にっき

 

<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧




Crochet  *蝶々*

久々に!!
糸と遊んでみました(^^)
私はやっぱり鍵あみ好きなんだなぁ

c0114797_23411941.jpg


蝶々のモチーフを頭で考えて作ってみました。

c0114797_23422972.jpg

家に、いくつかの余り糸の玉があったので重ねて一緒に編んでみたら・・これまたキレイな色になって+厚みのある物が編めることを発見♪
[PR]



by eilene | 2014-08-31 15:45 | 日常&雑談

ベッドカバーをアイロンかけ

2010年に行ったイタリア旅行で持ち帰った、いつもとは違う"お土産"
アイデアです。

イタリア田舎の風景で書いた私のブログに出てきた、フォロニコというB&Bに着いて、そこらへんを歩いていたときにふと横目で見ました。

従業員が、ベッドカバーなどをアイロン掛けしていたところ。

この時まで(私)ベッドカバーなんてアイロン掛けしたことありませんでした!!!
でも、宿泊場所だからそりゃーもちろんビシッ!とそういう所もアイロン掛けしているから見た目も気持ち良くキレイに見えるんだ。

この日から、今も家で毎度すること=ベッドカバーをアイロン掛け

家でこんな事するなんて・・・でも、これがものすごく気持ちが良い。

c0114797_18475675.jpg
c0114797_1848398.jpg


もちろん、たぶん、うちの人は気がついていないけど(^^;)
自分のためにやっているようなもんです。

(枕カバーはアイロン掛けしてません。)
ベッドカバーだけでもアイロンするかしないかで違いが出てくる。
と、私は感じます。

ベッドカバーのアイロンかけ、私は癖になって止められません(笑)

シワを伸ばして、気持ちよく。
[PR]



by eilene | 2014-08-28 11:04 | 日常&雑談

牛肉の霜降り肉

イギリスでは、霜降り肉は嫌がられますが・・・

日本人が大好きな霜降り肉が、近くのスーパーで安く売っていたのでこれはチャンスと思って購入。
霜降りの肉を見た瞬間に、サイコロステーキだ!!と決めていました。

c0114797_1964214.jpg


しょうゆと、みりんにダシをちょっと混ぜて、(少しゆず汁を入れても良い)
大根おろしでさっぱりと頂く。

おいしいですね~!
柔らかい肉。
サイコロステーキを和風で食べる。
[PR]



by eilene | 2014-08-25 11:11 | 日常&雑談

洗えるスーツのジャケットを家の洗濯機で洗ってみた

c0114797_22504569.jpg


もちろん良いスーツはドライクリーニングですが。
今回洗うのは、(洗える)激安のスーツだったので洗ってみました・・・。
ドライクリーニング屋に持っていくのも面倒。

スーツのジャケットを洗濯機で洗う。
ズボンは洗ったことあるのですが、ジャケットは初めてです。

ジャケット、洗濯機で洗えるものなんですね(驚)

ジャケット洗うのに抵抗がなくなりました!

乾いたら、ジャケットとズボンのアイロンかけです。
(前身ごろとか後ろとか襟はアイロン問題ないけど、腕の部分は厄介)
[PR]



by eilene | 2014-08-24 14:59 | 日常&雑談

スコットランド、独立しよう

スコットランド独立賛成が小幅増加、反対派が依然多数=調査 

ロイターのネットニュース読みました。
日本でもスコットランドの独立の話が出てきていますね。
私はスコットランドに住んでいますが、この国民投票には参加できません。
ただ、YES(独立賛成)の幅が縮まっていること自体がすごい事、
それに私は驚いています。

でも、このどっちがどっち!の調査も今のところ当てにならない。
結果を知るのは国民投票の答えが出たときのみ。

YESの人たちはSNPが全てではない。
YESの中にも色々と意見を持つ人がいます。
共通のゴールが、独立すること。
独立しなければ何も始まらない、と思っている人たちが集まっているのです。
独立後、新しく政党が誕生する、スコットランド議会の席もまた新たに選挙で決められる。
こうなると、イングランドとは全く違う形の政治構成になると思います。
ここに多くの人は期待してるのです。


もし、国民投票をしてスコットランド独立が決まったら独立までにまた数年掛かるそうです。
投票終わってすぐに独立にはならない。
独立決定後、そこからウエストミンスター議会との交渉が始まるようです。


アリスター・ダーリングの決まり文句。
「独立したらポンドを使うのか!使えなければプランBはあるのか!」

独立した場合、スコットランドは通貨はポンドを使える。
金融関係の法律があってすぐには言えなかったサルモンド首相だけど、言えるようになってから「ポンドを使う」と言っていたし、独立とは?という説明本にも書いてある。

「ポンドを使えなかったら!!」ってことにはならない。

もし、ポンドを使わせないようなことをするようならば法律的に解決すれば良いだけ。

バンク・オブ・イングランドも、独立になった場合のことをすでに考えているんですから。
ポンドを使ったほうが、イングランドにとっても好都合なのに。

ポンドを使う、使えるってすでに結論が出ているのに、全く不思議な元財務大臣(労働党)・・こんな人が過去イギリスの国の財務を担当していたわけです。
どおりで、イギリスにお金がなくなるわけです・・。

スコットランドが独立したら彼が財政を任せることがないように。

何よりも。
スコットランドが変わるチャンスは今しかない。
独立したら後戻りは出来ない、前に進むだけ。
スコットランドに住んでいる人は前に進みたい。

独立したら、スコットランドが金持ちになるか!貧困になるか!
そんな問題ではない。
(現状では、今のままでもイギリスでは貧困者が続出している。今後増えるだろうと言われてます)
過去の歴史をひきづっているとかそういう問題でもない。
イギリスは一つでいるから強い国なんだ、そういう世間体を気にしているのではない。

イングリッシュと、スコティッシュの国民性の違い。
帝国気取りではなく、庶民派のスコティッシュ。

スコットランド独立については、EU欧米寄りよりもスカンジナビア寄りになってほしい。

イングランドで、今の政府にうんざりしている人たちに対しては可哀想ですが、スコットランドは独立して無能なウエストミンスターから脱出するべきです。


スカンジナビア。
と、出しましたが、こんな記事を見つけました。
集団的自衛権の危険性~元自衛官に聞く(下)軍事力だけで和平は達成できない 

この記事の中で下のような話が出てきました。

◆自衛隊を「赤十字」活動に
泥さんは、ノルウェーが自国に直接関係しない紛争の調停・和平交渉などにも積極的にかかわる「平和外交」を打ち出していることに触れ、「国にはいろいろな役割分担があります。日本はどういう国際的な役割を果たすべきか、憲法に基づいて考えるべきです。避難民の輸送、避難民キャンプの運営など、人も金も足りない分野がある。そんな『赤十字国家』になることが日本の国益につながるのではないでしょうか。それなら自衛官を送ることに賛成できます」と語った。


おー!日本でもこのような話に興味がある人がいるのですね。
このような話は、実はスコットランドでもにわかに出ているようです。

通貨の問題に加え、軍の問題。
スコットランドが独立したら、イングランドはもうスコットランドを守っていけなくなるからなっ!!と脅しが掛けられているので。

スコットランドにいるイギリスの軍隊をどうするか。
核兵器を持つ軍艦もスコットランドにあり。
(スコットランド独立リーダーSNPは金食い虫の核兵器を廃棄したい)

こういう部隊を全て、人道支援目当ての部隊として編成すれば良いじゃないか、という案がちらほら出ているそうです。
ただし、現軍人たちがどう思うかは知らぬところですが・・・。

赤十字のような活動の軍隊には私も、主人も大賛成です。
こういうことが出来る、そのチャンスもスコットランドは今なんです。
新しく憲法を作ることが出来る。


戦争?世界の中には戦争が好きな人達がいる。
外交力がないために武力に頼る。 
暴力的な国が、どうして他国のケンカに外交で「平和」を訴えることが出来るのか。
戦争で、ビジネスチャンスをつかみたいという人間さえもいる。
戦争へ至るに、すでに混乱するのにこういう人たちが混乱を増している。
戦争はなくならない。

ならば、戦争に加担ではなく、戦争によってダメージを受ける傷つく人たちを助けたほうが良い。

スコットランドには出来る。
影響力のあるアレックス・サルモンドだからこそここまで来れた。
ウエストミンスター議会に挑戦状を叩き突けられたのも彼の存在が強い。
ヒステリーNO組に、YES組は最後まで冷静な態度で挑んでほしいです。

YESサポーターの人たちの言い分と、NOサポーターの人たちの言い分を聞いてみるのも面白いですよ。どんなタイプの人たちがどっちをサポートしているか、すぐに分かります。
[PR]



by eilene | 2014-08-20 09:46 | 気になるニュース

ローラの父

東京地検は15日、詐欺の疑いで逮捕されたタレント・ローラの父親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル氏を処分保留で釈放した。ジュリップ氏は、2008~09年に知人男性がバングラデシ...
今日はこのお話。

ジュリップ氏は、2008~09年に知人男性がバングラデシュの病院で治療を受けたとする虚偽の診療内容明細書などを世田谷区役所に提出し、海外療養費と高額療養費の約87万5,000円を詐取したとして、警視庁に逮捕された。


ローラのお父さんの詐欺事件の疑い。
嘘か本当は今のところ不明。

ローラのお父さんがやった、やっていないという問題よりも。。

なんで、海外の病院で治療を受けてその明細書を日本の区役所に提出するのでしょうか?
誰でもそういう事が出来るのですか????(詐欺行為をせずに、きちんと提出すれば区役所などで医療費払ってもらえるのでしょうか?)

保険会社に明細書なりを提出して保険金で解決するところを、なぜに区役所で???

詐欺はいる。

ただ、なぜに区役所で受け付けているのか・・。

日本のこういう仕組みがどうなっているのだろうか、気になりました。

もっと気になったのは、ローラのお父さんが日本の捜査員の説得を無視&国際手配で1年も逃げていた。
これについて、詐欺事件とは別件で何もお咎めがないのも変。
罰金など払ったのかもしれませんが?

何よりも。1年も逃げていたら証拠隠滅なんて簡単なこと。

その間に、捜査員も何か証拠を追っていたのなら理解はするけど、、。
[PR]



by eilene | 2014-08-18 09:21 | 日常&雑談

家事ハラ

今、旭化成ホームズの「共働き家族研究所」が行った「妻の家事ハラ白書」という調査が女性を中心に炎上している。同調査によれば、「家事ハラ」とは“‘家事に対する何気ないダメ出し”をさし(※注)、家事ハ...
ジェニファー・アニストン主演の映画、The Break - Up
邦題が・・ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き (邦題にはいつも驚きますが、これはなんとも言いようのないタイトル)

家事ハラ、ここから来る家庭内不和。
この映画を思い出しました。

共に疲れている、、
思いやりというよりも、2人の家庭のルール。
[PR]



by eilene | 2014-08-16 11:05 | 日常&雑談

プチお菓子 from The White Bird

エディンバラは LeithのHalmyre Streetにある"The White Bird"という小さなケーキ屋さん。
c0114797_23441115.jpg


ここ数ヶ月、横目で見ていて素通りしていたお店。

なぜなら、、「Japanese Cheesecake」というのがお店の前の看板に書いてあったから!
日本人はチーズケーキが大好きですね!

このお店のは、日本人が確かに好みそうなフワフワ系チーズケーキ。
美味しそう。
ただ、私はチーズケーキ苦手なので買いませんでしたが・・。
お店の人は、私がチーズケーキは苦手だと知ると驚いてました(笑)
私・・実はお寿司も嫌いなんですっ(^^;)て言ったら大笑いしてました。
お店の人も良い人で、その人はチーズケーキもお寿司も大好きよ♪とのこと049.gif

私が今回買ったのは、
ストロベリー、抹茶、バニラクリームが入ったシュークリーム3つ。
ロールケーキ2つです。

最後に、お店の人が「キレイに作れなかったから(売るには売れないという意味を察した)これあげるわ!」とレインボーケーキを無料でもらいました♪
(お店で売られているレインボーケーキはキレイな鮮やかな色をしていました053.gif

どうもありがとうございまーす!

お値段がとても良心的。
これから、このお店使っていこうと思います。
[PR]



by eilene | 2014-08-14 09:47 | 日常&雑談

エドノミクス

水戸黄門、暴れん坊将軍、忠臣蔵、新選組――江戸時代といえば、時代劇や時代小説、落語などを通じて、われわれにとっても馴染みの深い時代。エンターテイメントとしてあまりにも馴染みがあるため、ついついフ...
これは面白そうな本ですね。


この時代の人たちと、現代の人たちの物に対する価値観が違うところも大きいでしょうね!
何百年も前の江戸時代では壊れたら直してまた使うの生活が当たり前。(そのようなイメージあり)
今の時代は買い捨てが当たり前、クレジットカードが命。

数多い、この庶民のメンタリティーが断然に違う。
「お金がないから買えない」
「クレジットカードでとりあえず買える」

また、政府のあり方も全然違う。


クレジットカードの時代が世界を変えて人間の質も変えたのかなぁ。


エドノミクス、江戸時代に先物買いの価値観はなかったように思います。

が、いかに?


エドノミクスではないですけれども。
只今のイギリス、政府は景気は良くなってきていると言っていますが。
そうなんだろうか?

バンク・オブ・イングランド(英国の代表銀行)、2008年以降からゼロに近い額で利子を続けてきたけれど利子を来年にでも上げていくだろうというという話を金融関係ニュースで読みました。(単純に見ると。利子が上がると住宅ローンを持っている家庭は大変になる、が逆に貯金を銀行にしている人たちは利子が上がると嬉しい)

こういう中で、すでにイギリス全国では貧困者が増えている問題が出てきているそうです。
フード・バンクと呼ばれる場所で、無料の食料の配給に頼る人たちが増えている。
すでに住む場所の確保にも苦しい立場の人たち。
これに加え、利子が上がると住宅ローンが払えなくなる立場の人たちも増えてくると予想されている。



銀行が全てを握っている、、今。
[PR]



by eilene | 2014-08-13 09:30 | 日常&雑談

一緒になってよかったと思わせる、一つの方法

折角手に入れた結婚生活。女性として、結婚したからには自分と結婚してよかったと思わせたいですよね。そこで、本日は、旦那に「あなたと結婚してよかった」と思わせる方法をご紹介します。■1.世話焼き女房...
結婚したからには自分と結婚してよかったと思わせたいですよね。


はい。
長い間一緒に居たい、必要だと思っていてほしい。

そのためには。
一つで十分だと思います。
それには自分がまず変わる事です。

どれだけ自分が、伴侶のために変わることができるのか、、
これが出来れば伴侶も嫌々でも自分も変わらないといけないと実感が湧くものだと思います。

言葉ではなく行動。(←これは聖書から得た私の教訓です。)

人を変えようとする、そんな事は無理に等しいです。
とくに、男性を。

自分が先に変わってから。

相手が変わらないのは自分が変わっていないから。

時間はたくさん掛かります。

見切りをつける人も多いでしょうし、どうしても無理だ!一緒に居れば危険だ!っていう人もいるでしょう。

あなたと結婚して良かったと思わせるには、何十年と掛かることだってあるでしょう。


忍耐、それが結婚というものだと私は思います。
道のりは長い。
[PR]



by eilene | 2014-08-11 11:19 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧