にっき

 

2016年 01月 19日 ( 2 )




"47 Ronin " 観ました

赤穂事件(「忠臣蔵」)に基づいた、英語バージョンの映画です。

古典的、歴史的から見る日本人には「だめだ!だめだ!こんなの!」と言うかもしれませんが・・・・

いや、これは面白かったです。
野獣も出てくるの?天狗も出てくるの?とか、?な場面もあって?と思っちゃいましたが、いや、でも、これは面白いです。
(浅野内匠頭が、魔女にやられた!っていう見方も面白い。ヨーロッパではその頃なら歴史的に「魔女狩り」の最中ですし。謎がある赤穂事件ならもってこいの「想像を膨らませる」映画になる)

真田広之の演技(英語の)が段々と上手になっている!!(笑)かっこいいし!
キアヌ・リーブスもかっこいいし!
菊池凛子の危険な魔女的な演技はまってるし!(笑)(私「パシフィック・リム」の彼女の演技は嫌いでした)

これも面白い映画でした。

キアヌ・リーブスの、あの愛の言葉にはトロけました。
言ってもらいたい、言葉でしょう!
[PR]



by eilene | 2016-01-19 13:22 | 日常&雑談

"Beasts of No Nation"を観ました

ネットフリックスで出た、、この映画。
少年兵に焦点を当てた映画。

観るのが億劫になっていた映画ですが、主人がどうしても観たいというので一緒に観ることに。

「えーなんだ、面白いっ!よかったぁ^^」
最初はとてもほんわか、笑える場面も出てきて、これ本当に暗い重い映画になるのぉー??と勘違いしてしまって心に余裕を持ってしまったのが大間違い。

面白い場面から、事態が急変。
笑顔から一転です。
心の中一気に動揺。。

暗い、暗い、暗くて、地球上にはまだこんな事が起こっているんだ。
武器を提供する人間たちが多くいるんだ。(←ここだよ!本気でここが大問題なんだよ!武器を与えるバカもの悪魔たちがたくさんいる!これをどこの国の政治も何もしない!王室までもが武器に関与してるとかある!)
政治が間違って使われている。


と、もうすごい頭の中で怒りを感じました。

この映画のほかには、レオナルド・ディカプリオが出ている、ブラッド・ダイヤモンドにも少年兵士が出てきます。

Beast of No Nationで、少年兵士(アグゥ)が最後にセラピー目的として保護される施設で、セラピーに当たる人が『どんな事が起きて、どんな思いをしたのか、話してみて?』と少年兵に聞く場面があるのです。

この少年兵、まだ10さいとか以下の年の子なのに、第二次世界大戦か何かを体験したような語り口調になり、もう精神的には100さいくらいいってるだろう!ってくらいの口調で重い重い口を開くのです。
この子のこの演技にはマジ、グっときます。←私が思うに、この最後のシーンを観るために、この映画を観るべきだと思います。
あと、ストライカ・・・この子と、アグゥの友情とか。

そして、コマンダーの国への想いや野望もくだかれていく。。

これは、絶対にお勧めの映画です。
(ただし非常に衝撃的な場面が多くあります。が、戦争や紛争というのはこういう事なのだと教えられます)

観てよかった。

Beasts of No Nation - Main Trailer - A Netflix Original Film [HD]
[PR]



by eilene | 2016-01-19 12:54 | 日常&雑談

質素ではなく、素朴な生活がしたい。人生山あり谷あり崖あり。スコットランドからこんにちは、日々思うことを「にっき」に書いていきます
by eilene
プロフィールを見る
画像一覧
Voted Scotland,2014
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

*リンク*

うちの人のフリッカーサイト
[象] Zou san


L&Cウェブサイト


I'm with Oxfam GB


私の心はここに 緑の党
*Scottish Green Party*


All Of Us First

ブログジャンル

画像一覧