にっき

 

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧




トイレットペーパー

トイレットペーパーについてちょっと書きたくなりました。

トイレットペーパーの向きを気にする人っているのだろうか?
私は気にする人なのでそんな疑問をふと思ってしまいました。

うちの主人の実家では紙が奥に垂れているのが常識。
c0114797_0254997.jpg


私は紙が前に垂れているのが常識。
c0114797_026472.jpg
三角に折られてなくても平気。

結婚当初、私がトイレットペーパーを変える時は決まって紙は前に、主人が変える時は決まって紙が奥に垂れる。で、気になる私は奥に垂れていれば毎回紙を前に垂らし、同じく気になっている主人もまた奥に垂れるように戻す。

次に入った人は気が付くんですよ。
『え?!戻ってる!!』って。

こんなことをですね、無言でやってるといつかは話合わなくてはいけない時が来るんです(笑)私達カップルだけだったのかな~(^^;)こんな事で争ってたのって・・(笑)

今は主人は『紙は前に垂れる』スタイルを容認しています。
なぜか?
私、何を思ったか知りませんが何度か
c0114797_0254997.jpg
↑こっちスタイルで設置したときがあったんです!いつだったかな~?エディンバラに引っ越してきてからだと思う。
主人の口から『〇〇ちゃんはトイレットペーパーこっちでしょ』って言って
c0114797_026472.jpg
↑こっちに自ら変えた!!
それから、トイレットペーパーは紙が前に垂れるスタイルです。

そんなにも主人の心を動かしてたなんて知らなかった。
私の変なところでのこだわりを少しづつ汲み取ってくれている、この人。



トイレットペーパーの方向についてバカバカしいと思ったのでしょう。・・やっぱり(笑)

P.S 私の変なこだわり。
カトラリー(フォークとかナイフとか)は右から使う。これが応用されてタオルとかも右から使うことになっている。なんでも基本は右から使ってほしい。左に行けば行くほど洗ったばかりなんで。

夫婦も長くなればなっただけ、お互いの変な部分も理解してくれるということで良いのかな。
[PR]



by eilene | 2008-09-26 17:47 | 日常&雑談

5歳から貯金について学ぶ

今朝のBBCニュースで『5歳からお金のことを学ぶ』なんてことを聞きました。お金を得てから店で買い物する。貯金のこととか、お金を賢く使うためを学ぶというもの。
北アイルランドの学校での試み(施策)だったのか~。
この施策イングランドやスコットランドでも実行されるのかな?

お買い物「ごっこ」が、「ごっこ」になっていないじゃん!(笑;)
5歳なのにマジメだな~。
Five-year-olds taught to save BBCニュース

5歳で経済のマメ知識を学ぶにはちょっと早過ぎないだろうか。私も5歳だったら、塗り絵をして「ごっこ」遊びをして社会性を学ぶので十分だと思うのにな~。上手く教えられたら良いだろうけど・・・教え方間違ったらお金に執着する子供が出てきやしないか?と、気になってしまったニュースでした。

P.S 私の経済案→(時代遅れと言われても)家計簿をつければ身が引き締まる。
[PR]



by eilene | 2008-09-24 17:09 | 気になるニュース

ライスサラダ

昨日チャレンジして作ったもの!
(写真は今日のランチの様子。昨日の残りもの~)

①~具~
グリーン、イエロー、レッドペッパー、各1個づつ小さく刻んでおく
スプリングオニオン、適量刻む
コリアンダー、刻んだの大さじ2杯くらい
オリーブオイル、適量
冷ライス、2人分
しお、こしょう適量
c0114797_22323017.jpg

②~ソース~
しょうゆ、適量
砂糖、適量
ニンニク、1個くらい刻んだの
タマネギ、半分くらい
ケチャップ、適量

①→大きめなボールに野菜具とライス、コリアンダーを入れて混ぜる。そこにオイルをちらっとかけて混ぜ塩こしょうで味つけしておく。
味つけしたら『味見~』って言って食べすぎないようにっ!笑

②→ソース作る。
鍋にゴマ油入れる。ニンニクを入れてちょっと焼く。ニンニクから香りが出てきたらタマネギをあめ色になるまで炒める。(私は急にこのソース思いついたから中火で急いで炒めたけど弱火でタマネギを甘く炒めると良いはず♪)
タマネギ炒め終わったら、しょうゆと砂糖を入れて味調節。

①に②をかけて頂く!
カフェ風のどんぶりを家で作る。
野菜もたくさん一緒に食べれるのが具ー(グー)。笑

このレシピはこっちの書店で激安バーゲンな値段で買った本を参照。
でも、レシピではビネガーを使っていた。。
あんまり私は酢メシは好きではないから、さっぱり&コクある味に変更。
そして、生トマトも嫌いだからレッドペッパーに変更。
こんなことをやっていると本のレシピの味から遠のく・・。

この色鮮やかな一品は「コンフェッティ・ライス」とも呼ばれているようです。
紙吹雪として使う細かく切った色紙のもの→コンフェッティ。

なるほど!

P.S ソースは暖かいほうがウマイです。
[PR]



by eilene | 2008-09-18 15:05 | 日常&雑談

木曜日の昼前

ミッドウィークの聖餐式に行って、今日は聖人ニニアン(スコットランドで初めてキリスト教を教えた人)のことを聞く。

-AD394年にスコットランド、ギャラウェイ地方で布教活動。当時はクリスチャンにとっては辛く厳しい生活の場(地形&人種と文化の違い)だったそう。その辛い時期でも信仰を持ち続けることだと信じ守り続けた人。歴史的にはこのニニアンの活動は華やかしくなかったものの聖人として覚える日になっている。現代でもクリスチャンにとって簡単に信仰を捨て易いとき、時代が違えども私たちにも同じ試練がある。-

週1の小さなチャペルでの少人数の小礼拝。
説教に重心を置くより、祈りに重心を置く形。

私の好きな箇所は、リペント(懺悔の時)のところ。

-私たちは、(自分の)言葉と思いにおいて常に間違ったことをしてしまいます。このことに私たちは心を思い煩わせます。そしてその思いを引きずってしまいます。主の心はいつも寛大です、どうか許してください。-

という感じ。
このお祈りは自分を少しづつ変えてくれると思う。
変わってるかどうか?・・・
これは、自分では気がつかないほうが良いかな。
気がついてしまえば、自分が偉くなったように振舞うだろうし。
クリスチャンは『偉くなる』のではないもの。
自分に素直さを取り戻すもの。だと感じるようになった。
素直になったとき、私はどんなことをするか・何を思うか。

長い時間かけても良いかも、素直になりましょ。
[PR]



by eilene | 2008-09-18 14:14 | リディアの祈り

グリーンスープ

c0114797_23455221.jpg

まだ夏のような日が続いていたとき。
このスープを作ったのを思い出しました。
9月も中盤か~早いな。





このスープ、見た目は悪いかもしれないですが味はさっぱり♪
へぇ、ミントが良い。
見た目に似合わず良い味でしたヨ。笑
初めて作ったので主人も私も飲むのにちょっと怖がった。
ブレンダーがあれば簡単に出来るからとても良い。
味噌汁に飽きたらこういうスープも良いのかも?


レシピはここにあり。
[PR]



by eilene | 2008-09-15 16:00 | 日常&雑談

ミルクティー

そんなブログに書くまででもないと言われても書きたいことがある。

イギリスに来ても拒み続けてきたミルクティー。誰かに紅茶を勧められれば「ミルクなしで下さい」って言ってた。「紅茶にはミルクでしょ」というイギリス人にとっては不思議がられる時もあります。イギリス人はミルクを入れて当然と思っている(はず)。c0114797_2127763.jpg

実はコーヒーも同じ。
私はコーヒーもブラックなのだけど何も言わないとイギリスではミルクも入る・・・。ちゃんと聞いてくれる人もいるけど、ミルクや砂糖は自分で入れるだろうと思って何も言わないとミルク入りの時もある!

(私が、ミルクティーを好きでなかったこともあるし、コーヒーにミルクなんてとてもとても!と思っていたこともあるから、ここまで話が膨らむんですが・・。)

だけど。誰かの家に行ったとき、ミルクが入った紅茶やコーヒーを出してくれて「No, I can't drink this, sorry」(すいませんね~これ飲めません)なんて言えるわけがない。失礼極まりないと思われる。違う食べ物をオーダーして、これ違いますと言うのとは全く大違いだし。飲むことになります。

と、言う事で最近ミルクティー(コーヒーにミルク入りも)が飲めるようになった。(祝?)

最初、イギリスに来てお店でコーヒーを頼むときに、「ホワイトコーヒー?」と聞かれたことがあって戸惑ったことがありました。何のことですか?!とパニックしたことがあります。聞いてみればホワイトコーヒーはミルク入りなんだとか。(確かホワイトコーヒーって言ってたと思う)

今まで紅茶もコーヒーも濃い色で飲んでた私にとって、濁っているマグカップの中を見つめるのにちょっと意外さを感じました。
[PR]



by eilene | 2008-09-10 13:50 | 日常&雑談

小旅行

最後の日、9月3日。

この日は天気も良かった、のでネス湖をグルっと回る感じでドライブです♪
c0114797_18171952.jpg

ネス湖周辺には、ネッシーのお店があるというので行ってみようと心みたものの・・・知らないうちに店通過。戻る気がなかったのでそのままネス湖ドライブ終了。(^^;)

その後に行ったところは、ナショナル・トラストの場所。Cullden(カローデン)という新しくできたビジター・センター。
『英国の歴史、欧州の歴史、そして世界の歴史の方向は、1746年4月16日にカローデンで変わったのです。』という見出しの付いた、ドラマチックなパンフレット(日本語)を受け付けでもらって、私もこの時代の歴史をおさらい。カローデンの戦い

そう、ここはただの楽しいアトラクションビジター・センターではなく、勉強の場としての場所でした。それはそれでものすごく良くて私、個人的に好きでした。受けつけでもらったパンフレットは日本語で書いてあり、簡単に英国最後の地(カローデン)でのバトルの様子に至るまでを説明してくれています。ビジター・センターの中の説明は英語ですので、通訳してくれる人と一緒にいると良いですよ。また、建物の中には360℃のスクリーンが設置されて、そこに映し出される当時のバトルの再現を数分見ることもできます。音が大きい。でも雰囲気はある。

英国を1つと考えるイングリッシュ(イングランド人)とスコティッシュ(スコットランド人)対、スコットランドの王をもう一度!と夢を抱く王位継承人(チャールズ王子)の言葉で士気を集めたスコットランド人のジャコバイト軍との戦い。これがこの地、コローデンの話でした。
この戦いと直接には結びつかないかもしれないけど(戦争にはならないし)、今もかすかにスコットランドでは「独立を」と続いているわけです。

c0114797_18212687.jpg
写真をクリックするとちょっとだけど大きめに見れます
ビジター・センターの裏側には、当時戦ったままに限りなく近い状態に残されている場所がありその周辺を歩くことができます。(私達が行ったときは晴天でしたが、当時は霧もあり雨、地はグチャグチャ、最悪な場所だったようです。)
最新のナビゲーター付きのオーディオセットで説明を聞きながら歩きまわることも出来ます(日本語もあり)。歩いて、場所に来ると説明が始まるという賢いもの。でもそのためにたまに説明が混乱することもあり・・・最初は戸惑いますが次第に慣れてくる。(ビジター・センター側でも出来れば改善していくとのこと。)

カローデンの戦いは短時間でものすごい数の人が戦死した非常に過酷な戦いだったそうです。

c0114797_1848597.jpg
この上の写真のように場所に行くと自分の位置と、英国軍とジャコバイト軍の位置を見ることができます。英国軍は赤のライン、ジャコバイト軍は青のライン。

c0114797_18491491.jpg
写真の向こう側にうっすらと白っぽい建物がある場所の前あたりに赤い旗があるのですが、そこのあたりが英国軍の位置。

700mくらいで闘ってたそうです。

c0114797_18493072.jpg
この写真は青の旗があるからジャコバイト軍の位置。


c0114797_1849459.jpg
ちょうど中間位置にあるところに建てられた戦死者のための慰霊塔。まわりには、それぞれのクラン(氏族)の小さな慰霊石もあり。

このビジター・センターで、30分ほどランチも取りましたがほとんどを見学し終わってなんと!4時間も経ってました。ナショナル・トラストで4時間もいたことは今までにないこと・・。ジックリ見学してしまいました。
随分、血生ぐさい勉強をして私と主人の気分もマジメモードになってしまったけど良い勉強したと思って心を入れ替え、帰りのドライブ(天気も良かったから)を楽しむことにしました。

帰る途中
c0114797_1902517.jpg
虹を見て嬉しくなったから良しとします(笑)

ハイランドにはたくさん歴史があり、今もその土地では大切に語り継がれていることがわかります。ツアーの見所っていうこともありますが、こうやって残すのは大切なことなんだなと思いました。

次、小旅行へ行くとしたらアバディーン地方へ行きたいと思ってます。
[PR]



by eilene | 2008-09-09 11:25

小旅行

2日目。

9月2日。今回のドライブ所!ハイランド(インバーネスから見て)西側部分。Wester Rossと呼ばれる場所。面白い風景がたくさんありましたよ。途中、私はいつものように車の中で爆睡したこともありましたが(^^;)何とか風景見れた。

c0114797_23565538.jpg
上の写真はこのあたり
あらら、この上の写真の場所はここだと自分でもわかるのに他の写真は分からない・・・。以下の写真は後ほど主人に聞いて場所もきちんと表示しておきます。

c0114797_23571449.jpg
上の写真はこのあたり

c0114797_23572810.jpg
スコットランドの山は尖がった山とかガツガツした山も多いですが、スムーズな形の山もあります。でも!この写真の山はおわんをひっくり返したような山で面白かった!周りの山がガツガツしてるのに、ここだけ可愛らしい山。

c0114797_23574139.jpg
スコットランド。ホント、海の色がキレイなんです。北に行けば行くほど??

c0114797_2357537.jpg
車を止めて海を見てたらうちの人がアザラシを見つけた!!
アザラシは可愛い。カールしてずっと日向ぼっこしてる(笑)

2日の夕食はインバーネスのシティーセンターでイタリアン。そこで、初!エスプレッソにクリームリキュールを入れたものを頼んで飲んでみた!美味しかった、リキュールのエスプレッソ。早速旅行から帰ってきてから小ボトルのベイリーズを購入。家で、エスプレッソの中にベイリーズを入れて飲むようになりました。うちの人もハマル味。
本当は、ティアマリア(サトウキビから出来たスピリッツに、コーヒー豆の粉末を浸し、バニラと砂糖を加えたもの)が欲しかったけどデカいボトルしかなくて断念。小さいので良いです。

楽しいドライブができた&クリームリキュールをコーヒーに入れるという、アイリッシュスタイルを初体験した2日目でした。

P.S このドライブの時に、ナショナル・トラスト(スコットランド)が所有する広大な庭園、海を見ながらの散歩もできる場所があったのですが、時間の関係上却下。この庭園は今度ゆっくり行く予定。(Inverewe Garden
[PR]



by eilene | 2008-09-06 15:04

小旅行

9月1日と2日インバーネスに行ってました。
ネッシーのネス湖で有名な場所。
3日の夕方エディンバラに戻る。

天気もそこそこ良くて時々暑くなる場面もあり驚きました!8月はホントに夏日になる日も少なくて・・・。インバーネスの太陽が気持ちよかった(笑)でも、やはりスコットランド肌寒くなることもあるので何か上着が必要(あと、雨具も)。

今回はショートブレイクと称して2日間を満喫してきました♪

9月1日の朝9時半頃エディンバラを出てインバーネスに到着は昼ごろ。
インバーネスのトラベロッジのチェックインは午後3時だからまだ時間あるので周辺をドライブ。

ブラックアイルと呼ばれる突き出た島(日本で言うと、千葉県のような感じ)に行ってきました。
(Avochという漁村の駐車場近くのベンチでランチ・・・このあたり
c0114797_19401170.jpg

ん~でも雲行きがあやしくなってきたので車へ退散。
ランチが終わればしばし写真大会(うちの人)。

その後は、クロマティーという小さな小さな海に面した村(このあたり)に行ってきました。観光地になっているから夏場は人も多いでしょうが、私達が訪れたときは人も少なかった。

クロマティーの村には、化石の発見者として有名なHugh Miller(1802 – 1856、ヒュー・ミラー)という人が生まれた村だそうです。私も主人もまったく知らなかった人です。ナショナル・トラストが彼の家を保護しミュージアムとして開放しているので私達も訪れることにしました。(年間パスポートあるから私たちは無料)ミュージアムを見ていた間にまた雨。

クロマティーの村にあった教会入り口付近。(聖公会)
c0114797_23121151.jpg

少しクロマティーの村を散歩して車に戻ったら良い天気。ころころ変わるなぁ。。

今度はテインという古い古い古い街へ。(ここ
テインの街からは雨に降られることなかったのでよ~し♪
Tain Through Timeという場所を見つけて入ってみました。大人1人4ポンド。私達は4時を過ぎていたので半額の2ポンドで見て良いよと。
(クリスチャンとして)興味深くて面白い場所でした!ここのテインの街は、大昔クリスチャンの巡礼の場所でもあったそうです。今はちょっとした観光地。(Saint Duthac (1000-1065)がテインの街の守護聖人。)

テインの街をあとにして私達は海の見えるとことへ!(このあたり)時は夕方5時半頃、天気良好でも風は冷たかった。
c0114797_2130620.jpg


c0114797_21303113.jpg


c0114797_21305095.jpg

面白い雲発見(笑)人が両手を前にして走ってる姿に見える(^^)・・・わたしだけ。


下の写真はトラベロッジの中の様子。今回泊まったトラベロッジはインバーネス、ゴルフ場施設に隣接されるようにありました(このあたり)。なかなか商売上手(笑)。今回は2人で2泊78ポンド(2万以下)。
部屋にはバス&フェイスタオル、コーヒー紅茶セット&マグカップが最低備え付けられています。それさえあれば十分じゃないだろうか。
c0114797_2159546.jpg


c0114797_2159216.jpg



こんな感じで1日目終了。
[PR]



by eilene | 2008-09-05 15:46

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧