にっき

 

「ジキル博士とハイド氏」の本をもらった

c0114797_2039271.jpg

今年もやってきました!エディンバラ・フリーブックデー!
ONE BOOK-ONE EDINBURGHと呼ばれるもの。
今年もエディンバラ出身のロバート・ルイス・スティーブンソンの名作の本が無料で配られました。
(スティーブンソンは、体が弱く後に気候の良い場所へ移住しアメリカ人のファニーという女性と結婚した。)
去年はこの本をもらいました→Edinburgh City Library.

「ジキル博士とハイド氏」の話は、聞いたことあるけど読んだことがありません。2重人格の人が出てきて怖い話だと思っています。典型的な善と悪の話だとも聞きます。
ジキル博士とハイド氏ウィキペディアより。

裏話。
偶然にも作者がこの話を書いたときに、イギリスでは有名すぎる事件『ジャック・ザ・リッパー』切り裂きジャックの事件(娼婦が惨殺される)がロンドンで起きてた頃だったようです。犯人は医学に通用する人ではないか?とも噂されていた頃だとなれば、この本が話題になってもおかしくないですね。
もう1つ。本の舞台はロンドンだそうですが、実はこの舞台はエディンバラだったと言われているようです。
最初に書いていた「ジキル博士とハイド氏」の話は、妻のファニーからしてみて『あまりにも主人に似すぎている!』ということで破棄させられたそうです!それで出来上がったのが今のバージョン。

本を書く人は、よく自分の姿を本の中に反映すると聞いたことがあります。
妻としては、やっぱり良い感じはしませんね(^^汗)

去年の本は読んでない・・のだけど、今年の本は読めるだろうか?
読まなくちゃね。
[PR]



by eilene | 2008-03-01 13:37 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧