にっき

 

カテゴリ:気になるニュース( 239 )




エボラ熱がまだ体内に残っているという、スコットランド人の看護婦

ポーリンさん。
シエラレオンでエボラ熱に掛かり、生死を迷い、エボラ熱を克服した看護婦さんです。

今回は体調を崩したので入院。感染する!ということもなく、エボラ熱が完全に治ってなく、残りのエボラ熱の菌があるとのことで入院という形になったそうです。

完全に治ってなかったのか。

Scottish nurse Pauline Cafferkey back in isolation

ポーリンさん自体の体のコンディションもあるでしょうし、違う病気を持っていたり、体のコンディションによっても変わってくるでしょうが。

どうなるのか、気になります。

風邪にとって、最も大好きな時期に突入するので、手洗い・うがいなどは(毎度の事ですが)またしっかりとしていかなくてはいけませんね。
[PR]



by eilene | 2015-10-09 11:45 | 気になるニュース

50時間待ちの難民入国

「夢のドイツ」へ、50時間待ち 難民、入国審査に殺到

大変でしょうし、疲れるでしょうが。

「夢のドイツまであと少しだが、ここで2泊は長すぎる」。


こういうことを聞くと、ちょっとおかしいと思います。
元の国に戻れば死が確実となれば・・。
何時間待とうとも、今この人たちの居る場所は安全だと思うのだけど、、違うのだろうか?
長すぎるのだろうか?
待ちましょうよ、ここまで来たのだから。
不満はあるかもしれないけれども。

でも、人事になってしまうかもしれないけど、暖房とか食事とか水分とかの配給にはぜひ気遣ってあげてほしい。そういう扱いは満足しているのだろうか、大丈夫だろうか?私はそっちが気になります。

でも、この人の後ろではその倍以上の時間を待っている人たちがいる。
[PR]



by eilene | 2015-09-27 18:14 | 気になるニュース

中東難民問題

酷いものだな、、と感じています。

他の土地に、右も左も分からない、挙句に文化の違いの土地で新しく人生を作る。
それが、「よし!やるぞ!」と自分が選んだ選択なら良いのです。
でも、難民というのは違う。
これも戦争の一つ。
新しい土地に馴染めることが出来るのか、新しい土地のほうが幸せだとの希望を持ち続けられるのか、以前ならある程度の仕事に就けたのに新しい土地での仕事と言えば「移民」がする仕事ばかりじゃないだろうか?プライドは?

自分が、その立場だったら・・・と考えるとものすごく辛くなります。
プライドも何もかも捨てなければならない、、、そんな生活、酷いものだと感じます。
これも、人間が人間に対して出来ること・・。


中東の人たち、家族たちが、その土地で住んでいられなくなるくらいに、その土地が荒れている。
教育も止まり、買い物も安全に出来ない、道路で聞こえるのが銃声と爆弾の落ちる音。
つかの間の平和が与えられるかもしれないけど、それもいつ続くか分からない。

シリアからの難民問題、クルド人の難民問題、アフガニスタンの難民問題、イラク人の難民問題、アフリカの難民問題。

「難民ウェルカム」とか「難民拒否」だとかの問題では全くない。
何を一体そんな寝ぼけたこと言えるのだろうか?

誰が、そこから来る国の人が住んでいた街を戦闘地として使ってるのか?
なぜその土地から出ないといけないのか?
どうして戦闘地となったのか?(辿れば原因が絶対にある。)
なぜ、シリアなどは今も爆撃を加えているのか、中東以外の国々が混ざり合って戦地を加速させているんだから、難民を受け入れるのは爆撃を加えている国々が責任を負わなければならない。
中東の地を破壊しておいて目をつぶることは出来ない。

難民は、ドイツが受け入れるのも当然だし、フランスが受け入れるのも当然だし、イギリスも受け入れるのも当然だし、アメリカも受け入れるのも当然、中東の国の中でも攻撃している国があるのだからそこでも受け入れるのも当然の事。

とかくイギリスの右翼系は、「テロリストが紛れ込むから誰でもかれでも入れるな!」と言うけど、そんな事を言う筋合いはイギリスにはない。(イギリスは一つのはずなのに?そう決めたんでしょ?なのにスコットランドにも難民を受け入れろと要求が来ているようです)
もちろん、(テロリストが紛れ込む)そうなってしまうかもしれない。
でも、そういう事を覚悟で(英)保守党の政府をサポートしてるわけでしょう?!
イギリス人、保守党サポーターの責任でもある。
中東の土地は、グチャグチャめちゃめちゃに出来るけど、イギリスは安全♪なんて言えない。
安全、という余裕があるのなら難民は受け入れないといけない。

中東戦争へと首と顔と腕をつっこんでおいて、難民が発生したらしかめ面、「難民受け入れを検討する」なんてありえない。

「難民ウェルカム」とか、「難民拒否」の問題では全くない。

この中東戦争を、一つ一つ終わらせることしかない。
「もっと攻撃だー!」なんて対策は絶対にあり得ない。


ハンガリーの政府。国境が大量の難民で非常時態になるようで、軍事導入(殺傷力のない武器使用も認めるとか)を検討しているとか・・・。
これ(軍事力で何とかしようとする)が、間違った方向へと行く気がしてなりません。

助けてください!という難民だったのが、段々と追い詰められ憎しみへ変わる、「国境を渡らせろ!親戚が居る土地へ行きたいんだ!」と暴動が起こるのは時間の問題。

難民の波が大量になればPKOの出番のはず。
PKOが出なくて何をしてるんだろうか!まだまだPKOの出番ではないから動かないのか?もうPKOは存在無いのか?昔はPKOの出番は多くあって良く話題にも出ていたのに。
国連が、難民の統一を計り難民の調査や名簿作りなどなどやれることはたくさんある!
誰も統一してないから難民も行ける所へ行きたい放題。
難民受け入れる側は恐怖心が増える。
それぞれの国の政府が、軍事力を使って難民をコントロールしようとする/考えてるなんて異常すぎます。
[PR]



by eilene | 2015-09-22 10:13 | 気になるニュース

英国、EU離脱か残留か

「EU残留か離脱か」=国民投票の文言変更へ―英

これ、どうなるのでしょう。
いつやるのだろう?

この国民投票で「EU離脱」と、結果が出たらスコットランドではまた問題になるとは言われています。

EUについては、実は我が家「どっちが良いか分からない」というのが本音です。
うちの人は最初はEU残留派でしたが、今はどちらかというと離脱派。
なんか、はっきりとした答えがない。

EU残留か、離脱か、どっちに結果が出るのだろう?

どちらの結果にしても、保守党が政権を握っている限りイギリスに住んでいる普通の人達は何も良いことはない気がしますけどね。
[PR]



by eilene | 2015-09-02 13:46 | 気になるニュース

日本にあるアメリカ軍隊の存在-私のラディカル提案

日本の未来を考えたとき。

アメリカ軍隊、基地を日本から追い出すべき。

誰が日本を守るんだよっ!て言うでしょうけど。

日本は、自衛隊で十分に守ることが出来る。
出来ないとおかしい。
その為に、自衛隊は何十年と自衛の為の訓練を重ねてきているのだから。
自衛できるだけの技術もあるし、能力もある。
守るのが仕事。
これが出来ないというのなら、今まで一体何だったのか?
自衛隊。
自衛隊でしょ?
天下り先の場所ではないんでしょ?
何のために訓練をしているのか。
自衛のためですよね?

恐怖感/恐怖心というのは本当に恐ろしいもので。

「中国が攻めてくるのに日本は何も出来ない!!!」という恐怖心。
「戦争になる!!!!」という恐怖心。
「アメリカは守ってくれない!」という恐怖心。
その恐怖心で見失う、正気。

ちょっと、待って。

アメリカさえ日本から居なければ??
これこそ、すごい決断だけど。
「アメリカの軍隊が日本に居なければ」
アメリカの基地がいつくも日本にあるから危険なのかもしれない。

アメリカさえ日本に居なければ。
隣国も、日本に対抗!というより、アメリカに対抗!!としているにしか見えないんですよ、私は。
(日本が、アメリカ寄りになればなるだけ危険な方向へ行くのは誰の目で見ても分かる。)

アメリカ人が、というのではなく。
アメリカの軍隊が行くとこ・あるところで何か起こる、ということが言いたいのです。
もう、日本からアメリカの軍隊に「今までありがとうサヨナラ」を伝える時代だと思います。
(アメリカは日本の領土から離れたくないから脅しは掛けてくると思うし、「テロ国家だ!」と言ってくるかもしれないけど・・アメリカの政治のやり方は、今後世界では通用しなくなってくるだろうと思います。)

日本からアメリカ軍に出て行ってもらう、これをしないと日本は前に進むことが出来ない気がします。
60年の安保、70年等、どれだけ年数を重ねてこの安保法案を作りあげたいのか?っていう話です・・・。

「安保法案」の内容、実は昔も今もあまり変わっておらず、至って新しい安保法案ではない・・・んですよね?
その安保法案自体がもう時代遅れなのかもしれません。
[PR]



by eilene | 2015-09-01 19:21 | 気になるニュース

アメリカ、リパブリカンのドナルド・トランプ

今は、アメリカのリパブリカン(民主共和党)の政党内の次の大統領戦へ向けて、誰が政党の党首になるか?という党首選びが行われていますね?

私は、この人は嫌いです。

が、彼の動画をいくつか見る限り、「純粋にアメリカを成功させたい」ビジネスマンの考え方なのだろう、というのが見えてきました。
「契約書」と、「違法取締り」に関しては彼はとても厳しいような気がします。
これが、吉と出るか凶と出るか、、が全く分からないところ。
自分に甘く、他人にキツクでは・・・。
契約が好きそうだから、それに基づいてアメリカを成功させたい。
信念と、しつこさがありそうだから強いと思います。(ジョージ・W・ブッシュと少し似ているような気がしますが、それとはまた違う迫力あり・・)
ドナルド・トランプの考え方は、バカが見ても分かる、分かりやすい。
説明がストレート。
ストレートな言葉で話すから分かりやすいかもしれない。

ドナルド・トランプのスローガン
「Make America Great Again!」
 日本語で言うと、、もう一度アメリカを偉大(な国)にさせる!と、言う所でしょうか??

これは、色んな意味を含みアメリカ人好みのスローガンですよね。
どこの時代を取って、アメリカの偉大だった部分を語っているのか私には分からない。
リパブリカンの政党の成り立ちの頃を思い出すのか、それとも世界制覇を目指すのか、何をゴールとするのだろうか。
怖いようで、こういうスローガンに酔うアメリカ人というのは楽しい人たちだな、と思います。


あらら。こんな記事もありましたね。
米大統領選 「ケネディ大使は安倍首相から接待漬け」“トランプ節”またも炸裂

トランプ氏は25日夜、数千人が集まったアイオワ州での集会で「日本が攻撃されれば、米国は助けに行かなければならない。だが、われわれ(米国)が攻撃を受けても、日本は助ける必要はない。日米安保条約は不公平だ」と息巻いた。


日本は、何かアメリカに金払ってんでしょ?日本の税金から。
日本の領土を与えて、お金も与えて、アメリカはこれで不公平と言うのだろうか?
じゃ、アメリカに与えた領土を日本に返して、アメリカ基地全ての人間が本土へ戻りますか?というと、「戻るわけがないだろ!戦略的に良い立地なんだから!」でしょ?


他の英語の新聞では、ドナルド・トランプが、日中の交渉方法についてジョークした事も載っていましたよ。
彼の公演会場での事。
(日本や、中国との交渉で)
「『おはよう!今日は良い天気だね!ヤンキーの調子はどうだい?良いかい?』なんて彼らは会話することなんてないんだよ、笑」
「『取引はどうなってるんだ?』と言ってくるんだ」と、ジョークを言っていました。
これはウケるでしょう。アジア人と交渉したことがある人なら。
そして、そんなに悪いユーモアではなかった、、そう思う、自分にも驚きましたが。。

まだ、「ハウ アー ユー? ドゥー ユー ハブ ア ペン?」と言わなかっただけ良かった(笑)(ただ、ビジネスにおいてペンは必要ですが。)
アジア人は、「取引成功」が目標だと考えているからその面では真面目でしょうね。
時間も大事だし、そんな他愛もない会話なんて時間の無駄だと思っているだろうし。
アジア人は、ブリッジ作りが下手なんです(><)接待というのがあるけど、接待も他人に任せてある。直接対応というのが嫌いなんです、外人に対しては(;;)一つのユーモアを考える、言うのもストレスレベルが上がるんです。


正直に言えば、、、私は、ドナルド・トランプは生理的に嫌いだけど、彼の意見は全てがバカバカしいと思いません。中には、きちんとした理由を持っている。

生理的には、ジェド・ブッシュのほうが私は好きですけどね。

とにかく。
ドナルド・トランプはバカに出来ない人かなぁという感じはします。
また、一味違ったアメリカの大統領選挙が見られるのでしょうか?
[PR]



by eilene | 2015-08-27 12:25 | 気になるニュース

集団自衛権と日本は呪われる。

“米艦防護に邦人存否は無関係”大臣答弁に野党反発

In a nutshell (日本語で言うと、ぶっちゃけ、という意味でしょうか?)

日本人が乗っていなくても、集団的自衛権でアメリカの艦船を防護できると答弁しました。


言った、言った。
後で言いだすよりも、もっと正直にどういう風に使いたいのか伝えるべき。
今の日本だから、(日本が、とは言わずに他国との戦争加担など)戦争状態を想定しているのでしょう。それでなければ、日本に集団的自衛権を急いで備える必要もないし。

国会では、質問をどんどん投げつけるべきです。

最初は、「日本人が乗っている船を助けるのが日本、そのための集団自衛権です」などと説明していたのに、『日本人乗ってないなら助けないって!アメリカ様側に失礼だろうが!』っていう態度へと変わる。

アメリカも、イギリスも、どこの国も軍事費縮小している中で、日本の自衛隊が駒になってくれるなんて大歓迎!は当然。

ぶっちゃけ、この集団自衛権は日本には要らない。
国連の仲間が苦しんでるんだぞ!日本は無視か!
国連に加盟している他の国の名前を見てみました。
地球上、全てと言って良いほどの国々が加盟している。
その中で、いまだに「大量核兵器があるーーーー!!!!!!やられる前にやれーーーーーーー!(パニック!!!)」と、騒いでいるのは、(すみません、抑止力でしたね)アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、その他欧州の数カ国のみ。
他の国々は一斉無視か、批判へ回る。
イスラエルの首相は、「イランはね!イランはね!爆弾を抱えてるんだぞ!!」と、絵を踏まえて説明して、全世界に「イランやっちゃおうぜ!!!」と毎度伝えている。
イスラエルの首相の思考のほうが爆弾を抱えている。。。

そういうのを見ると、日本が「仲間が苦しんでるんだぞ」という理屈は私には通りません。

日本で、どこをどうやって見極める能力があるのだろうか、私は疑問に残ります。
日本は言いなりになるのが常。

私的には、個別的自衛権で十分だし、隣国が攻めてきた!時はすでに最悪の状態=戦争状態となる。恐らく、日本の攻撃的武器を持っていない状態を見て(過去何十年もチャンスはあったはずなのに占領されていない)、日本へ侵略してきたら、これこそ国際法に違反しているだろうから、その時は国際法に基づいて対処していくべき。そして、PKOの受け入れ。

なぜに、人間は同じ解決策しか思いつかないのか。。。

「武力が一番」(抑止力になっている)

この方法が一番というのなら、なぜに今も危機が続くのか。

ノルウェーでは、核戦争が起きたときに全国民を受け入れられるバンカーがあるそうです。

日本も、そういうのを見習って、「起きた時」に避難出来る場所を確保や、技術などを優先的に考えていたほうがずっと為になる。
日本は逆戻りしている。


話が変わりますが。
イギリスでは、チルコット報告書というのが作られています。(すでに公に発表されているはずなのに、数年もずれてまだ国民に発表されていない&超多額な税金が使われているのも問題)

イラク戦争へ、なぜイギリスが参加したか?という報告書です。
なぜ、チルコット?それは、この報告書をまとめている、偉い人の名前がチルコットだからです。

あの当時を振り返り、イラク戦争は必要だったのか?という報告書。
そういうのが、作られるイギリスには正直私は頭が下がります。

もっとすごいな、、と思うのが、当時労働党の議員だった、ジェレミー・コービン(イラク戦争に反対の票を投じた)が、次の労働党の党首になったら(今、労働党の党首選びで毎日のようにニュースに上がっています)国民に「イラク戦争は間違いだった」と公式に謝ると言ったこと。

労働党内でももめている。

コービンのような、こんな人がイギリスを変える。すでにスコットランドは、独立は適わなくともSNPで変えることが実現した。
こんな人が一人、イギリスにいるだけで今のイギリスは変わる。
一人が、世界を変えることが出来る。

英労働党首候補コービン、原爆70年忌に核兵器廃絶を訴える 「労働党コービン」とネットで見てみたらこんな記事を見つけました。


こう頭脳変化をしないと、人間は動物よりも下の生き物になってしまう。

こういうのが、お花畑な人だ?と言うのでしょうか?
全く違う、こういう発言をする人のほうが戦っている。時には危険を伴う。


日本の集団的自衛権。
日本の決断が、一人の首相に委ねられているところで、、民主主義ではない。
[PR]



by eilene | 2015-08-26 13:10 | 気になるニュース

イギリスでもシコリが残る、第二次世界大戦の痕

「戦争の罪と向き合わず」=70年談話で英紙社説

こう書かれてしまうと、本当に悲しいことです。
私は、これは日本のイギリス人の捕虜の件を裏に思って言っていると思います。

ただ、分かる。分かります。
「野蛮な体制」
が崩れた、日本人の私ですら、それは本当に良かったことだと思う。
ただ、感謝をしろ、と言いたいのだろうか・・・。
感謝を忘れるとはどういうことか!とでも言うのでしょうか・・・・。
原爆などについても、「日本はなぜ感謝しない?感謝されても良いのに」とでも言いたいかのよう?、、。

日本の戦後、「野蛮な体制」が本当に無くなったのだろうか?
その「野蛮な体制」を、手なづけただけだったのではないだろうか?

こういう話をすれば、、ぐるぐると、どっちがどっちの話で前に進まない・・・。


日本軍の捕虜たちへの仕打ちについて。
非人道的、餓死で多くのイギリス人捕虜たちが亡くなっている。
これも、日本側は、捕虜になったのだからしょうがない!と言ってはいけない。
悪い日本軍だけが居たわけではない、という話が出てきますが・・
その良い日本軍の人の下に居た人は極わずか、、ラッキーではなかった人たちのほうが多く居るわけです。
確かに、日本は隣国(韓国と中国)には反省を述べているのかもしれない。
その他は「他、多くの犠牲者」として一つにくくってしまっていることがいけないのかもしれません、、。


BBCラジオ4では、8月に入り日本の原爆の話を、日本人の妻とイギリス人の夫をゲストに迎えて当時の様子を話していました。
お2人は、仏教徒だそうで「人の心を変えるのは出来ないけれども、私達が行動することは出来る」と平和運動を続けているそうです。

また違う日(1週間後くらい?)には、BBCラジオ4で、私は最初そら耳で聞いていたので詳しくわからないので申し訳ないですが。日本の政府関係者だったのか、または外務省関係者だったのか、10分~20分くらいのトークで、BBCラジオ4にゲストで呼ばれていたのをラジオでちらっと聞きました。
いつも、ラジオはBGMで聞いているので「お、日本人?」というときにはもう話は進んでいるわけです・・。
BBC4ラジオのプレゼンターが、その日本人の人に質問していました。

「日本はまた軍国主義になろうとしているではないか、違うのか」と質問していました。
冷静であるべきプレゼンターも?やや声が大きくなるので、何か憎たらしいという思いが込められているのだろうな、、と聞いている私は思いました。

日本人の答えは、びっくりするほどに(ほとんどの外国人は、質問に対して答えがなってない時が多いので・・)、日本人の答えは、日本の政府が言うことと同じことを答えていました。
私は、また同じことを言っているのかぁ、、と少しガッカリしましたが、プレゼンターの質問に的確に答えていることを聞いて感心しました。たとえ、日本の首相と同じ意思を言おうとも、それが彼の仕事なら。

『軍国主義ではなく、(抑止力?という意味で?)平和を維持するための』うんぬんと、日本の首相の意思と全く同じ事を英語で答えていました。
原爆についても、あれは「市民対象」だったこと、軍人対象ではなかったことを貫いていた。
私も、「軍人対象ではなかった」それを貫け、と思って聞いていました。


この、15日付の英紙タイムズで。
「原爆忌や終戦記念日で、日本は戦争の加害者というより、被害者であるという神話を維持している」と指摘。


との、ご指摘。
神話を維持していると思われているのか、、、原爆後、どんな状態の人間が居たことか、、今現在でも苦しんでる人もいるのに。
神話と言うのか、、この新聞のコラムでは。
非常に悲しい事です。
これが政治目的なのか、イギリスは何と言おうとも軍事国家で「野蛮な体制とイギリスはいつでも戦う!」と意識してるからか、それとも単なる「被害者づらするな!このやろう!」と正直な思いを言うだけなのか、分からない。

これから、イギリスでも、アメリカでも、中国でも、日本でも「あの時に!どっちが酷い仕打ちを受けたか!」という話になっていくのでしょうか。
そうなっていって欲しくない。
『戦争は、酷い仕打ちが出来る、出来てしまう。バカげているのだからお互いに戦争などは止めよう!』という動きになって行ってほしい。


今の所、日本が誇る事は日本は第二次世界大戦後に戦争は一度もしていない。(憲法を守っている)
その、第二次世界大戦後に段々と考え方が違い、今では無用だったと言われる中東の戦争をしているのはイギリス。

現在の多くの日本人は「戦争はあかん」と思っている。と、私は思いたい。


もとい、イギリスも、第二次世界大戦の時には特にロンドンの街はドイツからの空爆を激しく受けています。
ただ、日本との違いは、イギリス人の国民自体が「戦争で市民が犠牲になる」ということに対してはしょうがない事だと思っているのかもしれません。
なぜなら、イギリスが国を上げて「時の戦争でイギリス人市民が犠牲になった!!」と抗議や不満や文句は表に出していない。
そこの違いが、イギリスは日本の「被害者づら」が気に食わないのかもしれません。

今は、微妙ながらに、個人アート展などで「イギリス軍が、イギリス人にしてきた事」などという展覧会は行われているけれども、これも非常に少ないし、政治問題に思われ展示することすら容易な事ではない。やはりイギリスは「野蛮な体制を崩す!」(それが捻じ曲げられた事実だとしても)という誇りがあるので、その時にイギリス軍が自国の民にしていたなんて批判的な事を公にすることは難しい。
逆に、戦争の美化を進めたいイギリスなのかもしれません。

イギリスで、自由に発言が出来ていたのは60年代だけだったかもしれません。
その時には盛んに「平和運動」が行われイギリスの徴兵制度を失くすのに成功している。これはその当時の運動は、現在では60歳後半の人たちの誇りとなっている。

それでも、今でも、原爆を落とすのに正当性があったと思っている人たちがイギリスにはたくさんいる事は確かです。

私も、「原爆投下に正当性なんて見当たらない!」とイギリス人に言うよりも、『あなたは原爆を人間に落としても良いと言うのですか?あなたの街に落とされたとしたらどう思いますか?落とさない世界が訪れることは望みませんか?戦争が無ければ良いと思わないでしょうか?』と、言えるように、考え方を変えなくてはいけない。

数日前に、私も私のにっきで『原爆はテロ行為』と言いました。

でも、そうか・・・。
イギリス人は、原爆でも大量破壊兵器でも化学兵器でも何でも何を使っても、市民は戦争の犠牲になるものだ、と受け止めている。
Greater goodがどこの世界でもある。
この、心理的な受け止め方が日本人とは違う。
だから、今でも中東を中心に市民に空爆しても「どおってことない」と思っているのかもしれません。
(シリアを今度は爆撃したい、イギリスですし・・)
Greater good・・・。


イギリスの中でも多くの人が平和を望んでいるし、武器ではなく文化と教養を、と声を出している人が多くいます。

本当に、日本の行った第二次世界大戦の過去は重い。
負けたから、だけではない気がします。
命の重みの扱い方などを、当時の日本人とイギリス人とで大きく違っていた。
あの当時は、イギリスの軍人って言っても、農民や若い世代で健康的な普通の国民が選ばれ戦っているわけですから・・。
今のように、必殺仕事人の軍人のみが戦争へ行くのとは全く違っていた。
それだけに、戦場での状況は酷いものだったと思います。
空腹、病気、寒さ、暑さも含まれるわけですから。

日本も、極、極普通の人が戦地へと送られた。それはどこの国でも同じことだったでしょう。
仲間同士で励ましあい、戦場の恐ろしさ、血生臭さを経験する。

戦争はいつでも起こり得る。
その通りです。
「戦争反対」と声を出す事はいつでも簡単に出来ることではない、と思います。
戦争反対と声を出すことは、いつの時代でも命を掛けている。
平和ボケと呼ばれるけれども、日本国内で「戦争反対」と言える、そんな日本はすごい。
すごい事なのだ、と、私も誇りを持っていたい。

中国や、ロシアは、どんなに危機的な事があろうとも、それでも戦争という戦争をしていない。

戦争を今でもしているのは、色々な嘘の理由をつけて、かつて「野蛮な体制」を崩した、イギリス、欧州、アメリカ。

「戦争の罪と向き合わず」=70年談話で英紙社説
この社説が、今現在イギリスの行っていることが自国に問いかけが戻ってくるはずです。

日本は、日本人は個人個人で向き合っている。

イギリスは、今の戦争をして今後その罪と向き合うことが出来るのか?どうか。
[PR]



by eilene | 2015-08-16 14:24 | 気になるニュース

日本の内閣総理大臣、安倍晋三 が残した「戦後70年談話」

(全文)首相が「戦後70年談話」で語ったこと

良い。
全体的に良い。
最後まで良かったです。


なのに、なぜ、武器輸出三原則を緩くしたのか、集団自衛権などというのに手を出そうと言うのだろうか・・。

我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。


と言うのだから、これを私はスコットランドから願います。

日本が、アジアで独立をしたという誇りがあるのなら、日本はその意思をつなげ続けなければならない。

日本は、PKOを前に出し平和活動の貢献を国民には伝えてる。
が、日本の隣国での緊張が増す中で、この平和活動の貢献をも維持出来るのだろうか?

そこで。
NATOという組織が世界には存在しています。
今の世界情勢は、これが世界を牛耳っている。(破壊して、直すなんとも矛盾)
中国、ロシアと、NATOで世界はいつもテンションが続く。
NATOが動けば中国かロシアも動く。
中国かロシアが動けばNATOが動く。

NATOは、メンバー各国で各国のGDPから2%軍事費を使うように、と推進しています。
イギリスも2%を要求されています。

【私が、スコットランドSNPの嫌な所は「核兵器反対」ではあるけれども、「NATOには賛成」と心が変わった所です。でも、こうしないと『(スコットランドが独立した場合)軍事力がないスコットランドは一発でやられてしまうっ!!!!』というスコッツの声を無視できなかった。
この矛盾したところが私のSNPの好きな所ではない。
けれども、スコットランド独立を図り、そういう事含めてスコッツが決められるチャンスを持っているのは今の所SNPのみ。独立というのは、他国からの強制を受け入れずに自国民で決められる事】

とにかく。
日本が、(安保法案を早急に通したい)特に基本の集団自衛権を持つことが出来れば全てが可能になる。
戦争の抑止力だとか言うけれども、、、私はそんなのは嘘だと思います。
日本が、アメリカの子分となればもちろんNATO(北大西洋条約機構)への参加も可能になることもあり得る話。
すでに、武器輸出三原則を緩和したのだから、、、何でも可能になる。

NATOへの参加へは?そういう事は、日本の今の自民党と公明党はどう思っているのだろうか!
「絶対に参加はない!」と言う場合、私は疑います。
可能性が広がるし、日本にとって政治的に魅力的な話であるから。
NATOから、「平和維持するためには」・・などと声を掛けられれば。。

日本が集団自衛権を持てば、次は、日本の政治家達の中や日本人で「NATOに参加出来るなら参加するべきだ!」と声を出すのは時間の問題。
ただし、現在の日本の憲法で出来ない。←私は、これが唯一の日本の戦争抑止力だと思います。皮肉なことにアメリカから与えられた憲法だけれども、この日本の憲法が日本人にとって最後の盾になっていると思います。

頭脳のある日本人は、何としても日本の軍事関係についての憲法を変えることについては「NO」を貫き通さないといけません。
NATOがある限り、日本にとって将来的に戦争抑止力になるはずがない。
NATOは、PKOとは全く違う軍事組織ですから。
唯一、NATOのルールで興味があるのは、NATOのグループの中に入ればNATO同士では戦争が出来ないということ。

*ギリシャが財政困難に陥ったときに、ドイツのお金を貸した側はものすごく怒りました。70年前だったら本気で戦争が始まっていた。でも、ギリシャはNATOのメンバー、ドイツもメンバー。メンバー同士では戦争は出来ない。だからギリシャも強気で居られる。侵略される心配はなく、でも国内での反発や不満は募る。


私が思うところは、、。

日本が、NATOに加入すればプラスも生まれる事もあるでしょう。
そうなれば、日本は、中国やロシアなどからの脅しは減り、日本の軍事能力も一気に何十年の遅れを早急に取り戻せるからです。
ただし、NATOメンバーではない国々と戦争になるのは避けられない。
冷戦状態に戻る、または後に第三次世界大戦になることもあり得る。

と、日本が戦争舞台へと巻き込まれることは目に見えて分かります。

日本は、絶対にNATOにはつかずPKO路線で行く!
そうかもしれませんが、それだけは私にも分かりません。

色々と、可能性が広がるからです。


NHKのフレーズ、日本は今まさに「その時 歴史は動いた」時にいます。
日本人が集団自衛権を選ぶのなら、その覚悟を。
必ず、国民に問わなくてはいけない、それほどにも大きな問題ですから。
国民に問え!
その時は、海外に住んでいる日本人にも投票する権利が与えられるべき。

日本国民の、未来と将来は本当に今の日本人にあります。
[PR]



by eilene | 2015-08-15 13:17 | 気になるニュース

鳩山元首相が韓国でひざまずいて謝罪

ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相「元日本の総理として…」


他国への侵略行為は、原爆を落とす事と同じ卑劣な行為だと私は思っています。
当時の日本の軍隊たちの中でも、同じ日本人に対しても容赦なかったのだから、これが侵略先での事です。想像がつきます。

賠償したし、何度謝罪すれば済むんだ! と言う日本人の言い分も理解しますが・・


侵略した、という事実が無くなることはない。
いつまでも続くのだと思います。
侵略行為は、された側の憎しみの根が深い。

ただ、どうやって、された側が克服していくか、、ということにも左右されます。
願わくば、侵略された側の国が「侵略行為というのは、どこの世界でも二度とあってはならない」という形へと変化していって欲しいばかりです。。。
当時の日本のした事に正当性は一切ない。
侵略された側にしか分からない屈辱や試練を世界中に伝え、侵略行為は絶対にしてはならない!と世界に訴えかけて欲しい。
今の時代でも、まだまだ続いている侵略行為が世界にはある。
伝えてほしい、日本だけではない、侵略行為は憎しみを生むだけだ、と・・。
聞こえない、私の願いかもしれませんが。。


人間の敵は、一人一人個人のプライド。
神様の愛というのは、そのプライドが先に壊される。
壊された後には、ヒーリング(もとに戻される)が訪れる。

と、信じるのは私個人の思想信じている事です。


ただ、この鳩山さんの行為が軽くみられることのないようにいて欲しい。
そのためには、日本人が、彼のひざまずき行為に対して何やかんや言わないように。
何やかんや言う人ほど、その人たちは何もしない人だから。
日本人なら、日本人らしく、「一人の人間がプライドを捨てて、ここまでやったんだ」という事を認識しないといけない。
認識が出来ない、、そういう人こそ、日本人ではないのかもしれない。
日本人なら、認識すると思うから。

ひざまずく、という行為がどれほどの意味を日本人が持っているか。
すごい事だと思います、、私は。

これで、少しでも『侵略した憎き日本!』という怨念から日本が解放されることを心から願います。


私もいつか、日本人だという事だけで憎まれずに安全に韓国や中国を旅してみたい。
大きな都市なら安全だろうという思いがあります。(←怖い。私の勝手なパラノイヤだ、と主人から言われますが、怖い、というか、どういう目で見られるのか、その反応が怖い。)
が、大きな都市だけではなく、主人と一緒に小さな村などを旅してみたい。
[PR]



by eilene | 2015-08-12 14:34 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧