にっき

 

<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧




ブサイクな"フォッカッチャ"

c0114797_21352320.jpg


先週。暑いのにミネストローネを作ったわけですよ。
それに合う、パンだといつも通りで嫌だったからフォッカッチャでスープと食べよう!ということで作ることに。

でも、私小麦粉を間違えまして~、、本当は強力粉を使わないといけないのに私は普通の小麦粉を使ってしまったのです。普通のパンは作れるようになったので、フォッカッチャもそんなに難しくはなかったと思います。

なのに、膨らみすぎた・・・。こんなに膨らむのはフォッカッチャとは言わないと思う。
もっと小さく小分けにして生地を伸ばしたほうが良かったか・・。

パンになっちゃいました!(汗)
なのに、外のカリカリが良い具合で。(笑)

今度パン作るとき、、強力粉じゃなくて普通の小麦粉で作ったら良いかも?なんて思ったりもしました。
[PR]



by eilene | 2008-07-31 18:27 | 日常&雑談

レタスを収穫

食べどき=収穫どきが分からず・・・
でももう良いだろうという気分になり、先日はさみでチョキンと切ることに!
小さなレタスは残しておいたので育てばまた収穫するつもりです。
c0114797_21241470.jpg
c0114797_21243259.jpg
c0114797_21244456.jpg

ちょっと気弱~なレタスなんですけどね(^^;)
こんなもんかな、と。

ちなみに、、ルッコラとラディッシュは収穫不能。
レタスだけでもちゃんと(?)育ってくれたから良しとしよう(笑)
[PR]



by eilene | 2008-07-28 13:27 | 日常&雑談

サマードレス

これを着よう。(^^)
3年ほど前に、主人の実家で住んでいたときに義母に「作りなさい」と言われ作ってみた夏用の部屋着。こちらではこういうワンピースをサマードレスと言うようです。

最初に作った物。↓
c0114797_19372027.jpg


次に義母(おカアさん)が持っていた生地で気にいった柄のを拝借して作った物。↓
実は・・これと同じ生地でアイロン台のカバーも作りました。
アイロン台カバーとおそろ♪♪ (^^;)
c0114797_1937091.jpg


最後に私が気にいって買った生地で作った物。↓
これを作っているとき、ちょっとおカアさんとやり取りあり・・。
おカアさん「このタイプの生地では作れないわよ!」
私「作れます!」のやりとり。
それで作り上げた物なので私的に誇りがある珍一品(笑)
c0114797_19364560.jpg

と、3着には「思い出~が~一杯♪」なわけです。

洋服、作れるようになると私は嬉しい。←これホンキ。
サマードレスは簡単に作れるので作り方さえ慣れちゃえばOK。
問題は襟を作ったりするところとかかなぁ?・・・ボタンとか・・。
おそらく、簡単な型に流れること間違いなし。
ミシン買ってもらったら、また洋服作りチャレンジしてみたいなと思ってます。


なんで、サマードレスのことを「にっき」に書くか?
昨日はスコットランドで初!の日本人のお友達になった方とショッピングの旅へ出かけてみました。エディンバラ市内からバスで4、50分の所でしょうか?リビングストンという街へ行き、そこにある大きなショッピングモールに行ってきました。普通のショッピング街、プラス!アウトレット付きの大きな所!大きくて、しかも新しい所で少し観光気分にもなりました(笑)

昨日は、むしょうに部屋で毎日着るようなワンピースが欲しくなった日でもありました。そこで私、とある店で1つのワンピースが気に入ってしまって、頭から離れず、ぐるっと他の店を回って一度またそのお店に戻ってそのワンピースを試着してみたのです。

そのワンピースは柄もチェックで可愛く、でもブリブリではなくて~といった感じ(に見えたのですよ)。鏡に当てて自分にも全く似合わないわけでもなかった(これが珍しい!笑)。でも実際着てみたら肩のところが気にいらず買わなかった(^^;)肩がフワフワしてた・・・。肩の所で「それは可愛すぎるので却下」、となりました。笑

昨日家に帰ってきて、ふと洋服を見たらこのサマーワンピース3着あり!
灯台もと暗し。
そんなこんだで、このサマードレスに落ち着いたというわけです。笑
自分の気に入った型で作ったから、やはり気にいっていることは確か(^^;)


そうだ。アウトレットの建物の部分は、どうやら(名前を忘れましたが・・)日本人の方が設計して建てられたようです。建物入り口に噴水があり、そこにプレートで説明ありました。写真なしですみません。
Almondvale Shopping Centre
[PR]



by eilene | 2008-07-25 12:12 | 趣味

食事の様子 (みりんとしょうゆは基本だねー)

先週は鶏肉。(500gの鶏肉を2日に分けて食べることにした。)
昨日は、冷そうめん。

てりやきチキンのサラダ
c0114797_18531516.jpg

みりん、しょうゆ、にんにく、砂糖、ちょっと酢(ワインビネガー)の下味を付けた鶏肉をフライパンで汁がからまるように焼き、その上にイエロー&レッドペッパー、スプリングオニオンを乗せただけのシンプルなおかず。でも味が濃く白ご飯と良く合った!
(副菜として、コーンと、えのきの味噌汁)

自家製からあげ
c0114797_1853335.jpg

てりやきに使ったソースが下味用。やはり鶏肉に下味を付けたいために1日冷蔵庫でマリネしました。小麦粉とコーンスターチ(片栗粉)をまぶして油で揚げる。ゆで卵を付けてまたスプリングオニオンかけて出来上がり。
マリネしてたせいか鶏肉が柔らかかった。
(副菜として、リーフサラダと昨日の残りの味噌汁)

冷そうめん
c0114797_1854546.jpg

そうめんは、日本に行ったときに大量にお母さんが買ってくれた日本の物♪
主人が「そうめん、そうめん、そうめんが食べたい!」って言って本当にうるさかった。^^;
つゆは(ネットに大感謝!)自家製。簡単に作れますよ。
みりん、しょうゆ量は半々。
みりんを鍋に入れて煮立たせる(酒を飛ばす)、煮立ったらしょうゆ入れてまた煮立たせる。その鍋を火から下ろして冷ます。私はここでちょっと冷めたら食べる前まで冷蔵庫に入れておきました。
みりんとしょうゆのつゆ、そのままでは濃いので薄めるために水ではなく、「ダシ」を使うと良いらしい!ダシを作ってこれも冷ます。これは冷蔵庫に入れず自然に冷ましました。
そうめんを作って、自家製のつゆをダシで薄めて食す!
うまかったです。
(副菜として、野菜の天ぷら)

主人も満足。←これで私も満足。
ただ、、、キッチンが片付けながらも作ったのにも関わらずグチャグチャになっていた!・・

今日の晩ご飯は天ぷらの残りで天丼かと思ったけど、それは明日だね。
今日は煮込みハンバーグの日だ!と決めている、私。
[PR]



by eilene | 2008-07-23 11:20 | 日常&雑談

フォークランドへドライブ

日曜日、月曜日が主人の仕事休みで昨日は私のお気に入りのフォークランドパレスへ連れて行ってもらいました。夏日でしたよ!嬉しかった!やっとイギリスにも太陽が~!!(嬉)
フォークランドパレスはナショナル・トラストの所有建物。結婚記念のプレゼントで主人の両親から毎年プレゼントされる「年間パスポート」を使い、無料で何回も行くことができます。

去年一度行ったときは、、大雨。
パレスの庭に行けなかったので今回はリベンジ!
バラとラベンダーがキレイに咲いていて散歩するにはとても良かった。
歩くと、バラだと思うのだけど花の香りが時々して気持ちよかったのです♪

パレスの中は写真ダメなのだけど、中すごいですよ。建物古いし、チャペルもあって、
部屋は、イギリスにありがちな暗い部屋だったけど、天井とか装飾が豪華。だった気がする。王様?女王の寝室も見れるのですが想像とは違って質素なベッドだった!(去年の感想)

イギリスに来て古い建物を見学しに来たら必ず天井を見てくださいね。私は古い建物の天井をとにかく見上げて見るのが大好きです。なぜならプラスターワーク(たぶん装飾の仕方)がキレイなんです。スコットランドでは天井がパネル状(?)になっている場所もあって、木のパネルに絵が描かれていたりするんです。

イギリスの古い建物では天井は必見。何かがある可能性あり!
これ私のお勧めです。笑


パレスの入り口付近。
c0114797_0552841.jpg


パレス中庭。
c0114797_056135.jpg


中庭を通って庭の入り口。
c0114797_0562818.jpg

c0114797_0565131.jpg


こんな感じの花たくさん!ハチ、虫もたくさん飛んでた・・・。
c0114797_0577100.jpg


世界で一番古いテニスコート入り口。
c0114797_0572996.jpg

テニスコート観覧するところ。
ここでは柱の上にツバメが巣を作り忙しそうに子育てをしていた。親ツバメが行ったり来たり。
c0114797_0574452.jpg



このブログを書いているときに、、主人から電話。(仕事中だろう?)
「ソーメン作るの忘れないでね!」
だって(^^;;;;)
了解いたしましたよ。
お母さんから、熱ソーメン汁を教えてもらったけど外は夏日!
冷たいつけ汁で頂こう。笑
[PR]



by eilene | 2008-07-22 17:27

週末

先週末は、主人の実家へ行ってました。
エディンバラに引っ越して、早1年半にもなるところ。
まだまだ実家に私達の荷物が残っているのです。
私達が使っていたベッドのマットレス・・・。これを片付けに、プラス何箱も山積みになった主人の以前の仕事関係の書類処理・・。シュレッダーにかけるもの、廃棄物として捨てる物の区別をして、普通のゴミ箱では大量の数だからダメで廃棄物処理場所へ持っていくの作業。

土曜日、主人が仕事から帰ってきてすぐに出発!
私はすぐに出かけれるようにスタンバイ。

エディンバラ→ロンドン北にある主人の実家までは車で約8時間はかかる。
いつもだったら休憩とりながらもノンストップで行くのだけど、今回はイギリスではお馴染みのTravelodge (トラベロッジと言う)に泊まることにしてみました。
それと言うのも、夏休みに向けての部屋の安売りをやっていたから!
いつもは一部屋安くて50ポンド(1万円くらい)。
でもこの夏時期、うまく日にちがあれば1泊一部屋19ポンド(3千円くらい?)で泊まれる!ということで色々検索してルートと照らし合わせ、19ポンドの部屋を2つ予約することができました!
行きに1泊、帰りに1泊して週末をプチ旅行気分してきました。
帰りには少し観光がてら、ヨークシャーデールの中を通ってゆっくりと帰ってきました。

日ごと食事を作り家のことを何かしらしてる私にとって(って言うと大袈裟ですが・・手抜きしてるね)、こういう時(どこかに泊まりに行く)が一番楽しくて嬉しい(*⌒∇⌒*)
泊まりに行くときは、私~何もしませーんからっ♪
サービスされる側になるのです( ̄ー ̄)にやり☆
[PR]



by eilene | 2008-07-16 20:45

晴れやかな心

今日はなんとなく聖書を開いてみた。
どんな読み物の中でも聖書が好き。

さっと開いた場所は「シラ書」という箇所だった。
聖書の中でも結構「旧約続編」も好き。
ちょっと読んでいたらこんなことが書いてあった。

晴れやかな心、について。
うちのお姉ちゃんが元気ない。そんなことを思っていたら?
この箇所が妙に気になった。
へぇー初めて見た言葉かもしれない・・・!





悲しみに負けて気力を失うな。
あれこれ思い悩むことはない。
朗らかな心は、人を生気にあふれさせ、
喜びは長寿をもらたす。
気分を変えて心を奮い立たせ、
悲しみを遠くへ追い払え。
悲しみは多くの人を滅ぼした。
それは何の益にもならない。
ねたみや、怒りは寿命を縮め、
思い煩いは人を老けさせる。
快活な心は食欲を旺盛にし、
食べ物をおいしく味わわせる。

シラ書30章21~25

(日本聖書協会:聖書 新共同訳、旧約聖書続編付き)

私にも大切だってことに気がついた!
『悲しみを遠くへ追い払え!』だよね。
!マーク付けてみたら、何か元気出そう?
[PR]



by eilene | 2008-07-10 17:05 | リディアの祈り

コースター ~Crochet~

なんとなく作っていた物。
コースターを作ってみました。
と、言ってもモチーフをコースターにしただけですが・・。
c0114797_2240596.jpg

[PR]



by eilene | 2008-07-09 15:26 | 趣味

レタス、ルッコラ、ラディッシュ ・・・その3

c0114797_22464885.jpg
上の写真→7月8日(昨日)

c0114797_22471240.jpg
上の写真→7月9日(今日)
下の写真も→7月9日
c0114797_22474392.jpg


ルッコラはちゃんと育っているのか不明。
レタスもルッコラもラディッシュもなんですが、種の入れ物に育ってきたら余分な物は取り除くようにという指示があり、部分的に残しておいて、栄養がその部分に集中するためなのだそうで先週からプランターの中を整理してました。

レタス→とりあえず、2つのグループを作ってみた。
ルッコラ→4つくらいのグループ。
ラディッシュ→ワケわからない・・・ので放置。

レタス→8日に、1つの方があまり成長されてないことに気がついて写真を撮ったのち根から立ち退き作業してみた。

こんなんで大丈夫なのだろうか?
[PR]



by eilene | 2008-07-09 15:23 | 日常&雑談

何をどうしたいのか?

一、聖公会(アングリカンチャーチ)にいる私として。

今、イギリスで信仰を持つ人達の中でのみの関心事。
教会での同性愛者の責任とは?
同性愛者が教会職の責任を持つことを賛成する派と断固反対派で、アングリカンチャーチ内でもパックリと意見が分かれてること。

私は同性愛者の人達については構わない派。教会職についても別に構わないのだけど・・・。結果、イエスから正しい者だと言われる時が来るときまで誰にも分からないから。
でも実際に自分が行く教会の牧師が同性愛者だと知ったら少々シコリが残る。一番の原因は私側にある。私には同性愛者のイメージを頭からぬぐうことが難しいから礼拝に集中できない。これが私の最大の問題点。もし、自分の行く教会の牧師が同性愛者というのを知ったら、悪いけど私は他の聖公会の教会に行くと思う。

同性愛者の人達も今では現代社会に認められている。地域に受け入れられている。教会だって、彼らは礼拝に来るのも良し他の人と区別されてないはず。教会にも堂々と行けるはず。それでも、まだまだ認知は足りないのだろうか?

私。個人的に同性愛者の人達が子供を養子に取ることは好ましくないと思うけど、これも法律が変わって認められた。

同性愛者の牧師の責任は教会で一体どんなことが出きるのだろうか?そして何をしたいのだろうか?ということだけが私の頭から離れないのだけど、、

主はどう思う?
c0114797_2143650.jpg

[PR]



by eilene | 2008-07-05 12:43 | リディアの祈り

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧