にっき

 

タグ:生活 ( 143 ) タグの人気記事




モラルハラスメント

■妻は異常なまでの潔癖症だった離婚カウンセラーの岡野あつこです!夫からの相談の中で、家が安らぎの場所どころか帰りたくない、帰れない、という相談が続きました。1人めのRさんは結婚してまだたったの9...


この記事、、厳しいなぁ。。。怖い。
なんだけど、よく考えてみたら。
誰でも、、綺麗にしていたところをあたかも殿様のようにドデーん!「疲れて帰ってきて汚して当然」と何も気にせずにされれば相手も嫌ですよ。
一言、「綺麗にしてくれているのにごめんね」くらいの気遣いを言ってくれれば奥さんだってそこまで追い詰められることもないでしょうに。
お互いに気にするのが、夫婦では基本的なルール!
逆に、奥さんだって、疲れて帰ってくるだろうから綺麗にして待っていたいと思うんだから綺麗にしてるわけだし、そこで「家に帰りたくない」なんて雰囲気を出せば奥さんだって「家に帰るのが嫌なんだな」って頑固になりますよ。


こ、この記事を目にする数日前に、
私、ちょうど、フランス人が書いた(日本語訳版)「モラルハラスメント」についての本をザラリと読んでいたんです。
私は数日前に初めて目にした言葉ですが、もうだいぶ前から知れ渡っている言葉なんですね!
本を読んでいて、すぐに思いついたのが「いじめ」ってことだよな?ってことですが・・。
いじめと言う言葉は幼年期の言葉で、大人になり言葉はモラルハラスメントに変換された。

タイミングが良いのでブログ。

関連記事の中にモラハラ夫・ジコチュー夫の見極め方 Allaboutの記事では、モラルハラスメント夫側のことを書かれています。
Allaboutの記事は、私が読んでいたフランス人が書いた(日本語訳版)「モラルハラスメント」に非常に似ています。

私の場合は、「職場でのモラルハラスメント」が気になりフランス人が書いた(日本語訳版)「モラルハラスメント」の本を部分読みしてメモ書きしていました。

私が、メモしたのは、
* モラルハラスメントを実行する人は自分の存在をたてるためにはどんな事でもする。
* モラルハラスメントという言葉ではあるものの要は「いじめ」なのだ。
* 話合いを拒否=モラルハラスメント。
* モラルハラスメントを相手に、言い合いをしても無意味、混乱するだけ。
* 「自分は間違っているのかも?」と思った時点で負ける。冷静になること。
* モラルハラスメントを受けていたつもりでも、下手をすれば加害者になりうることもある。

職場でも、家庭でも、政治の世界でも、どこにでも存在するモラルハラスメント。
政治のモラルハラスメントがこじれると戦争にもなるんだな、、という気持ちも湧いてきました。
悲しいかな、絶対になくならないのがモラルハラスメント。
人間の罪と、、でも言うのでしょうか。。??
自己愛者と言葉では区切ってしまうけれど、「Me!Me!Me!」自分には当てはまらないと思っていても誰にでも持っている特長。

モラルハラスメントが発生しやすいところもあるようで。実は、秩序が乱れているところではモラルハラスメントは起こりやすいんだとか。フランス人が書いた(日本語訳版)「モラルハラスメント」の中で書いてありました。

起こるときは起こる。

話合いが出来る環境や、その大切さを最初から整えておく、これも対策ですよね。
「ちょっと話できる?」と聞く勇気から。
必ず、摩擦は起こるのだから。
あと、その場所から離れるか、助けを求めるところと段取りを知っておく、のも対策方。
[PR]



by eilene | 2013-07-14 17:15 | 日常&雑談

スコットランドは独立するべきか? YES

さ、すでに遅しニュースでブログにするのもなんなんですけど。
発表。
2014年9月18日、国民に問う日です。


昨日、主人が仕事の休憩時間に読んでいた新聞で、なるほど・・という「読者からの投稿」を読んだそうです。そこには、、、、
スコットランドが独立したら、北海の国々と同盟を組んだりすることもあるんじゃないだろうか?


という小さな欄の投稿だったそうです。

これは面白い発想です。
初めて聞く発想でもあります。

どういう意味か?と言いますと。

別にEUに固執しなくても良いじゃないか、と。
EUのほかに北の国々と新しい同盟を作っても良いんじゃないか、ということだと思います。

これは非常に面白い発想です。

北海は自然資源の宝庫だし、外交よりも文化を尊重する、デモクラシーと言う言葉が良く似合う、等。
これはこれはものすごいところに目がついた、北海の国々と同盟を組んだりすることもあるんじゃないだろうか?というシンプルな小さな発想が、これから大きな反応へと変わる気がする。

もう羽ばたいている。
(エディンバラ空港から海外ルート直接便が広がっている、Easyjetありがとう。身勝手発想→エディンバラ空港/グラズゴー空港からでもOK、そこから日本へ直接便が飛べば嬉しさ倍増。)

私も(ま、選挙権はないだろうけど★気持ちの選挙)、主人もYESで決定。(よし)
私は2007年あたりからSNPだと思っていたんだよ・・。
不思議なのは、2007年から初めてスコットランドのエディンバラで過ごし始めた年でもある。その時からなんか感じてたんだろうな!

来年のレファレンダムでYESで独立の後、それからは緑の党だ。


と、もう決めている(^^;)

これで来年、、独立できなかったらものすごくガッカリだろうな・・・。

とにかくドキドキします。
来年、歴史的な時、まさに「その時歴史は動いた」byNHK に立ち会うことになるー!!!!


((なんか、ベルリンの壁が壊れた時の日のような状態になりそう。あれも、人が「崩壊するらしいぞ」で崩壊した形。「独立するらしいぞ」の力ってすごいのかもしれない。人間心理の世界。強引な力や武器ではないんだと改めて気が付く。歴史が動き時は嵐の前の静けさか?))

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-03-30 20:02 | 気になるニュース

常備エスプレッソ  ルンゴ

「NESPRESSO(ネスプレッソ)」から、グラン・クリュの新たな仲間として「Linizio Lungo(リニツィオ・ルンゴ)」が登場。2月14日(木)より全国のネスプレッソブティック等で発売が...
今まで、緑色カプセルのルンゴだったのですよ。
これが好きでたくさんオーダーする。
これ、在庫がなくなりしだい終了か~。

新しいのはどんな感じかな?
朝用に飲む感じなら我が家にとってもってこいじゃないですか。

近々オーダーしないといけないから今度からはこれ頼みます。
[PR]



by eilene | 2013-02-18 18:08 | 日常&雑談

アイスランド

最近、主人がちらりと言うんですよ。

「アイスランドに移り住みたい」

と。

そんな事を言うのはやめてけろ。

と思いましたが、ウィキでアイスランドのことを読み・・・

私達の生活のモットーというか、なんかそういう面で同感する部分がある。
夫婦共に。とくに、軍事に対する考え方がかなり気に入っている。
このイギリス、軍事に対する考え方は本当に嫌だ。
何よりも、ここイギリスでは教会(国教会、アングリカンでの話。ま、女王の管下にあるからしょうがないし歴史上ゴタゴタしてるのは承知の上だけど)までも「軍事」は非常に大切だと思っているのも本当に嫌だ。


言語の問題が1番の問題ではある。
その次ぎに仕事の問題。

1度、アイスランドへ旅行に行くことにしたほうが良い。
まずは現地視察。
現地視察!って、いつになるやら、、これも問題だけど(笑)

アイスランドを、少し研究してみる。
アイスランドという国を見つめなおす。

(そうだ、イタリアのサンマリノもあった・・そこのほうが良いだろうか)


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-01-27 21:49 | 日常&雑談

2012年の大晦日と元旦

新年早々、熱を出しましたが今は元に戻りつつあります。
元旦の夕方、寒い中イベントを1時間もつっ立ったまま見ていて、
凍りつくような足元を心配した私が、「帰りたい」と、
主人に伝えるも、主人は「イベントを見ろ!」という。
滅多にない、元旦デートだからって・・??無料イベントだぞ。
1人、主人を置いて帰ろうと思えば帰れたけど、それはいけないだろうと頑張った。
そして1月2日に私は熱を出す始末!
うちの人のせいにしています(笑)
うちの人はちょこっと悪い気がするものの、俺のせいじゃない!と言う。
ま、ちょこっと夕飯つくりを手伝ってくれて、熱出た私を労わってくれたから良しとする!

さ、ブログ。
今年は、うちの人が年末年始2日間のお休みを頂けた!!
嬉しさのあまり、色々とイベントに出かけ思う存分デート気分だ♪
と、いうことで、

カールトン・ヒルへ登って、大晦日の花火を観る。
風もなく、雨もなく、曇1つもなく、絶好花火日和でした024.gif

花火を観る前に、年越し蕎麦。
c0114797_392330.jpg

おつゆ、今回は→ここを参照しました049.gif
*リンクフリーと言うことで私のブログに使いました。
美味しゅう頂きました。
おつゆの「かえし」を多目に作りました。

2013年の元旦。(次ぎの日に熱出したわけです)

ナショナル・スコテッシュ・ミュージアムへ行き、
Your Lucky Day」というのに参加してきました。

ナショナル・スコテッシュ・ミュージアムが出発点。
そこで最初のサイコロを振って、その番号をもとに番号のイベント会場へ足を運ぶ(その会場で次ぎのサイコロを振る)と、いう新しいエディンバラの楽しみ方を体験してきました。最後には、「スコットランド一周豪華旅行」の賞品もあり、これを目掛けて行ってきたのですが、、私達は当たりませんでした。

このイベント会場の1つに、The Luck Factorというイベントがありました。ここが1番面白かった。心理学の人の話を聞く機会があったので聞いてきました。(心理学にはもとから興味があったので面白いのは不思議ではない)

「なぜ、ついてる人と、ついていない人がいるのか?」から始まり、
結果、「どこに目をつけるか?」によるっていう感じの答えに至り、心理学の教室みたいで、その場にいた人にお題が出され、話を進めていく形のイベント。

心理学の勉強、レクチャーは本当に楽しいとつくづく思うのでした(笑)
先生によるかな。話をしてくれたのは、イギリスではちょっと有名な?リチャード・ワイズマンという男性。
この人が面白かった♪

そこで、私はやっぱり人と違うことに気が付きました。
そのイベント会場には、50人ほどの観客が集まっていた。

心理学の先生が、

『じゃ、これから、白い服を着た人と、黒い服を着た人の画像を見せます。』
『この人達はボールをついています。』 (後に分かったこと)
『黒い服の人は考えず、白い服を着た人がボールを何回ついたか?数えてください』
『画像は30秒間見てください』
『最初は、私が答えを言います。』

画像が回り出した。

『はい、これで(白い服を着た人がボールをついた)1回です。』

と先生が言った後、先生も口を止める。映像が続く。

みんな一生懸命見てる!!!なんかそこに、つぼがはまってしまった私。

と、ちょっと飽きてしまった私、(と、いうよりも、実は途中で先生が何を言ってるのか理解不能)
白い服の人の何を見てれば良いのか分からなかったから、画像を見る振りしていたわけです(笑)

そしたら!!私、画像の中に黒ずくめのぬいぐるみの物が、ボールつきしている人達の間を堂々と横切るのを見てしまったのです!

私1人で、、「え?くすっ」と小さく笑ってしまって・・他はシーンとしていた・・(驚き)

そして、画像も30秒になったのでストップ。

先生が、『白い服を着た人が何回ボールつきましたか?』と聞くと、
(私は、そこでお題が分かる。「あ~ボーるついてた回数ね、それ数えればよかったのね!」と、すっきり!)

会場内に「16回!」「13回!」と飛び交うも、、

先生が、、いきなり。

『なるほどね。この中で何か違った物を見た人はいますか?黒いゴリラを見た人はいますか?』と聞くので

「はい、私、eilene見ました」みたいな!たぶん、私を含め、2,3人がちらりと「見た見た」みたいな雰囲気。

逆に私は、あんな堂々と歩いてたのに何で気が付かないわけ????!!!と思う。

そしたら、、実は、このテストは、白い服を着た人に焦点を置く=ボールの回数はどうでも良い。
実は黒いゴリラを見つける、というのが本来の目的だったようです。

うちの主人は私には黙っていたのですが、昔に見たことがあると後で言ってました。
うちの人も最初は「ゴリラ」に気が付かなかったと。
先生曰く、有名な心理学者でも気が付かない(2度見せても分からなかったという!)と。

先生が、『白い服を着た人』を強調したため、人は、「白い服を着た人に集中」する現象を試した。これは、監視力?をテストするものだったとか。

「偶然にも?」集中が切れた(もう面倒)、または人の話を聞いてない私は、この画像のゴリラを見つけることができた。

これは良いことなのだろうか???・・
嬉しがって良いのだろうか?確かに、嬉しかったけど(^ー^)優越感が(笑)
私、見つけられた♪って。
先生も、良いことだとは言わずに?「ゴリラを見つけた人は監視力が優れている」と言う。
でも、私は話を集中しなかったためにお題が分からなかったという背景があるから、、これもラッキーのうち?私がお題を理解して、さらにボールの回数と、ゴリラに両方気が付いたら(でも、この時点でボールを数えるのはムリよね)、人間ってどちらかなんだなぁって・・ガッカリ?
ボールも数えて、ゴリラも見つけた人って居たんだろうか???
なぜ、そこで聞かなかった(><)私。今思うと、知りたくなる・・・。
超人は現れるのか?!

ん~・・・変なところにいつも気が付くのは当たってるね(^^;)突拍子もないというか・・。
人が気が付かないことに気が付くってことは良いことなんだと思うけど、
今回、先生が『実は~』と説明してくれたから良かったわけで。
実際に、こう説明してくれる人がいなかったら(←これが普通でしょう)???
私の思ったことは周りに反して「否定」いや、「お前は幻想を見てる」くらいに言われる。または仲間はずれ、異国の者になるはず。
と、そんな事を主人に言ったら、納得。
だから、嬉しいことなのか???

楽なのは、みんなが思うことと一緒の行動を取ること。
キツイのは、自分の意見が1人ぼっちになること。

何よりも、感心したのは、このゴリラに限らず言葉のトリックはブログでもそうだし、政治家でもそうだし、夫婦でもそうだし、人間同士で毎日普通に行っている無意識な心理学だと思いました。
特に、メディアとテレビの世界では心理学テクニックを使うのは当たり前ですね。

と、もう1つ感心して思ったのは。
1つの絵に、A点(灰色)とB点(物の下にあり影が出来る、A点と同じ灰色)というものを見させられた。
A点とB点の色は同じ色、ということは私もすぐに気が付く。
のだけど、微妙に自分に疑いを持っている私。
そこで先生が、じゃ、本当に同じ色なのか?と言って、1つ1つまわりの物を削り取って、A点とB点のみを残す。そこで、初めて『ね、一緒でしょ?』と、言う。
私もそこで、はっきりと同じ色だ!と断言できた。

こういうことにカナリ大興奮した私。

自分が何を見るか、自分の目で見ていても定かではない時に、その定かを見極める基準は自分の脳なのか、他人からの助言なのか、何かに頼るのか、色々な方法で人間は生活しているわけです。

そんな事を頭の中で考えていたら、楽しくて楽しくてしょうがなかった、私(笑)
(私は、そこで、イエス・キリストにたどりついたわけなので断固とした嬉しい気分になりました。正直に。)

とにかく。
最後に、この先生が、「誰でも2013年からでも出来ること、今からでも遅くはない、出来ることがある」

ということで、(申し訳ないです、これしか覚えていない)

*1つ1つ、嬉しいことを細かいことを見つけて毎日でも日記をつけてみる
*周りにいる、家族、友人、恋人、人間関係の人がいるってことに感謝する
*いつも決まったことを破って違ったことをやってみる
(会社にいくときに同じ道ばかりでなく違うルートにしてみるとかという意味)
最後の件については、今気が付きましたが。??ポジティブ志向でということでしょうね。
同じ道を行ってれば・・ということにもなりかねない。。し、道を変えて良かった!ということもあるだろうし。。
人生の分かれ道ということで。自分で判断したことに責任を持つ・・選択のことですよね?

と、やっていくと、前向きになるようですよ。
信仰を持つ私でも、うんうん045.gifと大きくうなずきく事項でしたね。
なんでだ?

私は、ここで、こういう「幸福を探す人」と「信仰を持つ人」って変わりなく一緒なんじゃないか・・と思うわけです(^^;)

ただ、こういう科学者(この人が信仰を持ってる科学者か、もってないかは分からないけど)や無神論者の人達(私もかつてそうだった)は、「自分」で見つけた!という感覚が好きなんじゃないか?と思うわけです。他の人から答えを言われたり押し付けられるよりも自分で探し出す、そこに意義があると思う。信仰だよね?これも??

2013年はメディアのかいもあって、世界情勢がバラバラ。
信仰者や宗教者だから、果たしてそれが世界の平和を乱しているのか?
それとも、人間個人の傲慢さや無関心さが世界の平和を乱しているのではないか?
と、心理学の話題から、心理学だからこそ、やっぱりこの後者に辿りつく、私。
そして、この「幸福探し」のイベントでも、なんか感じ取った感覚が残っています。


とにかく。

何よりも嬉しいことはですね。
私は、人とはちょっと違う、そんな変わり者を好んで理解してくれる人がすぐ隣にいること。私の意外な展開の論説に「俺もそうだと思う」と言ってくれる人がすぐ隣にいる。

2013年の明けから、こんな大切な人は、絶対に放しちゃいけないと心に焼き付け、出会ったことを感謝して祈るのでした。

気をつけることは。
毎度、私の意見と同じではないという事実も頭においておくこと!!
これを忘れるな、eilene。


2013年、このブログを読んでくださるみなみなさま、良い年になりますように★


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2013-01-04 15:39 | 日常&雑談

2013年への気持ち

抱負などなく。

大きな野望もなく。

毎日の糧をありがたく想い、小さな幸せを見つけ、感謝の祈りが出来るような、

そんな1年にしたい!

主の祈り。
アーメン。

eilene's マイプロフィール

(2012年大晦日のエディンバラ花火:カールトン・ヒルにて、た~ま~や~♪)
c0114797_22242251.jpg

[PR]



by eilene | 2013-01-04 13:28 | リディアの祈り

これは止めないと!

絶対やめて!シンクに熱湯を流すと恐ろしいことが起こる
エキサイトで読みました。 

「ボコっ」て鳴るね!
アルミの板が凹んでまた戻るみたいな音よね?

はい、やめる。


そして、みなさま、♪メリー・クリスマス♪
良い年末を♪


eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-12-23 17:33 | 日常&雑談

サランラップとストレス

c0114797_13172666.jpg

           (←側が我が家使用従来のもの  →側がプラスチック製のもの)


脇目では見ていたものの買わずにいた物、サランラップのプラスチック製の入れ物。
詰め替え用のサランラップの芯を買うだけで良い。
写真の白い色の物がそれです。

従来、私が使っていたものは安めなカードボードにサランラップが毎回入っているもの。
このタイプのサランラップはサランラップの切れが非常に悪くてイライラする!ダメになるサランラップも多かった!!!切れ味悪いのでサランラップがびょーんと伸びたり、紙の箱が崩れたり、切れたり(><)イライラ倍増。引きちぎる方法のサランラップです!(切り方の問題もあるんでしょうが・・とにかく切れ味が悪い)

スーパーで売っていたプラスチック製の入れ物。
これは引きちぎらない。プラスチック製の物でもてっきり引ちぎると思っていましたが、これは、サーっと使いたい分だけのサランラップを取り、ふたがあるのでふたを閉めて手で軽くポンと叩くようにするだけでキレイ!に切れる!!!非常に使いやすい。

これだけのことで幸せになります。
サランラップに付きまとっていたストレスすっきり解消です。

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-11-30 14:35 | 日常&雑談

2012年サマータイム終了!

10月28日、私、深夜の2時を過ぎて時計を一時間戻しました。
サマータイム終了です。

深夜に時々起きています。

主人が、今日と明日夜勤務のため私も深夜から早朝にかけて起きているわけです。
ホテルで働いてるうちの人は、半年前から数ヶ月に1度か2度夜の勤務が命ぜられます。
夜勤務のマネージャーが休暇を取る日の助っ人で入ります。

夜の勤務の時は、普通の生活がガラリと変わります。
起きるのも昼過ぎ(午後2時くらい)に起きます。
朝ごはんが午後2時頃になり、
昼ごはんが夜8時半ごろ。
うちの人の出勤が夜11時。
帰ってくるのが朝方8時。
帰ってきたら、即効で寝る(午後まで)

夜勤務・・・嫌だと思っていたのだけど、私は週決まった日に決まった時間の仕事という仕事をしていないので旦那の勤務状態で生活できる。ボランティアをやっているけれど、私の生活で休む日はすぐ休める。

最初は、夜勤務のときは私1人だけで寝ていました。
これが。。。結構難しかった・・・。
元々眠りが浅いほうで寝付きも悪い。

結婚前は、実家には自分の1人部屋を与えられ1人で寝ていたけれど、
『家の中に家族が居る』という安心感はどこかにあったわけです。
夜は怖かったけど!

結婚後、常に『旦那と一緒』で寝床を一緒にしていたので、
夜が怖いということは全くなく、安心感が絶大にあったわけです。
何かあれば主人が対応してくれる。

うちの人が夜勤務の時、とりあえず、主人も私には普通の生活をしてて良いよと言われていたのだけど!不安で全く寝れない状態と、寝なければ!という自分のプレッシャーで眠れず。

これはいかんと思って、普通の生活時間を維持よりも、主人の時間に合わせていたほうが自分の身になると思って今では主人の夜勤務の時は私も真夜中起きています。

仕事中の主人とメル会話が軽く出来ます(^^)

うちの人も、夜勤務だと昼間は色々な人に邪魔され、小言を言われ、自分の仕事でないことも頼まれたりして自分の仕事が出来ない。ホテル業なので接客も入る。夜のほうが仕事がスムーズにできるから時々なら構わないと言います。毎日は絶対に嫌だとは言いますけどね。

夜勤務の日が終わると、2つか必ず休日が与えられて時間と生活態度を普通に戻します。

慣れるもんですね、こういう生活も、時々まれには(笑)

深夜3時半になるところ、おなかが空いてきました。
今から、しょうがを刻んで入れた納豆をごはんに混ぜて食べます♪

では、また!

eilene's マイプロフィール
[PR]



by eilene | 2012-10-28 03:24 | 日常&雑談

食べ物カス、残り物を捨てるボックス!

c0114797_2254378.jpg


きた、やっときた。
これがやりたかった。
食べ物の残り、卵のから、コーヒーの豆、チーズ類など土に戻るというもののリサイクル。
c0114797_22251616.jpg

写真のとおり、分かりやすいですね。
ゴミ箱に入れる物と入れられない物がはっきりと書かれています。
(写真はぶれちゃってますが)

うちには、庭がないので自宅の裏の庭にコンポーストの大きな入れ物を置くことはできなかったので良かったです。うちから数メートルには、公共のコンポースト用のリサイクル場所も設置されていました(^^)これからそれを使います。

でも、1つ問題。
この薄緑色のゴミ袋、初回は無料でもらったけど次ぎから各自スーパーなどで買わないといけないらしい。

ゴミ袋買わないといけないのがちょっと不満。しかも、袋は小さいから2日もしたらゴミ袋は一杯になる。

このゴミ袋の売り上げで何をするのか、そこのところが知りたい。

でも!とりあえず食べ残しリサイクルしていきます!
[PR]



by eilene | 2012-09-02 14:24 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧