にっき

 

カテゴリ:気になるニュース( 239 )




障害者たちの生活費を削ると「悪魔」になるのだろうか・・?

Government not backing down on disability cuts despite minister's words

イギリスの国家予算が出されて、障害者達の生活費への削減も視野に入れている政府。

もちろん、障害者達は仕事をしたくてもそう簡単に仕事に就くことが出来ない。
生活には援助が必要。
そして、もちろんそういう人たちの所得を助けるのは市民の義務だと思います。

ただし・・・イギリスの障害者たちへの保護はものすごく守られている。
こう言ってしまうと、私は健常者だから障害者達を羨ましがっている!と言われてしまうかもしれませんが、、、、

言いたいことは。
(障害者だと認定されると)
医療費は無料(これは国民全てもちろん無料)、普通に掛かる生活費も半額以下または無料(住宅=水道代や家に掛かる税金、バスや電車等)、ほとんど全てにおいて金額を免除される。他にも自治体が持っている大人用のクラスの授業料は半端なく激安。
それに加えて所得費用が与えられる。

家賃とか家の修理なども、医療費とか、バスとか電車とか、あとはレジャー場面でお金が掛からない。中には、ホリデー用のお金まで用意してもらえる人もいる。

そこをどう見ても(そういう基本的な生活に掛かる維持費が恐ろしく少ない)、そういう障害者の人たちに年収にして30Kくらいもの所得が必要なのか?どうか?・・・。

(障害者の所得に対しては首を突っ込んではならず!!タブー!になっているイギリス。私のような見方をする人は「悪者」「心が冷たい人間だ!」と言われるので言うのは嫌なのですが・・見直しは必要だと思います。)

普通の家では、仮に共働きをしてやっと合計で30Kの家庭では、そこから生活に掛かる維持費が引かれてヒーヒー言っているのに。ホリデーだって何年も行ってない!という家庭は多くいる。

これがですね、日本のように、障害者達は医療費が多額に掛かるとか、障害者達への所得の援助が一切ないっていうのなら分かるのです。やはり援助は必要ですから。

ただ、イギリスの場合は、障害者だから!と認定されると、何でもかんでも与えられる。与えられすぎていないだろうか??という疑問がいつも頭を過ぎります。

ヤキモチ、と言われてしまえばそうなのですが。
障害者は良い思いしてるな!とは思っていません。
イギリスは、低所得者達への援助も十分にありますが、その低所得者達よりも障害者達への援助が過剰じゃないか?と思います。

(こんな事を言うと、必ず主人から「やっぱり君は保守党だなー!」って言われるのですが・・涙)

私は、(今の時代は)低所得者達と障害者達を別枠にするのではなく、低所得者達と合わせて低所得者達と同じ公的援助の範囲にするべきだと思います。
所得を守ることが義務であることを目的にして欲しい。
贅沢なことまでも税金で払うことはないと感じます。
[PR]



by eilene | 2016-03-18 11:17 | 気になるニュース

イギリスの国家予算案が出ましたね

【英国】予算案、支出削減で財政黒字化へ:EU離脱の経済リスクを警告
NNA 3月17日(木)9時0分配信


昨日はラジオで聞いていました。

我が家的には現状維持状態です。
低所得でもなく、高所得でもないので。

その中で、「お?」と思ったのが、この新しいISA。
これは「ライフタイムISA」という名前ですね。来年の4月からスタート予定のもの。
今までのISAに加え、新しくこの非課税の口座も開くことが出来るものです。
これは良いと思う。
貯金を少しでも出来る&貯金額が増えるのなら。

けれども、この目的はその貯金は住宅を買うための貯金であること、定年後のための貯金であること、と「詳しくはこちらへ」に書いてあった。(今の提案では、40歳を超えていたらライフタイムISAで貯金をすることは出来ない、はずです)
貯金している最中に自由に引き出しは可能だけれども、重大な病気で無い限り途中で引き出すときには政府からのトップアップは停止&手数料が何パーセントか掛かる。
ここが普通のISAと違います。
普通のISAは引き出し手数料など掛からない(ただし今の金利は非常にゼロに近いから貯金の楽しみが減る)
ライフタイムISAは、フレキシブルではないけれども魅力的なのは誰でも分かる。
ライフタイムISAを設定するなら「これは絶対に手を付けない。50歳か60歳に達した時に手に出来るもの。」と頑固となる意思が必要になります。
ライフタイムISAを設定するかどうか我が家でも考えるべきかも。


砂糖への課税なのですが・・・98%大賛成です。(なぜにソフトドリンクだけなのか?は不思議)
イギリスの肥満、大人だけでなく子供もすごい事になってますから。
2%の不満は、この砂糖の課税がジン&トニックのトニックにも掛かること(^^;)
水で十分で、普段は全くソフトドリンクを飲まないので我が家にとってダメージはないですが。
ジン&トニックは、私も大好きでレギュラーに飲むしトニックは常に棚にある。
トニックだけ飲むときもある。
胃が重いなって思う時にはトニック飲むとゲップが出て良いんです。
お風呂上りにちょっとサッパリも良いし。
トニックを今のうちに買いだめしておかなくべきだろうか?

イギリスの超ソフトドリンク文化。水が飲めないっていう人達が本当にいるらしいですから(驚)
課税って言っても大して気にならない額でしょうが、これは多くの家庭に動揺が広がるんではないかな?

一つ不に落ちないのは、ソフトドリンクに掛かる税金集まったのが小学校でのスポーツ振興へ?
国営のNHSの病院に与えるべきではないのだろうか?・・・
そっちのほうが一番助かるだろうし。

やっぱり、出来る政府は、ロジック的な金銭の振り分け方じゃないとなぁ・・・思います。
[PR]



by eilene | 2016-03-17 15:56 | 気になるニュース

原爆投下、原爆の後の訴訟などはアメリカですれば??

日本政府、長崎原爆投下時の戦争捕虜に慰謝料支払いへ


ちょっと前に読んだニュースですが。
腹がたったというか、、なんと言うか。
原爆に遭った人々の怒りや悲しみなどは十分に感じるのだけど。
(つくづく、、こんな物を落そう!と命令を出した人間の心理というのが・・・。ま、これがアメリカの性格ですから《今でも変わっていない》想像は出来ますが。)

何よりも。
日本政府が慰謝料110万円を支払う。(英語では、元捕虜の人曰く"was forced to continue living while suffering from peculiar health damage caused by his exposure to radiation".「無理やりに」って、、そんなの他の人だって普通じゃいられなかったでしょうに!誰にも治療してもらえなかったの?治療してもらえなかった等だとしたら確かに酷い扱いだけど。治療してもらったとしたらものすごい言い方の人だ・・)
最初は慰謝料安いな・・安すぎる、、と思ったのですが塵も積もれば山になるわけで。
日本政府にしたら「これくらいで良かった」と思ってるのだろうか?
何よりも、こんな例を作ってしまって大丈夫なのだろうか?
(被爆した元捕虜の人も通達を受けただろうに。)

被爆した元捕虜が補償を求めた訴訟。
日本国を出て母国へ帰ったのなら、、原爆に関してはアメリカで訴訟起せば良いのに、なぜ日本へ?
当時、捕虜だったから?
捕虜になってなければ彼は被爆せずに済んだから?
(戦時中の捕虜に対して民間訴訟など出来るかどうか不明ですが)

何で日本が?と、本当に思います。
責任のなすりあいではなくて、確実に落とした国があるのに、矛先はそこへ向けるべき。
原爆の被害国が、被害者に和解金(手当て金をもらえなかったという精神的苦痛が理由の)を払うっていうのが・・。
(じゃ!今金を寄越せ!って言うんじゃないけど)実際だったら、アメリカが被爆者全員に医療手当てを与えるべきですけどね。
日本政府はそんな事してないのだけど・・・出来ないのだけど。


何よりも、この訴訟が不思議すぎる。
おかしすぎる。

こういう場合は、(日本から出国後の外国人なら)長崎・広島原爆に関してはやはり直接アメリカでアメリカの国に訴訟をお願いするべき。
[PR]



by eilene | 2016-03-13 15:36 | 気になるニュース

ウィットに飛びすぎた「ウィッツ青山学園」

えっ、これが授業!! USJで土産物購入のお釣り計算は「数学」、ドライブインの昼食は「家庭科」 三重のウィッツ青山学園高校


どうなんでしょうね?
楽しそうです。

普通に高校を卒業している人たちにしたら、簡単だろう!!と言う計算や常識など普通な事だと思います。
計算が複雑になってくる中学の時期を中退などしていたら(または中学校も行かなかった)、この「簡単だろう!」という計算などは難しいんだと思います。

日本では珍しいですけれど、イギリスでは大人でも簡単な算数の計算(足し算引き算)が普通に出来ない人がいます。(そういう人も仕事を持っているのですが、大体は仕事に就くことは難しいので大人になってから基本的な事から学ぶ場所があります。)
日本の知能の高いレベルからしてみると「なんだこのふざけた学校は!」と思うかもしれないけど、普通に出来る計算などが普通に出来ない人は絶対にいる。


ちなみに。
私の短大では、「洋画鑑賞」のみ(50分ほどのクラス)見る授業がありました。
洋画を見る=単語を拾う、会話を拾う、ネイティブの英語の早さに慣れる、こんなのが目的でした。
映画を見終わったら、どんな内容だったか?などのミニテストが毎回ありましたから「ただ見」ではなかった。収穫はあった。フレーズとか覚えたし、発音も日本の先生の発音よりも良いですし(ネイティブの先生が授業は担当していましたけど)。
(ただし、私も高校を卒業、その後の短大で英語専攻での授業です。)

「ウィッツ青山学園」では。
(1)USJで土産品を買った際、おつりの計算をしたことで「数学」の授業
 (2)移動中のバスで、洋画鑑賞をしたことで「英語」の授業
 (3)レストランで夕食をとって「家庭科」の授業
 (4)最寄りの駅から学校まで、約1.6キロを歩いたことで「体育」の授業
 (5)忍者博物館を訪れ、スマホで歴史を調べて「情報」「地理歴史」などの授業
 (6)神戸で美しい夜景を鑑賞したことで「芸術」の授業


面白いな、、と思ったことは確か(^^;)
なんともこじつけがすごすぎる。

(2)なんて効率が良い。どうせ、バスに乗ってるときは時間があるんだから洋画を見せて「英語」の授業も良い。
(3)はあまりにもあっけなすぎる!!笑 

(1)~(6)の授業の目的は?

(1)だって重要です=セール品が20%オフだった、元の値段はいくらなのか?とか。いくらがマージンで、いくらが利益に行くのか?とか、算数から、簿記の授業だって一緒に行える。商売方法なども学べる。
(2)は、もちろん内容のテスト、他にどんなフレーズが使われるか?とか。
(3)だと、何の材料を使ってるか?を当てたり、調味料など考える、もっと美味しくするためには何か必要か?
(4)では、この1.6キロの中でどういう運動を追加すると体に効果的なのか?とか。ジョギングか、徒歩か?走ると何分か、歩くと何分かなど応用編もあるだろうし。
(5)情報はどこからか?自分が忍者になってみたら?とか。
(6)なんかは、本当の景色をみて何を思うか?同じ夜景でも違いはあるのか?とか。

ものすごい良い授業が出来ると思う。
教え方次第で、IQの高い人を生み出すことは出来るはずです。
担当の?ここの学校にいるのか知りませんが、先生がどのように工夫をして高校で教わるレベルの授業を結びつけることが出来るのか?そこに尽きるんですけどね。

良い所を突いていると思いますよ、ここの学校は。
中身があるか、ないか。

恐らく、先生の中で、「こんな授業をさせたかったんだ!」と思う人は多いんじゃないだろうか?
自由な授業で、現実的な授業が出来る。
生徒に考えさせる授業が出来る。

今の学校の問題は、生徒のレベルが下がっているのではない。
先生のモチベーションが下がっているのが原因、だと言われています。
イギリスでも同じです。

国からの「レベルを上げろ!上げろ!」とプレッシャーに付け加え、ペーパーワークとの戦い、モンスターペアレンツとの戦い。
生徒一人一人と向き合う時間がない、インスピレーションも生徒に与えられない、つまらない、なーなーの授業、お約束の教え方さえ教えていれば安全。
先生が、先生としているのがつまらない。


伊賀市は既に、新入生の一時募集停止を高校に要請。文部科学省も2日、高校を監督する市に改善を求める通知を出す予定。


結構厳しいのですね。
高校側の言い分は聞き入れられているのだろうか?(この場合は、生徒たちの能力のレベルだと思いますが、国の基準に満たないっ!で一刀されるのもどうかと思う・・・)
この学園が不正な事をしていたのなら罰則を、ですけどね。
でも、議員が国のお金を不正に使うほうがスキャンダルですからね。
[PR]



by eilene | 2016-03-02 13:54 | 気になるニュース

言動や態度が大袈裟になってきた、トランプ氏。

【米大統領選2016】トランプ氏 「ムッソリーニ」アカウントをリツイート


(忙しいだろうに、本人が毎回ツイート出来ることがすごいことですが。
自分の時間を作って頭脳と体休めないと。)

面白い言葉に結び付けてほしいって・・・
恐らく、本当にそう思ってツイートしたんでしょうね。

It is better to live one day as a president than 100 years as a (work shite) millionaire.
↑そんな事を思っていたのだろうか?

このフレーズ(ムッソリーニが言ったとされる言葉)は、確かにインスピレーションは出てくる。
そりゃ、怯えて生きるよりも、グアァー!と吼えてイビッてたほうが良いだろうけど・・。

こんなヤケになった政治って、どうなんだろうか?


KKKの事を知らないアメリカ人っているはずがない。
本人も過去にはアンチだったのに、今ではKKKですら見過ごす形になっている。
もう、トランプさんは本人じゃないのかもしれない!!!
(Xファイルもんです!)

今日読んだニュースでは。
億万長者の大富豪家!と言われるけれども、彼も以前には同額ほどの多額の借金を背負ってたことがある。
トランプさんと娘が散歩中に浮浪者を見かけた。
娘に向かって、「この浮浪者のほうが、今の俺よりもお金を持っているよ」と言ったそうな。
そういう社会の事を知っている人が、今、なぜにこんなに攻撃的な人格変わってしまったのか?

金の亡者になってしまったのか、
彼は、神よりも優れていると思ってしまったのか、
彼は、随分と遠いところに行ってしまった。

彼もまた、迷った一匹の羊なのかもしれない・・。
[PR]



by eilene | 2016-03-01 11:55 | 気になるニュース

バーニー・サンダース民主党大統領候補

バーニー・サンダース


自らも移民の子供。戦後を過ごした人。
政治学を卒業したあとはイスラエルで過ごす。
アメリカと強い絆のあるイスラエル、一応外から見たアメリカを眺めていたのでしょうか?
難しい問題のある土地で過ごしたから何かを悟れたのでしょうか?
外からアメリカを見たことのある、アメリカ人。

ウィキペディアで読みましたが。
TPP反対者?!これは驚きました。
アメリカの輸出を増やして良いものだ!とアメリカ人は思っていると思ったら、逆にこのTPPがアメリカを衰退させている、という見方。

TPPを、彼のような見方をするのはとても面白い。


私が、最近軽く目にしたニュースでは。
この人、「CIAを解体する」って言ったらしいですね。
CIAを本来の大統領専用の情報収集役に戻したいらしい。
この人が言い出したことではなく、昔にも意外な大統領たちが「CIA」を無くしたがっていたらしいです。

らしい、だけでブログで書いちゃ駄目ですが。
通し目で読んだニュースなので、これくらいの私には見解です。


今の世界にしたら、この人が大統領になるのが望ましい気がします。
モダンアメリカを愛するアメリカ人にしたら厄介な人間だと思いますが。
彼の公式サイトやツイッターなどを読む限り、彼は軸がある人だと思う。
事情を良く知っているし、通じ方も知っているし、世界にも通じる。

知識と知恵を武器にしていけたら良いですね。

問題は、アメリカ人が「知識」を持つことが有効だ!と思うか、「フラッシュ政治」が有効だ!と思うか。


*この人の国民に送るメッセージは、スコットランド政府で成功したSNPの政治の行方と、やり方に似ているところがあります。SNPも最初はバカにされた党ですが、国民に声を届かせることが出来た。
[PR]



by eilene | 2016-02-24 12:27 | 気になるニュース

アメリカ合衆国、大統領候補者戦

白人以外にも…トランプ氏“支持層拡大”
テレビ朝日系(ANN) 2月20日(土)11時48分配信


ここなんですよ、アメリカの大統領候補戦の違和感(ずーっとあります)。
↓↓↓
「白人以外にも」
これは、トランプ氏だけではない。


黒人のために、白人のために、ヒスパニック、アジア人のために、、と人種の間で選挙の行方とターゲットが変わるっていう場所、アメリカ。

ここは一つの国ではない?ってことなのか?と思ってしまう。

アメリカという国を人種で区別して、その人種によって政策を出しているようなアメリカ。
とても不思議な場所、アメリカ。
黒人でも、白人でも、ヒスパニックでも、アジア人にしても、『私達(の人種)が得するのか!どうなんだ!』と言う事も不思議。

「アメリカ人」として「アメリカ人」全ての人用の政治ではない、ここの議論がどうも私には理解出来ません。

よく、アメリカで選挙なんてやってられるな、、と思います。
人種で政治が変わるんですから・・。


それから、いっくらアメリカの大統領が「これをやりたい」「あれをやりたい」と言ってもアメリカではそれが出来ない組織の仕組みもある。
[PR]



by eilene | 2016-02-22 15:11 | 気になるニュース

でた!EUレファレンダム2016

ロンドン市長、6月23日の国民投票でEU離脱支持へ
ロイター 2月22日(月)7時18分配信


EU残留か離脱か 6月の国民投票向け議論始まる BBCジャパン。


EU離脱賛成→移民が多すぎてイギリス人の仕事の機会を奪っている&仕事もしないでベネフィットだけが目的でイギリスに住み着いている。イギリス国内の貧困が広がってるのに他国の人間を養えない。(今日のBBCラジオスコットランドでは、スコットランド沖の水産業はEUルールのために壊滅的だ!と言う。)

EU離脱反対→イギリスにとって色々と得している。(イギリス人もEU諸国へ自由に住み着くことが出来てベネフィットも受けられる等、お互いに同じように得をしている。)

表立った両方の言い分は、こんなところでしょうか?


我が家(イギリス参政権を持っている旦那)は、だいぶ迷ったけれど決めたようです。
最初はEUインでしたが、アウト側に移りました。
(北欧のような形を取れば良いという立場で。)


イギリスは、自国のポンドを持つことを許されたEUメンバー。
その約束事(ポンド保持)のために他の色々なルールが緩く設定された可能性だってある。
または、最初の段階での交渉技術が全くだめだった可能性もある。
EUに入った(3分の2くらい?)当時は移民の力が必要だった(と思います)イギリス。ここを思うと、とても良い条件でEUと結びついたイギリスだったと思います。

移民が必要だった。

ただし。
現在、イギリス国内での問題が集中しているのはやはりEUから流れてくる移民たち。(EU圏外の人たちは色々とルールが厳しいけれど、EUの人たちには何も無いから入りたいときにいつでも入って来れる、帰りたいときにいつでも帰る=これはイギリス人にもEUに住み着くには同様の権利がある。多くのイギリス人はEU圏に安さに目がくらみセカンドホームを持っているからEU脱出したらどういう事になるのか不明ですね。)


EUのひとたち側の言い分は、「ベネフィットをもらいに来てるわけじゃない!イギリスに仕事をしに来てるんだ、税金を払ってるんだ」。

イギリス人にしてみたら外国人は嫌いなだけ。
ベネフィットもらってないと言われたら、「じゃ、仕事取るんじゃねー!」。
島国にしてみたら当然の反応なのです。
外敵から身を守る。

でも、この議論ばかりだと本当にEUの問題に入っていないような気がします。

6月に国民投票をするのならば、EUでのイギリスの立場を国民に知らせないといけない。
実は、何も知らないEUの事。
多くのイギリス人、私など一般人はEUで何が行われているか、どんなルールでイギリスが入っているのか知らないと思います。
そこを卓上に出さないで、「ベネフィットをもらってる!」だとか、「仕事してる!」だとかのレベルで騒いでるだけでは民主主義ではない・・。
難しい話なので耳を傾けたくないですけどね。


(主人の働く国立の美術館でもEUからの人が多い)
うちの旦那とEUレファレンダムの話しをしたところ。

もし、イギリスがEU脱出したら。EUから来てるEUの人たちは、今までは「滞在証明」など身元を証明するものが不要だから良かったけど、どうやってそのID証明を提出すれば良いのか?という悩みを持っているようです。
私の主人も『確かに・・・』と、EUの人たちにシンパシーがあるようです。

主人にとって、部下がEUからの人たちの場合「ID」チェックなどが必要になってきて、仕事の時間を取られたりIDチェック期間中は働けないとかあるからでしょうか?

「なんで悩むわけ?」との、私の答えに主人は納得いかなかったようですが。
私は不思議です。
IDチェックで悩む???
IDチェックなんて就職する時に履歴書があるだろうし、その時に警察で受ける「犯罪歴」などもあるだろうから身元は分かるでしょうし、光熱費代、市民税なども払ってるだろうからIDは簡単にチェック出来るはず。EUの人たちは、中にはパスポート持ってない人もいるのだろうか?


とにかく。

イギリスの若者たち(10代20代)の仕事の機会は確かに少なくなっていると思います。
大学を卒業するまで待っていたら本当に仕事の機会は少なくなってる。
今では、高校を卒業して何かしらのバイトや仕事の経験がなければ就職というのも難しいのではないだろうか?頭だけが良くても、すぐ力になるものがないと駄目。
この若い年代の人たちに仕事を与えないと、この子供たちの技術が上がらない。
(若い年代の人の問題は、「安い賃金」で仕事なんてしたくない。それならベネフィットもらってたほうが楽ということを知っている。と、言うことは、安くても仕事をする、という人たちがEUから来る人たちは多くて需要がある。)

EU離脱すれば、移民の問題は解決するか?仕事の機会は増えるのか?と言えばそんな簡単なことではない。

会社の賃金の問題でもあるし、社会の仕組みの問題でもあるし。


私は、どちらか?と言うとEU離脱反対系です。
(ただし、TTIP:大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定の行方には気をつけないといけない。EUを離脱してこの協定も破棄出来るというのなら、EU離脱には賛成ですが。このTTIPの動きやニュースが全く出てこないから何とも言えません!)


本当のEUの問題はTTIPです。
移民とかの問題ではない・・というのが私の注目点です。
[PR]



by eilene | 2016-02-22 11:39 | 気になるニュース

自民・丸山氏の発言、陳謝

「黒人奴隷が米大統領に」=自民・丸山氏が発言、陳謝
時事通信 2月17日(水)18時48分配信


まったくもって、あり得ない発言。
やばすぎるレベル。

これは奴隷ですよ

って、何をもって「これは奴隷」なんですか?
おかしすぎる。

外国の大統領をこんな形で発言するなんてカナリ卑下している。
何をもってどんな意図でこんな発言をしたのか誰も分からない!本人は「誤解された」の世界だし。
これ、また世界にニュースで配信される。
だって、不倫のあの議員(育休取り)のことでさえも英語のニュースでありましたから。

もちろん、黒人が大統領になるなんてのは私も思いもしなかった。

でも、「奴隷」の単語をここで使うことは、はっきり言って関係ない。


*同じ日本人としてここまで恥ずかしいと思ったことはありません・・・。
[PR]



by eilene | 2016-02-17 12:36 | 気になるニュース

サウジのスタバで女性入店お断り

スタバの「女性入店お断り」で物議 サウジ
CNN.co.jp 2月8日(月)11時52分配信


女性入店お断り、に腹が立つよりも。


サウジアラビアですよね?これが。
人権問題が横暴している、と大分前から言われる国ですよね?


(極端な話)イスラム教過激グループのISなんかと似たりよったりな事をしていても、シリアのアサド政権と同じような事をしていても何事もなく済まされる、特別な国、サウジアラビアですよね?

「この国の習慣ですからね、しょうがないですよね」で終わるっていう矛盾と、
もちろんダブルスタンダード。
私には、そのダブルスタンダードが気に食わない。
[PR]



by eilene | 2016-02-14 11:08 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧