にっき

 

タグ:コネタ ( 206 ) タグの人気記事




道端でやってる、アレ

今日は、昼過ぎ頃主人と銀行へ行って来ました。
『クレジットカードの番号を教えてください』と、主人宛てに変な電話が何度も続いたもので・・・念のため銀行へ行き窓口で相談することに。問題は解決済み。
銀行から番号を教えてくださいなどと聞くことはないので、疑わしいことがあれば銀行に問い合わせるか、銀行へ面倒でも出向いて対応してもらってください。それが利口です。

本題は、銀行員の人と話をする前のこと。
主人と窓際に座って待っていたら、銀行外の脇道路でジャグラーが(お手玉をする人)一人、太鼓を鳴らす人二人、他の芸をする人二人でストリートパフォーマンスをやっていたのです。道行く人は小銭を彼らが用意した帽子の中へ入れていました。
太鼓を鳴らしパフォーマンス中に警察の方が登場・・・!
たぶん、『許可は取ってあるか?』と聞かれていたのでしょうねぇ。
許可がないと公共の場でのパフォーマンスは禁止なんですって。
案の定、彼らはパフォーマンスを止めました。
許可取ってなかったんだろうなぁ。
警察官2人が去って、苦笑いしながら道具をしまい始めました。
「しょうがないね」と言うような感じ。
帽子の中に溜まった小銭を数えている姿が座っていた私たちからは丸見えだった。悪意があるわけでもなく少しでも生活の足しにするのだろうと思うし、飲み代の足しにもするんだろうし、もしかしたら許可得なくちゃいけなかった事知らなかったのかもしれないけど、どうしても微笑ましく見れなかったなぁ。
小銭をあげてる人は、あげたくてあげてるので全く問題ないと思うけどね。
ちなみに私は道端では小銭あげない派。

タイトルの『道端でやってる、アレ』なのですが。
今回の路上パフォーマンスの珍劇を見て思ってたこと(彼らがそうということではない)。

最近、テレビでscam(詐欺という意味)についての番組を立て続けに見てました。ちょうどテレビをつけてやってれば興味本位で見ちゃうんだな~そういうテレビ。知っていて悪いことではないから良いと思うけどね。だって詐欺にあうのは嫌だ~。

道端での詐欺も実際にあるらしいし・・・。
少し例を出してみると、「折鶴詐欺」というのが実際にイギリスで流行ったことがあったそうです。道行く人の目に付くように『5ポンド札で作った鶴をお土産にいかがですか?』と看板を立て、お客の目を引く。

お客が珍しそうに近寄り5ポンド札を渡す。
   
お客の目の前で5ポンド札を半分にし鶴を作りはじめる。
   
詐欺師はローラーを袋から取り出し折った鶴を押して形を整える。
   
5ポンド札の折り鶴がお客の手に渡る。

お客は「すごいな!ありがとう!」とニコニコ顔で立ち去る。

実はこのローラーを袋から取り出すときに詐欺師は、あらかじめ5ポンド札を半分に切って折った鶴を用意してあり、ローラー取り出した時に本物の5ポンド札とすり変えていたのです!お客が気がつくはずなく、お客には半分に切られたお札の鶴が手元に渡るという詐欺なんだそうだ。これはものすごく知能犯だと思った。。5ポンド札を半分に切ったら4つ鶴が出来る。5ポンドの札で20ポンド分?だよね??計算まちがってたらごめんなさいね。^^;と、そんなような詐欺が道端のパフォーマンスで行われるそうだ!
気をつけること・・・やたらめたらにお金(クレジットカード)を人に渡しちゃダメなんだって。

もう一つは「チャリティバッグ詐欺」というもので、私も驚いた手口!
チャリティの国、イギリスならではの光景。イギリスでは玄関先に袋が置かれていたり、ジャンクメールと同様に郵便受けに入っていたりするチャリティバッグがあります。「いらなくなった洋服や本など不要なものがあったらこの袋に入れて玄関外に出しておいてください。私たちが来週回収しに来ます。」と、バッグに書かれているので大抵の方は自分でチャリティショップに行くのが面倒なので、この機会を利用しチャリティするのです。

詐欺師も同様に、袋を用意し玄関へ置いておく。

一週間後回収しに来る。

全ての物を検品し、洋服や売れそうな物のみを確保。

ヴィンテージ品として高値で売る・・・。

お客は、新品の洋服じゃなくても"ヴィンテージ"として価値があるとあたかも想像してしまい、高値でもお買い特!と思い買ってしまう。
気をつけること・・・チャリティーショップの名前を確認すること。疑わしい時はチャリティーショップ登録番号を確認すること。
実際に存在するチャリティーショップへ本来の意味のチャリティーができるようにしましょう。

もう一つ。「"オーガニック"ですよ~詐欺」・・・。これもショックだった(泣)
只今イギリスではオーガニック製品が大人気。
それに便乗したマーケット(市場)での詐欺。

格安スーパーで買った安物ソーセージをパッケージから取り出す。

ステキな包装紙でキレイに包み直す。ラベルも付ける。
見た目は、手作り風オーガニック仕立て!

お客を信用させるためにポスター作り。
動物園へ行き、ブッチャーが着る服を着て豚さんと写真撮影・・・。
あとはPCでちょこちょこと修正。

マーケットに出向き出店準備。
"オーガニック"と書いたポスターには「オーガニック農家」の風景が!
キレイに包装されたソーセージ。味見をさせるために焼いているソーセージ。

お客は・・・オーガニックと言われて食べてみたら美味しい、自然な物だからということで購入。安いスーパーで安物のソーセージをオーガニックと偽り売る。。。オーガニックと安物の味が分からないっていう弱みにつけこんだ詐欺。
気をつけること・・・市場でオーガニック商品を売るときは店側は必ずオーガニック認証証書があるはずだから疑うことはあったら見せてもらうこと。または英国ではオーガニック協会のマークがあるのでそのマークかあるかチェックしてみること。The Soil Associationのマーク見れます

と少し紹介しました。実はたくさんあるので紹介しきれません。
テレビでは、ひっかかった人たちを隠しカメラで撮っていたのでスタッフはお客さんたちに事情を説明、お金は全て返したそうです。お客になった人は怒るというよりガッカリしてました。「えっ?!・・・信じてたのに・・・」とコメント残してました。
偽ヴィンテージ店に使った洋服、集めた洋服は全てチャリティーショップへ届けたそうですよ。

詐欺はなくならないでしょうが、自分達で詐欺にあわないように最低限の知識は備えておく必要があるのかなと思う今日この頃です。

英語でもあるのですが・・・ど忘れした。(主人に確認後書きます)
Too good to be true. です!

『うまい話はない』と思っていて間違いはないようですね。
『うますぎる話はない。』か。
[PR]



by eilene | 2007-07-09 23:19 | 日常&雑談

父の日

お父さん(パパ)、ありがとう。
お父さん(パパ)、本当にありがとう。
この言葉に限る!私はお父さん大好きです。
私の主人は、私のお父さんの存在は大きいと言います。
(怖いんだろうな。笑)

エキサイトのコネタで、「ママ」→「お母さん」への呼び名の変えどきは?というおもしろい記事があったのです♪

親の呼び名の変更は確かに気になるものですねぇ。

イギリス、いや我が家の主人の口からもやはり『お母さん』(mother or mum)、『お父さん』(father or dad)という言葉はあまり聞くことがない!!!Dadという言葉は電話口で自分の母親に『お父さんに代わって』と言うときくらいかな?でもやっぱりほとんど聞いたことがないかもしれない!私が気にしてないだけだからだろうか??she or heの単語が多いような~ん~今日から観察してみようっと。

私は、小さなころ(中学時代も)は確かに人前でも「パパ」「ママ」と呼んでいましたね~恥ずかし気もなく・・・(´_`。)
今の年、さすがに外では「お母さん」「お父さん」に変化しているはずですが。笑
ただ、私は家の中ではこれからも全く変わらず「パパ」「ママ」と使うのが自然だなぁと思います♪私には、家の中で「お父さん」「お母さん」の響きは不自然だぁーー。どこか遠い感じがする。。

ちなみに、、イギリスでは旦那の両親は名前で呼ぶのもおかしくないようですが、私にはそんなことできず!。。また慣れるわけでもない。私はこちらの両親を呼ぶときは、おカアさん、おトウさんと日本語で呼んでいます。そして彼らもそれで理解しています。たまに、こちらのお母さんが、お父さんを呼ぶときに『オトサ~ン』と使うときもあるくらいです。笑
(おとうさんの、"う"は省きます。^^;)
説明としては。。『日本では旦那の両親を名前で呼ばないので、その代わりに皆もう一つの親ということで「おとうさん」「おかあさん」と呼びます』って言ったら、喜んでいましたよ。やはり気持ちいいのでしょうね^^。

実は、こちらの人も結婚して自分の親以外の親の呼び方で悩む方もいると聞いたことがあります。

呼び名って、バカにできないですよね。
私は・・・友達の呼び名が一番難しい・・・。(^^)
[PR]



by eilene | 2007-06-17 18:54 | 日常&雑談

MARY KING'S CLOSE

MARY KING'S CLOSEに行ってきた!やっと行けて大満足。

16世紀17世紀のエディンバラの町を歩きます。
お化け屋敷ではないと聞いていたけど、私にはお化け屋敷化してると思う・・・。
本当の街の一部で本当にあった当時の場所を20人くらいのグループで一人のガイドさんと約一時間ほど歩きます。真っ暗なので足元注意!真っ暗だからまわりもあまり良く見れないけど・・・。それが不気味さを増しているのか。。
外国の方用に通訳のガイドフォンがありますが日本語はなし。。。誰か訳してもらえる人や、説明できる人と行ったほうが良いです。もちろん英語が分かる人は問題ありません。
(英語が分からないと辛いものがある・・・私も半分以上分からなかった!あとで主人に教えてもらった。)

もう一つ、ここへ来る前に少しエディンバラの歴史というか町の暮らしなどを知っておくともっと楽しくツアーできます!私は少しだけエディンバラの古い町の様子を勉強したこともあったので、『あーそういう感じなのね!』とか関心することが出来ました。

ペスト(疫病)の時代も少し予習しておくと、なぜペストが広まったか?なぜ感染が広がったか?などの疑問が一気に解決するでしょう!大体、予想はつくと思いますが実際に自分の目で見ると『なるほどね』よりももっと強い気持ちが出てきますよ。

エディンバラ、現在の駅がある場所あたりは昔は川になっていてそこに汚物類、生活排泄など全てが流されていたようです。

エディンバラの町は想像以上におもしろい。今ある現在のような建物の下に何千もの住居が連なる街だったそうです。下に位置する人たちは貧しい人たちで、上に行けばいくほどお金持ちの人たちが住んでいたそう。見晴らしが良いのはお金持ちの証拠。しかも当時は窓をつけるとその窓にも税金がかかっていたんだそうです!!お金持ちのステータスは窓か。。

現在の暮らしとは全く想像つきません。当たり前でしょうが^^;

ただ本当に残念なのが、このアトラクションがお化け屋敷化されていることだった。
多くの人がその場で働き生活をし、また死に、殺人事件などが実際にあったからお化け屋敷にすれば最高の場所だと思うし、人も集まるしお金も取れるでしょうね。
ただ、その人たちが『怖いもの』お化けの対象となってしまうことに少々残念な気持ちが・・。

もちろんガイドさんは随所で生活の様子をちょろっと紹介してくれますが少なかったような。
もう少し暮らしの生活が知りたかった気もします。。自分で聞かなくてはいけないのですが、恥ずかしいことが聞けない雰囲気。主人も隣にいるから恥をかけない状態だしね(笑)
怖い話を聞かされ、とにかく怖いという感覚を植えつけられた気分だった^^;
当時の人たちは怖いことだけじゃなかっただろうに。
何度か、ガイドさんが驚かす場面もありました。
(えー実は。。そのトリックに私のみ大きく反応してしまいまして・・・懐中電灯を照らされました^^;怖がり屋な私はガイドさんにとっては嬉しい反応だっただろうな。笑)
当時の人たちの生活の様子は頭の中で想像するしかないですね。
(もっと中明るくしてくれ!)

1990年代に、日本人のサイキック、ギボ・アイコさんがここにも訪れていました!ツアーの中でその場所へ行き、ギボ・アイコさんの説明・・・。正直言うと聞いていて恥ずかしい気分でした(^^;)
(ここの場所だったのか!?)
『小さな女の子がいて、ぬいぐるみを失くしたから欲しい』と言ったそうです。それで彼女がぬいぐるみを置いたということから、話が広まり今ではたくさんのぬいぐるみが置かれています!
(ペストで親から隔離され死んでしまった子だそうです・・・。そんなこと言い出したら、そこで亡くなった人はたくさんいるのでぬいぐるみだけでは足りないと思うよ・・・。)

とにかく、当時の生活の一部分を実際に目で見れる場所は、このMARY KING'S CLOSEのみだそうです。その意味でこのアトラクションには
訪れる価値がありますよ!
エディンバラに来たら、ぜひ予約して(取らないといけない)見て欲しい場所です!
一人大人約8ポンドです。
(MARY KING'S CLOSEという名は、この場所で一番お金持ちだったMARY KINGという女性の名前から取ったそうです。)

この場所がアトラクションと化する前は博物館風だったそうです。
私は、それに行きたかったなぁ・・・。^^;

ツアー終わってアンケート用紙があって記入したい人はどうぞって言われたのに、書かなかった><書いてくれば良かった。。

書きたかったのは、
① お化け屋敷化だったのが残念。
② 日本語のガイドフォンがほしい。
③ ガイドさんが、当時の服装で当時の態度というか雰囲気が出ていて良かった!

エディンバラに来たら、観光『すること』リストの中に MARY KING'S CLOSE もお忘れなく~♪
[PR]



by eilene | 2007-05-31 16:09 | 日常&雑談

はたらきバチ

c0114797_0374247.jpg

追加写真(二日前、夕方裏庭へ散歩したときに見つけたバンブルビー。英語ではbumble-bee。マルハナバチです。バンブルというのは擬音語でハチがブンブンする音を表現してるんですって!怖いので逃げこし気味で写真撮りました^^;中央の花にぶら下がってるのが一生懸命働いていたハチさんです♪イギリスではこのハチが可愛くて人気でもあるんですよ!確かにまるっこくって見た目は可愛い。それはわかる。だがしかし・・・)


今日、お昼間のおばちゃん番組を見ていて興味深いことを聞いてしまいました。
ITVのLoose Women を見て笑える部分も出てきた・・・おばさんになったということ。かもしれない。。でも笑えてしまった><^^;)

とにかく、今日のこの番組のゲストにビル・オーディー(Bill Oddie)さんが呼ばれていました。昔はコメディーのおじちゃん、現在はナチュラリストな(自然が大好き)おじちゃんに大変身!しかも大人気のおじちゃん^^。鳥に関しては生きる図鑑のような感じと言っても良いほどよく知っています。毎年春、秋ころになると、彼の自然観察のシリーズが始まります♪彼は以前番組の中で自分の家の庭を汚くして(自然のままにして)おくことをお勧めしてました!キレイに整えるのもステキなんだけど、鳥や虫たちの隠れ家を作って欲しい!と言っていました(笑)。腐った木は虫たちが集まり、その虫を鳥が食べる、この連鎖を作って欲しいんですって。

お家に庭があって、もう何年も手つけてない方には朗報!(?)ぼうぼう、ぼさぼさの庭が環境保護には一番のよう!知らずに環境保護の仲間入りですよ~♪

今日のLoose Womenの番組では、鳥の話ではなくて『ハチ』のお話をしてくれました。
ハチは人間にとって、とっても大切なんだとか。
『ハチが家庭の庭から消えている。ハチがいなくなることは非常に心配なんだよ!』と必死に訴えてました!
たぶん花粉の話をしていたと思いますが、ごめんさない・・定かではありませんが。それが自然界には大切なんですって・・・賢い動物なんだそうです。働きバチと言われるくらいだからバカには出来ないのでしょうね。
ハチを好きになってください!って言ってました。
(私ハチ嫌いなのよーー・・・あの音が嫌いで・・あの音さえなんとかしてくれれば・・なんとか好きになれる!気がする。)

 ↑写真は、自然保護と環境保護を訴える一人、ビル・オーディーさん。ワイルドライフの楽しみ方と言う本もDVDも出しています。お茶目な彼が写っている写真をライフブログからみつけました♪(この写真は本の表紙です)

今日の番組のゲストのほかには、ユーロビジョンに出場する、スクーチ!が出て久々に頭に残るあの歌を歌ってくれた(^O^)ユーロビジョンが今週末テレビであります。見なくてはね!
[PR]



by eilene | 2007-05-07 14:22 | 日常&雑談

日本の英語力で思うこと・・・

今日のお天気
晴れだよ~♪

最近手にした、英国在住日本人向けに出されている雑誌を読んでいて
一つ気がついたことがあります・・。

英語でなんと言えばいいか?ということで、親切に英語を紹介してた記事。
明らかに、『私はそんな英語使ったことがない・・・』と思い、主人に確認。
主人も『ん~別に使ってもおかしくないけど・・・微妙』と。

病院での対応編の英語。
〇〇に関して何か治療は出来ますか?』の英語が書かれていた。
Can anything be done to rectify 〇〇?
だそうです。ここで見たことも聞いたこともない単語を目にしました。
(でもこういう単語を使う人がいるのだろうか??)
もちろん私も単語の勉強になるから良いのですが・・・^^;

To rectify

ってどういう意味か??辞書で調べてみたら・・・
『・・・・を改正(訂正)する。直す』でした。。。
事務的だ~とっても専門的な単語だと思ってしまった。
この単語が『治療』と訳されるの、知らなかった。なるほどねぇ。

でももし英語が話せない人が丸暗記でこの英語を使ったとき(私がそうする)
お医者さんはむずかしい医学用語を使ってきたり、早口で説明されたりするんじゃないかな?と思ってしまいました。
どこか『直してくれ』という他人行儀の感覚を私が医者だったら感じてしまう。。
こういうのが教科書英語なんだなぁと思いました。
たぶん、相手がこのような英語を聞いたら笑ってしまうかもしれない。。。

私が(年上の人から見てまだ若い)年に似合わない英語を使うのと同様に?(爆)
Indeed, indeed.(確かに)』のように!(^^)

とにかく私だったら、『Is there anything I can do to MAKE IT BETTER?
と自然な言葉を使いたいと思った。私の主人もその英語のほうが自然だ、と。
お医者さんも『一緒に何とかしよう』と親身になってくれる感じがする。。(私の思い込み?)

カジュアル英語を使えば良いのにというのではなくて、
自然体での会話をもう少し教科書なり、雑誌なりに掲載してくれると嬉しいなと思った。(私も勉強になる!) 
私は旅行の英語の本(トラベル用の英語)は大好きです。
教科書よりものすごく役に立つと思っています。^^
[PR]



by eilene | 2007-04-12 15:42 | 日常&雑談

子育てしてる方へ。

スコットランドのNHS(イギリス国営の医療制度)のテレビのCM。

『子供が小さい頃から話す"たわいも無い会話"を親が『うるさい!』と言わずに聞いていると、大きくなってからも子供は親に会話をする』小さな頃から話す場を与えて。という広告だった。

主人と丁度CM見てて納得!良いアドバイスをもらった気分でみなさんにお裾分け。親と子のコミュニケーションはどの時代でも大切です。たかが会話だけど、それが大切なんです。
[PR]



by eilene | 2007-02-16 15:59 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧