にっき

 

カテゴリ:日常&雑談( 726 )




寝室の壁紙はがしが始まった

c0114797_17182358.jpg


セカンドベッドルームよりは壁の状態がとりあえず良いので安心。
まずは、全部の壁紙をはがすこと!が目標です。
ちょこちょこやっていって、、1ヶ月後くらいにはペンキで下塗り出来るかなぁ?
[PR]



by eilene | 2016-05-23 09:20 | 日常&雑談

庭に来る鳥 : (マヒワの)シスキン夫婦

先月、皿を洗っていると真っ黄色した鳥が素早い飛びっぷりで鳥の餌場所にやってきた!
ものすごいアクロバットな飛びっぷりで、何枚かデジカメで写真撮るのがやっとだった。
真っ黄色の鳥と、もう一匹の鳥。
c0114797_19211583.jpg

c0114797_1921258.jpg

この時は、一緒に食事はしなかったけど(交代で餌を食べていた)、ビュンビュンと二匹でやってきて二匹で飛んで行ったのを見送り。

義理母(鳥を良く知っている)にメールで、今こんな鳥見たんだけど、動物図鑑見ててもあまりはっきりとしたことが分からない。

シスキン? (私は、これを疑ったのです。ものすごく体が黄色だったから)
グリーンフィンチ? この鳥も黄色いのは黄色いんですよね。グリーンって言うのに!紛らわしい。
その他に体が黄色い珍しい鳥の名前を提案して聞いてみたんです。

義理母から、バチン!と、「それは普通のグリーンフィンチよ」とのこと。

そうかな?そうかな?と私は思っていたのだけど、義理母は野鳥とか長年見てるからグリーンフィンチなんだ、と私は少しガッカリ。

と、昨日。
またあの黄色い二匹がやってきた! 
偶然かもしれませんが、ちょうどその日の朝、普通の種の餌にニジャーの種(真っ黒い細い種)を少し混ぜてみたのです。このニジャーの種は、ゴールドフィンチ(ゴシキヒワ)がメインですがシスキンも食べるということで。

この時はアイロン掛け中。アイロン台を庭に向けて見ながらアイロン。
(家事してる最中に楽しめるのは最上の幸せだと思う=シスキンに夢中になりアイロン掛け中止!)

昨日の天気は曇りだったから色も確認しやすかったです。
c0114797_18584778.jpg

昨日は、なんと長時間餌を堪能していた様子!
そして、とてもリラックスしていた(^^)
c0114797_18593779.jpg

しかも、すずめと一緒に餌を食べてたり、地面にはハトが居ても動じることなく食べていた。
今回は私も写真を30枚くらい撮れて、双眼鏡で確認することも出来ました049.gif
c0114797_185989.jpg

胴体が真っ黄色で頭部分が真っ黒、これはオス。この写真を見る限り・・・ミスター・シスキンはカメラ目線?笑
もう一匹(餌食べてるの)がメスです。

シスキン夫婦です~016.gif仲が良いなぁ056.gif

でも、シスキンが来るなんて嬉しかったです053.gif
ニジャーの種も食べていた。
「あそこにもニジャーの種があるぞ」、と他の鳥たちにツイートしてくれれば幸いです。
次待っている鳥は、ゴールドフィンチという鳥です。
ニジャーの種は、このゴールドフィンチが大好きな種だとのこと。

去年は見なかった、ツバメが今賑わって飛んでいます。

*写真は、部屋内からズームイン、手で持ちながらのデジカメで撮っています。
ニコンの(古いタイプの)クールピックスです。
[PR]



by eilene | 2016-05-18 11:07 | 日常&雑談

毒へびの牙から、犬が子供をかばう

良かった良かった、この犬が助かって

頭の隅で気になっていた(小さな)ニュースです。

子供が蛇にかまれていたら、命を落としていたかもしれないって言われていて、
その子を守るために前に、後に行ったりして(犬が、蛇と子供の間に入って)守ったって。
すごい。
よくやった、わんちゃん。
[PR]



by eilene | 2016-05-17 12:30 | 日常&雑談

ヘイトスピーチと表現の自由は同じ?

日本でヘイトスピーチ対策法が成立すると、言う話。

罰則がない?
緩いと思う。

ヘイトスピーチと、憲法の表現の自由が同じ扱い・・・。

これは、イギリスでも同じかぁ。
「ヘイトスピーチ」=憎悪を表す事で愛国心というか、国の士気上げてるっていう傾向もあるので。

先月、私の主人が「テロについて」の勉強会の研修へ行ったときのこと。
テロ=過激派イスラム教徒への対応だったらしいです・・・今の時代、これはしょうがないかも・・。

でも、そこからして、うちの人のその決め付けが気に入らなかったようです。
うちの人にとって、「テロはどんな思想でどんな理由でどんな人種でもテロリストはテロリストだ」、という意見ですから。

2人の警察官の人のうち、一人の警官が『良いですか。私は北アイルランド人です。テロは駄目だけど、ファシストは(表現の自由だから)OK』と言っていたそうです。(もう一人の警官の人は少し困惑気味だったらしいけど)
何で北アイルランドと言う必要あるのか不思議です。←そこは私も突っ込んだところ。

その場で、それを聞いた私の主人は、ファシストが大嫌いなので「テロ(過激派イスラム教徒)はノー、ファシストはOK」に不満のある顔をしたそうですが、その場所は研修の場所で(時間も限られていた)議論の場所ではなかったので何も言わなかったと言っていました。
が、もちろん私との議論に発展しました。

うちの人の主張は合っています。
テロ=どんな思想でも、どんな理由でも、どんな人種でもテロリストはテロリスト。

私と議論になったのは、ファシストたちが「OK」とされるのは何故か。
私が(警察官の言うことに理解したのは)怒りの矛先を建物や物にぶつけていて人間に怒りを向けていないからじゃないか?と言った点について。

うちの人は、「歴史から見て、ファシストはもっと人を殺してるぞ。勘違いしては駄目だ」との言い分。

おっと・・確かに、そうね。。。

何よりも、私的には、テロでもファシストでも憎悪はどんな理由でどんな人種でも犯罪にするべき。
と、言うことです。
ヘイトスピーチと表現の自由は同じではない、と教育していかないといけない。
表現の自由って、他人を(体でも言葉でも物でも)傷つけることではないから。


日本で、ヘイトスピーチ対策法が成立されるなら良いと思います。
与党修正案は、ヘイトスピーチについて「生命や身体に危害を加える旨を告知し、著しく侮辱するなど、外国出身者であることを理由に、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義。


こんなにはっきりしているのに、、どこで境界線をつけるのか難しいという人もいる。
この部分で本当に分からないとしたら、、ちょっと危険だと思っていたほうが良いかもしれません・・・。

先に書いた、あの警察官の人が日本でそのような話をした場合ヘイトスピーチになるか?
もし、彼が「テロ=過激派イスラム教徒で、それに対してファシストたちが抗議するのはOK」という理由だとしたら、この人は色々なレベルでヘイトスピーチ法に引っかかると思います。でも、警官だからそういうことを言っても問題にならない、っていうのが今のイギリスの警察官の流れです。
こういうモラルの教えは今のイギリスは危険すぎます。

また、逆にテロリストを「応援」「援助」することもヘイトスピーチになるということですね。(テロの理由は理解する、と、テロを喝采/応援するは全く違う)ノルウェーで起きたテロ事件、政府に対して不満はあったことは理解するけど、テロ行為は応援出来ない人が多かったように。
過激派イスラム教徒のテロリストが何故テロへ突っ走っているのか?も、理由があり理解出来る面もあるけど、テロ行為は応援出来ない人が非常に多いように。

表現の自由、というのならば、テロを起すまでに至った理由と不満などは一歩譲って誰もが理解出来る、と理解を表示する部分までじゃないでしょうか?

「だから、やっても良いんだよ」と、テロ行為を賞賛したりするのはヘイトスピーチになるということでしょう。

誰にでも殺人犯の要素がある。

1、だから殺人はしょうがない事だよね、やっちゃいな、と同意する人と。

2、(誰にでも殺人犯の要素があるのは)理解するけれども、理性を失ってはいけない。

1と2の違いはやはり完全に違いますね。
ヘイトスピーチと、表現の自由の違いは見えてきます。


ただ。一つ、私が難しいかも?と思う所は。
イギリスでは歴史的に「反イスラエル」傾向があります。
間違ってはいけないのは「反ユダヤ人」ではない、ということ。
最近イギリスでは、「反イスラエル」というと、「反ユダヤ人だ!」と指摘されるようです。
イスラエルのやっている、パレスチナ人への非人道的行為と侵略行為への非難が=反イスラエルにつながっている。

*イスラエルが、パレスチナ人にやっている行為は模範のような模範のヘイトスピーチを実行している形です。ここをお手本にすれば「ヘイトスピーチって何?」って思ってる人や分からない人は大きく理解するはずです。

ただ。
イスラエル産物の不買行為(この行為は有名ですから)はヘイトスピーチになるのか?という点。
ここは私は分かりません。
ロシアへでもそうですし、国同士がやる制裁っていうのもそうだろうし。
こういうのは表現の自由になるのだろうか?
抗議の形だから?


でも、しかし、パレスチナ人もそうなのだけど(この人たちも問題はあるのだろうけど)、やっぱり一歩譲ったとしてもイスラエルの軍人たちがやっている事はとてもじゃないけど人間的に正当性は見つからない・・。「虫けらのような扱い」という表現があるけれども、その通り。
パレスチナ人がナイフを持っていたから、銃撃するのはもちろん、銃撃で倒れてるパレスチナ人に向けた罵倒、さらに銃を撃つだとか、、。
もちろんイスラエル軍人も身を守るのはもちろんなのだけど。
あり得ない光景が、あの場所では普通のことになっていて、それを指摘するともう世界中で「ユダヤ人迫害するつもりか!」と逆に問題が変えられるし。
一体何なのだろうか?あの場所は?
イスラエルの中でも、もちろん平和を望みパレスチナ人を保護する人たちはいるけれども。
あの場所は悪のスポットなのか、ものすごいヘイト感がある。

と、そのように、私が感じるのは、表現の自由です。
[PR]



by eilene | 2016-05-16 12:34 | 日常&雑談

すでに政治的なものが、さらに政治的なものへと:ユーロビジョンコンテスト

すでに、、政治的な舞台になってしまったユーロビジョンコンテスト・・・。

数年前から少し嫌気がさしてきていたけれども、まだまだツッコミ所がたくさんあって面白いから見てしまう。
下手な人もいれば上手な人もいるダンスと、演出も楽しい。
(ヨーロッパの民族の歌と現代的な歌とか、その国の言葉で歌っている国が減ってしまって残念ですが。)

(すでに)政治的な結果が出るのは承知の上で見てますが。笑
今年の結果はすごい・・・。
ウクライナが優勝。。
来年どんなものになるのか、、逆に興味ありありです・・。
この結果には我が家も驚きました。
そして、ザ・政治的な結果を見た感じ。
ウクライナの歌が上手いというのも、心に残るというのも何もなかった。
(これからワールドカップのように、問題がある国を優勝させて(問題を浮き彫りにして)いくような形になるのだろうか??)

(私は2016年オーストリアの歌がお気に入りです♪(歌が)超可愛いすぎる!)
そう思うと、コンチータが優勝した年はすごく面白かったし良い歌うたってた人たくさんいたなぁ。
今年のは何だかどれもこれも印象がなく・・。
(ポーランドの人はちょっと気持ち悪かったけど、歌上手だった笑)
ロシアの歌はそんなに興味はなかったのですが、ロシアの演出がすごくカッコよくて良い物だった!!演出コンテストがあれば、ロシアが「凝っているで賞」を取っていただろうと思います。(笑)

あとは、今年から、採点の方法も変わっていましたね。(今年は中国が生放送を開始したとか)
結果が出るときに確かにドキドキ感は増した(笑)
司会者の、「早く、巻きで、巻きで、」っていう態度には大笑いでした。
でも!審査員の点数ってあれはどうなんだろう??オーストラリア(ユーロ圏外ですが唯一認められてコンテストに参加)がダントツ1位取ってたっていうのも不思議。確かに、韓国人出身の人の歌はたぶん一番上手だったけど。
これから、オーストラリアも「政治的」な渦に飲まれていくのだろうか?!
イギリスはもうユーロでは嫌われ者ですから。得点も毎年のように低い(今年はそれでも審査員からの点数はもらっていたけど、国民投票でどんどん下がっていた笑)。でも、ブラックユーモアでイギリス人はこれも笑いに返していくことができる。
ヨーロッパの人たちが、いつイギリスとオーストラリアはつながりがある!ってことを気がつくのか?(^^;)

色々と、今年も「政治色」一杯だったユーロビジョンコンテストですが。
ユーロビジョンが始まる前には、国旗にもルールが決められて出場国家以外の国旗の使用は不可でしたが(例えば、イギリスはイギリス代表なのでイギリスの国旗のみ:歌う人がスコットランドとかウェールズの人の代表地域の旗は不可。)、このルールは厳しすぎるということで?ユーロビジョンコンテストが始まる数日前にこのルールが破棄されたようです。

*今年優勝した、ウクライナの歌(1944)は、ある一つの民族が大きな国に追放されて深く傷ついた様子を歌ったもの。
*タタール人というのも・・・ドイツのナチスと同じだったと言われている。
*今のクリミアの政権握っている人たちもあれで良いの?という感じだし。

これは、過去に起こったことだからOKだったとのこと。
ユーロビジョンコンテストでは、今現在進行中の(政治的な)問題は駄目と、いうことだそうです。

今年のユーロビジョンコンテストを開催した、スエーデンの司会者が開始メッセージで、ユーロビジョンコンテストとは、とメッセージを伝えてたところに私は感動してしまいました。
(ロシアにブーイングがなくなっていたのは進化したと思いました。コンチータが彼女が開催中に会場の人たちへ喝!したから?もう、そういう所が私、コンチータの大好きなところです。頭が良い人だから。)

カモン!ユーロビジョンコンテスト!
Let's show the world you will do it!
[PR]



by eilene | 2016-05-16 11:22 | 日常&雑談

中国の代表団に対して、英女王が本音か?建前?の発言

イギリス王室にも失礼な人いますから。
(女王含め。)

今日のイギリスのニュースは、これかな。

本当に嫌だなぁと思う、こうやって裏で陰口する人って・・・。
音声と映像で残ってしまって「裏」ではないけれども。
人として最悪だと思う。
それが公共の王室ともなると、、もう無理。
ルーシーって言う人も、女王に愚痴ってもどうしようもないでしょうに。
せめて、"Bad luck"で止めておけば良かったのに、女王も一緒になって文句に同意する始末・・。
女王も、その場では、このルーシーっていう人をたてて、中国人は「非礼よね」って同意したのかもしれないけど。
そんな事をわざわざ公共の場で、しかも公共のイベントの時に言わなくても良いのに。

でも、今のイギリスは、カメラが回っているっていうことを承知して何か物を言うって流行ってるんだろうか?
(自分の潔白を証明するために役立つのだけど、自分の主張を象徴して意図的にカメラ回すこともあるから・・今のイギリスは。)
ガーデンパーティには、写真を撮ってるひと、後ほどCDも売られるのでカメラも回しているだろうけど・・。カメラが回っているところを目掛けて愚痴ったのかなぁ?音声はっきり取れてるし。

このルーシーっていう人と、中国側の代表団の間で一体何が起きたのか全くさっぱり分からない。

どっちもどっちの事をしていたのだと思う・・。
中国側も金を出してやってるんだぞっていう態度だったかもしれないし(中国独自のセキュリティーのやり方とかも違いがあってイギリス側と違いが出て当然だし)、(イギリス)警察側も中国側をバカにした態度で迎え入れてたのかもしれないし。王室には、フィリップ殿下もいることですから、何かしら人種差別的なことも言ってたかもしれないし。
お互いが「横柄」な態度を取っていたんだろう、ということが想像がつきます。
ただし、一つ中国のすごい所は、、、極端に西欧に頭を下げないところ!!笑
そこはすごい。(やっぱりお金持ってるからだろうか?)

イギリスでは、"Bad luck"良く使われますね。
この表現、全てが悪いってわけではないという意味ですよね?(全てが悪くない、大人の言い訳ですが・・。)
他は良くて、あなたにはただ悪いのが当たってしまったという意味として使われると思います。

宝くじに当たらなかったとかは、"Bad luck"ではない。
サービスが悪かったなどの場面では、"Bad luck"=たまたま悪いサービスに当たってしまった。

と、いう風な表現です。
と、いうか、私はそう受け取っています。

とにかく。
英女王が本音をポロリ?なのか、ルーシーさんに対しての建前だったのか、とりあえず不明。
どちらにしても、違う人の前でコロコロ意見が変わる人は好きではありません。
あの人にはこう言って、あっちの人には違うことを言う、こういう人が仲間をぐちゃぐちゃにする。
外交も全く同じこと。
[PR]



by eilene | 2016-05-11 11:57 | 日常&雑談

イケア家具解体して、工夫してみた

c0114797_2011042.jpg
c0114797_2011969.jpg


*廊下の下あたりに空間がありまして、そこは靴とか収納場所になっています。今の所見苦しいですが、まだまだ改善の余地あるポテンシャルなスペースです。

人からもらったイケアのパイプの洋服掛けを解体しました。
この部分は、なんと、足になっていた物。
くるっと回してみると、何かを引っ掛ける事が出来るじゃないのー!と思いつき、帽子掛けにして再利用。
(ラッキーだったのが、パイプにはすでに2つずつのネジを通す穴があいていたこと。そのネジ穴を壁に向けてパイプを壁に取り付けることが出来ました。)
パイプをカットしたかったのだけどパイプを切る専用の鋸がなかったために今は長いまま。
長さを変えてみるともうちょっと可愛くなると思います。
重い物は掛けられません。
軽い物のみ。

(イケアの家具で、小さな子供が家具に押しつぶされて亡くなる事件が少々起きているようです。イケアだけに限らずに家具はきちんと壁に取り付けられるのなら取り付けましょう。小さな子供が居る家庭では得に。家具によじ登ってしまって家具が倒れるってことは十分にありますので)
[PR]



by eilene | 2016-05-04 12:18 | 日常&雑談

有名人が「○○支援します」と公示すると

なるほど。
売名行為と、言うとちょっと大袈裟ですけど。

売名行為?、偽善行為?、本心から?カルマを信じている?
それは誰にも分からない。

ただ。アメリカのオスプレイは自衛隊が物資輸送するよりもかなり早かった対応ですね??あれは私は不気味に驚きました(笑)パフォーマンスというよりも偽善行為なのかもしれないと思っちゃいました。逆に、そんなに自衛隊の物資輸送を派遣するのが遅い出来ないのでしょうか??・・災害対策で出動する自衛隊なのにちょっと不安。

でも、日本人のすごい所は助け合い精神が強いことですね。イギリスでは考えられませんもん!もちろん助け合いはありますが、何でも「行政がやれ!何のために税金払ってるんだ!税金で払ってやれ」ですから。例えば、ゴミのリサイクルでもです。そんなの自分で仕分けしろよ!と感じるけれども、これがまたイギリス「混乱するから出来ない」んだそうです・・・分別の仕方のパンフレットがあるにも関わらず・・。BBCで、日本は震災にあってもゴミの分別をしていると放送されていました。すごいことです。
残念ながら、ノロウィルスとか感染病が広がってるのが心配ですが、、、衛生面では厳しいことでしょう。消毒なども手に入りにくくなるだろうから。
今後は、簡易消毒剤なども物資で必要になってくるかもしれませんね?避難用バッグの中に入れておかなければならない物ですね。

何よりも、有名人の支援は良いと思います。
有名人のすごいところは、テレビではなく実際に見たときの「おーーー!!!あの人だ!!」という驚きは一瞬なりでも嬉しいことですし楽しいことですから。

私が大阪で住んでいたときに、難波を歩いていたら、ダチョウ倶楽部の一人を見たことあります。見ただけでも私は嬉驚きがありましたもん、笑。

イギリスでは、歩いてるロレイン・ケリーをエディンバラで見たことがあります。「あれ?!あの人、もしかしたら?!」って風に。
有名人は、(テレビに出ている甲斐があり)そこに居るだけの存在が大きい。
何かしたいのなら、先に公示しないで被災地にドーンと入りこんで後報告でも良いし、報告しなくても良い。
誰かが気が付けば、今の時代「見ました!あの有名人!○○してました!」って言ってくれるんだから(笑)
多額の金額を寄付しただとか、物資を持っていったとか、はプラス行為。

有名人が支援するのは良いと思います。
誰でも支援したいだけ支援するのも良いことだと思います。
ただ、「○○支援します」「いくらいくら寄付しました」と、公示しちゃうところが「イヤラシイなぁ」と感じちゃいます(笑) 
公示せず、「私も同じ人間ですから」みたいな態度でまわりの人と分け合いあいと行動出来る、お金も知らぬ間に寄付しちゃう、そんな事が平気に出来ちゃう有名人はかっこいいですねぇ~。

ソーシャルネットワーク病!
多々続出する「支援します!」 → お決まりフレーズで「いいね!」「すごい!」と社交辞令で言ってしまえば済むのだけど、「自分は何もやってない」と自己プレッシャーが掛かる。

そういうことです。
[PR]



by eilene | 2016-04-25 11:56 | 日常&雑談

カジュマルのコケダマ

カジュマルを購入。


先週、あまりにも天気が良い日があり、これを見逃してはいけない!と思ってコケダマ作りに挑戦しました。(昨日は少し雪降りましたからね!4月なのに!)
c0114797_092628.jpg


ほほ~難しかった・・・042.gif

義理の母が、去年『コケダマって知ってる?今(イギリスで)流行ってるらしいわ!私も作ったわよ』ということでコケダマの話題は義理の母から聞いていました。

コケダマ、本当は興味なかったのですが、義理母がコケダマのコケと、土をくれたので作らないといけないかなぁと思ってました。
い つ か 作ろうと思っていて作っていなかった。

カジュマル、本当は盆栽風で育てようと思ったのですが、このカジュマルでコケダマを作っている人もいるようなので「あ、作れるのか」と思って作りました。

初、カジュマルのコケダマ。

糸は白を使うようですが、白の糸なくなってしまったので黒い糸で撒き巻きしました。
黒でも良い。
白だとグルグル巻くとちょっと見えてしまうのね。

簡単そうに見えて難しい!!
コツを得るまで少し時間掛かりました・・。
日本のような青々したコケではなくて、義理母がくれたコケはこちらのガーデニングセンターで売っているコケです。

あとは、、、カジュマルがこれでも育ってくれることを願います(ちょっと心配です~枯れちゃいそうな気がするので^^;)

頑張ってくれ、カジュマル。
[PR]



by eilene | 2016-04-17 12:15 | 日常&雑談

住宅ローンは変動、固定どっちで借りる?

住宅ローンは変動、固定どっちで借りる?


ちょっと古い記事ですが。

我が家も住宅ローンを持っているので、この手の記事には目が留まるようになりました。
あと、リフォームのページもです。
銀行となんか付き合うことなんて無いと思っていたのですが、、、。
銀行と付き合うことが普通になりました。

他の家は知りませんが、私達が家を購入したときにもらった住宅ローンのアドバイザーからのアドバイスは『毎2年ごとに住宅ローンの返済方法=銀行を選んで変えると良いよ。』とのことでした。

実は私達、ローン返済の銀行も決定したことだし、色々面倒だから最初からもう30年なら30年の一定した方法でローン返していけば良いかな?と思っていたのです。
銀行の金利は変動するから、一定なら自分達もその都度驚くこともないし生活費の行方もほぼ変わらないから「金利が上がった!下がった!」で精神的にコロコロ変わらなくて良いだろうと思っていたのです。
が、住宅ローンアドバイザーに『家を購入して、30年固定とかで返済していく人は(今は)居ないよ。』
と、ばっさり意見を言われたので、、、まぁそういうものなのか、、と意見を取り組み、とりあえず2年は固定で払い、その後はまた違う銀行で良い条件の銀行を探すようにしました。

この3つの金利から選ぶとしたら、皆さんはどうしますか。


と、いうことで、我が家は固定金利選択型です。(それだろうと思う。)

来年には、住宅ローンを見直す時期になるので、我が家で考えているのは、私達が長年使っている銀行で私達の住宅ローンを移動出来れば良いな・・と思っているのです。(主人が学生時代から使っている銀行です)

今私達が住宅ローンを返済している銀行は、私達の家を購入した時、スコットランド政府の援助があったので、それが特殊なローンでして特定の銀行のみしか利用出来なかったのです。

私達が長年使っていた銀行の人から『(住宅ローンを私達の銀行口座から見つけて他の銀行に払ってるのを発見)何で私達の銀行使わなかったの?』と聞かれた事があります。
私は「本当は使いたかったんだけど、あなたの所、この(特殊な)住宅ローンを組まないって言ってたから。私たちのこの住宅ローン組んでくれないでしょ?」と答えたら、『ん・・・まぁ、そうかも』と返事が来ました。

でも!来年、ちょっと交渉してみようかと思ってます。家を購入した当時は特定の銀行に縛られていたけど、数年経てば解放されるかも?と期待がある。
『おねげぇだから、お宅の所で私達の住宅ローンを抱えてくれねぇだろうかぁ?』と。

なぜなら、他の銀行へ行くと、銀行口座の照会から何やら書類が必要で身元証明やら何やらかにやら全て私達の金銭行動を一から伝えなくてはならないからです。
それが嫌なんです。
かと言って、今の銀行を続けて使用するのも何も縁がないので何だかなぁという所。

イギリスでは、ここ数年の間、銀行(口座)をちょこちょこ変えるのが当たり前と言われてる(ちょこちょこ変えるべきだと推薦されてる)中で、、がんとして私達は長年使っている銀行を動かしていません。

全て一つの銀行で私が収めたい理由は。
1、そのほうが管理がし易い!!!
2、そして、何と言っても、お金を借りるときに相談しやすいのです。
*個人的なローンを借りるにしても、バラバラと違う所で借りるよりも同じところで管理していたほうが良い。(そう、なりたくないけれども最悪な場合、色々な所で借りて返せなくなった場合に借金の返済方法でベストな方法は一つに固めてそこから返していく事。精神的にも負担が軽くなる。色んな所で借りて色んな所に返さないといけない!というプレッシャーがなくなる+インタレストも下がるはず。その為に返していく事に集中できるから。どんな借金も、出来るのなら私は一つにまとめるべきだと感じます。)
3、私達の金銭行動も把握されてるし、少しは融通も利く、銀行側もロイヤリティーという心も少しは持っていてくれる。

来年、私達の住宅ローンを、私達が使っている長年の銀行が引き受けてくれるのなら。
そこで、また定期的に見直す固定金利選択型にしようかと思います。
全期間固定金利にしちゃうと、(本当はそれでも良いかもしれないけど)なんか銀行に頭を下げすぎている感じで取られるのも嫌(^^;)
少し、「嫌ならいつでもどこかに行くからね」という面も持っていなければならないなぁ、と思うわけです。
銀行との駆け引き・・。
態度が強すぎてもだめ、弱すぎてもだめ。

私が学んだことは、銀行は表では「貯金」が好きと言うけれども、やっぱり「使う人」が一番好きということです。

でも返せなくなったら、銀行のせいではなく私達。
住宅ローンもそうだけど、どんな時にでもお金を借りるときに私が気をつけることは。
1、自分達の収入と支出を自分達で把握していること。
2、銀行員の甘い言葉=「もうちょっと借りれるから借りませんか?」には気をつけること!(ただし、返済額が多ければ多いと金利が下がり返済額も下がるちょっとしたディップもある事を頭に入れておくこと。調べること)
この銀行員の甘い言葉は本当に危険です。「あ、そう?ちょっとは余裕があるのか」と錯覚に陥って、借りる癖がついてしまいますから。
3、銀行のアドバイザーから「これは何ですか?(何の支出か)」と聞かれ、全てすぐ答えられること。



あ、一つ質問です。どこに?って感じですが(^^;)
日本では、住宅ローンを借りるときに、銀行からの住宅ローンの書類の中に「もし、金利が5%になったとき、その時は(返済額)このくらいです」という書類はありますか?
イギリス、私達の書類の中にありました。
5%~6%に上がったとしても返せる金額だったので安堵しましたが。
こういう、銀行からの「もしも」の話はこれから住宅ローンを組む人は目安になって良いかと思います。もちろん、ちょっとドキッとしちゃいますけどね。6%になんて上がられたら困る!!!と・・。

でも、銀行から、『あー!大丈夫!大丈夫!金利なんて全然上がらないから~!(^^)』という軽い感じだと、、なんか「怪しい」と思いませんか? 返済出来なくなった時の家が目的なのか??・・と。


やはり。
自分達で自分達の金銭行動をある程度知っていることはものすごく大切です。
無理なのは、無理。
頑張れるのならば、頑張る。
お金についても、自分達の身の丈を知る事は恥ずかしいことではないんです。

以前では、お金を借りるのが嫌+怖かったのが、今では私も怖くなくなってしまった(^^;)
恐るべし住宅ローン・マジック。
(身の丈を知ると、住宅ローンを持った途端に「借金なんて怖くない」と思うようになってしまった)
[PR]



by eilene | 2016-04-14 11:46 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧