にっき

 

<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧




ヘンリー王子、汗?

ヘンリー王子のドンチャン騒ぎでドラッグ疑惑!? 新たな写真と動画も流出直前?  エキサイト

イギリスではこのニュース 今、とても静か。
ガーガー!と沸いて、サーっと引いている。
パラリンピックに遠慮しているのか?
パラリンピックが助け舟か。

『国のヒーロー陸軍少尉がドラッグ容認?または彼自身も?!まさか!!!軍トップ模範の人間がそんなことやるわけない!!!絶対にやっていないと思う!!』

英 とある新聞によると、彼の上司がキツク叱るということ。ゲンコツもらうそうな。
2ヶ月分だったかの給料をチャリティへ寄付ということも話があるとか。
(1週間の給料が、、なんと£1400くらいだったかな、それくらい。うちの人の手取り月給くらいですよ、驚 すげーな。汚い言葉ですみませんが。所得税とか高いんだろうな?って一般人思考・・・)


国を代表する王室の人間で、軍上部に位置する人でも、

人間、若い子、

馬鹿騒ぎを、一般人と同じレベルに考えるとしたら、

疑惑っていうよりも、、やっていてももう誰も驚かないんじゃないかな?


でもね、こんなに大きなスキャンダルをこう、、いとも簡単にリークする、させるって何かあるんだろうか?簡単すぎないかな?脇が甘すぎないかね?何かもっと大きなことがニュースになることを隠そうとしてるとか?または、ヘンリー王子は「最前線へ送ってくれ!」というけど実は行きたくないとか?王室/政府側が行かせたくないからなのか、だって軍の人間ならどういう約束ことでどういう決まりことがあるか知ってるはず=
王子は精神的に準備が整っていないと判断されれば
(記事内、一部の文章) って、今だけのことではないでしょうが・・。

ヘンリー王子が、もう1度アフガニスタンへ送られて、仮にでも戦死した場合イギリスが報復戦争を起こすのは目に見えています。そう考えると、ヘンリー王子は戦争へ(どんな戦争にも)は行ってはいけないんです、絶対に、私が思うに。


なぜ?
不思議がることはない、ヘンリー王子はやっぱりおぼっちゃま育ち?
そんな人が軍をリードできる?
なぜ?

なんかおかしい。
私、なぜか胸騒ぎがします。


P.S どうやら、ヘンリー王子には将来的に良い嫁候補の人とラス・ベガスへいく前にカリブ島だったか、どこかの諸島で良い関係を築いていたようです。そういう女性がいながらのラス・ベガス失態!私はこっちのほうが驚きましたよ。王室だろうがなんだろうが最低な男だと。付き合う女は何人いても良い、そこから俺は選べる?という態度(怒) 何様?だと思ってるんだ、王子だけれども・・。もちろん、その女性は「自分が恥ずかしい」とヘンリー王子を振ったそうです。王子を振れる女性なんてめったにいない、かっこいい。
[PR]



by eilene | 2012-08-29 18:49 | 気になるニュース

パン

c0114797_036511.jpg

初回の膨らみ、、なかったんですけど・・
暖かいところで1時間ほどすれば普通はぷっくりとなるのに?プクプクと(笑)
ちょっと不安になるも・・
でも、軽いというか、ぷっくら身は感じたからもう30分くらい2度目の寝かせてみました。
パン作る人なら分かると思うけど、あの、柔らかいプクプク感はあったんですよ。
だから一応はイーストも働いたんだろう・・と思うことに。
(もう面倒だから焼いちゃった)
怖かったから、大きなかたまりで焼かずに小さく切りましたけど。

c0114797_037662.jpg

不安をよそに?焼き上がり、きたねっ!これ!

c0114797_0372078.jpg

これだよ、これ、私の好きな柔らかいパン053.gif

Strong White Flour → パン用の小麦粉は、すごいわ、やっぱり。
これなんで前から使わなかったんだろう?

私の好みのパンは、ブリオッシュやクロワッサンやソフトパンなんです。
今まで何度か作ったパンは重いものばかり。ちゃんと作れるのだけど、重いパン、どっしりしたパンであまり好きではなかったんです。(食べれるから食べますけどね)

今日は、パン作りのレシピを自分で変えました。
ブリオッシュのレシピやら、クロワッサンのレシピを見比べ、小麦粉の入れ物にあるパン作りのレシピを見て、なにやら数字の計算をし(小麦粉に対してバターの量がこれだからぁ~とバタバタと計算機を打って)、考え出した数字がこちら→450gの粉、250gのバター、ぬるま湯じゃなくてぬるま牛乳200mlくらい。バターを多くすればサクサクになるだろうっていうのが頭にあって、バターをたくさん使うことにしました。

おそらく、パン作りの人にとっては  邪道なんじゃないかな?これ 汗

でも、私の好みなブリオッシュのような柔らかさ&牛乳味×クロワッサンのような外のクラストがサクサクッとした、2つが合体したようなものが出来上がってしまいました。

これはこれで良い?
私の「ブリワッサン」。。
[PR]



by eilene | 2012-08-26 17:02 | 日常&雑談

引っ越しでご近所へのあいさつは必要?

引っ越しでご近所へのあいさつは必要?  エキサイト

必要だと思うなぁ。

うちも、最近引越したので近所(隣2つと、すぐ下の階の住人3つ)にご挨拶しました。
私は興味深いタイプでもあるので、どんな人が住人だろうか?と知りたいという気持ちもあるので・・。
たぶん、すでにいる住人もどういう人が引越してきたんだ?と気になってるはず!

うち、集合住宅、テネメントのフラットです。
ほとんどの住人とは、引越し最中、物を運んでる時に出会ったのでその時に軽くご挨拶。
引越し最中に隣人住人たちに出会ってしまえば挨拶もしやすいと思いました。

「手伝いましょうか?」という声を数人の住人にかけてもらうも遠慮してしまった。
日本人ならまだしも、イギリスでこれは珍しいと思う。
ただし、これ、「お言葉に甘えて、、じゃお願いしてもいいですか?」なんて言ったら手伝ってくれるんだろうか??と主人と話して笑うこともありました。

挨拶、、ピンポーンするのもドキドキするし、留守だったら何度も行き来するのも面倒だったので(汗)パソコンでちょこちょこっと名前と電話番号を書いて「ナンバー〇〇に引越してきました、夫婦の〇〇です。この街にはもう5年住んでいますが、ここの地域に引越すのは初めてです、まわりに良いお店があったら教えてください。何かあったら電話してください」と、ちょっと一言加えたメモを郵便受けいれに入れておきました。

引越しご挨拶プレゼントは贈りませんでした。イギリスにはそういうのはないので。
日本の時、結婚当初の引越しの時には確か~石鹸だったか??贈った記憶があります。

メモを郵便受けに入れた後日、下の階の人と会ったときに「ナンバー〇〇の人?メモありがとう(^O^)じゃ、今度お邪魔します♪」という言葉をもらって、、、ドキッとしたのが本音です。
もちろん社交辞令(笑;)

へたに『近所付き合いは良いものだ!』と甘くみていると痛い目にあうので我が家はそこそこにするように学びました(^^;) 包容力に自信がない人は、本当に隣人助け合いが必要なときを見極めること!あとは、手を出したら最後まで責任を持つことですね。
[PR]



by eilene | 2012-08-26 14:46 | 日常&雑談

ヘンリー王子の楽しみ♪

全裸写真をリークされてしまった英ヘンリー王子にさらなる試練か。「他にも写真やビデオがあるわ」と女性らが断言。 エキサイトのサイトより

イギリスの大衆新聞の一面で載っていましたよ。
このリークしたい!女性たちの身は大丈夫なんだろうか??とそっち気にしてしまった(汗)
ひと昔だったら静かに消されていたでしょう。
映画の見すぎ?

ほとんどの人は、「彼も立派な若い男だ、人間だ大目にみてやれ、国のヒーローだ」という雰囲気。

たしかに、王室だろうが、庶民だろうが、人間の興味は同じことなのは分かるけど。。こんなにも「認める」のもどうかと思う・・ 少しは誰かが「品を持ちなさい!」と怒る人いないんだろうか?
いつでもなんでも、「あぁ可愛そうに、お母さんが早くにいなかったから・・」という甘い躾方法にもうんざりです。
(ヘンリー王子はチャールズの実の子じゃないっていうのも聞きますよね、噂では。)

でも。
何百年も昔から変わらない、王室の体質、こんなだからね、大昔も今も。
酒と良い物食べて女とギャンブルに、変態、これが王室の本来の形なのかもしれない。
(大肉むさぼって、ゲップして、女片手にしてる、一目ぼれの女を手にして、あんな典型的なイメージ?041.gif
 時には都合悪くなって殺して殺されて・・とか、スキャンダルは昔も変わらない)
イギリス、全くその頃と変わっていない=王室は、どんなに時が経っても王室なんですね。
報道できない、されていないだけ&口止めで何とか今まできたってことでしょう?

イギリス王室なんだから、品を持っていてほしかったなと思うけど、無理みたいです。
[PR]



by eilene | 2012-08-25 15:51 | 気になるニュース

朝食用

c0114797_2351788.jpg

私の背丈くらいの高さ、154センチくらいの、、なんていうか分からないタンス。
朝食用のシリアル、お茶コーヒー類を置くためのタンス。
ブレックファースト・バーといったかな?こういう場所のことを。

おととい、家近くのセカンド家具店(ここも近くを通れば毎回通う場所です)に主人と2人でふと立ち寄ったときに一目ぼれしてすぐ購入。
65ポンドでした!(興奮)

色々とチャリティーショップを見ていたのですが良いな!と思ったのはもう誰かがすでに支払い済みだったりしていたものばかりで買う機会を逃していました。

そして、このタンス。
はっきり言うと、うちの人と私の好みが100%合って100%欲しいと思っていた物でちょっとビックリ。高さと言い、幅も、コンディションも、本当にパーフェクト。


買ったばかり&家に届いたばかりの様子
c0114797_2373693.jpg

木が少し乾き気味?(笑)だったのでキレイに拭いてオリーブオイルを使ってみたらしっくりと木が潤ったのか、赤みがかった濃い色になりました。

ガラリとしていて、声もエコーしていたフラットも徐々にアットホームな感じになってきました。
[PR]



by eilene | 2012-08-25 15:05 | 日常&雑談

オリンピック 50 PENCE

これに引き続き
c0114797_2323244.jpg

また、あった見つけたよ
[PR]



by eilene | 2012-08-25 15:01 | 日常&雑談

おやつ ガェッタとういう名のオリーブ

c0114797_23513437.jpg

見つけた!私の好物の茶色のオリーブ。
オリーブでも書いたように、茶色の(イタリアの)オリーブが好き。
やっと出会いました。

イタリア産のガェッタ(←そう聞こえる、ガイエッタかもしれない)というそうです。
うちの近くに歩いて1分ほどくらいのところにこの小さなイタリア食品のデリカテッセンがあります。
ガェッタと、パンチェッタ目当てにこのお店に行きます。

今日は、サンドライトマト買ってみた♪
どうやったら美味しい?って聞いてみたら、
パンにのせて食べると美味しいよ!って!
たしかに!
あとは、モッツアレラとこれをはさんで食べても美味しいし、サラダの上にのせても美味しいよ!って教えてくれた。

c0114797_22595148.jpg

サンドライトマト+パン=うまいのでその様子の写真アップ。

お店。
イタリア人パパ~筆頭に、2人か3人の息子と、パウラという娘さんたちで切り盛りしているそうです(^^)
この息子達みんなそっくり・・でまだ見分けつかない(^^;)
たぶんママもいると思う、ちらっと見かけたんで。ママは怖くはないんだろうけどちょっと怖そう、イタリアのおばちゃんたちって何で怖そうに見えるんだろ?(^^;;)

このお店のパパ~が、うちのパパ~に微妙に似ているんでこれからパパ~と勝手に呼ぶようにします(笑)

お店出るときは。
やっぱり
「チャ~オ チャ~オ」
ですね。
[PR]



by eilene | 2012-08-21 16:13 | 日常&雑談

NHK  「NYタイムズCEOにBBC会長」

NYタイムズCEOにBBC会長 NHK WEB特集

トンプソン氏は、BBCがイラク戦争の報道を巡って政府と対立し辞任したダイク前会長の後任として、会長になりました。
 

記事の中でこれ見つけた途端、思ったね。
この一文で決め付けてしまうのは悪いけど、公共テレビでここ数年と最近は偏った情報しか流さないのはすでに知られているわけで。
もうイギリスはこの話題というか、これ(BBC)で戦争美化することばっかりだもんね。

たぶん、これからこの人はイラン戦争に加担したいアメリカのために、戦争賛成者作るため新聞で言葉を操りプロパガンダや、戦争事業の手助けしていくのかな?


そうだ、今、ジュリアン・アサンジのこともある。
そんなにこの人じたいは好きではないのだけど、
スイス政府が顔出すのもおかしすぎるし、アメリカが「裏切り者を」アメリカに渡せ!ってのもおかしすぎるでしょ・・。アメリカ人でもないのに。

このBBCの人が行くところに、報道の自由はあるのか???????


話は微妙に違うのだけど。。
BBCが王室報道に力を入れていたのはやはりロイヤリストを増やす狙いもあったのかな?
ロイヤリストってやっぱり国に根付いていて強い。
のか、ロイヤリスト離れが多くなってきたから報道に力入れるのか、どっちか分からないけど。

*イギリスにはロイヤリスト(英国王党派(ウィキペディア))と呼ばれる人達がまだ存在します。
度がかなり違うけど、女性がロイヤリストと言うと言葉は柔らぐようだけど、男性がロイヤリストと口にすると途端に「はっ!」と危険さえも感じる不思議な表現方法?です。。*

王室の中の誰が好き?っていうレベルじゃないんですね・・・ロイヤリストの人達って。
王室は王室なんだと。

実は私の知り合いに1人、極ロイヤリストがいた。。知らなかったのだけど、生粋のスコットランド人だけど真のロイヤリストだと言う人がいます。ちょうど、「スコットランドの独立どう思う?!」って私が聞いたところからつい最近分かったことです。奥さんもスコットランド人なんだけど、宗教対立よりもやばいよ、旦那さんロイヤリスト、奥さんスコットランド独立大賛成派・・・もし独立したら離婚だから~と笑いながら言っていたけど、本当に離婚すると思う。旦那さんスコットランド独立したらイングランドへ引越すとのこと。職場のスコットランドの仲間からも「裏切り者」と呼ばれるらしい。そして、ケンカ沙汰にも発展することもあるとか。どうりで1つの職場に長く居られないわけだ。。。エホバの証人だったかの家庭で生まれ、元軍人だとは前に聞いていましたが、ロイヤリストとは初耳でした。だから英国軍人に対しては非常に強い誇りがある人みたいです。

自称ロイヤリストだという人について、うちの人からもキツク気をつけるようにと言われています。危険になりうる人達でもあるようです。(日本で言うと右翼ですね)下手に王室ネタを出さないようにと注意されました。
好奇心旺盛な私はそんなこと知るはずがなく!!この人に、「じゃ、アイルランドとか嫌い?」と聞いてしまったと、うちの人に言ったら「馬鹿なことをするな!」と本気で怒られました。宗教の話よりも断然にタブー。
ロイヤリスト、歴史が長いぶん、親の代、その前から?ロイヤリストで育てあげられているためにすごい気合いが違う、と本人も言ってました。この人は本当に王室命です。

こういうことを知ると、英国王室側が「戦争は止めるように、軍人も要らない」なんて絶対に言えない立場なんだなとつくづく思います。ロイヤリストで王室が成り立ってるわけでもあり。王室は政治に口出しできない状態ではあるけれど。今の政権は英国王党派が多いと思えば色々と(テレビの異常なまでの報道に加え、セレブも王室派を全面になど)つじつまがあってくるわけです。
と、私の見解だけですけどね。

???ワケのわからないたわごとを言っていると思われているでしょうね(^^;)


英国王室は英国国教会というようにクリスチャン精神を持つのに、命を取る行為は義として認める、こういう部分は私には理解ができません。もとい、こういうことを教会側に伝えて、教会からは今年の始めあたりから去りましたが。(クリスチャンの信仰はもちろん持ち続けています。教会に通うのバカバカすぎて辞めただけ。教会司祭者たちの中でも平和主義系もいて不満はあると聞きました。しかしどっぷりとロイヤリストの一部であるからどうやって、政治と教会がつながっていて口が出せるのか、と私は思うわけです。英国国教会で平和主義を唱えるのは難しい話。)



「NYタイムズCEOにBBC会長」のニュースから、随分と黒い話に入っていってしまったね!!
人の(特に自分の・・)脳の中の考えることって横に広がります。


今は、イランとイスラエル、日本と隣国の睨み合い、不穏です。
来年がどうなることやら。
頭が痛くなり悲しくなってきます。
[PR]



by eilene | 2012-08-19 18:06 | 気になるニュース

オリンピック 50 PENCE

c0114797_0222356.jpg
c0114797_0223797.jpg


財布の中にありました。
ふと見てみたら
お~!
オリンピック用だろう、テニスの銀貨みっけ。
(2011年製造らしい、おそらくたくさん作られたかもしれないから価値は高くはならないと思うけど)
これは使わず保管しておこう・・・っと。

こういうことミーハーです。
[PR]



by eilene | 2012-08-17 16:26 | 日常&雑談

にんじん・たまねぎから~

こんなものが出来上がりました
c0114797_4352017.jpg


材料
にんじん
たまねぎ
にんにく
大麦
ナッツ類 (少し焼いた、スライス・アーモンド、松のみ、ひまわりの種)
赤とうがらし
缶詰めトマト
赤ワインどっぷり
チキンストック
塩、こしょう

c0114797_4391949.jpg

サイドディッシュにもなり、メインにもなり、ご飯変わりにもなり、すごいレシピを考えたものだと思ってしまいました。(自惚れ!注意!)

何か忘れている・・と思って、追加したもの。
チョリソーだ!
赤くなるのは、チョリソー(チョリゾー?)から出た色
c0114797_441246.jpg

それに、ローズマリーを加えて、味完了。

「あ、大麦が食べたいなぁ」から思いついた、このレシピ。
そこに、イタリアでは料理原則の(?)にんじん、たまねぎ、セロリの方式にのっとり(従い)
「あ、ナッツ類も使いきらなくちゃ~」から残り物ナッツ類を加えボリュームを。

久々に花丸を主人から頂きました、ありがとうございます。
[PR]



by eilene | 2012-08-09 20:47 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧