にっき

 

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧




MUSE とThe KillersのCDを聴いてます

MUSE : Uprising
アルバム"The Resistance"を最近買いました。
アルバムの最初っからいきなりこの曲。これが1番気に入ってます。
マリリン・マンソンを思い出させるこの音楽、でも彼よりも数倍に良い。
と、言うのは失礼なのかもしれないけど・・。
私の感想。このアルバム、クイーンを思い出すような音楽とか、ジャスティン・ティンバーレイクみたいな音楽もあるし、ロクセットという女性が率いるバンドにも似たような音楽もあるし(そう思える)、MUSEのメンバーが楽しんでる?ようなCDだと思いました(笑)
ところどころにMUSE独特の音楽の味を忘れずに取り入れてる。そんなところをちゃんと考えているMUSE、憎いな~(笑)と思います。


The Killersのアルバムも買っちゃいました。 "Day&Age"
"I Can't Stay"が私の一番お気に入りです
でもこのアルバムも良い曲がぎっしり詰まってると思います(^^)

ちょっと前に、びっくりすることを知りました。
歌うたってる人(キレイな顔の人)がモルモン教の信者だってこと!!しかも、どっしりモルモン教の信者だとのこと。本気らしい。イギリスのトーク番組で本人が言っていて主人と2人でびっくり。
[PR]



by eilene | 2009-09-27 18:36 | 日常&雑談

ロンドン週末旅行

c0114797_322949.jpg
9月18、19日の2日間をロンドンで過ごしていました。
去年主人が「年間がんばりましたで賞」を受取ったのでその賞を使いました。自分達で払うことなんてできないのでね!!・・(^^;;)こういうホテルには。。
本当は今年の4月末の私達の結婚記念日に使う予定でしたがホテル側が忙しかったため9月に延長。ロマンチックパックにしてくれました。キレイにバラの花びらが置かれてました056.gif

ロンドンの写真。
[PR]



by eilene | 2009-09-22 19:17

ウィリアム K バートン

c0114797_19295364.jpg
昨日、うちの人が仕事から帰ってきた時にスコッツマン新聞から切り取った紙をくれました。
日本ではヒーロー的存在、でもスコットランドではあまり知られない彼、ウィリアム K バートン。彼の死後110年たって、彼が子供の頃育った場所の庭(現在はエディンバラにあるNapier大学構内)に建てられるそうです。
(父はよく知られるジャーナリストで歴史家のジョン ヒル バートン)
ウィリアム K バートンはエディンバラ1856年に生まれ、エディンバラで育ち、その後大学進学よりもエンジニアリング(工学技術)方面にすすむ道を選択したそうです。ロンドンで衛生設備などを見習いながら働き有名になったところ、日本からお声がかかり日本へ行く事になったそうです。 1887年に日本の横浜にたどり着き、日本人の「まつこ」という奥さんを持ち、奥さんとの間に娘1人をもうけたそうです。
(スコッツマンの新聞から)


日本人の私も知りませんでした!!日本に居たときは工学技術などに関心がなかったので当然といえば当然ですが・・。Napier大学か、家から遠くないから大学内に入れればいつか見てきたいと思います。
ウィリアム K バートン ウィキペディアに彼の生い立ち詳しく書いてあります。

● 日本の近代化に尽力した英国人技師ウィリアム・K・バートン、故郷のエジンバラに記念碑建立を Internet Journeyより(スコッツマンと写真は同じ)
● 写真家としても有名なのでしょう。こちらのHPでも載っていました→日本写真会の立役者で、地震対策を警告した人
写真と撮影地~Nature entertainment~のウィリアムKバートン部分。
● また、東京浅草の「凌雲閣」りゅうかくあん、も有名なんだそうです。 ウィキペディアより。


国際結婚もしてたなんて驚きです。

ここで疑問。日本の江戸時代にはすでに下水道関係は確立され、キレイな環境にいたっていう日本のクイズ/教育番組を見て驚いたのだけど・・ウィリアム バートンがのちに改善したということで良いんだろうか??

どちらにしても、日本の西欧との接触・近代化の歴史は面白い。18,19世紀と言えばイギリスはめまぐるしく動いた時代。改革の間で価値観がガラリと変わる時代。その間でどう人間が判断し決断するか?技術的、精神的にも変化がある時代。不謹慎な表現になるかもしれませんが・・・面白い。

ヨーロッパの歴史は興味深くなりました。そこから日本との関わりも深いので日本の歴史にも興味を持ちました。今、住んでいるのがイギリスということもあり、イギリスでは歴史番組も多いのでチャンネルを選べば毎日のように何か歴史番組を見ることができます。イングランドとスコットランドの歴史も面白いです。すべてが今も絡まっている・・。珍しい国だと思います。

とにかく。新聞にこういう日本とイギリス(今回はスコットランド)の架け橋になるような話題が上がることは嬉しいですね。


* ナショナルトラストのアームストロングの家 へ行ってきた時の「にっき」にもエンジニアリングについて書いてあります。
[PR]



by eilene | 2009-09-13 12:31 | 気になるニュース

つるんと汚れが落ちた!

家のオーブンが壊れました。
不動産屋へ連絡して修理してもらわないと。

と、言うことで。修理屋さんが来ることを狙って(良いことに)今日はオーブンのラック、窓部分を徹底的にキレイにしてみました。疲れました・・・。

重炭酸ナトリウム(bicarbonate of soda)というのをお菓子作りで使う時があります。が、掃除の時にも使えるのはもう誰でも知ってるでしょう。

オーブンの掃除は大嫌いです。冷凍庫の霜取りも大嫌いですが(今の時代に霜取りしてる家庭はないでしょう。笑)。しかたないのです、賃貸なのである物を使っています。

オーブンのラックのお掃除。
お風呂場の浴槽にbicarbonate of sodaに酢を加え(そうすると、シュ~ッ!と泡が出てきます。)ここに、金属のラックがつかるくらいの熱湯を入れ放置。
c0114797_23275840.jpg
手(ゴム手袋使用)を入れてみても大丈夫くらいな温度の時ちょっとこすってみたら良く取れる!!!!つるんって汚れが取れる041.gif
c0114797_23283221.jpg
軽く水ですすいでみたのがこの写真。水で流しながら最後の仕上げをしたらピッカピカ♪

この満足感たまりません(^ー^)

妹よ、、『貧乏くさーい(笑)』 なんて言わせない・・・この掃除方法はすごい!

(^^)

これらの掃除方法はこちらで勉強させてもらっています。私の大好きなチャンネル4の番組How Clean Is Your House? ベテラン掃除婦人のアギーとキムの二人がきったない家(家の掃除ができない人達)へ行き、ノウハウを伝授して「家をキレイに保つこと」を根ざすための番組です。やらせか?と思うくらいに汚い家・・・。でもキレイになった持ち主の家を見るのは気持ち良い。
[PR]



by eilene | 2009-09-06 15:45 | 日常&雑談

正式にメンバー

c0114797_23265757.jpgさぁ~やるぞー 
スタジオと呼ばれる陶芸教室へ行きPUGの正式メンバー登録完了!メンバー専用の棚や物置やらなどの場所を使うように教えてもらい建物の鍵ももらってきました。
陶芸メンバーになれる、の話

クラスに来る生徒達と当たらない曜日に来るように、とPUGメンバー用のスケジュール表ももらってきました。PUGメンバーが教室を自由に使える日はクラスがない日。スケジュール表の空白の曜日。そういうことか~クラスの生徒とぶつからないようにするのか。どうやってスタジオを使うのだろうか?と疑問になっていました。なるほど。

私は、月曜と水曜日は普通に陶芸クラスに「生徒」として参加します(写真で緑の蛍光ペンでなぞってある)。まだ、私は陶芸初心者なのでやっぱり先生が居てくれたほうが質問もしやすいし教えてももらえるから安心します。慣れてきたら1人で行こう♪

陶芸クラスを受けて、しかもPUGメンバーの人はクラスが終わっても続けたければ続行できるので今度からは楽になります。「生徒」で来た場合、PUGメンバーは鍵の番人です。と、言うことで生徒たちが集まる時間の20分前にはドアを開けておくのも私の「責任」になりました。前回やったとき、まれにクラスの中にPUGメンバーの人がいて話もしたことがありました。そういう人が「生徒」としてクラスに参加してたのですね。

陶芸クラスは9月末からスタートなんですが、私はメンバーなので明日からでもスタジオを使えるようです♪
[PR]



by eilene | 2009-09-01 15:41 | 趣味

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧