にっき

 

タグ:コネタ ( 206 ) タグの人気記事




イタリア人妻、家事などせずに夫から訴えられる!

Italian man sues wife for ‘negligence in household duties’
RTのニュースの記事ですが。

最近のニュースにばんばん載ってます。

いやーこれはすごい。
イタリアで?イタリアはまだまだ保守的な国だと聞きますが、それでもイタリアも今ではこういう話は極少ないと思っていました。
イギリスで、こんな事言ったら「何世紀の話だ!女を卑下してる!」だとか色々文句は出てきて、すぐに「女性の権利の問題」に結びつく。フェミニストが大喜びのニュースですね。

こういうのは、家庭内での話合いで決めるものだと思うのだけど・・。
法廷争いにまでなるっていうのは何かしら色々と溜まっているものがあるのでしょう(離婚のための理由付けとかはあるんじゃないだろうか?)。

もし、この争いで妻が負けたとしたら、最長で6年までの刑務所送りになるとか!!(驚)

ネグレジェンス、という単語が家事を放棄した人にも使われることにも驚きました。
子供のネグレジェンス(育児放棄)とかは良く聞きますが、(イタリアでは)家事のネグレジェンスも法律的に成り立つ言葉なんですね。

でも何だかなぁ~?夫婦セラピーへ行ずに?法廷争いへ?離婚ってわけではない??みたいだし?
相当憎みあっているのだとしたら悲しい話だぁ。

何よりも、夫婦の生活の背景とか詳しいことがはっきり書いていないので夫婦間で何が起きたのか分からない状況です。
ただ、40代の妻が家事などをホッタらかしていて「家事のマネージメントが出来てない」と夫から訴えられている、とだけですから。
(それだけで世界的にニュースになるのもすごいけど。)

共に働いているとしたら、夫婦共に家事の責任は同等に分担するべしだと思う。
ただし、どちらかが家事に専念する、仕事に専念する、という話合いだとして、もしこの夫婦がそういう話合いをしていたのにも関わらずに、家事に専念することを拒否しているのだとしたら、、法廷への争いは行き過ぎだとしても相手から訴えられてもしょうがないと思う。


確かに、、メシがまずい!家の中が汚い!とかで夫婦や家族でイライラが出てくるのは当然です。家に帰ってきたくない、という心理も普通に出てくる。

お互いの感謝の念上に成り立つ、不思議な「家事の仕事」=誰かがやらないといけない事をボランティアでやっているわけですから。
夫婦感において、この感謝の念(お互いに)が失われて、「やるのが当たり前だ」という態度こそが大問題です。
お互いが、いくら家の中が汚くても荒れてても良い、平気という人同士なら問題ないのですが。


私、家事が基本的に肌に合っていて本当に良かった・・・。
仕事よりも家事が好き。
(ただし、愛している人が、外で頑張って仕事をしてくれているからこそ、私もその感謝としてこの家事に専念出来るわけです。その環境〔収入的と夫の理解〕にも感謝です。)

私も、夫への愛情がなくなったら家事なんてやってられないなぁ。
(何かしらの病気で出来ない、時々はやる気が起きないとかの理由をぬかして。基本的に家事は愛情のバロメーターだと思うから。好きな人に「ここはキレイで居心地が良いな」と言ってくれたり、思っていてくれたりしたらやっぱり嬉しいもんです。)

このイタリア人の女性、夫と離婚とかって頭にはないのだろうか??
離れることを考えずに、こんな家事の放棄、夫は別の部屋へ追い出す、家の中汚いって、、一体何をしたいのか分からない。

そんな事が許されるなんてことは滅多にないっ!(笑)
絶世の美人か、女性には資産が多額にあるか、はたまた権力者か何か?

夫も何がしたいのだろう???妻を牢獄へ追いやるくらいまでに脅して妻を懲らしめて、改心してくれてまた家事などをやってもらって夫婦生活を取り戻したい??とでも思っているのだろうか???


結果は。(私の予想)
この夫婦は、離婚への道のり過程であって、妻側に問題があるとなれば夫が妻に出す慰謝料などなど払わなくて済むという流れが予想出来るんです。

でも!この流れにならないのなら!ものすごく不思議、この訴訟問題!!

何これ?!
[PR]



by eilene | 2016-02-08 11:04 | 日常&雑談

太極拳

主人の風邪も治り、私には風邪はうつらずに済み。

太極拳のクラスも深まってきました。

今、大変だぁと思っていることは、、、、
頭では分かっているのだけど、足の動きがついて来ないっ!!事です。
(足の動きと同時に、手の広げ方や手の位置、腰の向きなどなどもありますので)

マインド(心)と、体がバラバラ。

心と体が一緒に動かなくては太極拳ではない。(太極拳の先生いわく。私もそう思います)
先生は、いつも「太極拳は、体のdisciplineだからね」と言います。

本当にそうだ。

頭では、ここをこう動かせてこう向きを変えて~なんていうのは分かるのだけど、このここを動かすときに足はこういう方向を向いて(=その方向へ行くから)、そして胴体を動かすときにも首だけじゃない、だとか、細かい部分に目をやらないといけない。

この細かい部分に目をやるとき、初めてその動きの本質が見えてきてその動きの良さが伝わるのです。


太極拳はマーシャルアート。

多くの人が「あんなに遅い動きで何が意味あるの?」と思っているかもしれませんね。

あんなに遅い動きの意味は、体の筋肉から筋から何やらに「動き」を教えているからだそうです。何度も何度も「動き」の練習を重ねる。

いざ、というときには、体の筋肉などが「動き」を覚えているので機敏に動くことが出来るんだそうです。


これは確かに、、です。

先ほども言ったように、心と体を動かす練習を日ごろからしないと、体が動かない!!
(太極拳を習ってそれは実感しています)


太極拳がんばろう。
[PR]



by eilene | 2016-02-05 09:06 | 日常&雑談

今、Luther 観てます

BBC One LUTHER

極悪犯人、というのでしょうか・・凶悪犯を逮捕する、刑事ドラマです。
怖い。本気で怖い。
でも、良いドラマに出来ていている。
現代版、シャーロック・ホームズみたいな感じでしょうか?
ルーサーがものすごく頭良い。
凶悪犯の心理、凶悪犯を早く捕まえるためには、と時間との戦い。
ドラマのペースも程よく速くて好きです。
もうドキドキしながら見ています。

そして、ドアとか知らない人とか「本気」で怪しいと思うときはそこから離れるべし!!誰も呼んでないのに玄関先に来る人には玄関なんて絶対に開けないとか!(必ず誰が玄関先にいるのか確認とか、常識の事が本当に改めて大事だと思います)
と、教訓みたいなのも学びます・・・。

Beasts of No Nationに出てきたコマンダー役の役者、Idris Elbaが主役のルーサー。
この映画を見て、ルーサーを見てみようか?と興味が出てきたわけです。

コマンダー役の人。これ参照してください


はぁ。
それにしても、人間の心理は怖い。
非常に怖い。
[PR]



by eilene | 2016-01-25 12:21 | 日常&雑談

「Still Game」(from Netflix)

BBC Two Still Game

これ、面白すぎるっ
テーマソングも口ずさんでしまう・・・

最初は、主人が、90年代のこの2人のコメディー番組をユーチューブで見つけて二人で見ました。
この昔昔昔のコメディーの番組で、2人の(笑いの)性質?みたいな味を確かめました。(たぶん、この昔のコメディーで2人の定年したおじいさん達も出てきた気がします。昔の番組から出てこのキャラクターで「Still Game」を作ったんじゃないか?と思います)
私達は、この2人は面白いと判断。
そのあと、主人がこの「Still Game」を見つけた!
良くぞ見つけた!

スコットランドの、グラズゴーであろう場所の定年を迎えた老人たちの生活や老人たちの苦労や老いの問題などを面白くコメディーにして、そして(ほんわかする)地域の結びあいなどもありのとても良いコメディーです。(注意:言葉は汚い!スコットランドですから笑)
コメディーでは、みんながみんな「嫌い」で、愚痴ったり嫌味を言い合ったり罵ったりするんですが、いざ!何か困ったことがあるとみんなで助け合う、そういうスピリットのあるコメディー。
親しき仲にも礼儀、、、一切なしっ!!(爆笑)
でも、弱者には本気で手を差し伸べる!この偽善者じゃない、ところ、そこがとても大好きです。
このニアミス加減が面白い。

あと、スコットランドの独特の言葉が常に出てきます。
スコットランドに住むと必ず聞かれる言葉ですから、言葉の練習と耳の練習にもなります。
*よくも、、このコメディー見て(マジ笑いで)大笑いできるな。。と自分でも驚きますが(^^;)ただし、時々スコッツのスラングが出てくるときは主人に説明聞いてます。

スコットランドのコメディーというと、、そんなに成功した感じがなく?「スコットランドを(皮肉に愛情表現から)バカにする」というコメディーがたくさんな気がします。それはそれで面白いのもあるのですが(笑)

でも、この「Still Game」はイギリスに住む人なら絶対に分かる!というか、こういう人いるよねっ!!という『ある!ある!』ネタのコメディー。

一日、一話、夕食の時に主人と見ながらご飯食べてます(笑)
[PR]



by eilene | 2016-01-20 10:27 | 日常&雑談

五重塔-プラモデル出来上がり

c0114797_22123434.jpg
ちょいと、、ガタガタと屋根部分が色々と傾いてますが・・・・・。出来上がり!
[PR]



by eilene | 2016-01-18 13:12 | 日常&雑談

プラモデル

昭和の懐かしさ?おもちゃと言えばプラモデル。

平成生まれ(または2000年ミレニアム生まれ)の子どもたちはプラモデルとかを作って遊ぶってことはあるんでしょうか?? 
電子系での頭脳も養えるものがあるでしょうが、、手を使うという事は非常に大切です。

プラモデルやパズルなどで遊ぶのは(絶対に)良い事だ、と改めて思います。
大人も子供も、忍耐力、「なんでこれが駄目なんだ?こうしてみたら?あーしてみたら?」と考える力、時には諦める勇気(今日はここまでだな)、等など、もう色々な事が学べます!
小さいものをコツコツと。
この精神はすごいと再発見。

なんでこんな事を思って、にっきに書いているか?と言いますと。
クリスマスプレゼントで、私の妹夫婦から銀板のプチ・プラモデルをもらいました。
(私の主人へのプレゼントだったけど、私も手を出すことに。)
子供用のプラモデルだと思ってなめてたらいけませんっ!!!

難しかった(^^;;)

ペンチ、二種類使って造っています。

(テンヨーのメタリックナノパズルというものです)10cmほどの五重塔 ↓
c0114797_16461378.jpg


一つ一つの部品は、レーザーカットされているのでとても良く外れてくれてストレスフリーです。
番号通りに組み立てていくだけのシンプルな五重塔。(他にも色々な建物や建設物があるらしいです)
最初はスムーズに組み立てることができました。
この調子で簡単か?と思いきや!!
屋根部分になると複雑になってきました=挿しこみ部分が小さく細かい手作業必要。
(この屋根部分のみが厄介であって欲しい!)
今は、半分まで出来たか?というところです。

私、これを作るのにものすごい集中力が必要となってます!

プラモデルは、頭脳を発達させる遊び物だったのだ。
[PR]



by eilene | 2016-01-16 08:01 | 日常&雑談

年明け初!家の修理開始

お風呂場の電気が、、昔ながらの「Pull cord」の電気でして、引っ張って電気が付くんです。(壁のスイッチON/OFFではないんです)
c0114797_392918.jpg


そのコードが古くて電気が付かない状態になってました。
コード部分を替えなくてはいけなかった。

数ヶ月、LEDのフェイクキャンドル(イケアとかで売ってる)を使ってました。
それは、それで良かった。
小さな(嘘物)ろうそくの灯りでリラックス出来てました(笑)
全く悪くはなかった。

いつかは直さなくては・・・と思っていたけど、面倒さと、このさい電気のスイッチを壁に取り付ける作業してもらっちゃおうか?とか考えていたりして月日は流れてました。

でも!ユーチューブを見ていて、、自分で直せるか?という勢いが出てきたので自分で交換してみました。
(だって、これだけの事で安くはない電気専門のお兄さんを呼ぶのも何か腑に落ちなかったんです。)

これは!やってみよう!と思い、アマゾンで部品を購入。
はしごを設置。
道具を用意。
カチャカチャカチャと古いコード式の物を外す。
3つある電気の腺を間違えずに新しい物へ取り付ける。
主人から「腺に触らないように気をつけてよっ!」と何度も注意を受け。
交換に成功!
なんだ出来るではないかっ!!!!!!
30分くらいで新しい物に交換完了&電気が付きました!

(電気の電源は必ず切ること、電気が流れてない状態で交換しないといけませんよ。)

今年初の家の修理でした(笑)
これで、このこの電気は替えることが出来ると判明。
嬉しくなりました。
[PR]



by eilene | 2016-01-13 18:11 | 日常&雑談

スコットランド議会の議員が退場命じられる

041.gif049.gif
MSP thrown out of Holyrood chamber in row over trade union rights

労働党のスコットランド議会の議員が、まぁ、議論を開始したところ、ぐだぐだと文句を言い始め、なかなか核心の質問をしなかったので、議会議長から、「何を言いたいのか、核心に触れなさい」と言われたところ、この議員カチンと来たらしく、議長にあろうことが口答えしたっ!!!

普通だったら、『はい、すみません、話の核心に触れます』と言うべきところが、このスコットランド議会の議員は「あなたが口を挟まなければ(核心の)言いたいことが言える」と、バックチャットした!!

議長と、この議員のやり取りが少し続き。
「話の核心へ」←議長
『だから、邪魔されなければ出来る』←議員
のやり取りが続きます。

議長が、今度は「座るように、そして(あなたの行動について)謝るように」と言ったところ、この議員は『謝りませんし、座らない』と対抗。

なんでかなぁ?なんでこういう事するんだろう?

何度か「座るように」『座らない』の言い合いを続けたあと。
議長が淡々と議会のルールを読み上げて、バックチャットした議員に「議会の場から退場するように」との命令が!!

この動画の後にも続きがあるのです。
他の労働党の議員たちも後に続き、「それはおかしいだろう」と議長に言う。
議長が、何で私が退場命令をしたか、を説明してる最中に、労働党のある議員がしゃべりだして、議長もまた苛立った!
『私が今しゃべってる!座りなさいっ!』とビシャリ!!一喝!

これですよ、これが議会の議長を務める人の態度。

スコットランドの議会で、議員が質問出来る時間は一人3分程度までと決められているようです。
この間に、いかに効率よく議論をして、核心の質問をしていくのか。
これが出来ないのなら、本当に議員の能力がないと同じことじゃないだろうか?

退場命令が出されたのは、あの議員が議長をバカにして注意を無視したから。
(バックチャットをしたのが労働党、議長はSNPなので、そこでも政治的な恨みや妬みがあるのでしょうけど。)

議会。税金で払われている時間と場所での話合い。
それを無駄に使う議員なんて不要。
野次とかも全く不要!
何よりも、議会の場でのまとまり役を見事に成し遂げた、スコットランド議会の議長。
049.gif049.gifです。


ツイッターで指摘があったそうです(爆笑)
この(スコットランド人がやってる)コメディに似ていると。
はい!はい!はい!あったね!これっ!笑
Burnistoun - Sit On Yer Arse
本当にこんな事が起こるのかっ!大笑
041.gif
[PR]



by eilene | 2015-12-16 12:10 | 日常&雑談

ドラマ 「ブリッジ」

How The Bridge's heroine became a role model for women with autism

このドラマは夫婦で大好きで楽しんで見ています。
今、シリーズ3です。
「すぐに!続きを作って!」とは言わないけど緩く続いてほしいドラマです。

主人公のサーガ、とても仕事熱心。熱心すぎて回りが一切見えなくなることが多い。警察のルールは厳守。仕事と私事は切り離すことが出来ないのだけど、プッチン!と急に変わって、自分が今何が欲しいのか分かっている(笑)サーガの意見も率直、速球!(そこが悪くて面白い) 

最初は、ドラマの主題歌が「英語なの?スカンジナビアの言葉なの?」と分かりませんでしたが(笑)
ドラマの中も外国語なのですが、段々と耳も慣れてきてるところです。字幕がないとさっぱり分かりませんが!

ドラマは刑事もの。スェーデンとデンマークをまたにした刑事ドラマです。
政治、時事、社会ネタ、とスカンジナビアの雰囲気を全面的に出しているドラマだと思います。
「ドラマの中で人が殺される数が多い!」と視聴者から指摘があったらしい(刑事ものドラマだから当たり前ですが、確かに多いと私達も気がつきました)←今シリーズでは、それでも少なくしているってことですが。

サーガ(主人公)の人間関係の困惑、サーガの人柄、サーガのゴーイングマイウェイ!サーガが段々と(一緒に働く人に)心を広げていかないといけないのかも(本人はやってるつもり)・・でも(理解)出来ない!サーガの独特の世界、そんな葛藤などが見られるけど、その中にユーモアがあるドラマで、どこか親密さを感じるドラマです。

サーガがロボットみたいに働くのを、回りが優しく(何も言わないわけではなく、駄目な所は駄目と言う優しさです)保護している職場の仲間も良い。何よりも、サーガは仕事が出来るってところです。(ドラマの中ですけど)

ドラマのサーガの様子は大袈裟に見られるのだけど、サーガに誰でも何かしら共感する場面がある。
重度の自閉症だけでなく、普通に私達にとっても人間関係はとても難しいものです。
サーガのような人は「人間関係が築けないからいつも他人を傷つけている!」と思いがちになりますが、実はいつでも人間は誰でも人を傷つけている。
そんな事をドラマを見ながら気がつくんです。

これは、もう刑事ドラなではなく、「サーガ」のドラマになってる(笑)
私にとって、ドラマの中のサーガは重度の自閉症があるということはすでに無くなっています。
普通に、「事件を解決したい!もっと早く解決したい!」と、強く思いすぎる刑事のドラマ。
すでに、カッコいい女性になっている(笑)
[PR]



by eilene | 2015-12-09 10:53 | 日常&雑談

世界の首脳達と環境問題

COP21 - 今パリで行われてる世界各首脳たちが集まって環境問題について一生懸命(*良い物食べて飲んで宿して豪華に過ごして*)お勉強しようよ!という集会。

これに対して、環境問題を真剣に考えている人たちの抗議の仕方が「きれい」だと思います。

(パリ中の街中の広告をハイジャック、世界の首脳たちの偽善者ぶりを「広告」にして暴いているそうです。600以上の広告を張り巡らしているそうです!"Bandalism COP21")

抗議をするのなら、私はこういうやり方が一番好きです。
広告だからメッセージ力が強いし、目に入る。
[PR]



by eilene | 2015-11-30 20:26 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧