にっき

 

<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧




マタニティーハラスメントの実態 NHK

マタニティーハラスメントの実態 NHKのWEB特集を読みまして・・・。

関心したと言うよりも、「??」でした。
言いたいことは分かるのだけれども。


どういう人生の過ごしかたをしたいのか、人生選択の余地がなくなっているのがそもそもの原因だと思います。色々な家庭環境があるでしょうし、人生価値観もある。


例えば。

Aさん夫婦共働き子供なし、体の弱い親がいる。面倒は朝9時から夕方5時まで面倒を見てもらっている、5時以降は面倒見る人がいない。会社に短時間勤務にしてほしいと頼む。(加え、子供も居る場合もあるでしょうし、住宅ローンもあるでしょう)

Bさん夫婦共働き1人幼い子供あり、住宅ローンのため夫婦共稼ぎ、子供は朝9時から夕方5時まで面倒みてもらえる、が5時以降は面倒見る人がいない。会社に短時間勤務にしてほしいと頼む。

Cさん夫婦共働き1人幼い子供あり(親が子供は面倒みる)、住宅ローンあり、働き詰めで家族の一緒の時間がない、家族の時間を増やしたい。会社に短時間勤務にしてほしいと頼む。

Dさん夫婦片働き1人幼い子供あり、住宅ローンあり、子供の面倒は見る人がいるけど小さな子供の時間は今しかない、家族一緒の時間がほしい。会社に短時間勤務にしてほしいと頼む。

私が知りたいのは、AとBとCとD夫婦の家庭事情について会社側はどう判断するのか??
特に、Dさん夫婦に対しては「会社をなめてんのか!」と怒られるでしょう。世間からも「ふざけるな」と非難を浴びるのは確実でしょう。


どこに境界線を置くのでしょうか?
片方を保護すれば、他に公平さの問題も出てくる。
それでさえ、有給休暇だって「飾り」であるだけでまともに取れない現状をどうするのか?
と思います。

そこにきて・・・マタニティーハラスメントを受けています、、

なんて言う職場に居たら、、絶句する人達が出てくるのは当たり前。

今までと同じ条件で短時間勤務にしてください。
そりゃ、誰でもこの主張が通れば良いですよ。
経済だって良くなりますよ。
(短時間の穴埋めに、会社が誰かパートでも雇えば)
でも、この主張が通用する会社は一握り。


同僚を気遣うつもりで帰り際に「悪いけど先に上がるね」と声をかけても「仕事を押し付けている」と受け取られるなど、周りと言葉を交わせない状態が半年以上続いているといいます。
女性は、「子どもに対して 『生まれてくれてありがとう』という気持ちもありますが、『子どもを生まなければ良かった』とか『この子さえいなければ』と思ったときもあります」と涙ながらに私に話しました。


自分の仕事を時間内に終えることが出来れば問題は一切ない。
良いお手本になる。
「この人の仕事方法を見習いたい!」と職場の士気が上がることだってある。

自分の仕事は終わらない、でも悪い気はあるが早く帰る、仕事は他人に託す、としたら、、、ここに罪悪感が出ない人のほうがおかしい。
申し訳ないという気持ちが出てくるのが自然。
「仕事を押し付けている」、自分は悪者になりたくないけど、でもその通りでしょう。

出来る範囲の仕事に回してください、と言う気遣いは持てない?「私のキャリアが台無しになるのは嫌だ」からなのか・・・。
もし、自分の仕事を他人に残して罪悪感があるなら、その手伝ってくれた人達を食事に誘っておごるくらいのモラルのバランスを持つことも必要なのかもしれない。
『いつも本当に助けてくれてありがとう!』くらいの気持ちで。
人情は、どの時代にも通じる。

または、罪悪感など気にせずに「権利だから」と、わが道を突き進んでいったほうが同僚にとっても良いのかもしれない・・。

会社は時間が来たら退社するけど、家に仕事を持ち帰るくらいの気持ちだって見せるべきだと思う。そうであれば同僚や会社側は違う目で見ると思う。

職場で嫌われるのは(人種、性別、年齢全く関係せず!)仕事に責任を持たない人でしょう??

子供を産んだ、持った、に対して「嬉しいことだけど、産まれてほしくなかった」など疑問が出てくるのは「仕事をしてる女性」だけに限ることでは絶対にない。面倒を見る多くの人達がいつどんな時にでも思うはず。

女性が仕事の選択を取ると同様に、家庭を重視する選択も尊敬するべきだと思います。
マタニティーハラスメントがあるのならば、ハウスドゥーティーハラスメント(House duty)なるのもある!
女性の権利がない、それはここにも言えることだと思います。
世間での、専業主婦/主夫を馬鹿にする風潮も悪い。
誰かがやらないといけないことをやっているのに対し、今どき専業主婦なんてバブルの時を引きずりすぎてる時代遅れだとか、税金納めてない怠け者だとか、年金排除だなど、その追いやる態度のせいで、生活の選択方法を縮めているのも原因ではあると思います。

出来る人が出来る仕事をすれば良い。


特集最後のほうに
マタニティーハラスメントをなくすには

では、どうすればいいのでしょうか。
 とありました。

(キャリアを続けるという前提として、キャリアを保つのが前提だとしたら。)

子育てがあり、職場を早くに離れないといけない、
子供の面倒は誰が見るのか? ←ここに必ず集中するんではないですか。
面倒を見る場所が夕方5時で閉まる
会社の風土を変えるのもありかもしれませんが、
では、その閉まる時間を1時間延ばしたり1時間早く開園することだって必要になる。

と、正直に思います。

注意:ハウスドゥーティーハラスメント(House duty)は私の造語です。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-30 15:38 | 気になるニュース

ウィンドーディスプレイ

6月18日~25日のウィンドーディスプレイ
(マネージャーが広告ボードを残すようにと言うので広告の裏表を変えて使う)
c0114797_22442961.jpg


6月25日~7月2日のウィンドーディスプレイ
c0114797_22455512.jpg

今週は明るいディスプレイにしました。
!無意識にも?7月7日の七夕を意識したのか?!
花柄スカーフを、斜めに飾ったのがミルキーウェイ風になっているかも?
と、ブログに載せてみて思っています。


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-26 15:07 | 日常&雑談

選挙=デモクラシー????

もうすぐ、日本は夏の参議院選挙が始まりますね。

私は、いまだに、衆議院選挙と参議院選挙の投票方法は同じなのか?違うのか?
さっぱり分からない。
また知人に教えてもらわないといけない。

日本に住んでいないけど、私は在外選挙の権利があるのでイギリスでも日本の選挙に投票できます。
とてもありがたい事ではあると思います。
海外に住む日本人が、海外で投票が出来る。法律が変わらなければ出来なかったことですから。

ただし。
前回の衆議院選挙でも思った事ですが・・投票したい議員と政党が自分の地区に居なかった場合、投票を入れることに何の意味があるのだろうか???
自分の気に入る政党が出来るまで待つのみではありますが、、政党1つ作るにも多額の資金が必要だからやっぱりそれ相応の金持ちにしかできない事だろうと思うし。今は、元〇〇党、新しく〇〇党に移籍なんてザラだし・・・。
または、自分の気に入る党がある街へ引越すのか?

極端な話、例えば。
一の村という村がある。
一の村には、選挙に立つ候補議員が2人しかいない。(これでも選択があるだけマシかもしれない!)
とにかく、A党と、B党が存在する。
で、ここで思うのが、この一の村の選択はこの二つしかないのか?
ということです。
AもB党にも入れたくないときはどうするのか?
白紙投票になるのでしょう。

投票したい議員や政党がないから白紙で投票用紙を箱に入れる。

その白紙投票が、「書き間違え」や「無効」という部類と一緒になってしまう、その扱い方には非常に嫌な気分がします。

選挙がある国はデモクラシーの国だ、という理想の想像図?にも疑問だらけです。
選挙をしたからと言え、デモクラシーの勝利だ! にはならない。


不思議な選挙祭り。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-24 17:45 | 日常&雑談

あべのミクスってだから何?

BBCでもちらほら聞くようになった「あべのみくす」

あべのミックスだと思っていた、私。
でも一体何のことなのか?なぜそこまで名言?になっているのか。
色々(ウィキペディア、とはサーチ、NAVERまとめ、朝日小学生新聞等を)読んでみる。

公共事業、大胆な金融緩和、成長戦略の三つを「三本の矢」として次々に実行することで、日本経済の足を引っ張る「デフレ」から脱出し、経済成長につなげていく計画だ。


上の引用は、朝日小学生新聞の「アベノミクス」ってどんな意味?に書いてありました。

分かりやすい(^^;)

気になるところが、、公共事業・・・・。
これって、日本はバブルの時にもどんどんやっていたんじゃなかっただろうか??
恐ろしいのは、悪くなっていない道路を年がら年中ほじくり返していたのをバブルがはじけたあとでも毎日のように目にしていた記憶はあるし、『一体なんのために?』って思う人は居たと思います。くだらない物をつくっていたこともあるだろうし。
そういう事を、もっとしていこうと言うのだろうか??
この路線をまた行く気なのだろうか。

根本的な事を改善しないで良いのだろうか?


私にしたら、、
『働いたら、働いた分、その分け前(税金)を払う』という仕組み、これを無くせば良い。。
公共事業に手を入れるよりも、色々な名目で取られる税金をまとめて改善すると、どうなるんだろうか?と思うときはあります。


イギリスの話で悪いですが、
ここのVAT、物や流通に掛かる税金が高い。
今は20%ですから、相当な額がどこかへ行っている=消えている。
VATに加え、働いたら働いたぶんの分け前料を自動的に引かれる。

日本の場合は、消費税は低いですね。ここを思えばバランスは取れているほうだと思います。

とにかく。
公共事業よりももっとも怖いと不安を感じるのが、「成長戦略」と呼ばれる分野。
感じるだけで具体的に何が悪いのかわからないけれど。


私が思うには、「すごい!すごい!アベノミクス!」なんてどの国も思っていない。
逆に、失敗するのを見ている、、ような気がしてなりません。


イギリスの、とある銀行で私がデスクに居た銀行員に向かって『(イギリスは)5年前は利息が良かったのに』と不満を言っとき、その銀行員に言われた言葉なんですが、
「ぷっ(笑)日本なんてみてごらんよ」と笑われたのです。

何も言い返せなかった。
悔しいと思うことはありませんでした。
本当のことだったからかな。


アベノミクス。
考え方が古く新しい案がない・・笑われる、、これが現実だと思います。

と、思う、今日この頃です。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-19 17:50 | 気になるニュース

G8サミット=主要国首脳会議

日英 安全保障の協力強化合意 NHK

なぜかよろしくないと感じる。

この中で両首脳は、安全保障分野での協力を強化し、日本が「武器輸出三原則」を事実上緩和したことを受けて、アメリカ以外では初めてとなる防衛装備品の共同開発を進めていくことで正式に合意し、まずは化学防護服の共同研究を加速させることを確認しました。


安全保障?
安全になるのか、それとももっと危険な世界になるのか。

化学防護服の共同研究?!
研究??!
まだ作っていないところに驚いてしまう・・。
核ミサイル、原発など危険な物は作っているのに・・・。
化学防護服、そんなものはとっくに作っているかと思っていたのですが。

G8サミット、、世界にライブで生放送する時代が来ないといけないと思います。

本当に信用がない。。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-18 01:49 | 気になるニュース

男女平等の単語に違和感がある

映画館はもちろん、飲食店、カラオケ店、ガソリンスタンドやレンタルビデオ店…果てはパチンコ店にいたるまで、いまや様々な業界が「レディースデー」「レディースプラン」を取り入れている。平日昼など、客の...
私は女性だけど、レディースデーということを目的にお店には行かないし男女平等はないと思う派です。

"女性は勝手だ"  同じ女から見てもそう思う。

**************************************

私が日本に居たころ、2003年ですが、大阪で初めて女性専用列車を見ました。
初めてみたし、「あ!これが噂の列車か!」とワクワクしましたけど、使うことは1度もなかったんじゃないかな?(笑) どっちかといえば空いている列車を好んで乗っていましたし。

『レディースパワー!!!』と叫ぶ女性は私は怖いので近寄ることも苦手です。
なぜなら?私のような女性は絶対に『ダメだ!そんなんじゃダメだ!』と説教される確立が非常に高いからです。男性には男性の世界が、女性には女性の世界がある、と思っている私には男と競争するなんてもっぱらない!!面倒すぎる、、、。

うちの人は男性ですが、勝てる自信はある。
これも、うちの人が女性の立場を理解している(しようとしている)、という態度だからこそ、私が勝てる=成り立っている。ここに、純粋に主人への感謝が生まれるわけです。

もう、勝ち負けの世界なのか?(^^;;;)


とにかく、本題へ。
映画館はもちろん、飲食店、カラオケ店、ガソリンスタンドやレンタルビデオ店…果てはパチンコ店にいたるまで、いまや様々な業界が「レディースデー」「レディースプラン」を取り入れている。平日昼など、客の入りは少ないが"専業主婦"層が狙える時間帯では、非常に有効な集客手段だと言えるだろう。


ここなんですが、おかしいと思ったところ。。。これは書いた人が悪いのかもしれないし、私の解読力がないからかもしれないからそこを突くのは悪いけれど・・。

レディースプランと言うのなら平日昼など全く関係なく土日祝日も女性に限っているんじゃないか?と思うし。。。もし、レディースデーやレディースプランを平日昼などで利用して集客手段にしているとしたら店のビジネスプランが悪すぎるか、または単語を間違って使っているしか思えないし、ただの客を集める方法にしかなないんだとしたから、、、とても幼稚すぎる、というかなんというか・・。

あ、もちろん、もしフラリと入ったお店が「今日はレディースデーです!」というのがあれば食べ物だったらメニューを見て食べれるのがあれば頼むし、レンタルビデオだったら安くしてもらえるのなら私はとことん利用させてもらいます。単純に安くなるのなら嬉しい。そこに疑問は湧かない(笑)

ただーし。
巷に溢れる「レディースデー」…"男女平等"に反すると思う?

こう聞かれれば、これは、男女平等に反していると思います。
たぶん、お店の経営人の嗜好だと思うけど、平等というのなら、女の人に限定するのはおかしな話、理に適ってないのが目に見えている。
ビジネスで昼間に人を多く入れたければ普通に「デイタイムプラン」で良いわけだし。
そしたら、今度は、なぜ昼だから安くなって、夜だから高くするのか?という話にもなるんじゃないか?と思う。

お店で、レディースデーを儲けるべきか?別に私は気にしないからどうでも良いことなので反対もないし賛成もないですけれど・・。

確か、EUではレディース車保険は廃止になりましたね。
(*女性だと車の保険が安くなるという保険でした。)
もちろん私はワケの分からない保険だと思っていましたけど、私が車を持っていれば喜んで保険の内容をチェックしていたでしょう。どういう条件か?は保険の条件を読んでみないとわかりませんが。条件がよければ、本当に女性なら何が得するのか?それとも他の保険と内容は全く一緒で、条件が変わらなければ別にその「レディース」に固執する必要もないわけで。

もとい、そういう事(条件を良く読む等)は苦手なので全て主人にやってもらいますが(笑;)


日本もグローバル化を目指しているのならばお店でのレディースデーだとかは廃止になる方向はあると思います。


男女平等という単語・・・。
本当に不思議な単語で怖い単語だと思う。

マジックワードは、男女平等、レディースデーやレディースプラン等。
これを唱えれば大成功?????
[PR]



by eilene | 2013-06-17 17:00 | 気になるニュース

6月11日~6月18日の WD

M&S Shwop広告のウィンドーです。
(M&Sブランドの古着を寄付してくれたら、M&Sのヴァウチャーを差し上げます、という「交換しましょう!」という広告です)

c0114797_2292762.jpg

手前のボードは上に吊りたかったのだけどスペースがなかった(泣)

これから、少しこのボード型を使って行こうと思います。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-11 18:30 | 日常&雑談

プラハで見たウィンドーディスプレイ 

*今週のウィンドーディスプレイをやったのですが!カメラを忘れてしまい撮っていないんです。
今週は、ビンテージ、ビーチのようなイメージでWD飾りました。


今日は、プラハの旅行話に戻ります。
やっぱり私の目は見てしまう。
旅行に行くと、それが違う国だと余計に興味は湧く。
他人のウィンドーディスプレイ。
自分にも取り入れられる技があれば取り入れる。

c0114797_235392.jpg

この写真は、プラハで見た私の1番お気に入りのウィンドーディスプレイ!
気が付いた方もいるかもしれませんが、写真を撮る時に私の足も入れて撮りました♪
*足も洋服に合わせてちょっと格好をつけている(笑) 足の角度を確認しながらパチリ!
通る人が「着ている」状態、なんと面白いアイディア。



c0114797_23553968.jpg

これもすごい技だと思ったウィンドーディスプレイです。
柄on柄!
そう簡単には出来ない技だなぁと写真を撮っていて思いましたねぇ。



c0114797_23575622.jpg

これは、鯉柄のスーツケースが、鯉と一緒に泳いでるし(笑)



c0114797_2359499.jpg
 
c0114797_23592142.jpg

この2つは、靴を飾るときに背景に色を足す。
なるほど、なるほどね。



c0114797_01753.jpg

クリスチャン・ディオールのウィンドーはやはり格が違って・・・凝っていた。

チャリティーショップでこんなことをやったら、
やりすぎだな、これは(笑)


他人のウィンドーディスプレイは見ていて面白い。

 
eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-06 16:06 | 日常&雑談

まだこの話なのか、と思うのだけど。

先日、作家でタレントの乙武洋匡さんが、とあるレストランに車いすでの入店を断られた出来事をTwitter上で批判しました。現在、乙武さんと店側は和解しているとのことですが、この事件に関し、賛否両論...
ネットで店批判をすると罪になる?
って、、ネットで批判をすればお金がもらえるビジネスもあるって聞いたことがある。。

イギリス内でも、トリップアドバイザーが原因で(ホンネの批判が多かった)自営の宿が潰れた!どうしてくれるんだ!ってトリップアドバイザーのシステムも悪いだかで裁判沙汰にもなっていたけど、結果は確か、トリップアドバイザーのせいじゃないと出たはず。


「にっき」を書きたかったのは、この件についてではなく。

この記事、最後の一句、これ、本当に21世紀だからこそ大切だと思う。
100年、50年、20年、10年前では当たり前だったことがそうでなくなり、
多様さが混じる時代。
混乱も出てくるのはしょうがないと思うけど、

「法律は大事ですが、それ以上に大事なのは“相手方を思いやる心”だと思います。インターネットでの発言も人に対する対応も“思いやる心”を大事にしましょうね」


これが大切になってくるんじゃないか?と思います。

いや、反対なのかな?
相手を思いやっていれば、、法にひっかかることはないんではないでしょうか。。。
お互いに、1対1で見る。
どんな事においても。。
 

聖書には、「口を滑らせて身を滅ぼすくらいなら、無口のほうが良い」というような言葉があります。言葉には気をつけろという教訓です。

(教訓たくさん・・・今でも私、身が畏まります。。)

***********************************

「相手方を思いやる心」がまったくない。


今、イギリス(ロンドン方面で)、ヘイト犯罪、特にイスラム教徒とモスクへの破壊行為がニュースで聞く機会が多くなってきています。
イングランドで起きた、昼間路上での国内待機兵士の殺害から、イスラム教のヘイト犯罪が前よりも公然と行われるようになっている。

イギリスを守る、過激派団体の「国内戦争だ」くらいの勢い、
イスラム教を守る、過激派団体の「目には目を歯には歯を」の勢い、、、


***********************************

今日、エディンバラローカルニュースのネット新聞を見て残念に思いました。

エディンバラにあるモスク。
エディンバラの小学生徒が野外授業でそこへ行き勉強するという授業を拒否した親がいるそうです。宗教を学ぶ野外授業で、親が子供を「“mixed up in the hate being preached in mosques”」という理由でモスクへ行くのを拒否させた、そうです。明らかに、イングランドで起きた、昼間路上での国内待機兵士の殺害が理由だとのこと。
訳すとしたら、「嫌悪を教えるモスクでうちの子を混同させたくない」とでも言う感じでしょうか? 

親にも、「宗教の教育」はするべきだと思う。
バカにすることではなく、「知らなかった」と恥ずかしくなることもなく、「宗教の教育」について学ぶことは人生の中で経験することは悪くないと、私は思います。
メディアだけでは取り上げられない生の声があり、相手も苦しんでいる部分がある。

*イギリスには、小学校で宗教を学ぶというカリキュラムが取り入れられます。授業の一環で異文化を学ぶ教育。

私は1度、イングランドの教会で、小学低学年30人くらいが教会見学の時に手伝いをしたことがあります。2度めは、イスラム教徒の高校くらいの年の生徒に日本語の聖書を見せたり、イスラム教の女性の方と話したことがある、という経験があります。
今思うと、すごい経験だったと思うわけですが、このおかげで私もイスラム教に対して嫌悪感はなくなりました。

私の毎度の祈りに、「どうか、寛容な心をお与えください」と祈ることが多いおかげです。
英語では、tolerance と言われます。
どんな場面でも、です。
寛容な心。
人間は忘れてはいけないと思う。
意見が違うからこそ、お互いに。
努力する必要はある。
寛容の力は祈りの力と信じる力。。だと思う。

私は、もとから「人間とは何かを信じる、(宗教でも、それが自分のみでも、自分の国でも、国の旗でも思想でも何でも)何かしら信じる生き物」だと思っています。「信じる」ことを止めてしまった時、人間はどう前に進んで歩いていくのだろうか?



*****************************


「相手方を思いやる心」がまったくない世の中にならないように。

誰でも、努力は必要だと思う。
[PR]



by eilene | 2013-06-05 19:19 | 気になるニュース

L&C Art 創立 2013年6月4日

フリーマーケットが出発点。

今日、L&C Art 創立。
(サイドビジネスで)

元々、「(主人の写真がメイン)定年後に売って年金の足しにしよう」という夢はあったけど、まさか、2013年にこういう「やる気」が起きるとは思ってもいませんでした。

突拍子もないことから始まるのか?

我が家2人で小さな「アート」を売っていこう、という大きな夢の第一歩を歩み出したところです。
写真だから、フォトグラフなのだけど1つに固めたくなかったので、「アート」にして幅を(今後のため)広げました。

夫婦共に行う大きなプロジェクト・・・意見でケンカするんじゃないか?と思ったら、やはりこういうセンスに対しては気が合うから進みやすい。プラス、意見交換は毎日の事だから、意見を交わすことには慣れている。

まず、私達のロゴをGimpで作ってイメージ作り。

ガチャガチャさせないように、フォーカス、プロとしても今後も通用するように心掛けて作りました。

今日、(お試し用)タンブラーのサイトを使って写真のポートフォリオ作り完成。
c0114797_512657.jpg

(ロゴの写真はリンク先に飛びます。Contact Usは今はタンブラー用ですが徐々に拡大して、ネットフォームに対応できるように工夫します。)

ポートフォリオの形が一応出来てきたので、
これから名刺を作り、
今年の目標を、フリーマーケットに出すこととしました。

ここまで出来れば今のところは良し。

資金、今のところゼロ。

ちょっとだけでも走り出せたことだけでも収穫大。
何でもどこからか始めないといけない、と思う。

(でも、これだけで心臓バクバクですから!ここまで本気でやるとは思ってもいなかったので!)


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-04 21:59 | お知らせ

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧