憤慨。

保険ってこういうものなんでしょうね。
ここらへんが保険の不思議というか落とし穴のような気がしてしまう・・。

保険金目当てで殺人が起きるのは・・・もしかしたら保険の仕組みに問題ある???私は主人を本気で殺すなんて思わないけど、けどね、「死なないと価値ないってことだよね?」って主人に聞いたら、「それが保険だよ」って言われました。
(アホな私・・)

人間いつかは死ぬのだけど、死にかたによっても保険金かけてたのがパァになる・・。それなら掛けた金額を返してもらうには?って考える人だっているはず(おそらく警察&保険会社にはバレバレだと思うけど・・)。自分がこんなことを考えられたことに、大汗ワキも汗。。

主人は結果、この掛けてもらっていた保険を解約したいようです。
解約すると解約金で約1年分(100ポンドほど足りないけど)の掛け金が戻ってくる。彼女には本当に悪いけど広範囲にカバーしてある保険でもなかったしフタを開けてみればお粗末な内容の保険のようにも感じるし、なんと言っても私たちが引き続き掛けたい保険じゃない・・。

備える意味では良いもの→保険。
でも、きちんと自分が入っている保険の内容は知るべきだと思う。思わぬ落とし穴があるかもしれないし。

結婚前の夫が入っていた保険を、結婚後解約した人っているのだろうか?ちなみに言うのならば、「親が息子のために払っていた保険を今度は自分達で払うことに。でも嫌だから解約した」っていうご夫婦はいるのでしょうか?

どうなのかな?
[PR]



by eilene | 2007-09-23 20:27 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧