にっき

 

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧




シリア砲撃 “隻眼の女性特派員”死亡 英米仏「残虐な行為」のニュース

シリア砲撃 “隻眼の女性特派員”死亡 英米仏「残虐な行為」

英メディアによると、2人は反体制派が拠点を置くホムスのババ・アムル地区で取材していた。「メディアセンター」として反体制派から提供された民家が砲撃され、庭に出たところをロケット弾攻撃を受けて死亡した。ロンドンからの報道によると、英紙タイムズなどは、シリア政府軍が外国人記者を狙って攻撃したとみられると報じた。
 文章引用
ヤフージャパン  産経新聞


つい最近なんかでは、BBCニュースでは『欧米のジャーナリストはシリアに入れない状態、侵入禁止』って言っていたのに、いつから入っていたんだろうか?このジャーナリスト達は・・。最近進入禁止が解禁になってシリア入りしたところを?

シリアの状態はすでにリビアと同じレベルだろうと思いますが、、、なんで反体制側もすでに銃なんかも持ってるんだ?って本当に謎です。そこへきて、市民が被害に!って、反体制側だってこともあるでしょう(諸外国から哀れみをと思えば簡単にできてしまう : こういうこと考えちゃうのもひねくれ者なのかな・・)。「あの銃弾は政府側だ!」って抗議側が言ってしまえばそれまでですが。

腹立たしいのは、銃撃戦になってるんだから(抗議側も政府側も)銃を手にしてない市民をまず避難させないと!!!まず子供や戦闘に巻き込まれたくない人達を避難させることは出来ないのか!!ってことです。


場所が変わって、これがイギリス・イングランドで起きたあの暴動事件。この暴徒達が銃を手にし始めたら(他国が武器提供するわけないでしょう・・?)、政府への不満や、不公平さを政府が肥やしているっていう反抗からというのが理由で、その理由に賛同する人が増えたら・・・やっぱりこういうシリアみたいなことになるんだろうか?ってね、微妙に思います。

私には何が違うのか全くわからない。


メディアで一斉に「この反体制側は民主化のヒーローだ!」なんて言っていても、自分の国内で起きれば『テロリストだ!』ってことになるんだろうなぁ・・。


・・・ 今日、こんなのを偶然に見つけました ・・・

We still demand an Arms Trade Treaty
オックスファムUKサイト : Take actionというものです。

バナナや食料には規制があるのに銃の取引には規制が効いてない!そんな馬鹿な話があるものか!イギリスが先だってこういう取引をしている!とイギリス政府に向けて規制強化を願うというキャンペーンのようです。(たぶん)

マジですか?・・・ここのユーチューブでは、簡単に銃を軽いノリで販売している。こんなことはアメリカだけと思っていたけどイギリスでも密かに行われている?全く知らなかった。イギリス国内でもこんなことしてるなんて知らないと思う。。

!訂正!(3月7日2012年) ここに載せたユーチューブの「銃を売るテレフォンショッピング」は要点を簡単に表現しようとしたオックスファム側が作ったようです。私はショック受けましたよ!実際にはこんな風に売っていないみたいです。銃が簡単に買える感覚はおかしいということが言いたかったんですね。
[PR]



by eilene | 2012-02-24 03:05 | 気になるニュース

ハンガリーが相手

ハンガリー制裁へ提案=財政赤字理由に補助金停止―EU

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は22日、ハンガリーが財政赤字の抑制を怠ったとして、2013年の同国向け補助金のうち約5億ユーロ(約530億円)の交付を停止するようEU各国に提案した。財政赤字を理由とする制裁が発動されれば、EU初のケース。
 欧州委のレーン副委員長(経済・通貨担当)は提案について、「ハンガリーが健全な財政運営を行うための動機付けだ」と説明。同国が適切な対応を取れば、制裁は回避できるとの認識を示した。 
全文引用
ヤフージャパン 時事通信より。


私はてっきりギリシャはすでに国破綻してしまったと思っていました。
次のユーロ公的資金投入へ向けて話が進んでいたんですね・・・。

そして、このハンガリー。
制裁って、、そこまで?
ハンガリーに?ニュースはギリシャばかりでここは耳にしなかった。

ハンガリー政府は、ギリシャの裏で誰も見てないだろうと財政赤字に対して無行動だったということ?

なんだかなぁ・・
[PR]



by eilene | 2012-02-22 15:44 | 気になるニュース

笑えたジョーク

今日主人が教えてくれました。

とある老夫婦。2人も年寄りになったということで病院へ行き体調なんかを調べてもらうと検査をしてもらいました。

体はどこもおかしくなく安心していたのですが、やっぱり年もあってか物忘れがちょっとあるってことで、病院の先生が2人に『紙に事項を書いておくと良いですよ』とアドバイスをしました。

ある日、旦那さんが奥さんに『おい、何か食べたいか?もってきてあげるよ』と奥さんに言ったので、

奥さんも、「じゃ、アイスクリームに、いちごを乗せて、あ!生クリームもお願い」と旦那さんに言いました。

奥さんが、病院の先生のアドバイスを思い出し、

「紙に書いておかなくて大丈夫?!忘れるから紙に書いたら?」と奥さんが旦那さんに言うと、

旦那さんは、『な~に、これくらい大丈夫だよ!』とアドバイスを無視して台所へ。


・・・ 20分後 ・・・

旦那さんが持ってきたのは、卵焼きと、温かい飲み物。 

それを見た奥さんは『トーストは?』と聞き返すのでした。

(完)



(オチが分からなかったらそれまでですが・・・汗)
このジョークを聞いて私達は大笑い003.gif
ちょくちょくうちの人は、面白いだろうな?と思うジョークを拾ってきては私に教えてくれます053.gif

うちの人と言ってたのですが。
このジョーク、うちらもこんな老夫婦になりそうな予感なので笑えるのです(笑)
[PR]



by eilene | 2012-02-21 18:09 | 日常&雑談

イスラエル イラン攻撃辞さず ・・・ NHKニュース

イスラエル イラン攻撃辞さず NHKニュース

ここの国は、やっちゃうよ。どんなに反対が多くても口実を作ってやれちゃうと思う。そして、もちろんイランも反撃に出ると思う。多くの専門家たちが「イラクの次はイランだ」って言ってたのが本当に?イラク攻撃して、アフガニスタン、アフガニスタンもまだくすぶってるのにイランに突入したらどういうことに?

単独でやるならやっても良いけど、周りを巻き込むことになるんですよ、絶対に。

イスラエルがイランの核施設への先制攻撃に踏み切るのではないかという懸念が広がっていることについて、「今は制裁の効果を見極める時期だ」として慎重な姿勢を見せる一方で、「イランの核武装は断じて受け入れられず、それを阻止するためにはあらゆる選択肢を排除しない」と述べ、制裁が効果を上げずイランが核開発を断念しなければ軍事行動を起こす可能性を改めて示唆しました。


この背景には、イランのアフマディネジャド大統領らが、「イスラエルを排除しなければならない」などと発言して、イスラエルを激しく敵視していることがあります。イスラエル政府は、イランが核開発を続けて核兵器を手にするような事態になれば、イスラエルに対して使用しかねないとの危機感をあらわにしています。


NHK記事内からの引用。

私のイスラエルの嫌いなところ↓
● 自分たちさえ安全ならばどんな事でも!の態度

イスラエルだって核を持っていながら(持っているんでしょ?)、もっと悪いのは北朝鮮と同じように核の報告なんかを拒否している・・っていうのは棚に上げ?イランもそうだけど、イスラエルのあり方も考える時。

決して核反対ではなく、誰が核を持てるか!という話合いならば非常に独裁者的だと思う、今日この頃。
[PR]



by eilene | 2012-02-16 14:13 | 気になるニュース

うちの人へのバレンタイン

色々な人間がいる中
大切な人がいて、それ大切にしたい気持ちがあるって
愛情表現の機会、大切だよね035.gif
c0114797_2194517.jpg

... For my husband ...
バレンタインの祈り032.gif
[PR]



by eilene | 2012-02-14 17:20 | リディアの祈り

むち打ち症を理由に車の保険金を不正に受け取る事が出来るについて

David Cameron pledges action to cut car whiplash claims
BBC ニュース

重要単語  ↓

● Whiplash claim ... むち打ち症の要求
● Fraudulent claim ... 不正直な要求
● Exaggerated ... 誇張された


きたーーーーーー!001.gif
数年前から増えているこの車の保険金騙し。ありもしないのに『怪我した!保険金よこせ!』事故ないのに『車が事故にあった!保険金よこせ!』というのが大問題になっていたのに何も起こらなかった。
これが通用するには、まず「被害者だ!」と大袈裟に動く不正人の登場、その不正人がソリシター(事務弁護士)使用(被害者に代わって被害者のあれこれを手続きする人の登場、次にコンペンセーション(賠償金)を発生させる、そこに保険会社が関わる(要求額を払っちゃったほうが簡単で安い)、という図が生まれます。

私達も、まさに今この問題に立ち向かっている時です。詳細はここ

私達も経験して分かったこと、これは保険会社(保険会社は違う!と言うけど)も、ソリシターもグルになっている!ということ。

私達は、先月オンムズマン(イギリスにある、行政機関に対する住民の苦情を聴取し,当局に必要な勧告をする機関)に私達の文句を報告しました。オンムズマンも、私達の元、車の保険会社から事情を取得しているところまで来ているとの事です。頑張れ私達、もうちょっとだ。
市民の味方、オンムズマンが最終的に決断を下してくれます。無料で相談に乗ってくれるのはここまで。このオンムズマンの結果が気に入らなかった場合は最終的に私達で法律の手を借り、訴訟ということになるわけです。

過去に、私達もガス代過剰徴収されてガス会社がお金返してくれなかったときがあったので、その時にオンムズマンに頼ったことがあります。私達だけだと時間が掛かるけど、オンムズマンに文句を言ったら、明らかに過剰徴収だったのですぐに金額が返ってきました。


・・・  車の保険金  ・・・

本当に事故にあって、怪我/故障して本当に費用などが必要になれば保険金払われることについては文句は全くありません。ドライバーもそのために掛けているのだから。

問題は、大きすぎる怪我だと証明がいる、でも、むち打ち症くらいなら(驚)医者の証明書が要らないということを知っている不正人。ソリシター側も「あなたのせいじゃない」事がはっきりしていれば賠償金も取れるなど言ってるのでしょうね。保険会社もノータッチ&小さい件だと相手にしないという態度。

この詐欺軍団に各方角からやられたら、「仕掛けられた側」は太刀打ちできません。
現に、私達は私達の車の保険会社にやられましたので。
「不正だ!」って言ってるのに全く聞く耳もたなかったから。

また驚くのですが、みな「仕掛けられた側」の多くは文句立てても何も出来ない/時間が掛かり相手にされない/ストレスで面倒になる時も多いから「悔しい」と思うだけで終わり。ほかの人からも「グッド・ラック!」という励ましの言葉のみ、立ち向かうだけ無駄・・っていうことです。

私達は泣き寝入りだけはしたくなかったので声を上げました。

とりあえず、今後政府がどこまで動くのか見ものです。

1番大切なのはまず私達の件(コツンと車と車がぶつかったとき)の決着を付けることですけどね。
[PR]



by eilene | 2012-02-14 16:50 | 気になるニュース

スパゲティ入れ

待ちに待っていたこの入れ物053.gif
去年の12月に、エディンバラの高い建物の町並みをイメージして作っていました。
やっと今日取りに行ってきました!

c0114797_3103179.jpg
c0114797_310493.jpg
c0114797_311747.jpg

[PR]



by eilene | 2012-02-13 18:11 | 趣味

たちの悪い風邪にやられています。

てっとり早く、にっき。

今月に入ってからグジュグジュしている私の風邪。

先週の日曜日は1日起き上がることも出来なかったので、主人が看護士になってくれました。
けっこうキビシイ看護士だった!

風邪を引けば最短1日か2日で良くなるのに今回のはもう2週間も引きづってる状態です042.gif

先週の月曜日は安静、次ぎの日の火曜日のボランティアはキャンセル。
水曜日にちょっと良くなる(Wiiの007のゲームが家に届く)、木曜日に近場のスーパーに食料買出し、すぐ出てすぐ帰ってきた。金曜日も安静にしていて、昨日の土曜日はボランティアに行ってきました。帰ってきて(この時点で体力的に疲れてしまっていた!)お昼を食べたあと、間が差して007のゲームやってまた風邪の症状出てくる042.gif。頭が重く熱っぽく目が赤くなっていた。旦那にこっぴどく叱られる。反省して早めのあったかお風呂に入り就寝。

そして、今日。
まだぐずついている私の風邪。
インフルエンザではないもよう。
ただのたちの悪い風邪。
数日間は良いですけど、嫌ですね・・・ここまで長引くと。
この調子で行くと、バレンタインは外に食べに行く予定だったのですが私の体調見て決めるそうです。

早く元に戻りますように!
今の所は大丈夫、でも、うちの人に移らないといいのだけど・・・。
[PR]



by eilene | 2012-02-12 18:30 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧