にっき

 

<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧




スターバックスが、、、イタリアに進出予定!!

おーーー!今日のニュースで驚きました。

イタリアとアメリカ。
昔から移民で歴史があるお互いの国。
今まで、そんな歴史があるにも関わらず、コーヒーが浸透しなかったのはどういうワケなのか?と不思議に思っていました。
今までスターバックスがイタリアになかった、ということにも驚きましたが。
一つや二つは大きな都市にあるだろうと思っていましたので。
マクドナルドでさえあるんだから。


エスプレッソの国、そこに、、、アメリカのコーヒーが参入?!
2017年くらいに予定してるそうですが。

スターバックス、すごいとこいったなぁ。

私達も、何年か前にイタリアのフィレンツェに旅行したときにはエスプレッソを飲みました。
(バーで飲むと安いけど、座って飲むと高い値段を取られるとガイドブックに書いてあったので立ち飲みでしたけど)
エスプレッソ頼むだけで大変でしたもん・・・(^^;)頑張って下手なイタリア語で・・。 
でも、文化を体験するのは楽しかったですけどね♪

と、いうことで。
観光客側にしてみたら、、、「エスプレッソじゃなくて、大きなマグカップに入ったカフェインのコーヒーがゆっくりと飲みたい」と思う観光客は一杯いるだろう!
言ってはいけないかもしれないけど、観光客はスターバックスの看板を見たら嬉しい!!!(かも?)だって見慣れた、オーダーの仕方も慣れている、英語は通じるだろうし、そして、慣れたコーヒーの味がイタリアで飲めるんですから!(笑)
イタリアで、スターバックスは需要があるかもしれない。
観光客たちのための飲み場になる。

ただ。
この扉を開けてしまったら。
スターバックスに続き、安い大衆コーヒー屋さんのコスタとかイタリアに進出したら、、どうなるんだろうっ?!(汗)
イタリアに、コーヒーはスターバックスだけで良い・・。
これくらいは許す。
でも、自由市場だからなぁ。
イタリアのエスプレッソ文化は国の遺産として残しておいてほしい・・。


*スタバ、きちんと企業のタックス払いましょう・・今は払ってるの??

**ドイツのハンブルグでは、エスプレッソマシーンのカプセル(プラスチック製)を使用するのが禁止になったようですね。環境問題の影響です。我が家もエスプレッソカプセルは良く使っていて飲み終わったのはリサイクルで頼んでますが。この波がイギリスにまで来るのかどうか?
[PR]



by eilene | 2016-02-29 10:58 | 日常&雑談

カジュマル(Ficus microcarpa ginseng) 

我が家に新しく加わりました。
Ficus microcarpa ginseng、という盆栽の木です!
カジュマルと言うらしい。

とてもね、なんかね、可愛らしいというか、良い顔をした木で可愛いと思って買ってしまった(^^) 何個か買いたかったのだけど、一つ5ポンド!って高いから一つにしました。

色々悩んだ末(木の形が全部違う!)、この子に決めましたっ笑

c0114797_421367.jpg
カジュマル君だな。


[PR]



by eilene | 2016-02-28 19:07 | 日常&雑談

地元の海辺で見つけた化石(?)

家から歩いてすぐの海辺で見つけた物。
化石とか、そういうものです。

これは先月あたりに見つけた、人の足跡(足の指)??
c0114797_3143095.jpg

c0114797_3172465.jpg
私の靴のサイズです。
足の指のような跡があるように見えるわけです。
でも、太古の人の足跡なのか?どうなのか?というのは私にはわかりませんが・・・。
もう、これ毎回見るたびに足跡のように見えてしまう。


c0114797_3105179.jpg
これは、絶対に何かの化石となった生き物か何かだと思う。真ん中少し右側に、しっぽみたいなのと胴体みたいな糸みたいな跡がある。
これは、何となく化石な気がします。


c0114797_3265881.jpg
これは、一つの石なのですが両側(表裏)に何か草のような模様がある。
c0114797_3271020.jpg

ワカメか何かの化石でしょうか?これも??


こういうの探しながら海歩くのが楽しみです。

[PR]



by eilene | 2016-02-28 10:10 | 日常&雑談

バーニー・サンダース民主党大統領候補

バーニー・サンダース


自らも移民の子供。戦後を過ごした人。
政治学を卒業したあとはイスラエルで過ごす。
アメリカと強い絆のあるイスラエル、一応外から見たアメリカを眺めていたのでしょうか?
難しい問題のある土地で過ごしたから何かを悟れたのでしょうか?
外からアメリカを見たことのある、アメリカ人。

ウィキペディアで読みましたが。
TPP反対者?!これは驚きました。
アメリカの輸出を増やして良いものだ!とアメリカ人は思っていると思ったら、逆にこのTPPがアメリカを衰退させている、という見方。

TPPを、彼のような見方をするのはとても面白い。


私が、最近軽く目にしたニュースでは。
この人、「CIAを解体する」って言ったらしいですね。
CIAを本来の大統領専用の情報収集役に戻したいらしい。
この人が言い出したことではなく、昔にも意外な大統領たちが「CIA」を無くしたがっていたらしいです。

らしい、だけでブログで書いちゃ駄目ですが。
通し目で読んだニュースなので、これくらいの私には見解です。


今の世界にしたら、この人が大統領になるのが望ましい気がします。
モダンアメリカを愛するアメリカ人にしたら厄介な人間だと思いますが。
彼の公式サイトやツイッターなどを読む限り、彼は軸がある人だと思う。
事情を良く知っているし、通じ方も知っているし、世界にも通じる。

知識と知恵を武器にしていけたら良いですね。

問題は、アメリカ人が「知識」を持つことが有効だ!と思うか、「フラッシュ政治」が有効だ!と思うか。


*この人の国民に送るメッセージは、スコットランド政府で成功したSNPの政治の行方と、やり方に似ているところがあります。SNPも最初はバカにされた党ですが、国民に声を届かせることが出来た。
[PR]



by eilene | 2016-02-24 12:27 | 気になるニュース

日本の看板は不思議で面白い

外国人観光客が失笑する「街で見かけた直訳しすぎの和製英語」
週刊SPA! 2月21日(日)16時21分配信


ん~どうだろう?多くの直訳は、上品さがある表現方法だと思います。
悪くはない。

でも!
行き止り → The End → 怖い!
これは面白い!
正しくは、Dead Endかな?笑 


ロッカールーム、、やっぱり、日本人はLとRには弱い(^^;;;)


Let’s beautifully use the rest room. Please throw away your rubbish in the bin.
私、これは大好きです!!
ビューティフリー、清潔にという意味は薄くなり。
使い方は「ビューティフリー」なんです!!「可憐に」「上品さ」そんなマナーの香りがするっ!
本当に、綺麗に使ってください036.gif049.gif
良いと思いまーす!

例えば。
Let's beautifully take care of our world. Please throw away your anger in the bin.
地球を綺麗に扱いましょう。怒りは備え付けのゴミ箱へ捨てましょう。(=怒りは見苦しい!)

なんてね?(^^)
beautifully、大好きです。
何よりも。
日本の心、「あなた」だけに言っていることではなく、使う人「みんな」に言っているんですよっていう、「Let's」を使っているところが、ザ・日本だと思う(笑)
優しい心だと思います。


ここで、なんですが。
私が「え?!何っこれ!!大爆笑!」と思って写真を撮ったのがあります・・・・。このブログにも載せたかな?載せたか忘れてしまったので写真をアップします。
2年前に私と主人が日本へ行ったとき。
到着した羽田空港の、とあるトイレの近くの看板です。
c0114797_1943432.jpg

上から、(オストメイトなんて単語は知らないけど、中国語?「人工肛門?」肛門?何でここだけ日本語なし?)ま、オッケイ。
多目的ベッド、オッケイ。
おむつ交換台、オッケイ。


んん??????
真ん中の多目的ベッドの所の絵。。。
Multi-purpose bedの直訳は良いとして、、、。
なんか変じゃないすか?????もう頭の中で「これは・・・もしや?!」
なんてことになってるの?!何してるの?!?!
もう笑いを堪えられなくて写真撮ったわけです!
おかしすぎる、絵じゃないでしょうか?!笑
イメージが強すぎる・・・!
もう、多目的の範囲が広すぎる041.gif

看板とかって面白いですよね。
よく見ると。

*ちなみに、No scribbling hereは好きです。scribblingが頻繁に使われる単語ではないですけどね。
[PR]



by eilene | 2016-02-24 10:57 | 日常&雑談

アメリカ合衆国、大統領候補者戦

白人以外にも…トランプ氏“支持層拡大”
テレビ朝日系(ANN) 2月20日(土)11時48分配信


ここなんですよ、アメリカの大統領候補戦の違和感(ずーっとあります)。
↓↓↓
「白人以外にも」
これは、トランプ氏だけではない。


黒人のために、白人のために、ヒスパニック、アジア人のために、、と人種の間で選挙の行方とターゲットが変わるっていう場所、アメリカ。

ここは一つの国ではない?ってことなのか?と思ってしまう。

アメリカという国を人種で区別して、その人種によって政策を出しているようなアメリカ。
とても不思議な場所、アメリカ。
黒人でも、白人でも、ヒスパニックでも、アジア人にしても、『私達(の人種)が得するのか!どうなんだ!』と言う事も不思議。

「アメリカ人」として「アメリカ人」全ての人用の政治ではない、ここの議論がどうも私には理解出来ません。

よく、アメリカで選挙なんてやってられるな、、と思います。
人種で政治が変わるんですから・・。


それから、いっくらアメリカの大統領が「これをやりたい」「あれをやりたい」と言ってもアメリカではそれが出来ない組織の仕組みもある。
[PR]



by eilene | 2016-02-22 15:11 | 気になるニュース

でた!EUレファレンダム2016

ロンドン市長、6月23日の国民投票でEU離脱支持へ
ロイター 2月22日(月)7時18分配信


EU残留か離脱か 6月の国民投票向け議論始まる BBCジャパン。


EU離脱賛成→移民が多すぎてイギリス人の仕事の機会を奪っている&仕事もしないでベネフィットだけが目的でイギリスに住み着いている。イギリス国内の貧困が広がってるのに他国の人間を養えない。(今日のBBCラジオスコットランドでは、スコットランド沖の水産業はEUルールのために壊滅的だ!と言う。)

EU離脱反対→イギリスにとって色々と得している。(イギリス人もEU諸国へ自由に住み着くことが出来てベネフィットも受けられる等、お互いに同じように得をしている。)

表立った両方の言い分は、こんなところでしょうか?


我が家(イギリス参政権を持っている旦那)は、だいぶ迷ったけれど決めたようです。
最初はEUインでしたが、アウト側に移りました。
(北欧のような形を取れば良いという立場で。)


イギリスは、自国のポンドを持つことを許されたEUメンバー。
その約束事(ポンド保持)のために他の色々なルールが緩く設定された可能性だってある。
または、最初の段階での交渉技術が全くだめだった可能性もある。
EUに入った(3分の2くらい?)当時は移民の力が必要だった(と思います)イギリス。ここを思うと、とても良い条件でEUと結びついたイギリスだったと思います。

移民が必要だった。

ただし。
現在、イギリス国内での問題が集中しているのはやはりEUから流れてくる移民たち。(EU圏外の人たちは色々とルールが厳しいけれど、EUの人たちには何も無いから入りたいときにいつでも入って来れる、帰りたいときにいつでも帰る=これはイギリス人にもEUに住み着くには同様の権利がある。多くのイギリス人はEU圏に安さに目がくらみセカンドホームを持っているからEU脱出したらどういう事になるのか不明ですね。)


EUのひとたち側の言い分は、「ベネフィットをもらいに来てるわけじゃない!イギリスに仕事をしに来てるんだ、税金を払ってるんだ」。

イギリス人にしてみたら外国人は嫌いなだけ。
ベネフィットもらってないと言われたら、「じゃ、仕事取るんじゃねー!」。
島国にしてみたら当然の反応なのです。
外敵から身を守る。

でも、この議論ばかりだと本当にEUの問題に入っていないような気がします。

6月に国民投票をするのならば、EUでのイギリスの立場を国民に知らせないといけない。
実は、何も知らないEUの事。
多くのイギリス人、私など一般人はEUで何が行われているか、どんなルールでイギリスが入っているのか知らないと思います。
そこを卓上に出さないで、「ベネフィットをもらってる!」だとか、「仕事してる!」だとかのレベルで騒いでるだけでは民主主義ではない・・。
難しい話なので耳を傾けたくないですけどね。


(主人の働く国立の美術館でもEUからの人が多い)
うちの旦那とEUレファレンダムの話しをしたところ。

もし、イギリスがEU脱出したら。EUから来てるEUの人たちは、今までは「滞在証明」など身元を証明するものが不要だから良かったけど、どうやってそのID証明を提出すれば良いのか?という悩みを持っているようです。
私の主人も『確かに・・・』と、EUの人たちにシンパシーがあるようです。

主人にとって、部下がEUからの人たちの場合「ID」チェックなどが必要になってきて、仕事の時間を取られたりIDチェック期間中は働けないとかあるからでしょうか?

「なんで悩むわけ?」との、私の答えに主人は納得いかなかったようですが。
私は不思議です。
IDチェックで悩む???
IDチェックなんて就職する時に履歴書があるだろうし、その時に警察で受ける「犯罪歴」などもあるだろうから身元は分かるでしょうし、光熱費代、市民税なども払ってるだろうからIDは簡単にチェック出来るはず。EUの人たちは、中にはパスポート持ってない人もいるのだろうか?


とにかく。

イギリスの若者たち(10代20代)の仕事の機会は確かに少なくなっていると思います。
大学を卒業するまで待っていたら本当に仕事の機会は少なくなってる。
今では、高校を卒業して何かしらのバイトや仕事の経験がなければ就職というのも難しいのではないだろうか?頭だけが良くても、すぐ力になるものがないと駄目。
この若い年代の人たちに仕事を与えないと、この子供たちの技術が上がらない。
(若い年代の人の問題は、「安い賃金」で仕事なんてしたくない。それならベネフィットもらってたほうが楽ということを知っている。と、言うことは、安くても仕事をする、という人たちがEUから来る人たちは多くて需要がある。)

EU離脱すれば、移民の問題は解決するか?仕事の機会は増えるのか?と言えばそんな簡単なことではない。

会社の賃金の問題でもあるし、社会の仕組みの問題でもあるし。


私は、どちらか?と言うとEU離脱反対系です。
(ただし、TTIP:大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定の行方には気をつけないといけない。EUを離脱してこの協定も破棄出来るというのなら、EU離脱には賛成ですが。このTTIPの動きやニュースが全く出てこないから何とも言えません!)


本当のEUの問題はTTIPです。
移民とかの問題ではない・・というのが私の注目点です。
[PR]



by eilene | 2016-02-22 11:39 | 気になるニュース

パンケーキ

パンケーキ・デイの日以来、パンケーキを作るのにはまってしまっています。

お昼、小腹が空いたら、夜食、どこでも食べれる。

今日はアーモンドの粉を入れて焼きました。
c0114797_2321510.jpg

[PR]



by eilene | 2016-02-21 13:59 | 日常&雑談

自民・丸山氏の発言、陳謝

「黒人奴隷が米大統領に」=自民・丸山氏が発言、陳謝
時事通信 2月17日(水)18時48分配信


まったくもって、あり得ない発言。
やばすぎるレベル。

これは奴隷ですよ

って、何をもって「これは奴隷」なんですか?
おかしすぎる。

外国の大統領をこんな形で発言するなんてカナリ卑下している。
何をもってどんな意図でこんな発言をしたのか誰も分からない!本人は「誤解された」の世界だし。
これ、また世界にニュースで配信される。
だって、不倫のあの議員(育休取り)のことでさえも英語のニュースでありましたから。

もちろん、黒人が大統領になるなんてのは私も思いもしなかった。

でも、「奴隷」の単語をここで使うことは、はっきり言って関係ない。


*同じ日本人としてここまで恥ずかしいと思ったことはありません・・・。
[PR]



by eilene | 2016-02-17 12:36 | 気になるニュース

あなたは猫派?犬派?

あなたは、犬派ですか? 猫派ですか?
TOKYO FM+ 2月15日(月)18時0分配信


基本的&直感的には(私が)猫の性格なので、猫派。
アウトドアではなくインドア派だから(笑)
なんだけど、、程よく犬も好き。

どちらを飼うか?という問題が出されたら大変です・・・。
がんやどんや色々うんちくはあり、現実的なことを考えればどちらか?(犬か、猫か?決めて)を飼うことは悩みます。(近所の人が猫嫌い=反猫アラームを付けてるくらいに大嫌い。とか、猫がいると庭に来る野鳥たちに影響が与えてしまう。犬は面倒見なくてはならない場面が多い、それぞれに良い面悪い面を持っている)

両方は飼うには無理があるし。

でも、がんやどんや抜きに色々な理由や問題を白紙にして、どちらが好きか?直感で決めるとしたら&どちらを飼うか?と聞かれたら。








猫。


太陽の降り注ぐ、暖かい窓際に座って、もう目が細くなり、「暖かい」と心底嬉しがり休んでいる、、、いつも。

そんな猫を見るとたまらない、猫の単純で最高の安らぎ方を知っている、そんな所に「ふにゃ」っと来てしまいます。

そのシンプルさ。

猫には自分の楽しみ方を知っている。

私は、やっぱり猫が好きだなぁ。
[PR]



by eilene | 2016-02-15 17:20 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧