にっき

 

タグ:生活 ( 143 ) タグの人気記事




シベリア上空飛行禁止となるか・・?

【モスクワ共同】ロシアのメドベージェフ首相は7日、ウクライナ危機で欧米などが発動した対ロ経済制裁への報復措置として、米国や欧州連合(EU)などの農水産品のロシアへの輸入を1年間禁止すると表明した...
いつ始まるの?!
[PR]



by eilene | 2014-08-07 19:00 | 気になるニュース

英首相、ナイキ社を批判「高すぎる」と・・・

英首相、ナイキ社を批判「高すぎる」 ヤフージャパンニュースで日刊スポーツの記事読みました。


くだらない、くだらない。
たかがユニフォームじゃないか。
非常に腹が立ち、苛立ってきます。この人のこういう非常識な発言に。


イギリスの食費、ガス・電気代、水道代、銀行、家等、生活にかかる金額のほうが高すぎるっ!
その大企業が大幅利益を出してるのに、それは見て見ぬふり、全く批判しないんだから本当にこの人には呆れる。
良い首相になると思いきや全く違う。
ただテレビに出るときに「格好」を気にするだけの政治家ということが本当にわかりました。


早く、スコットランド独立して、本当に国民が主導権握れるようになりますように。
さようなら、イングランド。
前にも進めないイングランドと一緒にいるよりは、前に進む努力をするスコットランドと一緒に居たい。
[PR]



by eilene | 2014-04-03 14:12 | 気になるニュース

アメリカ、イギリス、中国……恐怖の保険事情(プレジデントオンライン) - エキサイトニュース

所が変われば、公的医療保険の事情も大きく変わる。先進国だからといって、決して万全の制度を整備しているわけではない。そんな各国の事情について探る。■米国の盲腸の手術は200万円以上「夫婦に子ども2...
お金に余裕がない人から見たら(私達)、いっくら待ってもどんなに時間がかかれどもNHSの無料サービスはありがたいと思います。
もちろんお金に余裕が出ればプライベートへ行くほうが良いでしょう。(プライベートの病院で設定されている価格を払えるほどの生活になることは今後ないと思われます)

イギリスの例えばで書いてある件について・・

NHSは毎回混雑する!待ち時間が長い!というクレームについて言いたいことがあります。

(私も最近、病院にイギリスに来て初めてお世話になったので、あ、こういうことだなってわかりました)
私がしたことは、GPの正しい使い方。と、あえて大きく言わせてもらいます。
GPの受付の人に相談(病院に直接行くべきか、GPにまず診てもらうべきか!GPで正解)→GPの先生に相談→専門家に通して&予約を入れる→病院に行く→私を待っている体制が出来ていてスムーズでした。

混雑しているには理由があるんですよ、予約を入れている人が優先されている。その予約した人たちだって、予約の日まで待っているわけ。
ただーし!GPの時点で、予約を入れたのに来れなくなってもキャンセルをしないバカ者もたくさんいる。これが大きな問題でしょう。
(予約をキャンセルした人の枠が空き、緊急に先生に診てもらいたいという人が診てもらえる)
私のGPは厳しくて、予約取り消ししない人、これを3回した人はGPを出ていってもらうルールがあります。当たり前ですよ、これくらいしないと!罰金も導入するGPあった気がします。

こういう事情が重なり、病院やGPへ直接行って「おい!今必要だから診てくれ!!!」って病院などで叫んで言っても診てもらえないんですよ。予約入れた人がいるんだから!
病院側も、「あなたは一体誰ですか?」=待合室で無視状態となる。。

順番を守りなさい・・・と思います。
これぞ、ザ・イギリス根性! 列に並ぶのです!


うちの義理母が、子宮筋腫になったときにやはり手術までに半年以上待つ経験あり。私も可哀想に!と文句を言ったのです。痛かったと思いますよ、グレープフルーツ級の大きさの物が出来ていたのですから・・。義理母は「他にももっと長く待ってる人がいるから、これくらいの痛みは待っていられるわ」とすごいことを言ったのです。

これでしょう?この精神でしょう?と私は思いました。

何を言おうと、無料なんだから。

もしかしたら、そんなケチらなくても!と思う人がいるかもしれまんが、この無料に掛ける希望があるわけです。中級所得よりもちょっと下の家庭には。笑い事ではなくて。もちろん生死にも関わるかもしれませんね。。でも。


また違う話を私が聞いたことは。
私の義理の父の弟さんは(他界)、3、4年ほど前に早期定年退職をしてフランスに移住をしたイギリス人で、移住してやっと家が完成したという矢先に病に倒れ入院、そのまま数週間の入院後他界。フランスでもEUの恩恵を受けてイギリス人の医療も無料になるという条件があります。フランス語も少し理解していた人で、義理父の弟さんは彼のベッドのそばでドクター達が「なんでイギリス人なんて面倒みなくちゃいけないんだ」という愚痴を言っていたのを聞いてしまったと・・。
フランスでの病院での対応がものすごく悪かったそうです。
死に面するときに、「なんでイギリス人なんて面倒みなくちゃいけないんだ」こんな言葉を聞くなんて、と思うと、もーなんとも言えませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はNHS、色々問題はあるけれども結果的に好きです。
先生はやる気のない人もいますね、はい、います。
GPの先生は、『お金があるならプライベートの保険に加入すれば』という見方をする人が多いのも事実です。嫌なことはあるけれども、ありがたいサービスだと思います。
負けてはいけない。


イギリス政府がNHSを民間に変える方向で行くことにとても嫌な気がします。国営病院→民間へ、良い面もあるかもしれませんが、医療は医療、良いドクター=親身になってくれるドクター/必要な治療をしてくれるドクターに出会えるか出会えないか、それはどっちに転んでも全くわからない。それならばNHSで良い。

でも、これから(VATなど税金はバカ高いのに)NHSも保険制度が入るかもしれません。すでに海外からの学生には年間200ポンドを払ってもらおうか?という提案も出ています。
ブーイングはありますが、私は学生ではないけど、年間200ポンド(月額17ポンドくらい)ならありがたくも払える額なので高くはないと思います。ウィスキー良いのが1本35ポンドくらい、それを1本我慢すれば良いと考えます。でも、こういう考えを一旦持ち始めると、年度、年度で値段が上がる可能性が出てくる危険があり、学生で金儲けが出来るのなら国民全員に広げるという道が出来てしまう。

(ちなみに。イギリスの歯医者はNHSもあります。NHSの登録を募集している歯医者で、登録すると低所得者でない限り最低限の金額を払います。なので、私は虫歯などにはなりたくない!!!!)


ただ。
NHSの怖いところ、、待ち時間とかそういう問題の前に・・衛生面も含み、「NHSに行ったら死を覚悟」と言われているくらいの事実。
ドクターのミスだって、人間だからあるし、看護が行き足らず高齢者に多いようですが水分不足などで死んでしまうというニュースも出てきました。大きなスキャンダルになりました。入院中に寒いのにブランケットすらもらえなかったとニュースで怒りをぶつけてた人もいましたし(←知ってたなら何で自宅から持ってこなかったんだ!!!って私は思いますけどね!!)
A&E(緊急医療サービス)も人手不足のようですし。
もちろん、病院のターゲットなんてのもあり、患者の情報を変えるという行為も行われているとか・・もうドキュメンタリー番組で放映されるくらい・・。

私は極力病院は避けたいと思うようになりました!!!(少々、潔癖症もあるので、汗)

それでも。
やはり、言いたかったことは、イギリスのNHSは良いサービスで誇るべきサービスだと思います。


親身になってくれる人間身のあるドクターに出会うことを願いましょう。
[PR]



by eilene | 2013-12-09 17:50 | 日常&雑談

オイルヒーター

お隣さんが今年の夏あたりかな?に引越しました。

フラットを出て、ちょうど鉢合わせになったとき、初めて引越しすると知りました=引越し準備中だった。

『これあげるよ!』って言ってくれました。
c0114797_564928.jpg

黒いのがもらった簡易ラジエーターというものです。
後ろに写っている白いのがフラットに設定されてあるラジエーターです。
一旦躊躇はしましたが、頂きました。

「壊れてないだろうね?」これを、聞いたか聞かなかったか私忘れましたが、お隣さんも『使えるよ!最近買ったばかりなんだから!』って言うので、じゃ、ともらいました♪

今日、、スイッチ入れてみたら、あらほんと!使えるじゃない♪ サンキューお隣さん♪
そんでもって結構暖かくなるのが早い。

どうしても寒い日、私一人で家にいるときにちょこっと使うにと て も良い。

ラジエーターなんですが。
形は違えども、ラジエーターの実用性はすでにローマ時代からあった技術ですからね(たぶん)。
今でもその方法が使われている画期的な物なのです。
[PR]



by eilene | 2013-12-07 20:45 | 日常&雑談

スコットランド独立とはどういうことか?

THE WHITE PAPER

が発行されました。
本日、SNP(スコットランド国民党)が独立に向けて、人々が知りたい質問の答えを載せた分厚い本を発行しました。

600ページ以上もあるっ!!
インターネットでも見れるのでちょっと主人と一緒に読みました。

SNPの独立への道。
GO for it.
[PR]



by eilene | 2013-11-26 15:28 | 気になるニュース

失敗から学んだこと

おやつ ガェッタとういう名のオリーブ
これ書きました。
時々、過去に書いたにっきが、関連?記事として出てくるときがあります。
これについて、追加で書かなくてはいけないことがあります。


もう去年のこと。いつものように、このお店でオリーブを買っていたのですが、食感が急に変わったのに気がつきました。

季節の変わり目か?仕入れ先変わったか?腐ってるか?のどれかだろうと思いました。

私が、カウンターで兄弟のうちの一人に、ガエッタオリーブ変わったみたいと話かけ、「何か季節のせい?または腐っていたのでしょうか?」と聞いてみたら、『仕入れを変えたからで腐ってはいないよ。食感違うだけで悪いことはない』と説明を受け(そのとき、おにいさんも全く普通だった、逆に新しいパッケージを開けて試してみようって助けてくれたくらい*もとい、新しいのはあけなくて良いと私も言ったけど、開けてしまった)私も安心&納得したし、誤解が解けたと思っていたわけで良かったわけです。

私は、ここで、すごいな、本気で食べ物にたいして熱意があるのだなって関心してたわけです。新しいパッケージまで開けて一緒に味を確認してくれるのですから。←こう思うのがナイーブだったか?

結果は、食感の違い。
新しいこのガエッタオリーブの食感は私は嫌いだからもう買わないかなって思ってました。

!私は「オリーブの子」と思われ、顔は知られていた。

数日後に違うのを買うためにお店に入ると、家族全員いた!私のコメントを家族で回されたようで、カナリ気に入らなかったみたい。
それしか、思いつかない、この雰囲気!
とても嫌な態度をされました。

私の挨拶、完全に一家無視。
パパは微妙に気が付いて表情から「動揺」の様子&いつも愛想の良いパウラに睨まれ(彼女、たぶん汚い言葉を私に外国語で言った模様、顔つきで分かります)、パウラは背を向け私の顔を絶対に見なかった。
何と言っても、私がカウンターに居る、お財布を出して買う気ありなのに、いつもの「ハーイ!今日は何を買いますか?」と声を掛けられず明らかにサービスを拒否されました。

そんな事されれば気が付く=「お前は帰れ」と。

な の に。私ったら、雰囲気悪いのを承知で、毅然と欲しいのがあったため。
私から声かけて、「**はありますか?」と聞くも「それはない、電話番号教えてくれれば入ったら教えてあげる」と言うので、ここはその場の雰囲気を取り込み、怖かったので教えませんでした!!イタズラ電話きたら困りますし。
こんな仕打ちを受け、私もその店全体の態度に非常に腹が立ち、もう二度とそこでは買い物はしなくなりました。

一番怖かったのは、仕返し来るかも!!!ということでした。。
怖い怖い、彼らの故郷はシチリアというし。
ベンデッタですよ、ベンデッタ。
もちろん、何も起きませんでしたので大丈夫。

でも、主人には何か私の身に起きたらまず[こういう事があった]件、睨まれることがあった事を思い出すようにとは念のため言っておきましたけど(^^;)

私も正直に伝えるところがあり、あちらさんの気分を損ねた結果でしょうが、私も言う立ち場にあるので言っただけ。と、いうか尋ねただけ。

うちの人も、、「まぁ、、あっちはプロで、ある客の私に、文句つけられて怒ったんだろう」って。

言っちゃ悪いですが、ずーっとこのガエッタオリーブを、これのみ買って食べていたから私も「プロ」と言っても過言ではなかった。

しょうがないですね。
良いお店を、私の自分のせいで失くしましたが他にも良い店はある。

と、言うことで、悪い態度をさせられてから少々腹の虫が収まりませんでしたが、もう1年も前のことです。このお店には一切足を踏み入れることもないし、時々近くを通りますが、全く無状態になりました。視野の範囲に入れていない。

恐らく、お店側も常連客に、私のような最悪な客が居たと言っているでしょう。
それはそうでしょうがない。

私も、学びました。

絶対に(得に小さなお店では)質問はするな!と(^^;)
嫌なら買うな、または、違うのを買えと。

ただただ、大好きだったオリーブが変わって悲しかったのです。
それだけ。

今は、だからもうずっとオリーブは食べてません。
[PR]



by eilene | 2013-10-26 13:44 | 日常&雑談

ポリッジという、食べ物

イギリスでは、朝食には肉食もありますが、
昔ながらの「お腹に良く栄養良い」とされる、ポリッジというものがあります。
オートミール、ウィキペディア

日本で言うのなら、おかゆに似ている。
c0114797_22105737.jpg

(写真アップ *今は、味付きではないのを購入して、自分でゴールデンシロップと塩を自分の好みで入れて作ります。)

私、イギリスに2004年暮れから住み、最近はじめて口にした、このポリッジ。
意外に美味しい。

このポリッジ作り!作り方にもこだわりがある人はあり、思いの深い食べ物のようです。
私が聞いたのは、「時計回りで混ぜること!逆時計回りにすると悪魔を呼ぶ」、という言い伝えもあるとか。古い歴史のある食べ物なんだなと思います。混ぜるときは時計回りで!!(笑)

私が今気に入っているのは、はちみつ味のポリッジです。(クエーカー製造の)
牛乳で数分煮て出来上がります。(お湯で簡易に作るのもあります)
味にも色々なのがあるようです、ブルーベリー味、りんご味、という感じ。

へぇ。

と、いう感じです。

見た目、何の栄養もないように見えても、スーパーフード?
作り方も簡単。

うちの主人も、彼が子供の頃朝食に食べていたと、。
いつしか、食べるのを止めてしまったと言っていました。
大人はもちろん、子供にとっても、とっても良い食べ物のようですよ!
腹持ちが良いようなので(時間をかけてエナジーエネルギーを放出するようです)、集中力も持続することでしょう。
[PR]



by eilene | 2013-10-21 12:13 | 日常&雑談

文句の手紙準備中 to 不動産屋

この文句を書きましたが、、、、
前回、にっきで文句を書きました。
一応、私達のフラット管理のマネージャーに話をしたかったのですが、話することは出来なかったのでメールを送っていたのです。もちろん無視されてました。合鍵を使っていつでも入ってくる態度にイライラは募るばかり。

ところで。
10月9日~11日の間、スコットランドのスペイサイド、ウィスキーツアーに行ってきました!
バスの運転者がツアー案内役も兼ねて、色々なウィスキー蒸溜酒製造所へ行ってきましたよ。
もううちの人は大喜び♪ 良かったよかった(^^)

そんな旅行を楽しんで帰ってくると!!!
誰かが私達のフラットに入ってきた気配あり!!!
なぜか?というと・・・
前回の件といい(フラット:メンテナンスの人が合鍵を使って無許可でフラットに入る)、私もちょっとノイローゼ気味に?警戒をしていたので、昔ながらの方法を使いました。ドアに紙を挟んでおいて誰かがドアを開けたらその紙が落ちる方法です。旅行に行く日、ドアに鍵をかけると同時に紙を挟みました。

旅行から帰ってきたら、なんと!その紙が落ちていた。。。
主人も、知人も、「誰かが(郵便局の配達の人とか、近所の子が)触ったんじゃないか」って言っていました。

私は、例のやつらが入ってきたのだと確信でしたが、主人も知人もそういうからやっぱり私の気にしすぎかと思っていたわけです。

旅行から帰ってきて数日がたち、洗い物などを整理していると、、キッチンあたりに汚れが、、あとはキッチン棚に白いポツポツとしたものがある。台ふきんで拭きながら「??なんだ??」と思っていたとき、

はっ!

として、天井の直してほしかった部分を見たわけです。
そしたら、ペンキで雑に塗りなおしてあるのを発見したわけです!!!
ペンキだ。
*塗りなおしたって言ってもこんな素人な質に唖然。。
とにかく、これで確信、合鍵を使い私達に許可とることなしに勝手に入ってくる。

なんなのだ、一体、この不動産屋さん。。

私達が居なかった9日~11日に行われた行為。いつ、何日間やっていたのか全く不明。もちろん今になっても「天井を塗りなおしました」という報告も一切なし。

今、主人が文句の手紙を書いている最中です。


このフラットは好き、今現在の不動産屋が嫌いなだけ。それだけで引越しするには悔しすぎる。
何が悔しいか、というと。このフラット探しをするときに、ここの(現在使用、不満がある)不動産屋は良いうわさを聞いてなかったから、この不動産屋さんだけは避けていたことです。

それなのに、不動産屋同士の合併で、皮肉にもこの不動産屋さんに当たってしまった。。(大きくなって、サービスはぐちゃぐちゃ)

すごく残念。
もし、もしものことで引越しすることにしても、また次良い不動産屋を見つけたとしても「大人の事情」で合併で吸収されたら意味がない・・。

どんなもんかなって思います、他社との競争が全くなければデモクラシーの国ではないじゃないか。
どこもかしこも合併していったら、一つが独裁することになる。
(もちろん、こうすればトップは利益を得ることはできる、という仕組み?)


とにかく、これから文句の手紙を本社に(受け取り証明を付け)送りつけます。
[PR]



by eilene | 2013-10-21 11:38 | 日常&雑談

どうも、新しい不動産が気に食わない

今年の5月に、私達が契約していた不動産が大きな投資型不動産と合併してから、ちょっと不都合が多くなってたように感じます。今までは、私達のフラット専属のマネージャーが付いていてくれたのでものすごく良かった。何かあれば連絡もすぐについて、年に3度くらいフラット検査が入るのですが、その検査にも数ヶ月前から「検査に入ります、立会いか、立会いが無理な場合は合鍵で入ります」という手紙が毎回届いていて予定を立てられるのでとても良かった。

でも、新しく合併になって事が全く違う。
すごく残念。。


その例のフラット検査が今週の17日の火曜日に入ったのです。
知らせが来たのが2週間前、主人の携帯のテキストで「朝10時~2時の間で来る」との短いメッセージのみ。

イギリスには、
賃貸の場合。家に入るときは、決まりで24時間前に知らせをすることっていう法律がある。

ま、テキストでも知らせが来たからそれは良いや。
何か所か見てもらわないといけない部分があるからチェックしてもらえるし。

フラット検査の日は、どうしても私は家に居られないから、主人がシフトを変えられたから家に居てもらうようにしました。
当日の朝早くに主人もテキストで「今日の検査はいつごろになるのか分かれば教えて欲しい」と送っても完全に無視。
挙句には、待てど待てど来ない!
しびれを切らした主人が会社に電話すると、なんと、我が家に誰も家に居なかったし、近所も鳴らしたけど居ないし、ドアのベルが鳴らなかった(ちなみにフラットのスペアキー持ってなかったと!)から検査の人は帰ってきたと、2時の時点でもう事務所に帰っていた。。

うちの人も怒りますよ。
仕事の時間をずらして朝から待っていて、『誰も居なかった、ドアベルが鳴らなかった』なんて嘘の言い訳をされて!
なぜ携帯か、家に電話しなかったんだ?!と言って、今すぐ検査に来るようにと告げたわけです。
(やっと検査の人が来たとき、あら不思議、うちのドアのベル鳴るね!!この嘘つきめが。)

フラット検査では、こちら側の要望として、①窓が5cm以上のギャップが開いている(外からの空気筒抜け状態:私も色々と工夫して穴を埋めてたけどもう無理)、②実はここに引っ越してくる前からの問題の直したと言う「天井の雨漏れからくる染み」が直っておらず今は壁紙がはがれる状態、これらを見てもらう。
③最後に、ちらりと主人が付け加えて報告したのが、ガスのボイラーの空気栓の気圧が落ちてくることを検査の人に伝えました。

なんと、、!①の窓については「窓を開けない人多いから、開いているのは空気の換気ができて良いことだと思う」と言ったそうです。。。その窓よりも、「あ、ペンキ塗りなおしたほうが良いね」と言ったとか。。。

そういう問題じゃないんだよ。
ペンキは塗りなおさなくても良いんだよ、(古ぼけた、ラスティックさ意外に好き)それよりも窓が5cm以上も常に開いてるんだよ・・。外気入りすぎてるの。夏場は良いよ、冬は「換気♪」とかそういう意思は全くない、電気代を捨ててるんだよ。
窓を開けて、換気は自分の自由な意思で出来るけど、この窓は隙間どころでなく開いているのよ!

②の天井の雨漏れの染みについては、「(手で触って)乾いてるみたいだから壁紙はペンキ塗りなおすだけで良い」と。
絶対に言うが、また染みは出てくると思う。
別にカビが発生しているってわけではなく、私達も生活に支障がないから天井の染みについては、そちらさんが状態を把握してくれていれば良いというところ。私達のせいではないってことさえはっきり伝えておけばOK。

③についてはよほど気にしてなかった様子。

不動産屋さんが、フラット検査に来る理由は「部屋をキレイに保っているかどうか」です。
問題なく私達は合格をもらいました。
(ここまで、17日の火曜日の時点の話-私は後で、主人から話を聞いて「(検査の人が)わけがわからない」状態でした。恐らく、これも何もなく、何ヶ月が経ち、何も変化はないよねということにしました。窓は、ま、良いよ、あっちが何もしなかったら私がベニア板でもなんでも良いからその窓のギャップは修理する*不動産に伝えてから。という事で落ち着きました。)


そして今日、ついさっき、、「ガスチェックに来ました」とガスの人がやってきた。

「?」全く聞いてないんですけれども!!!!!
しかも、私が家に居なければ合鍵で入ってくる様子だった!!
私もガスの人に「一言連絡入れないとダメですよ」と言うのですが、彼は彼で依頼されて来ているから彼に文句を言ってもしょうがない、と私も言って、お互いに納得した後、ガスの点検をしてもらいました。
(^^)良いおじちゃんだった。
③のガス・ボイラーの気圧?についての訪問・・・問題はなし。空気の気圧が下がるのは定期的にあるとのこと、ただし毎日下がるようならそのときはまた教えてください、とのこと。


新しい不動産になって、連絡ミスというか一方的なのか、コミニケーションが非常に悪い。
この新しい不動産と合併する前には、昔の不動産から「合併に伴い、色々と支障が出てくるかもしれませんがご了承お願いします」という手紙が届いてて、私達も納得。

今は、全く納得していない!!!!

一番気持ち悪いのは!
あちらの都合の良い時に合鍵を使って入ってくるような気配でかなり不満です。
これは、いっくら大家でもやってはいけないことなのに!不動産屋ならもっともの事!
今日、私が家に居なかったら、、どうしていたのだろうか?
もちろん、ガスのチェックしたなんてことは知らないし(後日訪問しましたなんて言われたことは今まで一度もない)、財布はすぐに見えるところに置いてあるし、、、何か盗まれることだってあるだろうし、、、結構怖いことですよ。

数日前の17日の件も含め、今日の突然の訪問はマジいけないと思います。
[PR]



by eilene | 2013-09-20 12:58 | 日常&雑談

どうなんでしょうかね??

景気が回復傾向にあるとはいえ、就職に関しては、依然、厳しい状況が続いています。希望の仕事に就けなかったなどの理由から、フリーターになるケースは少なくありません。フリーターと正社員を比べた場合、決...
スタートは早いほどよく、2、3歳の幼児期なら子供用のお財布を用意して、


2,3歳って早くないですかね???
そんな頃から物欲が?そういう幼児期はまだ砂場で遊びたいとかじゃないんですね??
実際に、本当に欲しいから「買って買って」と言うのではなく、ただ甘えたい?感情から?と思っていた、幼児期。私の2,3歳の頃もあったのかな?とふと思ってみました。

現代の2,3歳の精神的年齢が上がってきているのかもしれません。
スマホを幼児期で持つくらいですからね・・。
精神年齢の変化、文化の変化があるとしたら、こういう躾の方法を取り入れないといけないのかもしれませんね。
ってね、一見、良い案にも思ったんですよ、私も。

でもね、これはちょっと行き過ぎなんじゃないか?と思う部分を見つけました。。

それだけでなく、NEEDS=ノートや鉛筆など学校で使う必需品もお小遣いから買わせるのです。


そこまでする必要あるんだろうか・・・・?

親の、「この子にはダメな人間になって欲しくない!」という恐怖心から、なのか、それとも、あくまで躾の範囲なのか、、。下手すると、幼児虐待に結びつく可能性もないですか? ←書いた後思いました、この部分は私言い過ぎましたね!申し訳ない。

もっと驚くのが。。
1カ月の目安は小学校低学年なら200~500円、高学年になったら1000円前後まで増やし、靴下など衣類の一部も子供に任せます。


ん~・・・・・。
お小遣い制度はどの家でもあるのが普通だと思うのですが、小学生とか言ったらお菓子でしょ!「自分で買いたいお菓子!」
靴下など衣類の一部も子供に任せるの?!
中学高学年、高校生になれば、もちろんファッションや買いたい嗜好があるから分かるけど。。

靴下など衣類はお母さんが、「何を買いたいの?」と言って買ってあげて欲しいな。

しまいには、お年玉にまでも口出してくる(><)
お年玉くらい、日ごろからお金の管理してるんなら、ボーナスとして頑張ったと認めろ!何でも良いようにさせてあげろー!可哀想。
(^^;)

もちろん、金銭感覚は大切。
収入と支出に対する感覚を重要と考えるのは良いことだと思います。収入と支出、人生の中で考えなければならない非常に大切なスキルですから。

でも、親の脛をかじるフリーターにさせたくないなら、っていうけど、親も子供が頼ってくれるから嬉しいということも考えられますよね?もちろん、親だから助けたいっていう気持ちも大きくあるし。


結論、
これは子供のためではなく、親/自分のため、だと私は感じました。
コントロールフリークです。


金銭教育、大切だと思います。度を過ぎず上手にやっていってください。
何も、子供だけでなく大人もですから。大人、会社、のほうが異常に危険・・・なぜなら、法律がかばってくれるから。

大切なのは、子供は繊細。特に、「お金がなければ」と、間違った感覚を与えないこと。
もっと大切なのは、買うだけではなく、自分で作ることも教えること、じゃないかな?と思います。
私はね。
[PR]



by eilene | 2013-09-11 15:44 | 気になるニュース

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧