にっき

 

タグ:ボランティア先での出来事 ( 7 ) タグの人気記事




プラハで見たウィンドーディスプレイ 

*今週のウィンドーディスプレイをやったのですが!カメラを忘れてしまい撮っていないんです。
今週は、ビンテージ、ビーチのようなイメージでWD飾りました。


今日は、プラハの旅行話に戻ります。
やっぱり私の目は見てしまう。
旅行に行くと、それが違う国だと余計に興味は湧く。
他人のウィンドーディスプレイ。
自分にも取り入れられる技があれば取り入れる。

c0114797_235392.jpg

この写真は、プラハで見た私の1番お気に入りのウィンドーディスプレイ!
気が付いた方もいるかもしれませんが、写真を撮る時に私の足も入れて撮りました♪
*足も洋服に合わせてちょっと格好をつけている(笑) 足の角度を確認しながらパチリ!
通る人が「着ている」状態、なんと面白いアイディア。



c0114797_23553968.jpg

これもすごい技だと思ったウィンドーディスプレイです。
柄on柄!
そう簡単には出来ない技だなぁと写真を撮っていて思いましたねぇ。



c0114797_23575622.jpg

これは、鯉柄のスーツケースが、鯉と一緒に泳いでるし(笑)



c0114797_2359499.jpg
 
c0114797_23592142.jpg

この2つは、靴を飾るときに背景に色を足す。
なるほど、なるほどね。



c0114797_01753.jpg

クリスチャン・ディオールのウィンドーはやはり格が違って・・・凝っていた。

チャリティーショップでこんなことをやったら、
やりすぎだな、これは(笑)


他人のウィンドーディスプレイは見ていて面白い。

 
eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-06-06 16:06 | 日常&雑談

ウィンドーディスプレイに誰かがクレームを付けてきた

私のウィンドーディスプレイに対してのクレームではなく。

『ウィンドーディスプレイの服をすぐに売らないのは非常におかしい!』というクレームが、先週店長の耳に入る前にオックスファムの本部に入りました。

さぁ大変。

このクレームが上に渡り大きくなったのも、あるボランティアの子が「ここの店長の名前を教えてください」と言うも教えなかったことから。。
なぜに教えなかった??

店長が対応できたことを、本部にクレームが届く。
このクレームを付けたお客さん、とても律儀に問題点を何点か挙げていた。
その中に、「頭のないマネキンがあるなんて!」というもの・・・

この人、あんたは一体何者、何様なんだ?私も腹がたちます、こういうお客さん。

ウィンドーに飾ってあるのは、飾りのため「見栄えを良くする」商品で、あくまでも店をアピールする場所。もちろん売るのは当たり前ですが、1週間は飾っておきたいという私と店長の思い=洋服を売った後、他のボランティアの人達はマネキンは裸のまま、物は置いていないガラガラ状態が続くのを避けるため。ボランティアの人達は着せ替えは難しいと手をつけない、面倒/着せたとしてもセンスに自信がないから恥ずかしいというのが理由。

色々と事情がある。

これをお客さんに全て説明して理解してくれる人は、10人中7人ほどじゃないか?と思う。微妙な割合。確かに今までも私も「私に売らないっていうの?!!」っていう人がいた。。そういう意味ではない。
興味がある人用に予約票があり、普通の人は1週間待ってくれる。

普通のお店のように、同じ商品がいつもあることがなく一点限りの物ばかり。
「良い物」を見つけるのも、「掘り出し物」を見つけるのも一苦労。
店を良くみせたい、という思いがこちら側にある。
誰よりも早く買いたい、という思いがあちら側にもある。

店側の言い方も気をつけないといけないけれど、もう腹がたつ。

ただし。
1つだけポジティブなこと。
そこまでしてもウィンドーディスプレイから買いたい!欲しい!と、興味があるのね、ということ。
少し笑える。

けど、これから作戦を考えねば。
めんどくさい。

私は、ウィンドーディスプレイを綺麗に見せたいだけ。


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-05-20 18:21 | 日常&雑談

トイレットペーパーの遊び方

c0114797_230192.jpg


c0114797_2302517.jpg


ディスプレイのアイデアを考えていたところ~
(12日~バレンタインのディスプレイになる)

トイレットペーパーを・・・
まるめてみよう、、
花が出来た!

これ、店のディスプレイでどうにか使おう。

トイレットペーパーも、白もあり、写真のようにクリーム色もあり、ピンクもあり、これは安上がりでもあり、使い終わったらトイレでみんなに使ってもらえば良い(笑)

あと、お店に来ていたお客さんから耳より情報をゲット!!
その人はたくさんブローチを購入。
「ブローチで作る花束があるのよ(結婚式用のブーケだけどね)」と聞きました!
私、興奮。
これも、ディスプレイで使わせていただきます=私が作ってみる。
これ、私もハマリそうなクラフトだ・・。

ディスプレイ用に物が出来上がったら教えてくれたお客さんにメッセージも書いておこう、
「このアイデアを教えてくれた、名前は知らないけど、そのお客さんへ、ありがとう」
って!
6月は、ジューンブライドだから、それくらいを目安に作ってみようかと思っています。
予定は未定だけど。

*Brooch Bouquetで探してみると色々載っています。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-02-04 17:40 | 日常&雑談

地域のお店と警察と万引き犯の関係

最近、チャリティーショップ「安全対策」ということで、地域総括の警察の方と地域総括の地域ソーシャルワーク関係の人が、万引き犯に遭ってしまったときどうすれば良いのか?というお話を聞いてきました。クリスマス時期に多くなる万引きについてのお勉強会でした。

私の感じたこと。
結論から言うと・・万引きを犯罪者にして、そのあと裁判にかけて、刑務所へ送る・・この過程は時間と税金の無駄にもなる。警察を呼ぶのはもちろん当たり前のことだけど。その前に、市民ができることは物を盗まれないように未然に防ぐことが私達、店員の出来ることなのだ、と。 〔*万引きを繰り返す人の中には多くがドラッグ中毒者で、こういう人達は他に前歴もあるから、万引きで逮捕されれば万引きの回数が加算されるとのこと、万引きとは違う件で逮捕されるのが常、裁判所へと最終的には送られるのだということです。**万引きは犯罪だけど、万引きで大事になることはない・・というニュアンスを受け取りました・・。〕

物を売る側の人は言われなくてもやっている。。みたいな。
ちょっとがっかりみたいな。
それでも、もちろん市民が協力することがあるのならば協力するのが筋みたいな理解もあります。
万引きを、どうやって防ぐか?自分の身を守るか?は個人個人のテクニックの訓練と店同士で知恵を搾り出し協力。

やはり、頭ごなしに失礼に「あんた!うちのもの盗んだでしょ!返しなさい!」ではダメ。丁寧に人として接することが効果的だと言う。「警察は呼ばないから、返してください」と言うことは効くんだと。

そんなことを伝えられた時、その場に居た人たちの数人が鼻で笑って「そんなの効くわけがない」と言う。

いや、私は、人として接するのは効果的ではあると思います。
1度、2度、私も盗人に遭いました。ジャージの内側ふところにガツっと(フェアトレードの物でオックスファム人気食品)チョコレートを入れたのです。店に入ってきたときから怪しかったので警戒してはいました。盗人はドラッグユーザーのようで怖かったけど、私は「店の物を取った」ということが頭にあり、プラス、うちのチャリティーショップの店長が万引きされたことに気が付かないと怒るからそのプレッシャーもあり万引き犯に声をかけました「見ましたよ・・そんなことはできませんよ」と言ったらほとんどのチョコは戻してくれました。結構隠していたようで、何度か「まだあるでしょ?」と私が言うと何度か戻してくれました。まだ懐にあるだろうと思ったけど、序所に万引き犯の態度が変わるのが分かり逃げるような態度だったから私も、「これでいいや」と思い逃げる犯人を追いかけたりはしませんでした。全ては回収できなかったけど十分だったと思います。(店長へ報告。)

ただし、怖い。
本当に怖いですよ、もし態度が変わったら刺されたり殴られるから。ホントに
万引き犯には色々な人がいます。
お金に困ってない人もする、年齢関係ない、90%は薬中の人です。ホントに

この「安全対策」の勉強会の時に聞いた話では、この日から約2週間前に、お隣のチャリティーショップで、盗人がボランティア店員の顔を殴った事件があったそうです。同じ店では、違う件で唾をかけられたんだとか・・・!(ともに被害にあったのは気の強そうな女性・・)

どうやら、店員は『返せ!』ということで盗人とやりあったようです。
警察のアドバイスは、『利益よりも、自分の身を確保するほうが先決』というルール。

ここで。
イギリスでも注目話題になってきている自己防衛について。。。どこまで自己防衛出来るのか。

もし、盗人が唾をかけた、殴ってきた、やられっぱなしは嫌で防衛処置としてこっちは殴り返せるのか?という質問に、警察側も少し困惑した様子、でも良い例を教えてくれました、

『(盗人に)倒された唾をかけられた、自分の身が危ないと感じたときのみ防衛で反抗は出来る、しかし、暴れる相手を取り押さえて身動き出来なくすること言い方間違えました、身柄の拘束が目的、なぜ拘束しているのかを説明すれば市民にも拘束出来る権利がある(あとは警察の到着を待つ)。取り押さえた上にさらに殴る蹴る、逆に暴行を続けた場合、逆にあなたも犯罪者になる』という。

ま、普通に考えたらそういうことです。
反撃まですることなんて考えられないって!


*スコットランドでは、最低2人が証人として万引きを目撃しなければいけない。(イングランドでは1人で十分)
*店員が、万引きを目撃、警察が逮捕、裁判所へ行くことになったら、証人として目撃した店員も呼ばれ裁判所で証言(現場の状況報告)しなければならない。嘘はまったくもって禁止。覚えていることのみを証言すること。


「安全対策」良い勉強会でした。


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-11-14 10:00 | 日常&雑談

ギャンナムスター???

誰?誰?なんですが。。

イギリスのラジオで今流れている、ギャンナムスター?ガンナムスター??(韓国のラップ?グループバンド)
が人気あるらしいですよっ(笑)

私、この音楽が流れているのは知っていましたがまさか韓国からだとは思いもしませんでした。BBCのニュースでちらっと「イギリスチャートでナンバー1になるか?」という記事が載っていました。私、音楽とバンド名一致していなかった!

ラジオで聞いたときは、東ヨーロッパ、またはアフガニスタンらへんの民族風の歌か???何なのか?と思っていたら、韓国から出たグループなんだとか!

誰?誰?
さっそくYoutubeで見たら、

あ~これか!!

歌ってる人、タモさんじゃないか!!(爆笑)
(タモリ)
タモさんじゃないみたいだけど。

ボランティアに来る若い子たちがこの曲大好きでダンスを楽しく踊っていました(笑)
つぼにはまる曲ですから、、、分かる。



eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-09-30 17:11 | 日常&雑談

エディンバラで初スコットランド独立賛成運動

噂には聞いていましたが!
昨日の土曜日、初のスコットランド独立賛成運動でエデンバラ市内の行進が行われたようです。

私はチャリティーショップでお会計レジの手伝いをしていたときです。午後、全身をスコットランド色一身にまとったお客さんに会いました。明らかに行進してきただろうという人に出会い「行進してきたの?どうだった?」という話をしました。
『天気にも恵まれ、大勢の人が現れ、とても良かったよ』と。

この行進、スコットランド全土に広がるんだろうなぁ。
それと同時に、独立反対派も行動に移すはず。
バトルが本格的になってきましたね。

私、行進とかキャンペーンとか嫌いだけど・・。

独立には賛成ですよ★

EUに加入するのかしないのか!
防衛はどうするのか!
ポンドじゃなくて何を使うのか!
とか、そういうことでなく、

1つ、私の心配なのは、独立になったらイングリッシュの主人も今度は外国人になるわけで、そこのところの移民関係はどうなんだろうか?という疑問はあります。
もう一度、移民手続きなどをしなければならないのか(登録くらいなら全く問題ない。ビザの取り直しとかが困るわけです)、それとも、独立前の人達は関係なく独立後から新しい対応にしてくれるのか、ここが気になるところです。効率性を考えれば、独立後から新しいルールをスタートさせるでしょうけど。

この部分で、長年今まで独立賛成立場から反対になることもあり得る・・。



eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-09-23 12:25 | 気になるニュース

店内ディスプレイの大切さ・・・

チャリティーショップのボランティアを続けること、、早2年過ぎ。
(週2日計8時間だから続くわけ)

最初は、ソーティングという商品となる物を探して売れる物を選別売る準備の仕事から、店内に陳列ディスプレイを独学とセンス?でやることになり、会計をやり、店内徘徊するようになるに今至っています。

*全般にはやっているのですが、私が少し力を入れたところ・・・子供服の売り上げが伸びたことを私は褒められました。

楽しいですよ、コレは間違いない。
売れれば売れただけ利益はチャリティへ!だからやりがいは大きい。

(アシスタントマネージャーになるべき!とマネージャーからも他のボランティアも「ならないの?」と言われるようになり、、『(私)興味ありません。ボランティアが生活にあっているからやっているので』。趣味みたいなものです。)

嬉しいと言えば嬉しいですけどね・・・この期待。
でも、やるなら無給料でなんてやってられません・・・このショップ、結構忙しくなるし、人手不足にもなるから!もとい、お金を出すからと言われても私はやりたくないですけどね。プレッシャーはすごいし、チャリティショップとは言えビジネスで競争はあるし。

ここで、今日の話題。

店内ディスプレイの大切さです。
一昔のチャリティショップというと、「臭い、暗い、古汚い」でしたが、今では「レトロ、宝物が眠っている、可愛い、レアな物が見つかる」という志向に変わってきています。なので、オシャレな人達も買いに来たりします。

チャリティショップの強みは、長年のサポート客も大勢いること!「ここだから、買い物をする」というリピーター。今は、若い人達も「かっこいい一点物」を探しに来たり、昔からですがディーラーも密かに買い付けに来たり(このタイプが私は1番大嫌い!安く値切って自分達では高く売る、その精神!値切り交渉はしません*ただし、フェアな値段であれば誰とでも交渉可)。

お店に人を呼びこむには何を?
良い物を店に出す、ディスプレイと目に付くものを陳列、キレイに見せること、接客態度。

私には、サービス業をやった経験があるので基本的なことは頭に入っているので難しいことではない。

だ け ど

本格的になると、やっぱりディスプレイも奥が深い!
ついていけないときもある・・・。

店内ディスプレイは、ラッキーなことに店のマネージャーから(何を期待されたのか知りませんが!)、ディスプレイやってと私に頼んでくることが多いです。ダメ出しも食らったり、はなまるをもらったり色々ですが(^^;)

普通の店とは違い、チャリティーショップは一点物が多かったり、柄物も少なかったり、色コーディネートするにも足りなかったりするので頭脳をたくさん使います。

まだまだまだまだ未熟なディスプレイだけど、店内ディスプレイが私の得意になれれば良いな!って思っています。

ビジネスとまではいきませんが、ビジネスに潜むその背景の人間の心理には大変興味を持ちます。
[PR]



by eilene | 2012-03-30 16:32 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧