にっき

 

Duel --- 決闘, 果たし合い

今日はお昼前にテレビで歴史の番組を見ました。
『ディビッド・ランデール VS ジョージ・モーガンの決闘』の背景について。。

一瞬、Duel って何だ?と思いながらもそのままテレビを続けて見てました。
どうやら、一対一でどちらかが降参(謝ることなど)するか死ぬまでの戦いらしい。(この戦い方は長い歴史もあるみたいですね。)

なんで、このディビッドとジョージの2人か?というと、1826年にスコットランドで起きた最後の決闘だったようです。場所はKirkcaldy(カルカーディ)。エディンバラより海を越えたところにあります。緑の矢印部分がKirkcaldy。(ここから眺める海がとてつもなくキレイで淡いブルーの海!多々ドライブ経験あり)

とにかく。
ディビッド・ランデールは真面目で忠誠心があり良く働く敬虔なクリスチャン、カルカーディの商売人。(妻はすでに他界)
ジョージ・モーガンは彼の取引先の銀行(Bank of Scotland・・・スコットランド独自の銀行)のマネージャー(ビジネスの経験ないけど銀行のマネージャーをやっている。)、いじわるな元軍人。

ある日、ディビッド・ランデールがお金のことでジョージ・モーガンに相談交渉、交渉は成立したはずだった。でもその後に交渉決裂。

ディビッド・ランデールはものすごく怒り、でも紳士的にクレームの手紙をジョージ・モーガンに送る。

ジョージ・モーガンは手紙を読み、これまた憤慨。『失礼な手紙を書いたので謝罪が欲しい』とディビッド・ランデールに手紙を送る。この時、ジョージ・モーガンの手紙の最後には、銀行のマネージャーという地位を強調せず、、自分の持っている軍人のタイトルを書き残す。

ディビッド・ランデールは『どこの部分で謝罪をするのかが分からない』と返事をする。

ジョージ・モーガンは憤慨。
ある日、ジョージ・モーガンが店の中で話しをしてるときに、ちょうどディビッド・ランデールが道を通りかかっているのを発見、ここぞとばかりにディビッド・ランデールを追いかけ、彼を棒で叩き始めたそうです。

ディビッド・ランデールは、この出来事が起きた日に決闘の準備をするのでした。場所はどこか?いつやるか、武器は何か?などなどを細かくスケジュール立てていくことになります。当時はこのスケジュールを立てる専門の人たちもいたので、彼らの力を借りて決闘の日取りを決めていったそうです。武器はピストル。お互いが向かいあい、合図と共に引き金を引く。

決闘のスケジュールが相手側のジョージ・モーガンにも伝わる。

決闘前日の夜。2人はそれぞれの『最後となる』時間を費やすことになります。決闘は早朝行われることが多かったようです。

ここで、おさらい。
ディビッド・ランデールは、商人で人生の中で一度もピストルを使かった経験なし。ジョージ・モーガンは元軍人、ピストルの扱い方にも慣れている。

何度か、決闘をする前にディビッド・ランデールは『謝罪』をジョージ・モーガンに要求していたようですが、ジョージ・モーガンは拒否。

お互いに危険な場面を作ってしまった。決闘前夜。
ディビッド・ランデールは親しい友人に最後の手紙を書く。重要書類ある場所や鍵は自分の洋服のポケットに入っていることなど詳しい情報を手紙に残し、最後の祈りをささげる。
それとは反対に余裕があるのはジョージ・モーガン。彼は何と、その決闘が行われる日の夕方に夕食会の招待状を出すほど余裕があった。

決闘当日の早朝。
ディビッド・ランデールは共に2人の医師を引き連れて決闘場所へ現れる。それに対しジョージ・モーガンは医師なし。

ディビッド・ランデールはジョージ・モーガンに謝罪をもう一度要求。ジョージ・モーガンは拒否。決闘が始まる前に妻からも『決闘を避けるように』との願いもジョージ・モーガンは拒否。

c0114797_423222.jpg

イメージはこんな感じです。
(写真はウィキメディアから-Hamilton-burr-duelの様子)

立会人の合図で決闘。
びっくり!ディビッド・ランデールの弾がジョージ・モーガンの胸に命中、地面に倒れる前にジョージ・モーガンは即死。ジョージ・モーガンの放った弾はディビッド・ランデールをかすりもしなかった。

この出来事はすぐに広がり、ロンドン裁判へと持ち込まれることになります。
この決闘なのですが、、一応法律では殺人になる。裁判の結果、殺人が認められればディビッド・ランデールは死刑確実。

裁判の結果、無実になる。(!!)

その後、スコットランドに戻り新しい妻を迎え12人だったか?の子供を設け人生をまっとうする。ジョージ・モーガンは可愛そうなことに(?)彼の墓石に『ジョージ・モーガン』の名前すら家族は彫らなかったそうです=その名前が恥だから。。

と、このような内容の決闘でした。
この決闘は大人のケンカで最後の手段だったのでしょう。。自分が正しいと思うときだけに武器を取る。というような言葉を、決闘についてネットで探していた時どこかのサイトに書いてありました。これが決闘の時に一番大切なルールなのでしょう。

ウィキペディアでこの決闘のリストを見ていたらびっくりするのを見つけました!1792年には女性の決闘もあったみたいです!Lady Almeria Braddockさんと Mrs Elphinstoneさんという人達で、その名も"petticoat duel" -ペティコート(女性用の下着)の決闘。何が原因か知りませんが^^;
Lady Almeria Braddockさんの実際の年齢がばれる?とにかくピストルで撃ち合うもお互いの弾は見事に外れる(1つの弾は帽子に命中)。次に剣での決闘。Mrs Elphinstoneが腕に傷を付けるまで戦い、結局Lady Almeria Braddock さんに『謝罪』を書いて終了。

日本にもありました。
リストの中には、戦国時代の上杉謙信と武田信玄の戦い。と、有名な宮元武蔵と佐々木小次郎がリストに載っていました。

とにかく。
ディビッド・ランデールが殺人で裁判にかかり無実になったのも、彼は決闘を何とかして避けようと試みていたことが事実にあるからなのかなと思います。
ピストルを一度も使ったことのない人が、、銃の達人を負かす。
ドラマチックな結末だったと思います。

*当時の医学からして、もしピストルの弾で致命的損傷を受けなかったとしても、その傷から感染症などを起こし死亡することが多かったようです。
[PR]



by eilene | 2008-03-04 19:51 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧