にっき

 

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧




毛糸の編み物 ~crochet~

つい最近ニッティングを始めました♪
クローシェの要領でね。
細い糸じゃないから編むのも早い^^
やっぱり細い糸とは感覚が違うんだなぁ。
出来上がりもザックリ感あって面白いですね。

下の写真は2日前に根気よく練習した新しいスティッチたちです。
このせいでパン作る時間がなくなった・・。
自分用に練習したので続けて編みました。
スティッチを一つ一つ別々にして作れば見やすかったですね・・。
お見苦しいところは勘弁してください。^^;
毛糸は洗濯可のDK(ダブルニット)、鍵針は4.5mm使用。
c0114797_20482768.jpg
←これは「シェル・スティッチ」貝の形
←これは「パフ・スティッチ」(シェルスティッチ下3つ)

←このボコボコしたのが「ポップコーン・スティッチ」
その下はハーフトレブル/トレブルがほとんどだと思うが覚えてない・・。


c0114797_20484685.jpg

じゃ、ボコボコ感をどうぞ♪
私このポップコーンスティッチとパフスティッチ大好きになってしまいました!
これだけで編んでみたって可愛いですぞ~これは(*⌒∇⌒*)

ちなみにこのハーフトレブルもそうなんですが国によって呼び名が違いますので少々混乱します。私も自分のがどっちだかわかりません・・。どちらにしても数え方の違いなんですけどね。

*イギリスではビル建物の一階をグラウンドフロアー二階をファーストフロアー。アメリカでは一階がファーストフロアー二回がセカンドフロアー(だったかな?)と、そんな感じです。*

ハーフトレブルでも他国ではトレブルとかダブルクローシェになったりトレブルクローシェと名前が変わるみたいです。でもテストに出るわけでもないので、自分が何回糸を鍵(フック)に掛けて編んだかを覚えていれば十分だと、私は思ってます。笑
「それはハーフトレブルとは言わない!これがハーフトレブルだ!」なんてことは編み物には要らないでしょうからね。^^
とにかく、このハーフトレブル/トレブルは基本でもっとも多い編み方なんだそうです。
(セーターやカーディガンなんて編めたら嬉しいなぁ。)

編み物初心者の方は最初から細い糸でなく、太い毛糸を使ってマフラーなどを大きく編むと早く編めるから達成感もすぐに味わえるため飽きないようですよ。

私は只今、トイレ&バスにある小さな窓のカーテンを作成中。横60cm・たて120cm強ほど。手作りネットカーテンで古いコテージ風を目指していますがどうなるでしょう・・・。
そしてブログの更新もこのために遅くなるかと思います。
カーテンの他にチャレンジしたいのもあって、買い物する時に野菜を入れる編み物バッグ、dishwash clothというお皿洗う布、ソファーカバー、トースターカバーを作りたいと頭の中グルグル考えが回っています。出来るかどうかわからないけど・・・^^; 

まだまだ未熟な私ですがちょっとづつ手を伸ばしていこうと狙っています。笑

P.S 普通のクローシェでは1.00や1.25の細い鍵針が中心で縫います。それに比べると4.5mmの鍵針は写真の中で見れると思いますが大きい・・。
c0114797_22442836.jpg


鍵針が違えどもこんな感じで編んでます↓
(約1年半前の写真です。)
c0114797_22383617.jpg

これは1.25の鍵針の大きさだったと思います。
[PR]



by eilene | 2007-10-28 14:14 | 趣味

英政府 外国人就労者に「英検」

英政府 外国人就労者に「英検」 EU域外対象 在留邦人“悲鳴” という題名で、ヤフーニュースに書かれていました。

英国の義務教育終了資格に相当する英語力を求められるようです。

テストの判定基準は、日本の英検2級、国際コミュニケーション英語能力テスト「TOEIC」の650~700点に相当するレベルになるそうです。

私はとりあえず高校後半で英検準2級をゲット、以降短大でTOEICを受けて以来英語の検定はストップ。英検ではヒヤリングで大部分の点数を稼いでいたなぁ~。読解力は読まなくてはいけないので面倒だった・・。選択問題は好きだったと記憶があります。英検の筆記テストの次の面接試験はもちろんハラハラドキドキだったけど、英会話教室に通っていたということもあり少しは慣れていたのかな~?
(思い出にひたってみた)

私は、この「英検」のシステムに関しては大反対ではありません。
(働いてお金もらうのならある程度のコミュニケーションは大事だもん。)

ん?ちょっと待てEU域外・・・。
EU域の人は対象にしないの?!
EU域の人たちは対象にならないことが気に食わない。

また、イングランド・プレミアリーグなどのプロサッカー選手は「英検」例外になると言うのなら、スペシャルスキル(寿司職人とか伝統料理の認定書とか)持ってる人も例外にしたって良いと思うのに。厳しすぎる。
(中村俊輔は?と気になってみた。)

私のブログで君は英国市民になれるのか?を書きましたが、この「知識テスト」は嫌なものの英国に住む覚悟がある人には避けられいのは理解しましたが、この「英検」はなんかシコリが残ります。。
[PR]



by eilene | 2007-10-26 21:03 | 気になるニュース

スイートポテト・スープ ~ soup

c0114797_1443476.jpg


先日、スープを自分の感性で作ってみました。
というより、ある野菜を煮てフードプロセッサーで混ぜただけですが。^^;
タマネギ、セロリ、スイートポテト、リークを使い、チキンストックで煮てドライハーブのセージを使いドロドロになるまでブレンドしたスープです。パスタも入れてボリュームつけたスープにしてみました。
材料だけ見てみたら不思議な組み合わせですが混ぜてみたら「はまる味」になりました。甘いスープです♪ もしかしたら日本人には馴染みの無い味になってしまうかもしれません・・・。が、イギリスで飲むスープといえばこのような味だと思います。笑 イギリスの田舎の喫茶店?ティールームで「本日のスープ」として出されている味としか表現できないので美味しいのか、まずいのかはわかりませんが主人と私は美味しく頂きました^^

c0114797_14423612.jpg
スープのメイン?スイートポテト。後日オーブンで「焼き芋」しました♪

ところで私の今回のスープなのですが、イギリス母の味「リーク&ポテトスープ」の作り方を基本にして作ってみました。
この「リーク&ポテトスープ」はイギリスでは大変有名なスープです。リークの味を強くしたければリークを多めに、ジャガイモを多くしたければOKという本当に自分流に味を変えることができるスープでもあります。パンとこのスープで食べるだけでもお腹一杯になってしまうことあります。笑
このスープの作り方さえマスターしてしまえば何でも作れそうな気がします!

*写真はペンタックスK100Dで撮影したもので修正加えてません。

リーク&ポテトスープの作り方
[PR]



by eilene | 2007-10-24 08:58 | 日常&雑談

エディンバラ

c0114797_23135788.jpgおとといの午前中、2人でエディンバラ周辺を歩きまくっていました。
トータル3時間ほど!よく歩いたなと家に帰ってきて驚いてみたりします。笑

これが山の中だったり、自然の中だと最初は良いんだけど正直な話1時間も歩いてると飽きてしまう・・・;;



お昼をまわり、お腹も空いてきたので久しぶりにマックへ行きました!ちょうど店内改装中だったようなのでバーガーの袋を手に持ちエディンバラ城の公園で食べることにしました♪
ベンチに座り遅めのランチ、結構寒かった~マフラーしてくれば良かった~と思いながらビッグマックをほおばる。
ビッグマックが小さくなったような~ポテトも大きなサイズだったのにちょっと少なめ?だったような~。マックのポテト大好きなのに・・ちょっと悲しかったりもしました。笑
それにしてもイギリスに来て胃は確実に大きくなっていると思う・・。
食べ終わったらもちろん写真撮影大会。
c0114797_23131198.jpg


家に帰ってきて。私は気がつきませんでしたが、隣のベンチに座っていた女性に主人にらまれたというか、嫌な顔をされたらしいです。彼女の手にしていたランチはヘルシー志向。私達のマックを見て嫌な顔をしてたと言うのです。マックを毎日食べてるわけじゃない、たまに食べたくなる味だから別に良いでしょうが~。ちなみに、私側のベンチ3つ先くらいまでの人はマックをほおばっていました。

c0114797_23144396.jpg



*主人のフリッカーもチェックしてみてください。
(Oct 19, 2007の写真です)
プラス、私が最近作った種入りのパンの写真も見ることができます。
これ と、これ
[PR]



by eilene | 2007-10-21 07:27

私はこれが"アート"だと思う

Cox's Apples


私はこの主人が撮った「りんご」がとてもとても好きです。なぜなら、私たちの口に入る食べ物だから。この日も何個か食べました、このりんご。またなぜなら、私が皮をむいてあげたから。(笑)
とにかく、この写真を私は「アート」と呼びたいと思います。そして主人にも言ったのですが、「私はこんな感じの家庭的な写真のほうが好き。私はこのほうがアートだと思う、とても良く撮れてる、全てが好き」と。

 
私は、主人の撮る大自然の写真も好きです。
山の景色、海、川、大自然の恵みをカメラのシャッターに撮り収める。誰でもできることではないでしょう。そしてカメラに撮る瞬間にはある意味"自然と一体化"するわけですので、自然を愛していないと結構難しいと思います。知っていますか?自然の写真を撮る人達って、何時間もその場で立ち止まり、その瞬間を待ちわびながら撮るのです。「その瞬間のためだけに」・・・。自然なので天気もころころ変わる、いつも天気が良い時ばかりではないのです。ぶるぶる体を震わせ、汗たらたら、そんな状態でもそれも「自然の一部」として愛してるからできることなんです。だから、ふと訪れた場所でふと湧いてきた場面、その場でその時にしかない瞬間を撮れた写真って、実はとてもラッキーなことで恵まれた時なんです。私は、ふとした瞬間で撮れるほうが好き。耐久性がないものでして・・・^^; 

今年の夏に行ったホリデーでは、主人が撮ったパノラマの写真の裏話をすると、周りはグチャグチャの湿地帯、その周りには大量の「ミッジ」が飛びまくる場所で、彼はカメラのシャッターを何枚も押しまくる(その間ミッジの餌食・・)。自然を愛していないとできないでしょう?^^;私はと言うと、車の中で「ミッジが!(と叫び)・・外に出たくないのでこちらで待ってます」と車の中で待ってました。自然って写真の中ではキレイですが、実際は色々と複雑な世界だと思います。しかもカメラは高いしね・・笑

Cox's Apples


話は、りんごの世界へ。笑
農家の人が作ったりんごが食卓に上がり、まな板の上で調理され食される。最後の時。なんかこのりんごがものすごくステキなんです。ちょっとね、寂しそうな感じが出ていると思いませんか? 

このりんごの写真は、山の景色とか大自然などの「うわぁ~」という感情や様子は伺えないものの、どこか暖かい気持ちが出てきていると思います。私はこんな感じが好きなんです、実は。^^
嬉しいことに主人がフリッカーにも載せてくれました!写真とフリッカーをリンクしてあります。写真の中のりんごはイギリス産のCox's Applesと言うりんごです。日本のりんごに負けないくらい美味しいです。
[PR]



by eilene | 2007-10-16 15:06 | 日常&雑談

セレリアック

***追加記事(10月16日)***
たるとの生地は、今回あのシェフ=ゴードン・ラムジーのRough-puff pastryからです!(私はバターを50gくらい少なめにしましたけど・・)250gの強力粉に対して250gのバターを使うなんて怖くて・・とても勇気がいる・・^^;

私が料理に使う生地はショートクラスト、またはパフペイストリーと呼ばれる生地です。今回はパフペイストリー。その名の通り、パフパフっとふっくらとする生地なのでしょう。それにしてもいつも生地を使うときは私は普通の小麦粉を使うのですが、ゴードン・ラムジーは「強力粉」を使っていた!!これには私は疑ってしまいましたが、出来上がりは納得いくものでした!パフっと膨らむ生地になりました。何で?何で?小麦粉じゃなくて強力粉でもできるの??と不思議は付きまとってますが、出来上がりが良いのでこれからこのレシピにしようと思います。バター臭さもありませんでした。

りんごたるとは、Flat apple & vanilla tartのレシピを参考にしました。ここで習ったのは、りんごって皮を剥いてちょっとでも空気に触れると茶色く変色しますよね?一般では塩水につけておくのですが、塩水じゃなくてレモン汁を浸すだけでも変色防げます!すごい発見で興奮しました!
そしてバニラエッセンス、あれば最後に使うエイプリコットのエキス(砂糖漬けした果汁)?は欠かせませんよ!私はバニラエッセンスしか使わなかったけど、エイプリコット果汁をゲットしようと思います。オーブンで焼いてるときにバニラの匂いはなんとも食欲をそそります!!あんまり良くないけど・・、夜食でお腹をちょっと満たすにも美味しいです♪
(レシピはBBC Good Foodからです。)
***追加記事おわり***


celeriac・・・セルリアクとも発音する人あり。
私の耳には、セレリアック。と小さなソフトサウンドの『ッ』が入っているような気がするんだけど。まあ発音は気にしなくても良いのですが見た目は食べ物というより脳みそみたいな・・。
c0114797_6193293.jpg

切る前のセレリアック。

セレリアックの話や、雑談はこちらに移動しました。
[PR]



by eilene | 2007-10-15 14:41 | 日常&雑談

"あの人は今"

「Ant & Dec」という二人組を知っている人はいますか?
実は日本でもブレークしたことがありますよね?私、結構好きでした。
PJ & Duncan というグループで"Let’s Get Ready To Rhumble."などなど、実は結構な歌の数を残していたんですよね~。 ^^

シニカル?本当に憧れていたのか?時の流れなのかさっぱり分かりませんが今彼らのクリップを見ると微笑ましいくらいに頑張ってるというか楽しんでる様子が見られます(笑)ユーチューブで、「Ant & Dec」と検索してみるとぞくぞく彼らのビデオが見れますよ♪

その二人はブレークを経験して、そして日本の舞台から消えさり記憶も遠い二人。「あの人は今」なんて思われるでしょうが、出身はイングランド。そのイギリスではまだまだ人気があります!というか、それ以降の好感度もすごく良いらしい(笑)今でも彼らが持つショーがあります。なぜそんなに長く「芸能」の世界でいれるか?なぜなら彼らは歌を歌う前から子供番組に出演していてイギリスではすでに知名度あったようです(そこでも歌手?だったかは知りませんが・・汗)。大人になった二人は今でも魅力的な可愛いお子ちゃま達です(イギリス国内のみ。笑)

シリーズ物で今週終わってしまったけど彼らが司会進行を勤める生放送の番組!私も大好きで見れるときは見てます♪二人のやり取りが古典的で面白い。来年のお正月にまた新しいシリーズ始まるようです。この番組は本当にほのぼのする番組で大人も子供も一緒になって楽しめる番組で好きです♪ 間違いなく気楽に観れる番組! ↓
ANT & DEC'S SATURDAY NIGHT TAKEAWAY

イギリスでは、小さな頃(子役なり何でも)に大人/社会から受け入れられた「タレント」は長くその分野で"生き延びる"風潮があるのかもなと思いました。

Ant & Decの他に今でもイギリス内で人気があるのは、子供の頃教会でコワイヤー(聖歌隊)で歌っていた男の子「Aled Jones」という人がいますが、彼も今でも賛美歌を中心に活躍しています。彼の場合は聖歌隊の中でも当時から「エンジェルボイス」として有名だったようです。実力とイメージが上手に混ざった成功例でしょうね~。この人もユーチューブで彼の名前を入力すれば色々出てきます。実は、TakeThatも若い頃から子供番組に出ていた!ようですよ。イギリスで成功したければ子供番組!なんだと思いました(笑)
現代では、ハリーポッターのあの子、今では立派な男性になり、どんどん新しいキャラで映画に出ていますしね。彼は大きな映画俳優になれるでしょうか?!

でもなんと言っても「可愛らしさ」を忘れずにイメージを大事にし謙虚にしていることも「あたり」なんだろうなと思います。人はイメージで物を言いますので、そのイメージが作られたものでなく嘘物でない、無理なく持ち続ける人(素のままならもっと良い)であれば信頼も増えるでしょうし、本人もギャップに苦しまない、またみんなから長く可愛がられるんだと思います。その場限りでOKなら話は別ですが。^^;
今、もう少しで終わりになるあのX-Factor(新しい歌手を探す公開オーディション)でも「謙虚さ」「人から可愛がられる性格か?」が大事になってきてるようですし。「オレ、私は誰よりもデキル!」うぬぼれと、実力の違いはやはり形になって現れる・・。デキル人に限ってやっぱり謙虚さ持ち備えてる^^;

とにかく、そんなAnt & Decのことを考えていたら、(比べて悪いですが)逆に日本ではあり得ないことだなと思いました。子役や子どもタレントが大人になり芸能の世界で"生き延びる"のは難しい感じがします。「子役のままでいてほしかった」なんて声を聞くことありますしね^^;

でもこれは決して「テレビだけの世界」だけではないと思います。普段生活していても、謙虚さを忘れ、いつでも傲慢態度では何事もスムーズにいかないと学びました(学んでいます)。

さてさて長くなりましたが言いたかったこと。
イギリスでタレントを狙ってる方(がいましたら)、とくに自分の性格に自信がある人はとにかく子供番組に出る!大衆を大事にする!これに限ると思うっ!と言いたかったのです(^^)

主人は、こんな小さな事で大きく「教訓」地味たことを語り出し止らない私に向かって「つまらない」と一言ズバッ!と言います。そうなんです、私は主人からあまり尊敬されていないのです;;

なんて言うと彼に怒られますね!!!
いやいや、きちんと尊敬してくれています(と思う。と言わせてる?笑)♪ そしてこんな私でも可愛がってくれています(笑)いつもありがとうございます。m(--)m

そんなんでブログはありがたい(^^)
[PR]



by eilene | 2007-10-14 16:50 | 日常&雑談

一見怪しいんだけどね・・

この人たちの歌が好き。笑
このバンドも主人が持っていたCD、その名も「The Magic Numbers」から聴いて好きになりました。ドライブしてるときでも良いし、夜しっとりと聴くのも良い(しっとりした曲もあるのです)。なかなか面白いバンドだと思います。

The Magic Numbers ←文字のリンク先は彼らのオフィシャルサイト。

とにかくクセになる曲たち&人たち^^;
バンドというと、カッコいい人たちとか可愛い子たちやきらびやかに飾ってる人たちが「正当」なんて感じするけどねぇ~このバンドは違う大きく違うっ!気がする。格好よりも何よりも曲が良いと思う、ノリが良いと思う♪

歌うたってる人がジーザスに似てる!?
(宗教とは無関係よ。)
とは、私が個人的に思ってるだけ。笑

The Magic Numbers - Forever Lost YouTubeより。
[PR]



by eilene | 2007-10-13 10:19 | 日常&雑談

君は英国市民になれるのか?

日ごろ、英国ニュースダイジェストを機会があればチェックしています。ほぼロンドン中心だから土地柄上私とはちょっと遠い関係なのですが、それでもUKをカバーしてるので時々耳寄りな情報を得ています^^
そこで載っていた言葉。『君は英国市民になれるのか?』を昨日の夜発見!英国に長い期間住む人は受けないといけない英国の知識テスト(義務化)の模擬試験が載っていました。

24問中17問以上正解で合格。制限時間45分。不合格の場合やり直し可。「Life in the UK」模擬試験に挑戦!
でも恐ろしい・・・勉強嫌いの私。。こんなテストを受けてたら1度で受からなかったはず・・。

とりあえず2004年11月から現在住んでいるまでの経験でテストにチャレンジしてみました。
(もうすぐ3年かぁ)

結果は私16問正解・・45分もかからずテストは終了したけどダメでした。
(日本で受けた、あの車の免許の最後に受けたテストの悲劇を思い出した。。><)
ちなみに、主人(英国人)は18問正解。彼が移民だったら合格。
18、なぜかちょっと安心するのでありました^^;

私がトリッキーな質問だなと思ったのは、『現在、次の王室の継承者は誰?』でした。
ウィリアムと答えそうになったけど、実はお父さんのチャールズ皇太子(まだお母さん健在です^^)でも選択欄にはチャールズって書いてない・・。たしかよく、ニュースで故ダイアナ妃=princess of Walesと聞いていた気がしたから(チャールズ皇太子の元妻がプリンセスだからと旦那さんはプリンスか!とピンと来た)、ひっかからなかったもののこれはイヤらしい質問だと思った(お父さんの存在あまり強くないから~;;私だけなんだろうけど。冷汗)
カミラ婦人は、Duchess of Cornwallですって。
ニュースはやはり聞いておくべきかもなと思いました。

私が永住権(Indefinite leave to remain in the UKと言われるビザ)を取得したのが2006年の10月末。2007年4月から法律が変わり、永住権を取得する時でもこのテストを受けなくてはいけなくなったのです。ちなみに、私は来月になったら市民権取れるようになります。

とにかく、このテストのこと話には聞いていたけど実際こうやってUK知識テストを見てやってみてあらためて心臓バクバク状態・・・。厳しい書類審査の上、テストも有料(ビザ更新も高額)だから、他の国に住むってことは色々大変なわけです。

不法に滞在~なんてのはダメです!
[PR]



by eilene | 2007-10-12 08:00 | 日常&雑談

変更

Take your time... → "にっき"とブログのタイトル変更しました。
どうぞまたよろしくお願いしますm(ーー)m
[PR]



by eilene | 2007-10-11 18:52 | お知らせ

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧